もしも君が迷ったなら

思いついた言葉を詩に。思いついたストーリーを小説に。


テーマ:

 今年もまたやって来る。雪の降る白い季節。
 見上げると、白い雪の結晶が舞い降りてきた。



「積もったなぁー」
 美雪は白い雪に足跡を付けて歩いた。空はもう晴れ渡り、青い空が広がっている。
「ハー」
 息を吐くと、白く染まった。
 彼と出会って、三度目の冬。今年は一緒に過ごせるのかすら分からない。
 知ってる。彼の心がもう此処にはないって。だけど怖くて問いただせない。
 だってきっと戻らない。どこかで諦めがついてる。
「……っ」
 自然と涙が溢れてくる。
 『ずっと一緒にいようね』って約束したのに。あの頃、あの人は優しくそう言ってくれたのに。
 変わってしまった彼の心。変われないのは自分だけ。
 次々にこみ上げてくる涙が堪えきれずに零れた。


 滲む視界に広がる雪道。かつて彼と二人で歩いた思い出の道。
 あの頃はこの道が永遠に続く二人の未来のように感じていた。
「…………っ」
 いつも一緒だったのに。傍にいるのが、彼の隣に居るのが当たり前だって思ってたのに。
 私の心はまだ此処にあるのに……!


 ポトンと涙が雪に落ちた。雫は周りの雪を少しだけ溶かした。


 今も色褪せることなくある彼への想いは、白い雪のようにキラキラと輝き続けている。 今はその思いが自分を苦しませる。
 美雪はその場に崩れた。冷たい雪が、火照った体を冷やしてくれる。
 本当は、信じたい。彼が戻ってきてくれると。都合のいい女って思われてもいい。彼を愛しているから。いつかまた笑って彼の隣を歩きたい。


 俯いている美雪の目の前に雪の結晶が舞い降りた。
「馬鹿……だよね」
 だってもう戻らないって知ってる。それでもまだ彼を愛してる。


 涙で滲む目で見た空は、あまりにも鮮やかな青で、白い雪とのコントラストが本当に綺麗だった。
「分かってるよ。分かってる」
 誰に言うでもなく呟く。



 舞い散る雪が奏でるのは、別れの序曲。



web拍手を送る

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚


季節はずれ甚だしいですが、元ネタになった詩も2005年の6月に書いたものなので、気にしない方向でw

ちなみに↓のSSも元ネタは自作の詩だったりしますw

よかったら拍手orGOODお願いします~<(_ _)>

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「奈々、帰るぞ」
「あ、待ってよ!」
 幼馴染の浩太と奈々はいつものように二人で帰って行った。
「あの二人、変わんないねえ」
「いくら幼馴染でも、もうちょっと進展あってもいいのにねぇ」
 クラスメートたちの噂なんて、二人には聞こえるはずもなかった。



 浩太と奈々は幼馴染。生まれたときから一緒だった二人は兄妹同然に育ってきた。
 夕暮れに染まる道を二人で歩く。
「部活、忙しいんじゃないの?」
 奈々はいつの間にか身長を抜かれた浩太に意地悪く言った。
「俺、レギュラー確定だもん」
 浩太はなぜかいつも持っているサッカーボールを操りながら答えた。彼はサッカー部でも有望な部員で、一年なのにレギュラーなのだ。
「今日は何作ったんだ?」
 少し前を歩いていた浩太が急に振り返った。
「……やんないよ」
 意地悪くプイッと横を向く。
「えー。腹減ったー」
「あたしはあんたの召使じゃないっつーの!」
 そう強く言っても、そんな子犬のような目をされたら、あまり強く出られない。
「ハァ……。しゃーなしだよ」
 奈々は溜息をつき、家庭科部で作ったカップケーキを一個渡した。
「サンキュっ!」
 浩太は本当に嬉しそうに受け取った。
(そんな顔するなんて、ズルイ)
 いつからだろう? 兄妹同然に育ったのに、彼を意識するようになったのは……。
「うを! めちゃくちゃうめーじゃん!」
 浩太は相変わらずクルクル表情を変える。まるで子供みたいだ。
「もー。がっついて食べるのやめなさいよ。みっともない」
「だって。うまいんだもん」
 浩太がニカッと笑う。笑顔が夕日に染まり、何故だかドキッとする。彼の姿なんて、見慣れているはずなのに、ドキドキが止まらない。
「おだてたって、二個目はないから」
 厳しく言うと、浩太はショックを受けていた。
「ええ? もうないの?」
「しつこい」
 そう言うと、浩太はしょぼんとうなだれた。さっきまで景気良く蹴っていたボールを小さく蹴りながら背中を丸めて歩き始める。
(子供だ……)
 夕日に向かって歩く彼の影が伸びる。奈々は彼が前を向いていることを確認して、影とこっそり手を繋いだ。
 妙に嬉しくなって、顔がニヤケる。
「あ、そうだ」
 急に浩太が振り返り、奈々は心臓が飛び出るほど驚いた。
「な、何?」
「今度の日曜、空けとけよ」
 彼の顔が逆光でよく見えない。
「何で?」
「練習試合があるんだよ」
「あたし、関係ないじゃん」
 つい言ってしまう。かわいくない言葉。
「俺の弁当作ってこい」
「何それ? 命令?」
浩太の意図が全く読めない。
「そうだよ。命令だ」
「何で浩太に命令されなきゃいけないのよ」
「お前の作るメシじゃねーと力が出ねーんだよ」
 浩太はそう言うと、また前を向いて歩き始めた。
 その言葉が嬉しくて、ニヤけてしまったのは内緒にしておこう。


 雨の日も、うだるような暑さの日も、凍えるくらい寒い冬でも、登下校が苦ではなかったのは、隣に浩太がいてくれたからだ。
 浩太が好き。だけど、彼の気持ちが全く読めない。弁当を作れって言ったのだって、本当にただ弁当を食べたいだけなのかもしれないし……。
「同じ気持ちだったらいいのに……」
 溜息が漏れる。そんな虫のいい話、あるわけない。だから告白なんてできない。


 奈々は告白できない代わりに、日ごろのお礼を兼ねて特製の弁当を作った。
 浩太は目を輝かせて食べ、試合でも活躍した。


 だけど、その試合は負けてしまった。


 夕暮れの帰り道。浩太はやはり少し前を歩いた。
「悪かったな」
「え?」
 突然謝られ、奈々は驚いた。
「弁当まで作らせたのに、負けちまって」
「それは……」
 浩太が悪いわけじゃないのに。うまく言葉が出てこない。
「カッコ悪いとこ、見られちゃったな」
 少し冷たい風が吹き抜けた。浩太の茶色に透ける髪が流れる。
「カッコ悪くなんか、なかったよ」
「え?」
 奈々の言葉に、浩太は振り返った。
「浩太は、一生懸命やってたじゃん。がんばってる人が、カッコ悪いわけないでしょ」
「奈々……?」
 浩太は驚いているが、奈々は勢いが止められなかった。
「あたしは、そうやってがんばってる浩太が好き! 試合に勝ったとか、負けたとか、そんなの関係ない!」
 言い切った瞬間、自分が何を口走ったのかに気づいて顔が真っ赤になる。
「あ……いや、あの……」
 勢いだったとはいえ、告白してしまった。馬鹿だ。自分からこの関係を壊してしまうなんて。
「何でお前が先に言うかな」
 いつの間にか浩太は、奈々の目の前まで戻ってきていた。頭一つ分違う浩太を見上げる。
「俺だって、お前のこと好きだよ。ずっと前から」
 ぶっきらぼうに言った浩太は、逆光で良く見えなかったが、耳が赤いことに気づいた。
 それを見た瞬間、強張っていた顔が緩む。
「何だ。一緒だったんだね。あたしたち」
 奈々が笑うと、浩太も笑った。
「帰るぞ。奈々」
 そう言うと、浩太は右手を差し出してきた。
「うん」
 奈々は自分の左手を浩太の右手を絡ませた。


 夕暮れの帰り道。
 今度は手を繋いで一緒に帰ろう。



web拍手を送る
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

人は死ぬとどうなるのだろう?何処へ行くのだろう?
そんなこと、考えたことは今まで一度もなかった。彼女に訊かれるまでは。


それはある日の放課後。夕日が差し込む教室の中。今日の日直である清水健介は日誌を書いていた。もう一人の日直である斉藤美沙は黒板の掃除をしている。
美沙は少し、いやかなり変わっていた。変わっている、と言う表現は適切ではないかもしれない。彼女は時々不思議なことを口走る。だけど周りの皆から特に変わり者扱いはされていない。それどころか彼女は今まで考えなかったようなことを考えさせてくれる。


その日もやはり今まで考えたことなかったことを質問された。
「ねぇ、死後の世界ってあると思う?」
唐突過ぎる質問に健介は虚を衝かれた。健介が顔を上げると、美沙はこちらに背中を向けたままだった。
「何?急に」
しかし美沙は健介の質問には答えず、クルリと振り返った。
「あると思う?」
美沙は真面目に聞いているようだ。健介は日誌を書く手を止め、考えた。
「うーん。どうだろうなぁ。あるんじゃないかな?」
健介の答えに不満なのか、美沙は俯いた。
「そう」
「斉藤はどう思うんだ?」
そう尋ねると、美沙は顔を上げたが健介の方ではなく窓の外を見つめた。
「私はないと思う。きっと眠ってるのと一緒で、無なんじゃないかな?」
美沙の口調はいつになく真剣だった。返答に困った健介が茶化す。
「眠ってるのと一緒なら、いつか起きたりするの?」
「神様の気まぐれであるかもね?」
美沙はそう言って、ニヤリと笑った。しかしすぐに表情が曇る。
「結局、死後の世界なんて遺された人が作り上げた空想の世界なのよ」
そう言った美沙が涙を堪えているようにも見えた。
「どうしてそう思うの?」
ほんの少しの間が空く。美沙は俯き、健介は美沙を見つめた。美沙は小さく口を開いた。
「会いたいって思う度、いつも無駄なことだと思い知らされるから」
「会いたい人でもいるの?」
思わずそう聞いてしまう。美沙はコクンと頷いた。
「私の大切な人」
その言葉を聞いた時、胸の奥が痛んだ。何故なのかは分からない。
すると美沙がフッと笑った。
「ごめんね。変な話して」
いつもの美沙に戻ったのを見て、心なしか安心を覚える。
「いつもだから慣れてるよ」
そう言うと美沙が笑った。
「帰ろうか」
日誌を書き終わった健介が立ち上がった。美沙も掃除を終え、二人は一緒に教室を後にした。


それはあまりにも突然過ぎて、理解するのに相当な時間を有した。
「嘘・・・だろ・・?」
健介は笑顔の美沙の遺影に向かって呟いた。
「相手、飲酒運転だったらしいよ」
健介の後方で誰かが噂をしている。美沙は下校途中に飲酒運転の車に轢かれ、打ち所が悪く即死状態だったらしい。
「お母様も二年前に亡くなったらしいのにねぇ・・・」
その言葉に健介はハッとした。あの時の美沙の言葉がフラッシュバックする。
『会いたいって思う度、いつも無駄なことだと思い知らされるから』
『私の大切な人』
「そっか・・・。お前の大切な人はお母さんだったんだな」
ようやく理解できた。そしてあの時の胸の痛みも。
健介はギュッと拳を握った。
どうして早く気づかなかったんだろう?早く伝えていれば何か変わったんだろうか?
美沙はもう目を醒ますことなんてないのに。
伝えられないと分かった瞬間、涙が頬を伝う。
「・・・っ」
言葉にできない美沙への想いが溢れる。遺影に写っている美沙は相変わらず笑顔で佇んでいた。
もし死後の世界があるとするなら、彼女は母親に会えたんだろうか?
もし死後の世界がないのなら、彼女はただ眠っているだけなのだろうか?
健介は溢れる涙を袖で拭った。
特別に開けてもらった棺の窓から見える美沙の顔は、本当に眠っているようで、今にも起きてきそうな雰囲気だった。
涙で美沙の顔が滲む。
「いつか・・・神様の気まぐれで君が目を醒ましたら、その時ちゃんと伝えるよ。俺の気持ち」
少しだけ美沙が笑ったように見えた。


君が目を醒ますまで、この気持ちは胸の奥にしまっておくよ。




web拍手を送る

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*


実は某サイト様の原作シナリオ募集で応募したんですが、そのシナリオを書く為に書いたショートショートですw

(シナリオ書くのが初めてで、勝手が分からずとりあえず小説書いてからシナリオにしたという。)


あ、ちなみに見事落選です((´∀`*))ヶラヶラ

(選ばれると漫画になります)


シナリオ書くのは初めてだったし、いろいろ勉強になりました。

9作品ほどあったので、結構ハードル高かったかも。


今後も参加しようと思いますので、それまでにもっと腕磨かなきゃなぁ(。-`ω´-)


よかったらweb拍手ポチッとお願いします(o*。_。)oペコッ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「受験、終わるまで、お互い会わないようにしよう。」
突然彼女がそんなことを言った高校三年の冬。恋愛と勉学を両立できないと彼女は付け加えた。
「うん。分かった。」
耕平はただそれだけしか言えなかった。引き止めても無駄だと分かった。
それから電話やメールをしたが、電話にも出ず、メールも返信してこなかった。
体のいい振り方をされたのだろうか?
そんなことを考えていても、仕方がない。耕平は全て受験が終わってから決着をつけようと思っていた。
 
それから耕平は一人で勉学に励んだ。辛くなかった、とは正直言えない。彼女のことが忘れられず、勉強に支障をきたすことも多かった。
だけどこれさえ終われば、きっとまた会えると信じ、耕平は死に物狂いでがんばった。
 
合格発表当日。
掲示板の前に立った耕平は、握り締めていた受験票を開いた。少し力が入りすぎてしわが寄っている受験票を、綺麗に引き伸ばす。
掲示板に目を移し、自分の番号を探す。
(あんなに勉強したんだから、絶対合格してるはず・・。)
自分の番号の近くを発見し、一度目をそらした。呼吸を整えてもう一度見る。
「あ・・った・・。」
何度か受験票の番号と掲示板の番号を見比べる。
「やったー!」
掲示板の前で思わず万歳した。他の受験生も喜んでいる者もいれば、肩を落としている者もいる。
でも無駄じゃなかった。今までがんばってきたことが報われたのだ。耕平は手放しで喜び、携帯電話で家と高校に連絡を入れた。
「合格おめでとう。」
そう言われ、夢じゃないんだと確信する。
電話を切り、携帯画面を見ると、何故か彼女の顔が浮かんだ。
『春になったら、受験が終わったら会おう。』
彼女とはそう約束した。
(そんな約束、きっと覚えてないだろうな・・。)
耕平は携帯電話をコートのポケットに突っ込んだ。
 
肩の荷がおり、心なしか気持ちが軽い。彼女に・・会いたい。
そう思ったときだった。目の前に人影が揺れる。
(まさか・・。)
耕平は目を見張った。現れたのは、彼女、美沙だった。
「み・・さ・・?」
驚きながらそう問うと、美沙はにっこりと笑った。
「久しぶりね。耕平くん。」
目の前に居るのに、何だか信じられない。
「え・・。何で・・?」
「忘れたの?『受験終わったら会おう』って言ったじゃん。」
美沙はそう言いながら、耕平に近づいた。
「でも・・お前・・俺のこと嫌いになったんじゃ・・。」
「えー?」
耕平の言葉に苦笑する。
「嫌いになる訳、ないじゃん。」
美沙は優しくそう言った。
「でも・・電話も・・メールも・・。」
一切返ってこなかったのに。
「辛かったよ。我慢するの。でももし受験失敗して、また会えなくなったりした方が辛いじゃない?」
美沙は耕平の手を取った。
「耕平くん、浮気しなかった。」
悪戯っぽく笑う彼女に、妙に安心する。
「す、するわけないだろ!・・お前を・・美沙を忘れられないのに・・。」
つい本心が出てしまう。すると美沙は「ふふっ」と笑った。
「そういや、美沙は・・どうだったんだ?」
一瞬きょとんとした美沙は、次の瞬間ニコッと笑った。
「合格。」
Vサインを作ってみせる。
「おお!やったな。」
「耕平くんは?」
「俺も合格。」
「わー。おめでとー。」
美沙は自分のことのように喜んだ。
「これでまた一緒に居られるね。」
美沙は優しく微笑んだ。愛しさが沸く。
次の瞬間、耕平は目の前に居る美沙を抱きしめていた。温もりが伝わる。
「耕平くん?」
美沙が驚いた声を出した。
「会いたかった。ずっと・・会いたかった。」
今まで押し殺していた想いを吐き出す。
「うん。あたしも会いたかった。」
美沙は耕平の腕の中で呟いた。
 
もう二度と離れたくない。
耕平は美沙を抱きしめてそう思った。 それはきっと美沙も願っているはずだ。
少しだけ早く訪れた春に、二人の心は温かくなった。
 
―春、爛漫。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。