1 | 2 次ページ >> ▼ /
2012-06-28 19:05:20

床磨き

テーマ:節約
最近、部屋の電球が切れたので、取替えをしました。

新しい電球の明るいこと!



で、見たくも無かった現実が明らかに。



床が思いのほか汚れていました。orz



あまりの汚さに耐え切れず、床磨きの神降臨。

久々のお掃除モードになりました!



床用ワックスを探したところ、割と高価なことが判明。



で、昔おばあちゃんが廊下を米のとぎ汁やぬか袋で磨いてたのを思い出し、米のとぎ汁で実行。



1.米のとぎ汁を用意。



2.いらないバスタオルを切って、使い捨て雑巾の出来上がり。



3.米のとぎ汁をひたして、固く固く絞ります。



4.フローリングの床をひたすら拭く。



5.ぞうきんは使い捨て。



結果、ピカピカ♪になりました!

photo:01


床用ワックス、2000円以上もするんだもん。
安く済んでよかったです♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-06-28 18:55:58

今年のピアノ発表会

テーマ:習い事
ブルグミュラー「アラベスク」を弾く予定でしたが、
バスケの合宿で断念で残念。

ピアノのレッスンは失速中かな。

はるちゃんのやりたい事がハッキリしているので、仕方がないんだけど、
母としては少し残念です。(´・ω・`)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-06-25 16:25:17

お人よしなの?天使なの?

テーマ:成長
はるちゃんが学校から帰ってきました。

第一声が、「ただいま」ではなく、「お母さーん!」な時は、何かあったようです。

「Y岡くんのノートが落ちてた!」

何ですかそれ??!

帰り道、植え込みにノートが生えていて、見てみると近所のY岡くんのノートだったそうな。

「届けてあげたらいいんじゃない?」
「そうだね!(‐^▽^‐)」

ほんでまぁ、Y岡くんのお母さんに電話して、はるちゃんが指定の場所へお届け。無事ノートはY岡くんのもとに戻りました。

「僕、役に立ったかな!(‐^▽^‐)」
「うん、役に立ったと思うよ」
「手で持って帰ったらしいんだよね。ランドセルに入れてたらよかったのにね」
「そうだね」

はるちゃんはご機嫌で、オヤツを食べて、ボクシングジムに出掛けていきました。←今ココ

さて、ここからは私の気持ち。
Y岡くん、2年のとき、はるちゃんをいじめてた子なんだよね。

どうして親切にしてあげようって思うんだろう?
私だったら、植木に刺さってたらスルーする。

ずっとからかったり蹴ったり殴ったりした相手だもん。
親切にしたって、感謝なんかしないと思う。

…うーん、私には分からないし、はるちゃんのこういうお人よしなところが歯がゆい。

でも、当のはるちゃんは、どんな嫌なヤツにも親切なんだよね。
私は何かモヤっとするけど、それではるちゃんがやり遂げた気持ちで満たされるならいいか。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-06-25 14:57:00

習い事が多くてカワイソウ

テーマ:お勉強
習い事の多い我が家。

誰から聞いたのか知らないけれど、時々、小学校で顔見知りの保護者の方に、
「子どもに期待かけすぎ」とか「子どもをどうするつもりなの?」
というお言葉をいただくことがあります。

…関係ないじゃん。ってか、あんた誰?
という、失礼な心の声はおいといて、
「ご心配ありがとうございます」と言い、
そそくさと失礼するのが、争いごとが嫌いなヘタレクオリティ。

成り行き半分で増えた習い事なんだけどさ、はるちゃんにはいつだって辞めていいって言ってるし、嫌がる子どもを無理やりってのは、はるちゃんが生まれてから一度も無い。

なんでも出来る完璧な子どもにするために、勉強や習い事をやっているわけじゃない。
勉強も出来て?スポーツも出来て?難関校に合格して?

そんな子もいるだろうねぇ。

でもさ、私達の、はるちゃんの望みは違うんだな。
将来がどうのというよりは、一生懸命な今を積み重ねることが大事なんだよね。

三年後、はるちゃんがどんな風に暮らしているかなんて、想像もできません。
だって、三年前、はるちゃんがこんなにバスケ小僧になっているなんて、想像もしなかったもん。

今のはるちゃんが、公園に行かず、スポーツやるのは、生き残るためだもん。
去年イジメにあって、強くなりたくてボクシングジムに通っているんだよね。

今のはるちゃんが、勉強するのも塾が楽しくて仕方ないからなんだけど、
宿題をやらなければ塾に行けないから一生懸命やっている。
今のはるちゃんが、ピアノもバスケも好きでやっているから練習をサボらないし、必死で上手くなるために頑張っている。

そんだけなんだけどなぁ。

はるちゃんのすごいところは、一度始めたことを続けることができる子なところ。
親が無理やりやらせてるって思い込んでいるんだろうなぁ。
経験から言えば、親が無理やりやらせていることって、こんなに続かない。

「子どもに期待かけすぎ」
「子どもをどうするつもりなの?」

予想も出来ない3年後のことを考えるより、今を積み上げるのに精一杯です。

きっとはるちゃんのこと、心配してくれているんだろうなぁ。
はるちゃんはちーっともカワイソウじゃないよ。
むしろ、アナタのお子さんが遊んでいる間に、自ら着々と駒を進めているんだよ~。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
って、言えたらいいのになぁ。

ヘタレな母ですわな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-06-25 14:32:49

気が抜けた?憑き物がおちた?

テーマ:母の生き様
haru-mamaです。

最近、いろんなことに腹が立たなくなりました。
ホント、不思議ね。

はるちゃんに厳しすぎるほど、怒ったり怒鳴ったりしてきました。

今ね、腹がたたないの。
はるちゃんが忘れ物をしても、勉強やってなくても、約束を破っても、叱るけど怒鳴ったり大声出したりしない。

先週の金曜かあたりから、プツンと何か糸が切れたみたい。

何か変わったことといえば、北の大地の青汁 を飲み始めたことかしらん。

他には、もういいかなぁって。
PTAとかいろんなことも、頑張っちゃっても悪く言われるだけだし、嫌なやつは嫌なやつのままだし。

任期の間は仕事するけどさ、来年はもっとはるちゃんと向き合いたいんだよね。
1年生から今年の3年生まで、委員も役員も一生懸命やったから、あとの3年間はもういいよね。

小さい頃から、誰かの評価を気にしてばかりで生きてきたけど、誰もが認めるようなステキ子どもでも、ステキ大人にもならなかったし、だからといって不幸じゃないもん。

自慢の娘じゃなかったのは、仕方ないよ。評価を他人に預けたら、どう頑張ってもマイナス評価にしかならないからね。

はるちゃんがよその人がいう自慢の息子じゃなくても、私ははるちゃんが大好き。
だから、悪く言われて、低く見られるのは本当に我慢がならなかったの。

小学校に上ってから、何もしなくてもすべてが人と比べてばかり。
成績が良い悪い、お友達がいるいない、背が高い低い、先生にほめられる怒られる…些細なことがほとんど。
はるちゃんは出来なくても平気で、悔しがる気配はない。

どうしても不器用だから、先生に叱られることばかり。
だから、クラスでは「バカ」扱いだし、2年の頃は酷くいじめられて暴力を振るわれた。

「あなたがしっかりしないからいじめられるのよ!」
こんな風に思って、私ははるちゃんに辛く当たった。

冷静になって考えてみると、はるちゃんは悪くない。
悪いのはいじめをする子で、はるちゃんのせいじゃない。
なのに、はるちゃんを責めるのは、おかしい。

…私は間違っていた。

当のはるちゃんは、私に叱られても怒られても、自分が悪いとは思わない。
そりゃそうだよね。
はるちゃんが悪いんじゃないんだもの。
酷い目にあったのに、お母さんにまで叱られちゃう、それじゃあはるちゃんが気の毒すぎる!

私って最低だわ。

再び反省中。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-06-22 17:44:51

はるちゃんと読書

テーマ:お勉強
はるちゃんは本が大好き。

さすがに授業中まで本を読んでしまうことはなくなりましたが、
やはり本は大好きで、学校の図書係まで引き受けていた様です。

学校で借りる本、読む本については、一切口出ししません。
学習漫画でも、文字ばかりでも、図鑑でも、何でもいいんです。
はるちゃん自身が興味を持って選んで読んでいるのです。
親の意図や欲みたいなもんが入ってしまっては、台無しでしょ。

さて、そんなはるちゃんの国語力UPの為、母は音読に力を入れています。
はるちゃん3年生の今年は「音読」と「漢字」を中心に、やっていこーかと思っています。

◆漢字
もうこれは、書いて憶えるしかないですよね。^^;

◆音読その①「坊ちゃん」
11章あるので、11日くらいで終わるかな?
多少難しい言葉があっても、まずは読む。とにかく読んでみる。それで、余裕があれば、わからない言葉は辞書引きをさせる。
実は、はるちゃんペッパーランチのハンバーグを食べるため、なんでもする!と言うので了承。私の為に「坊ちゃん」の朗読をすることになりました。←勢いだったんだけどな。
はるちゃんは、その約束をちゃんと憶えていて、くもん教室から「坊ちゃん」の本を借りてきて、音読を始めてくれました。えらいぞ、はるちゃん!

◆音読その②「子ども新聞」ただし一面だけ
はるちゃんが朝起きて、新聞の回収をしたら、一面だけ読んで聞かせてもらってます。
読み終わった後、「一体それはどーいうことなの?」と、記事の内容について、質問します。(主に旦那様が)
他には、私が「世間じゃ何が起こってるのかな?」とはるちゃんに質問し、新聞の中の時事な部分を探してもらいます。(ま、いつもできるわけじゃないけど、週に2~3回)
携帯もないし、PCも使わないし、TVもあまり見ないはるちゃん。彼の情報源って、子ども新聞と図書室の本、それからお友達との会話くらいなんだろうなぁ。

で、今日のはるちゃん。
「ただいまー」の声と供に、子ども新聞を片手に家に駆け込んできました。

「お、お母さん、これ、これ!」
はるちゃんが差し出したのは、今日学校で読む!と言って持っていった子ども新聞でした。
「??」
「ここ、これ、ここ!」
きっと一生懸命に走って来たのでしょうね。
息を切らしながら指差したのは、子ども新聞の広告欄。
BJリーグスクールキャラバン のお知らせでした。

「俺、申し込みたい!」

本当にバスケが好きなんだねぇ。

はるちゃんには、
個人では申し込めないこと、
小学校の校長先生にお願いしないと申し込めないこと、
そして、抽選なので外れることもあることを説明しました。

「校長先生にお願いする!」
…そうか、頑張れ。

それにしても、新聞をとり始めたばかりの頃は、漫画ばっかり読んでポイでした。
アレから1年くらいたったかな? 今では隅から隅まで読んでいるじゃん。

ちょっと嬉しい母なのでした。(‐^▽^‐)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-06-22 17:42:21

島暮らしも始めました!

テーマ:ブログ

ぼちぼちとやってます。
ピグは楽しいねぇ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-06-22 17:21:40

「心配性」とかいて、「ヘタレ」と読む。

テーマ:母の生き様
何のことかって?
私のことじゃ。

はるちゃん、お友達(以下、Yくん)と塾に行く約束をしていたのですが、PASMOに30円しか入ってないので、私がチャージをするため、ついていったのですわ。

例によって、Yくんはは来ず、私が先に駅までチャージをしにいったらね、
はるちゃんの方を見てヒソヒソクスクスやってる子たちがいるんだな。

私はYくんの顔を知らない。

Yくんを待つはるちゃん。
ヒソヒソクスクスの子達は、さっさと駅に向って行ってしまった。

…もしや?と思い、はるちゃんにきいてみた。
「Yくんって、白いシャツ着てた?」
「多分」
「ひょっとして、Yくん、他のお友達と先に行っちゃったのかもよ」
「ええーーー!!??」
「ねぇ、はるちゃん、あなただまされてたりしてない?(´・ω・`)」
「Yはそんなヤツじゃない!!ヽ(`Д´)ノ」

はるちゃんは怒って待ち合わせの場所まで行ってしまいました。
このままじゃ、塾に遅れてしまいます。

どうしたもんかと右往左往していたら、背後からはるちゃんの叫ぶ声。
「おかあさーん!」
振り返ると、はるちゃんと本物のYくんがいました。
「Yくん来たよ!(‐^▽^‐)」
「君がYくん?」
「(Yくん)こんにちは」
礼儀正しく挨拶するYくんは、さっきのヒソヒソクスクスくんたちとは似ても似つかぬナイスガイ。

「もーー、Yは俺を置いて先に行っちゃうようなヤツじゃないって言ったじゃん」

はい。はるちゃん、あなたの仰るとおりです。

はるちゃん、Yくん、ごめんね。

去年意地の悪い同級生に、散々煮え湯を飲まされたので、ちょっと人間不信でした。
はるちゃんの方が、人を信じることのできる強い子なのねん。

母は反省中です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-06-17 15:54:31

台場シティ

テーマ:お遊び
がんだむ。
photo:01


photo:02


photo:03


iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-06-15 16:32:31

悪いことばかりじゃない

テーマ:バスケ
はるちゃん、ミニバスチームのイジワル上級生に軽くいびられてます。
パス練習も、わざと顔を狙った強い玉を放られたり、試合でしくじればヤジられたり。
つきそいの母(私)が見ていて、「なんじゃぁぁぁああああ!」と怒りたくなるほどに。

ここは我慢の為所だし、はるちゃん自身が解決しなきゃならない問題もあるので、イジワル上級生については、華麗にスルー。
しかし、腸が煮えくり返るよ。ホント。はるちゃんが下級生相手にあれをやってたら、ぶん殴っているよ。
けど、ぐっとこらえています。(主に母が)

で、先日、ゲーム形式の練習をしていた時、
「うわ、これは取れないだろう!」という強~いパスを、難なくキャッチし、シュートを決めるはるちゃんが居ました。

これって、イヤガラセの玉を必死に取ってきた成果なのかしら?!

…どんなつまらないものにも、誰かの役に立つってことがあるのねん。

ガンバレ!はるちゃん!

はるちゃんにとっては、
バスケ大好き!>>>>> >>> >(超えられない壁)>>> >>> >>> 先輩のイビリ
な、ようなのでまだ大丈夫!

イビリがどーしょーもなくて、はるちゃんが耐えられなくなったら、勉強に切り替えればしめたもんだ!
(教育ママの私にとっては御の字だーい!)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。