毎年楽しみにしている、裏庭の、ばっけ(ふきのとう)。

 

今年は、顔を出すのが早くて、3月14日に存在を初確認、

 

1週間のうちに、計15個ほど収穫できました。

 

天ぷらにしても、味噌汁に入れても、美味し〜い!

 

ばっけの苦味、主人や子どもたちは好まないので、私が一人で舌鼓を打ちました。

 

さてさて、その次は・・・土筆(つくし)です。

 

土筆も、早くて、3月21日に初収穫。

 

以後、毎日のように、食卓に上っています。

 

「えええ〜・・・ つくし、食べれるの?」

 

秋田では、あまり食べる人がいないようで、

 

我が家がつくし摘みに勤しんでいると、奇異な視線を感じるのですが

 

食べますとも!!

 

我が家の定番は、

1)つくしの卵とじ、卵焼き

 つくしと一緒に、糸こんにゃくや、人参など、お好きなものを加えて卵料理にします。

 

2)つくしの佃煮、炒め物

 フライパンに、薄く油をしいて、つくしを醤油やみりん、甘味料(我が家は、アガベシロップ愛用)で味付けしたものが基本ですが、

 その日の気分で、今日は、油揚げと炒めたり、ウインナーやベーコンと炒めたり、キャベツや人参も加えて野菜炒めにしたり、なんでもありです。

 

3)つくしの混ぜご飯

 2)で作った、つくしの佃煮や、炒め物を、ご飯に混ぜるだけで、豪華な昼食に。我が家の娘たちは、これが一番好きだと言います。

 

4)つくしのかき揚げ

 これは、今晩、やってみようかなと思っています。

 

5)麺類と炒める

 焼きそばや、パスタに合うと思います。

 醤油ベースで、油揚げや鮭と合わせたりとか・・・

 菜の花とつくし、ベーコンで炒めて、春色のクリームソースとか・・・

 

 

つくしは、淡白な味で、苦味もあまりなく、油との相性が良いです。

 

加熱しすぎると、食感が少なくなってしまうので、

そこだけ工夫すれば、どんな料理にも使えます。

 

子どもたちが大きくなって、

 

本当によく食べて、

 

特に、春休み中のお昼ご飯に、四苦八苦していますが・・・

 

つくしの登場で、これで一品増える!と、心強い味方を得た感じです。

 

ああ、新学期まで、あと1週間

 

お母さんたち、もう少しですね^^