~ 言葉師 はる ~ てくてく 心color ~

 
★ ゆっくりで いいんだよ~ ★
~ ココロころころ 心Color ~


テーマ:







以前。



「まじかっ」   的なことが、ありましたと、



記事にも書きました。





書こうか迷ったんですけど。


同じ病で苦しんでいらっしゃる方が、実に多いことがわっかって。


自分からも、何か発信できたらなーと思い、こうして書くことに決めました。













bipolar II disorder = 双極性障害Ⅱ型

軽躁状態 (軽躁病エピソード)



躁状態と類似しているが、入院するほど重篤ではなく、精神病性の特徴 (幻聴・妄想) もないなど、
社会生活に大きな支障を来さないことが特徴である。



期間の面でも、躁状態は7日以上とされているのに対し、軽躁状態は4日間以上とされている。
過去の軽躁状態を、的確に診断することは容易ではない。



躁状態から病気が始まれば、双極性障害と診断可能であるが、
うつ状態から始まった場合には、うつ病と診断されることになり、
明瞭な躁状態あるいは軽躁状態が現れるまでは、適切な治療を行い得ないことになる。



すなわち、双極性障害は、診断が難しい病気である。
肉親に双極性障害の人がいる場合、発症年齢が若い (25歳未満)、

幻聴・妄想などの精神病性の特徴を伴う場合、
過眠・過食などの非定型症状を伴う場合などは、双極性障害の可能性が高まる。
自覚的にはうつ病であっても、親が双極性障害を持っている場合は、それを伝えることが望ましい。


病前性格はうつ病に特徴的な執着性格やメランコリー親和型性格とは異なり、
社交的で気分が変わりやすい傾向 (循環気質) が見られるとされてきた。
しかし、前向き研究では確認されておらず、最近では、こうした性格は、

既に気分循環症を、発症していたと考える方向にある。













※ (ウィキより抜粋)

うつ病で治療受けてました。

ここ約4年。

そしたら、実は違った。

双極性障害Ⅱ型。



最近では、

双極性感情障害とか、言われてるんだって。



んで、薬も変わって。

一種類減って、一種類増えた。

んー プラマイ0か。

まだね、正直なところ。

どう付き合っていけばいいのか、わからんのですよ。

はい。















簡単に言えば。



浮き沈みが、激しいってことかな。






本人は調子が良くてなんでもできちゃうし、すごい動けちゃう。



周りも、「元気になったね!」


って感じだから、気づかず。




で、次に、ドーン↓↓



・・・みたいな・・・(苦笑)





そのギャップで、やられてしまうガーン!!しょぼんどょ~ん













んー まぁ・・・


いろんなことあったしね。



仕方ないかぁー って、今は思ってます。。。





言われた時はけっこうショックだったけど、きっと何か教えてくれてるんだと思います。


病気が。








んー。


これもまた、付き合っていくしかないんでしょーねー。




でもまだイマイチ、よくわかっていないのが現状でごぜーます。
















てくてく。 ~ Vo.2 ~-アイコン







~ はる ~



















ペタしてね





ぺた・こめんと・ごほうもん


まっこと ありがとうございます!



おへんじ、遅れます;;


ごりょーしょーくださーい。












AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

言葉師 はるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。