1/25の日記

テーマ:
朝から体調があまり良くない1日でした。
でも、仕事にいかなきゃいけない切羽詰まった状況だった為、頑張って起きて、出社しました!

そして、朝10時から、とっても重いアポイント・・・
そう、先週の木曜日から金曜日にかけて、4件ものトラブルがサイトで発生しており、その障害報告書を、開発会社の責任者の方が持参されるということで、今後の対応策も含めて、詳細確認をしなければならなかったのでした。

もうね、私から怒るのは面倒って気分だったのです。
なので、現場責任者として、事後のユーザー対応と、再発防止策のお話しをメインにさせていただきました。
対会社同士のお話しは、私の上司から、先方の会社の総責任者に連絡するって言ってたので、現場はもう少し実りあるお話しで、すすめさせていただいたのでした(--;

さてさて、現在うちの会社では、来期の事業計画に向けて組織編成真っただ中なんです・・・

一応、私のポジショニングは、暫定的ではありますが、ほぼ決まっています。
なので、来期に向けてあーでもない、こーでもないと、担当しているサイトの方針を考えていたのですね!

なーのーに・・・ですよ、会社から正式な事業方針が定時されてみると、当初に聞いていた組織編成の形がなくなっていてるのです(笑)

だからといって、私の担当する仕事や、サイトがなくなるわけじゃなくて・・・
あまり詳しくは書けないのですが、面白い具合に、新しいチャレンジのフィールドを用意されてしまったというか、自由過ぎるというか・・・

どうやら来期も、生み出す苦労を強いられることになりそうです。

一応、「会社側から、どの事業部に所属したい?」~というような事を聞かれましたが、私の答えは分かってたと思うというか、予定内の事として組み込まれてたんじゃ...ないでしょうか!?

そんなわけで、来期もまたまた、学ぶべきことがいっぱいありそうです。
*******

まったく話しは変わりますが・・・

只今、大学受験シーズンですよね。
先日センター試験もありましたし。

私の従弟も、どうやら今日から大学受験の為に、上京してきているようです。
半月程度は東京に滞在するみたいですね~

今度の土曜日にでも時間を作って、従兄弟と食事をしてみましょうかね!

******* ******* *******
AD

届きました!

テーマ:
遥香の近況日記-北海道土産

先日、お友達からメールで予告していただいていた物が、届きました~о(ж>▽<)y ☆

お友達が、少し長めの北海道旅行へ行ったそうなのです。
その時のお土産を、会うタイミングがないからと、わざわざ郵パックで送ってくれました!!

こうやって北海道とか、沖縄とか、各地のお土産を折に触れてプレゼントしてくれるので、申し訳ないような、ありがたいようなと感じつつも、嬉しい気持ちが大きいのです音譜

チョコレート菓子は、冷蔵庫で冷やして食べる癖がある私・・・
そんなわけで、現在冷蔵庫に入っております。

******* ******* *******
AD

各地のお雑煮色々

テーマ:
知人に誘われて「日本各地のお雑煮を作って食べる」という、ユニークなグルメの会に参加して来ましたо(ж>▽<)y♪
この企画は、作って食べるのが目的であって、お料理教室ではないw

知人いわく、お雑煮文化は奥深く、大きく分けると4種類あるそうです!
■.すまし文化圏(東日本と近畿を除く西日本)
■.白味噌文化圏(近畿地方)
■.赤味噌文化圏(福井、滋賀など近畿の一部)
■.小豆汁文化圏(出雲などの山陰地方の一部)
雑煮文化 参考⇒ 資料HP

ちなみにですが、私の実家(岡山県)は、分類通り「おすまし」のお雑煮でしたね(・∀・)
そしてお餅は焼かずに煮込み、丸餅を使います。

高田馬場にある消費者センターの調理室を借りて開催されたんですけど、何だか雰囲気的に学校の調理実習室を思い出しちゃいましたwww
でも広いキッチンっていいですよね、やっぱり作りやすいって思いました。
*******

今回のお雑煮を作って食べる会は、調理台もちょうど4つあるということで、参加者が4つのグループに分かれて、上記の4種類のお雑煮のうち、どれか1つを作るというルールで進められました!!
そして、それぞれ作ったお料理を食べ比べして、地方色を愉しむってことです(o^-')b

私は、くじ引きで赤味噌を使う福井のお雑煮を作るグループになったですけど・・・
当たり前ですが、赤味噌のお雑煮なんて、今までに作ったことはありません(爆)

$遥香の近況日記-カブ入れ  $遥香の近況日記-赤味噌入れ
遥香の近況日記-盛りつけでも、渡されたレシピを赤味噌お雑煮を作るメンバーで見てみると、わりとシンプルだったので、味付けさえ上手くいけば、問題なく作れそうってことで、初の「赤味噌お雑煮」を作りましたよ(笑)

出しは昆布でとり、赤味噌を入れ、具に「カブ」をつかうんですね、そして香りつけに柚子をのせたりするのが特徴でしょうか。
お餅は、丸餅を茹でると書かれてました。

お味噌汁っぽいような、やっぱりちょっと違うような~と思いつつも、美味しく作れたので個人的にはかなり満足。
参加者18人分のお雑煮を作るのって、大変だけど楽しかったです~♪
何人かは、時間の関係で食べに来るだけって人もいたw

↓これが、出来上がった赤味噌のお雑煮写真、&4つ全部のお雑煮集合写真w
$遥香の近況日記-赤味噌のお雑煮  $遥香の近況日記-御雑煮4種類

そして・・・
他のチームのお雑煮写真もアップしてみます!
関東風↓すまし文化圏のお雑煮          関西風↓白味噌文化圏のお雑煮
$遥香の近況日記-おすましのお雑煮  $遥香の近況日記-白味噌のお雑煮
遥香の近況日記-小豆のお雑煮
←山陰地方 小豆汁文化圏のお雑煮

これはお雑煮じゃなくて、お汁粉じゃぁっていう突っ込みはナシでΣ\( ̄ー ̄;)

それぞれ全く味が違うので、楽しく美味しく食べ比べができましたよ!!
イイ感じに、デザート的な小豆お雑煮を締めに食べて、満腹です音譜

次の作って食べる企画は、スリランカカレーが候補にあがってるそうです!
香辛料を現地から取り寄せて、スパイスから作る本格カレーなので、お料理っていうよりも「調合」って言った方が良いかもしれないらしいですw

******* ******* *******
AD
遥香の近況日記-魚介のパエリア渋谷のスペイン坂近くの、坂道の途中にある、
スペイン料理のレストランで、パエリアや
スペインオムレツを食べたのです!

なんだか、声に出して言ってみると、早口言葉っぽいですね(笑)
*******

先日の水曜日、昨年の11月に土曜出勤した時の代休を、やっと申請してとることに成功しました(笑)
でもこの代休は、どうしてもこの日に取りたかったわけじゃないのです…

そろそろ溜まってる代休を消化した方がいいかなぁ~ってことになり、1月中に1日くらいは代休をとってもいいので、休んでも問題のない日はいつかしら~という基準で、今月のスケジュールを確認した時に、会議やアポが入っていない日が、たった3日しかなかったの!

そして、その3日のうちで、何かしらのリリース日を避けた結果
「1月20日しか休めませんね」~という消去法で選ばれただけのなのでした(^^;

しかも月曜日(休み二日前)に代休が決まったので、当日の予定が。。。

でも折角のお休みなので、保留にしていた事や、行こうと思っていた場所など・・・可能な範囲で行動をしてみたのでしたо(ж>▽<)y ☆

そして淋しがりやなので、夕食を一人でとるのが嫌だった私は、友達を誘って渋谷で食べたのが、上に書いたスペイン料理だったのでした!

ついでなので、もう2枚ほど写真をアップしてみます(^^)
$遥香の近況日記-スペイン風オムレツ  $遥香の近況日記-デザート
そういえば、年末にもスペイン料理を食べにいったんですよね~
渋谷じゃなくて、品川でしたけどw
*******

全然話題は変わりますが・・・
どこかで無くしたと思っていた物が、どうやら実家にあったようです!?
郵パックで発送済みらしいので、週末に受け取れそう。

こんなふうに、ごくたまにですけど、無くしたと諦めかけた頃、忘れてしまった頃に、自分の手元に戻ってきたり、届けられたりする物に、不思議な流れというか、奇妙なタイミングだなぁ...と思うのでした。

人間関係においても、会うべくして再開する人とかいたら、こんな風に感じるのでしょうか?
まぁ、なにはともあれ、「今」を大切にしなきゃいけないな・・・と、某人に会って、しみじみと思わされたのでした。

******* ****** *******
遥香の近況日記-kaijyu-tatino irutokoro今回は、予告をみて気になっていた、映画「かいじゅうたちのいるところ」を観てきました。

この映画の原作は読んだことはありませんが、児童書になるんでしょうかね?!
主人公の少年を通して、子供の独善的で我儘な部分や、未熟な点がストーリーの節々に描かれているようで・・・
それが、あまりに「子供らしい」要素がうまく表現されているからなのか、何も先入観なく観た私としては、主人公に感情移入できなくて、若干消化不良な感じでした(・・。)ゞ

他人を思いやる気持ちは、成長していく過程で、その経験から身に付けていくことが必要なんですよね~
分かるんですけど・・・

映画のテーマは家族のようでした、少年の家族、そして船でたどり着いた島の、かいじゅうたちの家族関係を通して、少年の成長が見られるんですけど、結局、少年がかき回した「かいじゅうたち」の関係は解決しないままなんじゃぁ。。。

ラストで少年は母親のもとに戻り、食卓でケーキを食べて幸せそうで、ハッピーエンドのように見えるんですけど、かいじゅうたちの事はいったいって、ついつい思わずにはいられなかったんですよね。
子供の浅はかな考えと行動で、振り回されて終わりって、それでいいの?ってヽ(;´Д`)ノ

ということで!
私としては、ちょっと納得いかないストーリーと、ラストでしたw

****** ****** ******