コンサート

テーマ:
お友達が、ゴスペルのライブコンサートに出演するので、聞きに行ってきました♪

遥香の近況日記-コンサートステージ

場所は溝の口のノクティホールでした。

歌のハモリがとっても素敵だったし、どの曲も楽しく聞けました。
知っている曲も多かったですし、手だけの振り付け参加など、会場と一緒にライブを盛り上げる工夫があって楽しかったです♪

$遥香の近況日記-ライブ前半 $遥香の近況日記-ライブ後半
前半と後半で、衣装の色を変えてました。
途中、キッズも参加していて可愛らしかったです(^^)

******* ******* *******


AD

カラフル

テーマ:
遥香の近況日記-ミニロールケーキ 遥香の近況日記-イリナのロールケーキ
カラフルなロールケーキを食べました。
ミニサイズで、3口くらいでぱくりと食べられる大きさです。

これくらいの大きさだと、味に飽きがこずに食べられるので、スイーツの味を色々と楽しみた時に、もってこいだと思います♪

全部で25種類あるらしいのですが、今回はそのうちの5種類!
・いちご
・ヨーグルト
・プリン
・チーズケーキ
・さくらんぼ


並べると可愛くないですか?!
pretty & delicious (≧∇≦*)

◆irinaのミニロールケーキ
http://www.irina-irina.com/index.html

******* ******* *******
AD

Today's experience

テーマ:
i made Chicken Ramen in Cupnoodles Museumо(ж>▽<)y ☆
遥香の近況日記-チキンラーメン作り体験


昨年の11月にも、カップヌードルミュージアムに行って、オリジナルカップヌードルを作ったり、展示を見たりしてきたのですが、その時には予約がいっぱいで体験できなかった、チキンラーメン作りを、リベンジ予約して体験してきました。

チキンラーメンがどういった手順で製造されているかの説明を聞いて、それを全て人の手で行った場合の製造方法で作っていきます。

小麦粉にごま油を混ぜて、麺生地を作って、こねて、伸ばして、生地を練って熟成させて、麺の長さにカットして、麺生地に味付けをして、形を整えて油で揚げて・・・と、約12の工程を行うことで、チキンラーメンは作れました。

2人1組で作るので、4名分の枠を予約しておき、友達と一緒に作ってきました。

三角巾としてチキンラーメン柄のバンダナを付けて体験したのですが、そのバンダナは記念にもらえます。
さらに、普通のチキンラーメンも1袋お土産にもらって帰る仕組みでした。

なかなか良い思い出になります(^^)

遥香の近況日記-オリジナルパッケージ作ったオリジナルパッケージということで、チキンラーメンの袋に自分で絵を書いて、世界に1つだけのチキンラーメンが出来上がりました!

しかし、何を書けばいいのか思い浮かばなくて、女の子もどきの絵とラーメンどんぶりの絵を咄嗟にかいちゃったんですよね・・・

今回も、11月の時にも作った、オリジナルmyカップヌードル作りも体験してきました。

myカップヌードルの味や具は、前回と変えてみようと思い、「トマトチリ味」と「なると、ネギ、エビ、チューダーチーズ」を入れてみました。

そしてカップヌードルのパッケージにも自分で絵を書くので、チキンラーメンのパッケージの絵に揃えて、稚拙な女の子もどきの絵を書いてみたんです。

写真のように並べてみると、改めて微妙www
でも友達と一緒にこういう体験制作をするのって楽しいですね。

******* ******** *******

AD

感情というもの

テーマ:
困った…
心の中を、手に負いきれない感情がグルグルしてる。

ふとした拍子で沸き起こった、この感情を、なんと表現すれば良いのかわからず
迷い、不安? 嫉妬、欲望? 一縷の望み、未来への期待? 怒り、悲しみ?
どれもしっくりくる言葉じゃなくて…

適切に分析出来なくて、感情のコントロールも出来ない。
多数のよくわからない気持ちが入り乱れ、余計に感情の振幅に影響してしまってる気がする。

この感情を解決する答えは、絶対に今の段階では、導すことは出来ないのです。
解決しないから、この感情の納まりどころもないわけで…

こういう時は、棚上げして寝てしまうのがいいのに、余計なことを考えてしまったり‥
それがもとで、不愉快な気分や、感情が荒だってしまったり‥
更に、不確定な推測から変に不安を感じたりと‥馬鹿みたい。

絶対に、今すぐには答えが出ないのに、無理矢理納得しようとして、思考の罠に陥り、あれこれ可能性をシミュレーションしてしまい、なかなか眠りにつけない。

色んなことに疲れ、身体は眠いはずなのに、感情の波にゆさぶられ、寝付けない。

感情というものは、不であれ、陽であれ、なんとままならなく、面倒なものなのでしょう。

******* ******* *******

おや・・・

テーマ:
季節はずれの転校生・・・じゃなくて、改め
新入社員として、本日付けで同じ課にプログラマーさんが2名配属されてきました!

同じ課といっても、所属のチームが違うので、今日は挨拶と軽い自己紹介くらいしか会話をしていないので、まだどんな人となりなのかは知りませんけどw

ただ、事前情報で、2名配属のうちの1名の方はけ経歴をざっくり聞いていたのですが、もう1名の方は名前すら知らなかったので、この差はなんなんだろうね~と、ちょっと不思議に思ってたのでした。

事前情報を多少聞いていた1人は、実はもともと、うちの会社の他部署に勤務していた人だそうです。

ただ、自分がやりたい方向性の仕事を数年勤めても任せてもらえそうにないという状況から、一度退職して、別会社へと転職したとか、しないとか・・・!?
本当は数年前に、うちの部署への転属の話しが出た時に、候補になっていたそうなのですが、結局別の人がやってきて、望む方向性に転換できなかったとか、どうとか・・・!?
まぁ、噂だけはちらっと聞いてはいたのです。

その後、なんの因果か、再びうちの課の人員補充の応募面接を受けて、今回見事に入社してきた出戻りさんなのでした。

というかですね・・・
なんと一度退職して、他の会社に勤めて、再びうちの会社に入社しなおしてくるっていうパターンの出戻り社員さんが、これでうちの課は3入目だったりします!!
私が今の会社に勤め始めてから3年ほどですが、その間だけで、3人目。

子会社から、親会社の某部署になって、色んな経験をさせてもらってるし、実際に新しい分野に切り込んでいくのが主な仕事なのですけど、結構大変だしストレスたまるんですよね。

メディア関係や、会社の関連業務に総合的に関われる部署といえば、そうなんですけど。
実際に所属して毎日の仕事におわれていうと、そんな魅力的な課だと素直には思えないんですけどね。

客観的にみたら、自分の提案力、企画力、コミュニケーション力でやりたい方向の仕事を自分で作っていける分野に見えるんでしょうかね?

とはいえ!
私自身がどう思ってるかを、改めて考えてみたところ・・・

大変といえば大変だし、ストレス負荷もそれなりにあるし、人員もきっつきつだけど、個人的には仕事は嫌いじゃないので続けてるわけですから、それなりにうちの課は楽しいと思えるところなのかもしれないですねw

******* ******* *******