【ミニマム収納術】スーツケース1つで生きる

一生片付けに悩まない生き方
お部屋から一歩理想の自分に近づく ミニマム収納術


テーマ:
お部屋から一歩理想の自分に近づく
ミニマム収納術
整理収納アドバイザーの寺尾江里子です。



自己紹介の意味も込めて、
私の生い立ちから、
私が整理収納術のお仕事をするようになったきっかけ、
そしてミニマム収納術誕生までのストーリーを
ご紹介したいと思います。



連続して8回「寺尾江里子」ってどんな人なのか?
My Storyをご紹介しています。


私がお伝えするミニマム収納術は
「捨てるモノ探し」からの脱却」
「本当に必要なモノだけを選び取る」
ことで自分の生活がシンプルで楽になり
二度とリバウンドしない、
一生片付けに悩まなくていい部屋作りです。



お部屋の片付けを通して
理想の自分の生き方に一歩近づくことが最大の目標です。



第7回目の今日は
家事代行会社から、自分のサービス1本へ。
整理収納の仕事をして分かった
「片付けられない」の裏にある心理とは・・・


====================



家事代行会社で修行をしている間に
整理収納アドバイザー1級の合格通知が手元に届き、
いよいよ整理収納アドバイザーとしての
個人活動を開始しました。





ホームページを前の会社の同僚に作ってもらったり
ブログ(このブログ)も始めながらのスタートでした。






幸いにも起業後まもなく、
ホームページを見たお客様がご依頼くださり、
今考えるとそれなりに順調なスタートを切れたと思います。




しばらくして家事代行会社を辞めて
自分の仕事1本でやっていくことにしました。






家事代行サービスでは1度きりの訪問が多かったのに対して
個人サービスでは継続して何度も同じお客様を訪問することができました。





その中で、今まで見えなかったことが見えてきました。



それは「」と「お部屋」の関係です。



お客様の中には「心」の不調を持っている人が多いことに気づきはじめました。



心の不調和がお部屋に現れていると気づいたのです。



「片付けられない」の裏には
いろんな過去不安心配事などが
その人の心を通してお部屋に現れているのが
見えてきました。



実際に心療内科に通われているという方も
いらっしゃいました。




しかし部屋が整ってくると、
だんだん心も回復してくることにも気づいたのです。



ちらかった部屋に住んでいる人は、
本来の自分の姿が見えなくなってきています。



モノが探せず、見つからないのと同じく
自分も見失ってしまっていることが多いのです。




部屋を整えることは自分自身を整えること。

 

整理収納アドバイザーはお部屋の整理を通して、
人に寄り添い、その人自身も整えるお手伝いをすることになるのだと気づきました。



私も子育て中にモノが増えすぎて、自分を見失いそうになりましたが、
整理収納アドバイザーになって、自分に必要なモノだけで暮らすことの意味や、その重要性について再認識しました。



そう、スーツケース1個のシンプルな生活が
一番自分らしく生き生き輝いて生活できていた時のように、
モノは必要最低限あればいい。





たくさんあれば便利なモノも、ありすぎると悩みの種になってしまう
ということも身をもって体験したのでした。







明日は最終回。
整理収納サービスから、
ミニマム収納にたどり着いた理由について、です。
お楽しみに!






My Story
ミニマム収納誕生秘話① はこちら
ミニマム収納誕生秘話② はこちら
ミニマム収納誕生秘話③ はこちら
ミニマム収納誕生秘話④ はこちら
ミニマム収納誕生秘話⑤ はこちら
ミニマム収納誕生秘話⑥ はこちら


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

寺尾江里子@ミニマム収納術さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。