8月末

テーマ:
先週末は、ちょっとした事件が立て続けに起こり、アップダウンというか、微妙な毎日に少し疲弊しちゃいました(^^;
もっとストレス耐性をつけなきゃいけないですねw
********

週末にかけて…
勝負は見えてるのに、立場上、知らないふりして爆弾発言落とした結果、余波が思った以上に大きく、調整に振り回されたり、闘うことになっちゃったので、ちょっと疲れたんですよね~(苦笑)
********

金曜日の夜…
新しいシミュレーションのがシステム仕様の変更に伴って、シナリオ設定の修正が必要とかで、同僚プランナー♂と、SVチームの子♀が、何故か私のサイドデスクでミーティングを始めてプチバトル勃発。

宥めにはいると、3時間くらいそのミーティングに巻き込まれるし!!
この巻き込まれ事件は、2人の確信犯っぽい...

その結果の落とし所というか、納得の仕方が
「男性と女性では、恋愛関係を成り立たせる感覚が違う」...(^^;って。。。
2人が納得したなら、もういいんですけどね。。。
********

土曜日は…
サービス出勤をして、遅れている企画書作成をするつもりが、プチトラブルがおき否応なく時間をとられた結果、開き直られてしまい、ちょっと凹んじゃいましたw

その後、お台場で道に迷ったりして、準備不足な自分に、反省することに~。。。
********

日曜日、やっとお休み…
映画「サマーウォーズ」を観に行きました(^^)
最近、感傷的になっていた為、映画を見て色々と感じいる部分がありましたね!!

うちの親戚は子供が少ないので、集まっても映画の中みたいに 賑やかにはならないでしょうけど、やっぱりコミュニケーションは大切ですね。

それに仕事柄、モバイル関係どっぷり浸かって、ネットワークの広がりとか、便利さとか追及するけど、人のためにってことと、隠されたリスクとかちゃんと考えないといけないなぁ~って改めて思ったのでした。
********

こうやって書き並べてみると、それほどの事なのかって感じですね。。。
世間で今大きなニュースになっている出来事に比べたら、瑣末なことなんでしょう・・・きっと。


先日、会社の近くを同僚と歩いていたら、トンボが飛んでるのを見かけました。
夏も終わり、秋になろうとしてるんですね~

****** ******* *******
AD

お粗末っ!?

テーマ:
おはようございます!
気づけば朝・・・って、最近仕事の影響で、ライフサイクルが乱れまくってます。

私は今、2つのモバイルサイトの担当をしています。
そのうちの1つを、下半期最初にリニューアルさせるのが大きなプロジェクトとして動いています。

…リニューアルするサイトは、それに向けて色々と事前計画を立てて、通常とは違ったイベントを組んだり、ユーザーニーズを把握するためのアンケートを取ったりと、今までとは違うイレギュラーな運営作業を、6月頃からリニューアルまで実施することなります。

しかしこのイレギュラーの動きをすることによって、何故か毎月1回は、障害報告をうけなければならないような事件が発生するのです・・・
原因は、システム的なこともあれば、人為的なケアレスミスだったり、様々です。。。
同じ事が繰り返されているのではないんですけど、それでも多発しすぎです。

もうね...毎月、私宛てに障害報告書が届くんですよ!
受け取った障害報告書を管理台帳に私の名前で記録を残し、PDF資料にして保管&原本を会社へ提出とかって、自分ミスじゃないの~って気分になって、なんだかイヤ。(´д`lll)

委託企業のチームメンバーからの言葉に
「今までにはない動きをした為に、発生してしまったケースです」…っていうのがあり、
こらこらヾ(。`Д´。)ノ今まで、どれだけルーチンワークだけしかやってこなかったんだ~って、ちょっと怒り心頭です!!

決まったことしか更新しない、しかも少ない、イベントはない、ユーザーニーズも汲み取らない…
そんな運用状態だから会員数が激減してるんでしょう~って、結論出して、今回のリニューアルは、ちゃぶ台ひっくり返すくらいの大きな改編を行うことにしちゃったんですけどねw


ちなみに、8月は2回ほど人為ミスがありました。

サイトへアップするはずのリンクが、EZ端末だけタイマー設定が始動せずリリースが遅れてサポートに問い合わせが殺到したり…
テスト環境で行った「ポイント&クレジットプレゼント」のリンクが、消去したはずなのに、管理ツールのシステム仕様の関係で、3日後に本番にアップされてしまい、2chで祭り状態になっていたとか・・・
救いは、どちらのケースもユーザーにはデメリットは発生しなかったことでしょうか
もうね、事前チェックが出来てないとか、管理ツールを作った企業がしっかり把握出来ずに運用しちゃってるとか、お粗末なのです(涙)


2回目の障害が昨日だったんですけど・・・プレゼントリンクのバグ。
ユーザーは喜んでたかも知れませんが、運営側としてはちょっとイタかったですね。。。
今後予定してる展開を考えると、ここでポイントは増やしたくなかったんですよね~
0時から朝9時半頃リンクをはずすまで、1割くらいのユーザーがリンクでポイントを獲得しちゃてたみたいで、2chでユーザー様たちに笑われてますよ(ノ_-。)

今後のサイトでの対応とい、余分な仕事まで発生して。
仕事が、私のライフワークバランスをどんどん圧迫してきてます。


先日からちょっと気分的に変なテンションだったのと、仕事の忙しさにイラっときてた時に、プロジェクトのミーティングに参加して、あまりの進捗の悪さに紛糾して、上司の言葉にムカっときた結果・・・
ずっと曖昧にしてきた、プロジェクトリーダの立ち位置につくこになりました、多分。。。
正式には今週中に確定ってことになると思いますが

ずっと敬遠してたんですけどね~、この立場につくことを。
どう考えたって、今まで以上に仕事の負担が大きくなるのは必至ですから。
でももう仕方ないじゃんって感で、このまま曖昧にしてる方が微妙そうだったのですもの。。。

それでもって、プロジェクトリーダーに正式になって最初にしなければいけないのは、リニューアルリリース日のリスケですね。
10月中旬は無理そうなので、11月上旬に変更です。
これでも、キャリア申請を考えると、結構苦しいのですけど、まだぎりぎり実現できそうなスケジュールってことで、全てのスケジュールの組み直しです!!

*********

9月の5連休。
実家に帰省したかったけど、このままだと帰れそうにありません。。。
代休は、リニューアル後にとれたらいいなぁ~って状態です(^^;

******* ******* *******
AD

FRIENDSHIP

テーマ:
色々と心乱れていた週末ですが、平日が始まってしまえば日々の多忙で、案外普通に過ごしてしまうものなんですよね・・・

でも気分的には、浮上してるわけじゃないのかも。
今日のリーダーMteは、私が議長担当だったんですけど、どうも元気がいまいちだったらしく、終わった後に
「月曜日から疲れ気味? プロジェクトの進捗が悪いの気にしてるのかもしれないけど、元気だせよ!」
・・と、肩を叩いて励まされちゃいました(^^;
プロジェクトは予定よりもかなり遅れてしまっていますが、もう仕方ないからスケジュール引き直しをしちゃおうって、開き直るくらいになってきてます・・・www
************

最近の日記は、少しとりとめのない内容になってしってますが、私はちゃんと元気です(笑)

詳細はシンプルなようで、結構複雑で・・・
感情というものは理屈じゃないんだと感じるのはこういう時ですね。

************
下にアップした動画は、「GIRL NEXT DOOR」の新しいCDの中の1曲『FRIENDSHIP」』

「GIRL NEXT DOOR」って、それほど興味なかったのですけど、この曲は私の中で持っている、ある思い出にマッチして、最近よく聞いている曲です!



** 歌詞 抜粋 ********
You're my friend! I'm your friend!
あの夏 花火まわしながらはしゃいでいた
恋や 夢や 笑顔や涙 赤や 緑 黄色や青
Good-bay friend, dear friend
想い出花火 今も胸に輝いてる

You're my friend! I'm your friend!
あの夏 君はきっとそれに気づいていた
いつかやがて 別々の道 歩き始める日が来ること

Do your best! Do my best!
教えてくれた、それが本当の優しさだと
だからたとえ離れていても寂しくない そう思える

******* ******* *******
AD

感傷的な日記

テーマ:
1つ前の日記が、めっちゃ感傷的でしたが、引き続きそんな気分で過ごした日曜日。
さらに友達と話した内容が、私の中で色々と渦巻いているのも、原因なんでしょうけどw

「人との縁」の話しを日記にかきましたが、その話しを、友達ともしたのです。
もし、死ではなく、別の形の別れ方だった場合、再び同じ関係を修復できるのかどうか・・・というものです。

「断絶」、「疎遠」、「別れ」を、「復縁」させられるのかは、かなり人によって見解が違うような気がします。
まず、「別れ方」にもよりますし、何よりも、一度 「縁が切れた」相手との「関係性」にもよりますからね!

私的意見ですが…
生きて目の前に居る相手ですから、一応、仲直りは出来ると思います。
よっぽど手酷く傷つけ合って別れたんじゃなければ、『関係修復』くらいは出来ると思うのです。

でも、全く同じ状態を復活させてたようにみえても、多分それは微妙なバランスの上に成り立っているか・・・、そう装っている部分もあるんじゃないかと思うのです。
だって、心の奥底で2人とも、もしくは別れを切り出された方は、相手に対しての気持ちを遮断したわけですから!!

一度絶ってしまった気持ちが、全く同じ状態で保たれてるなんて楽観視、別れを切り出した方は出来ないでしょ、・・・きっと(^^;
また、別れを告げられた方も心が無傷だったとは言えないし、相手への不信感だって生まれているはずです・・・どれくらいは人にもよるでしょうけど。。。

と、まぁ思うことを書きだすと長~くなりそうなので、このへんで止めておきます(苦笑)

結論を無理やりまとめるとビックリマーク
「初めまして」と、出会って関係を作っていく時よりも
「久し振り」と、改めて関係性を築き直していく方が、
何倍も労力と時間が必要なんだぞ...ってことでしょうか(><;)

******* ******* *******
かなり感傷的な日記です。
でも、書かずにはいられないのは、私の心の問題なのでしょう。

究極の別離は、死。
こぼれ落ちていく「人の縁」の中で、絶対に取り戻すことも、結び直すことも不可能な「縁の切れ方」だと思うんです。
もしかしたら、後に別の形の縁や、関わった縁から派生した何かが残っていたりするかもしれませなんが、それでも、その死別してしまった人と再び会うことは、絶対に叶わないのですから・・・
残るのは思い出だけですよね。

******

初めて、私が「人の死」を目の当たりにしたのは、10歳の時でした。

母方の曾祖母は、今ではもう珍しいことだと思うのですが、病院ではなく自宅で家族に見守られながら息をひきとりました。
94歳の大往生です!!
大病もなく、本当に年齢による衰弱という自然死だったそうです。

これ母上の情操教育方針の1つだったのか、それでも自分の生家へ行く都合だったのか、詳細は知れませんが、曾祖母が元気だった頃も衰弱して寝たきりになってしまってからも、度々母方の田舎へ(実家から車で30分程度)行き、過ごす時間がありました。
弟たちは分かりませんが、私は幼稚園の頃から、10歳(小学校4年生)までの経験なので、元気だった頃の曾祖母の姿も、死の間際の姿も、十分に記憶に残っています。

初めて人の死へ立ち会った時の感覚は、「静寂」・・・でした。
どういった感情を持ったのかは、イマイチ覚えていないんですけど、印象だけは強くあります。

******

その後も、死別の経験を何度かしました。
身内だと父方の祖父や、母方の祖母との死別を経験したり、身近な他人で初めてのは死別はお習字の先生・・・
社会人になってからだと同僚や、友達との死別などにも遭遇してしまいましたが、これは「若すぎる死」としてかなり痛みを伴いますね。。。


身内と、仲の良かった友人との別離は、思い出がたくさんある分だけ、淋しさの量が違います。

そう、自然死であろうと事故死であろうと、会えていたはずの人と永遠に会えなくなってしまうのは、淋しいのです。
日々、普通の顔をして過ごしていても、何気ない瞬間に思い出して、淋しいのです。

そのうち、淋しさが懐かしさに変化する時が来るのかもしれませんが、まだ1年程度じゃ完全にはそうなってくれないみたいです。
痛みは和らいたけれど…変わりに生まれた感傷的な気持ちは、多分、淋しさですね。

一周忌は身内でやるからと聞いたので、友人有志でのお参りは皆の休みが調整できる8月に行わせていただきました。
心情的には、ちょっと敷居が高かったんですけど・・・
行かないよりは行ってよかったのでしょう。

******* ******* *******