東京都議選~課題解決能力の前進を

テーマ:
戦後、国政選挙をも左右してきた首都決戦が終了。
最近の選挙傾向を言えば、保守か革新かという政治的対立が意味をなさなくなっており、課題解決能力を問われる傾向があります。
その例として単独政党として、政権交代をなしえ政権を担いながら政権担当能力、課題解決能力なしと烙印をおされ、転落した民主党が良い例でしょう。

政策を提示し、課題解決を図っていく政党が支持されるとはどういうことかと言うと、東京都議選挙では小池知事の支持か不支持かという最大争点があったとき、約1年という小池都政の与党としての都民ファーストが課題解決をしていける能力があるかということが問われていたと考えます。

迷走していた豊洲市場移転問題を選挙直前に決戦を図り、自民党離党届けを自ら提出したこともうまかったと思います。
しかし、新人候補が多数を占め、流行りの○○チルドレンという風だけで当選した候補が多いということは(無名の新人候補が軒並み上位当選。)、都議候補というよりも、小池都知事自身が課題解決をしていけると都民の皆さんが判断されたのでしょう。

なぜ、保守か革新かという政治的対立が意味をなさないかというと、
政権交代選挙では、保守対革新ではなく、現状維持(自公)か新しい課題解決能力(民主党)か。
政権再交代選挙では、国民の信頼を失いながらも、政権維持(民主党)か安定(自公)か。

東京都議選挙で言えば、最も対立していた都民ファーストも自民党も、どちらも保守でどっちが都政に必要かという争いで、かつ自民党の自滅票が都民ファーストか反自民党の野党に流れているので、2つで争う構図事態が崩れているんです。
保守の自民党に対する反対表明が、直前まで代表が自民党にいて、候補者も元民進党、元自民党のごちゃまぜの都民ファーストや革新の共産党とかに入れます❔
到底、保守か革新に意味をなしていると説明できないし、より小池都知事の個人商店の側面が強調されるだけではないでしょうか。

東京都議選挙に話しを戻すと、小池都知事の課題解決能力を都民は支持した。
しかし、それは政党としてではなく小池都知事の個人商店に過ぎず、
大阪維新の会のように個人商店を脱し、政策課題解決能力を示し続ける政党になれるか真価が問われるのではないかと思います。

これからも日本維新の会の政策を愚直に示し、課題解決能力を真摯に訴えていきます。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご感想、ご意見はこちらまで❗
中村はるき 公式ホームページ
http://nakamura-haruki.net/

twitterアカウント
@nakamuraharuki1

ご相談、ご連絡はこちらまで⬇
nakamuraharuki@outlook.com
大東市議会議員 中村はるき
「政治に未来の声を。」 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー