おはようございます爆 笑
はじめまして音譜
りかばりーぷらんなー沼津で研修中の河野 直由(こうの なおゆき)です
!!
写真左のメガネですメガネ


自己紹介をしますカラオケ

年齢は23歳です
筋肉
まじめな見た目からイメチェンしようと日々頑張っています照れ

好きな食べ物は、ラーメンとハンバーグとパスタです
音譜
好きなことは、お酒を飲むこと、実家の猫と遊ぶことですふんわり風船星
美味しいご飯を食べることも好きですので、オススメのお店を教えて頂けたら嬉しいです
おねがい

患者さんに喜んで頂き、安らぎの時間と体質改善の提案ができる先生になれるように頑張ります
!!

皆様どうぞ、よろしくお願いします
ニコニコ



素敵な看板の文字は、筆ペンを使った筆文字講座の認定講師、丹羽好美さんに書いていただいたものです
クラッカー
沼津の教室にて、文字で愛と感謝を伝えている丹羽さんの字に感動ですおねがい

看板は、りかばりーぷらんなー前に掲示してありますので、是非実際にご覧になって下さいね
ラブラブ

AD

冷えるのは末端だけじゃない(; ・`д・´)

テーマ:

お久しぶりです照れ

 

りかばりーぷらんなー沼津の角です|д゚)あせる

 

寒くなってきましたが、皆さん体調はいかがですか?

 

りかばりーぷらんなー沼津は、今日も元気に稼働中です音譜

 

今回は、私たちの健康に大きく影響のある「腸」について、お伝えしていきますニコニコ

 

寒くなってきた今だからこそ、内臓の冷えを気にしてみてはいかがでしょうか?

 

手足と違って、内蔵の冷えは自覚症状が出にくいのが特徴です。

 

内臓が冷えている人の特徴には

 

・顔が青白い

・疲れやすい

・食欲不振

・胃腸が弱い

・便秘と下痢を繰り返す

 

が挙げられます。

 

当てはまる項目が多い人ほど、気力不足で体を温めるエネルギーが作られにくいとされています。

 

また、平熱が低いゲホゲホのもこのタイプの特徴です。

 

体温は免疫力と大きく関係があり、一般的には36.5度を基準にしています。

 

つまり・・・腸が冷えるっていいことないビックリマークビックリマークビックリマーク

 

ではでは、そんな怖い内蔵冷えの対策を紹介していきます。

 

腸が冷えてしまう原因はさまざまですが、原因はズバリ・・・血流不全と考えられています。

 

そこで大事なのが運動ビックリマーク

 

腸の動きを活性化し、腸全体に血液を流しますゲラゲラ

 

激しい運動ではなくていいので、ウォーキングやストレッチでもOK口笛

 

次いで入浴メラメラ

 

カイロや腹巻等で、外から温めてあげることも大事ですニコニコ

 

そして、なんといっても大事になるのは食事音譜

 

発酵食品は腸内環境を整えるのに最高の食品ですラブ

 

タンパク質は熱を発生させる大事な栄養素ですおねがい

 

白湯やスープで温めるのもいいですね鍋

 

腸を活性化することで免疫力が上がり、デトックス効果もあがります(*゚ー゚*)

 

腸を活性化して、健康美容の両方を手にしちゃいましょうドキドキ

 

 

 

AD

夏本番!!

テーマ:
おはようございます
りかばりー沼津 山入です

7月に入り連日暑い日が続きますね
湿度も重なり蒸し風呂状態体の中に熱がこもりやすく熱中症の危険も高まります

りかばりー沼津に来院される患者様にも、『疲れが抜けず体がだるい』『足や背中がつる』等の不調を抱えた方が増えています
蒸し暑い夏は、熱くなった体の温度を下げようと体内の水分や塩分が減少していく事で起こる熱疲労や熱けいれん等の症状が非常に起こりやすい為、こまめな水分補給と同時に塩分の補給を行うことがとても大切です

レジャーやスポーツも多くなる時期に『不調で楽しむどころではなかった』なんて事にならない様、十分気をつけて下さい
また、屋外でのスポーツをされているお子様のいらっしゃる皆様
お子様の水分補給や塩分補給はもちろんですが、ご自身の水分補給・塩分補給も忘れずに行って下さいね

熱中症は、体の外から入ってくる「熱」や、体の中で発生する「熱」の影響により引き起こされる、いろいろな体の不調のことをいいます

『最近何だか疲れが抜けない』『重だるくて体の動きにキレがない』『足や背中がつる』
夏になり不調を感じた際は、是非りかばりー沼津までご相談ください


AD

梅雨に出てくる不調を撃退!!

テーマ:

こんにちは
岩本です

今年も梅雨に入りましたね

516日頃に沖縄地方が梅雨入りしました
西日本・東日本は
6512日頃
北日本は
1214日頃に梅雨入りしたそうです

2016の梅雨は曇りや雨の日が多く、また気温も平年並みかやや高く、蒸し暑い日が多くなるそうです


やはり梅雨時期は、お身体の不調が出やすい方も多いのではないでしょうか

最近の研究でその原因の一つが解明されました


気象病(梅雨時期特有の不調)
一番の原因は「ヒスタミン」


気圧が下がると体内のヒスタミンが増えます

ヒスタミンのせいで様々なトラブルが起こってきます


1:血圧低下

ヒスタミンには血管を拡張させる作用があります。血管が拡張すると、血圧が下がります。


2:むくみ悪化

ヒスタミンには血管から水などを周辺に滲出させてしまう作用があります。滲出が多くなると、余分な水分などが溜まってしまい、むくみが発症します。


3:痛み増加

細胞が膨張することで、神経と周囲の器官が触れやすくなるため、痛みに過敏になると考えられています。


4:パニック状態

低気圧で酸素分圧が低いため、副交感神経が優位になるのですが、ヒスタミンの作用で交感神経へ逆の指令が出てしまい、自律神経失調状態(パニック状態)になります。



対処法

1:運動

 

適度な運動を心がけると良いでしょう
運動により筋肉を刺激し血行や新陳代謝を促進し
体に不要な水分や老廃物が体から排出されます

運動が苦手な方は、ストレッチなど簡単なエクササイズでも良いでしょう

 

休息/リラックスする

 

十分な休息を取って、気持ちをリラックスさせましょう

体調不良の原因となる自律神経の乱れを起こさないようにするため、日中の活動とのリズムをきちんと分けて、生活のメリハリをつけるようにします

 

2:外出

 

雨が降っていなければ、なるべく外出するようにしましょう

日光を浴びると、体内時計を調整して沈みがちな気分をリセットでき、またより深い眠りへと導いてくれます

 

3:入浴

 

人はたくさん汗をかくと、その分汗腺の働きがよくなります
入浴をする事で存分に汗をかく事ができ、また汗をかくことで気分もリフレッシュできます
寝る前に入浴すると心身共にリラックスでき、質の高い睡眠が取れるようになります

 

4:睡眠

 

十分な睡眠を取る事は、自律神経の乱れを整え気持ちを安定させてくれます

最低でも毎日7時間は睡眠時間が確保出来るようにしましょう
また、起床時間は毎朝同じ時間にすると、生活のリズムを安定させる事が出来ます


5:食事

 

梅雨のシーズンは胃腸の動きも衰えやすくなりがち。この時期の暴飲暴食は、胃腸に特に負担をかけてしまい体調不調の原因になります
梅雨の間だけでも、食事の量を通常より
3分の2程減らしてみましょう。腹八分目は医者いらずですよ


[特に摂取したい食べ物]

 ・栄養素では… ビタミンB群…疲労感、体力不足

カルシウム…ストレス

カリウム…食欲不振

亜鉛…免疫力の低下

 
・食べ物では…

 利尿作用 むくみ改善… 大豆、黒豆、きゅうり、トマト、とうもろこし、魚類(スズキなど)

 ただし、これらの食べ物は体を冷やす効果もあるので、冷え性の方は注意が必要です。

 発汗作用 体を温める…しょうが、ねぎ、にら、香菜、さんしょう

 ストレス緩和… おくら、わかめ、セロリ、にんにく

 調整作用… お米、さつまいも、長芋、かぼちゃ、ナツメ

 食欲増進/気滞改善… しそ、らっきょう、ゆず、みかんの皮


梅雨時期乗り越えて、ワクワクいっぱいの夏を迎えていきましょう



りかばりーぷらんなー沼津でも
梅雨の不調を取り除く施術をご提案できますので
お気軽に、お声かけ下さい





父の日

テーマ:
こんにちは
岩本です

先日の日曜は、父の日でした
皆様は、どのようにお過ごしでしたか

岩本は、家族6人集まって食卓を囲みました
メインのお料理は手巻き寿司

写真がうまくとれていなくてすみません…(笑)



父の日の贈り物に、妻と選んだ縁起のいいフクロウが描かれた
ガラスのグラスをプレゼントさせて頂きました


やっぱり感謝の気持ちを言葉にすることって、気持ちがいいですね

お父さん育ててくれて、心から有り難う


りかばりーぷらんなー沼津では、感謝の気持ちいっぱいで
皆様のご来院お待ちしております