もしも君が迷ったなら

思いついた言葉を詩に。思いついたストーリーを小説に。


テーマ:

天界に戻ったヨクは相変わらず地上を見つめ、ボーッとしていた。
「ヨク。仕事をしろ。」
ダンに怒られても気のない返事をする。
「・・ダン・・。」
「ん?」
「本当にあれでよかったのかなぁ・・。」
「何を今更。」
ヨクの呟きに溜息で返す。
「だって・・本当に力になれたのか、分かんないし。」
「あの子が変われたのは、お前の力だろ?」
「でも・・。」
「ウジウジ考えるなんて、ヨクらしくないな。」
そう言われ、ヨクは苦笑した。
「あの子、笑顔が増えたと思わないか?」
そう言われ、ヨクは頷いた。
「確かに・・笑顔は多くなったみたいだ。自殺しようとか考えなくなってみたいだし。」
「それはヨクのおかげじゃないのか?」
ダンの言葉にヨクは何だか嬉しくなった。
もうあの頃の優子じゃない。それがヨクにとっての救いだった。
「お前、あの子に言ってたじゃないか。『もう一人でも歩いて行ける』って。お前が信じてやれなくて、誰が信じてやるんだ?」
「そう・・だよな・・。」
ヨクはもう一度優子を見た。笑顔の優子に呟いた。
「がんばれ。」

優子は数日間の記憶が曖昧だった。自分がこんなに変われたのも、よく分からない。
あの日舞っていた羽を何故か今も大切に持っている。何だか忘れちゃいけない物のような気がして・・。
辛い時、苦しい時、その羽を持っているだけで何故か落ち着いた。そして何でも乗り越えられそうな気がした。

それから数年後。優子は絵本作家として活躍するようになる。その話の中には必ずと言っていいほど天使が出てきていた。明るくて天真爛漫な天使が。
「優子。また天使のお話か?」
幼馴染から恋人へと昇格した健太が問う。
「うん。」
笑顔で優子は返事した。
「お前ホント天使好きだな。」
「あたしね、居ると思うの。静かに見守ってくれてるんじゃないかなぁって。」
「そっか。」
健太は窓から見える青空を見上げた。
「案外居るかもしれないな・・。」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
健太がふと公園を見ると、誰かが倒れているのが見えた。
「優子?」
間違いない。そう思って健太は優子のところまで走って行き、抱き起こした。
「おい。優子!!しっかりしろ!大丈夫かっ?」
健太は必死で優子を揺さぶった。
「・・ぅ・・。」
意識が戻り、健太はホッとした。
「おい。優子。大丈夫か?」
「・・健太・・く・・?」
「どうしたんだ?何かあったんか?」
「あれ・・あたし・・何して・・。」
記憶を辿ろうとしても思い出せない。
「怪我・・ない?」
「うん・・。」
「ならいいや。びっくりしたよ。こんなとこで倒れてるんだから。」
健太はゆっくりと立ち上がり、優子に手を差し出す。優子はその手を握り、立ち上がる。
「あたし・・何か大事なこと・・忘れてる気がする。」
「そりゃ・・この鞄じゃないのか?」
健太が苦笑しながら、優子に鞄を渡す。
「あ・・やだ・・。忘れてたんだ。あたし。」
優子も苦笑しながら、鞄を受け取る。
そしてふと空を見上げると、一枚の羽が舞っていた。それを掴んだ優子は、じっとそれを見つめた。
「羽・・がどうかした?」
健太に問われ、優子は首を振った。
「ううん。何でもない。」
「そっか。とりあえず・・帰ろっか。」
「そだね。」
2人は夕焼けに染まる空の下、家路に着いた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「大丈夫。君はもう一人でも歩いて行けるよ。それに・・俺のことは記憶から消してあげる。それなら寂しくなんてないだろ?」
「嫌だ!!消さないで!!!」
必死で優子が訴える。ヨクは胸が痛んだ。
「ダメだよ。決まりなんだ。」
レンが冷静にそう言い放つ。
「やだ・・嫌だよ・・。」
優子は泣き崩れた。何もできないヨクは、ただ見つめるしかできなかった。
「決まりなら・・しょうがないのかもしれないけど・・。・・記憶消されても・・どっかできっと覚えてる。あたしは・・ずっと翼くんのこと忘れないから・・。」
優子は消えそうな声でそう言った。
「ありがとう。これからも君の事見守ってるから。辛いことがあっても、ちゃんと前を向いて歩いて行くんだよ。」
ヨクは溢れ出しそうな涙を必死で堪えた。翼の言葉に優子は頷いた。
「失礼。」
レンは優子の顔の前に手を置いた。優子の記憶から翼との思い出が消えていく。
「・・会えて・・よかった・・。」
優子は涙を流しながらそう呟き、気を失ってその場に倒れた。ダンが支え、ゆっくりと寝かせた。
「行くぞ。ヨク。」
記憶を消したレンが優子を見つめているヨクに言う。
「うん・・。」
「大丈夫だよ。彼も来たみたいだ。」
ダンがそう言い、顎でしゃくった方を見ると、健太の姿が見えた。
「そだな。」
ヨクは翼を広げ、ダンやレンと共に天界へと飛び立った。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ヨク。」
アスベールの後姿を見ていたヨクにダンが声をかける。
「彼女、意識取り戻したぞ。」
その言葉にヨクは優子の元へと急いだ。レンに支えられている優子はまだ意識が朦朧としているようだ。
「優子。」
「・・つ・・ばさ・・くん・・。」
「大丈夫?」
「あたしは・・大丈夫・・だけど・・。翼くんは・・一体・・。」
優子の問いに戸惑いながらも答える。
「見ての通り、俺は天使だよ。」
羽を広げてみせる。
「・・・。」
優子は呆気に取られていた。
「ま・・さか・・。」
見ている現実が受け入れられない。
「本当だよ。俺はずっと天界で優子を見守ってきた。俺の本当の名前は『ヨク』って言うんだ。ここに居るダンやレンと一緒に人間界を見守るっていう仕事をしている。」
「じゃ・・何で・・何で地上に?」
「見ていられなかったんだ。優子に生きる希望を見出して欲しかった。本当は勝手に地上に降りてきちゃいけないんだ。だけど俺は・・それよりも君が心配だった。だから・・勝手に降りてきちゃったんだ。」
「そんな・・もう・・戻れないの?」
「戻れるよ。情状酌量ってやつでね。君が生きる気力を取り戻せたなら、俺は天界に戻れるんだ。その前に誰かに俺が天使だってバレたら、強制送還だったんだけどね。」
翼・・ヨクは苦笑した。
「じゃあ・・もう・・帰っちゃうの?」
「残念だけど、そういうことになるね。」
「そんな・・。」
「でも・・もう君は大丈夫だよ。俺が居なくてもちゃんと前を向いて歩いて行ける。」
「そんなっ!」
「大丈夫。もっと自信を持っていいから。」
優子は溢れる涙を抑えられなかった。翼が行ってしまう。
「そんなこと・・言わないで・・。」
「もう、お別れしなきゃ。」
「やだ。行かないで・・。」
優子はヨクの袖を掴んだ。ヨクは優しくその手を解いた。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「アスベール!?」
目の前に居る人物に目を疑った。
「どうして君がココに?」
ヨクが驚きながら問うと、アルベールはくるっと振り向いた。
「悪かったな。ヨク。」
「へ?」
「勝手にこいつが行動して・・お前に迷惑かけたな。」
突然の謝罪にヨクは何も言えなくなっていた。
「アスベール、一体どういうつもりだ?!」
ヨクを庇ったアスベールに、掴み掛かる勢いでベリアルが問う。
「どうしたもこうしたもないだろ。勝手に天使に手出しするなと言われてるだろ。」
「こいつはどうしてもやっつけなきゃいけないんだよ!」
「それはお前の個人的な感情だろ?」
「じゃあお前はどうなんだよ!こいつらのこと憎くないのか?」
「ベリアル。お前と俺は違う。」
アスベールが強く言い放つと、ベリアルは何も言えなくなった。
「それにまだ時は来ていない。」
アスベールはヨクの方にもう一度向いた。
「悪かったな。こいつにはよく言って聞かせておくよ。」
「いや・・。それより俺はもう天界に戻らなきゃいけないんだ。」
「・・そうか。」
「アスベール、戻る気は・・ないんだよね?」
「言ったろ?俺の手はもう白くならないほどに穢れてるんだよ。今更戻ることはできない。」
「そう・・。」
ヨクは肩を落とした。
「じゃーな。あの彼女の手当てもしてやれよ。」
そう言うと、アスベールはベリアルを連れて、何処かへ行ってしまった。
ヨクはしばらくアスベールの後姿を見守っていた。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。