成功者は絶対、本を読む

テーマ:
『「知識労働者」は基本的に「読める人」でなければならない。人間の体系的な知識の殆どは、「文字」と言うかたちで記録されており、そこから知識を読み出すには「読める人である」ことが必須の条件となるからだ。

読書ができない、ということは、本にある知識を吸収できないというだけではなく、文字情報を通じて正確な情報をやり取りできない、ということである。

また、web上の情報については信頼性に難があるため、出典元を当たることが重要なのだが、「本を読めない人」は、テレビやネットに溢れる、わかりやすく噛み砕かれた情報にばかり触れ、出典元の複雑な言葉で書かれた情報を当たることを嫌う傾向にある。』

テレビやインターネットでは決して身に付かないものがあります。
情報の正確性と判断力です。

議員と経営者は情報が命。
常にアンテナをはって情報収集し、
その正確性を本(文字)で担保し、知識にしていく。
人類の叡知が詰まった本(文字)。
どんどん読まなくちゃ!

参考文献:http://blog.tinect.jp/?p=34535#より『』部分引用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご感想、ご意見はこちらまで❗
中村はるき 公式ホームページ
http://nakamura-haruki.net/

twitterアカウント
@nakamuraharuki1

ご相談、ご連絡はこちらまで⬇
nakamuraharuki@outlook.com

大東市議会議員 中村はるき
「政治に未来の声を。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同じテーマ 「」 の記事