ある日、お風呂でミー子とモー子が言いました。
 
 
 
 
 
 
なので私は言いました。
 
たとえどんなに高い服を着ていても…
 
 
 
 
 
毎日ごちそうでも…
 
 
 
 
それを「幸せ」だと感じられる心を持っていなかったら、その人の人生は幸せではないのかもしれません。
 
 
 
 
 
たとえ高価な服を着ていなくても…
 
 
 
 
毎食ごちそうではなくても…
 
 
 
 
 
その人がそこに「幸せ」を感じられるなら、その人の人生は幸せなのかもしれません。
 
 
 
 
 
目の前や足元にある「幸せ」に気づき、感じる事が出来るかどうかで人生の豊かさは変わってくるの。
 
だからね、それぞれどんな人生を歩もうとも、あなた達3人には「幸せ」をたくさん見つけられる大人になって欲しいな。
 
 
 
 
ちょっとちょっと。やだ。超母親っぽいんですけど。
 
 
久しぶりにけっこう良い事言ったんじゃね?
 
と自分に酔っていたら…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハルコ〜冬〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハルコ〜夏〜
 
 
 
 
 
 
 
 
10歳児と7歳児からのまさかのダメ出し。
 
 
 
 
 
 
でもさ、夏よりも冬のほうが「幸せ」を感じる回数が多い気がしませんか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD