愛蘭土竪琴通信

アイルランド・ダブリン発
ハープ弾き 村上淳志のブログ

Máire Úna Ní Bheaglaoich & Junshi Murakami 「Ceol Uisce」 好評発売中
詳しくはこちら ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=THfCT8KtFxY 

テーマ:

アメリカ人のハープ奏者Peter Berry氏がアイルランドを訪れました。そこで、中世アイリッシュハープの研究や演奏で知られるSimon Chadwick氏がPeterのためにダブリン中のハープを巡るツアーを企画。そしてなぜか僕もそのツアーに参加させて頂くことになりました。

 

まずは「ケルズの書」などで有名なトリニティ・カレッジで、一般公開されずに大切に保管されているOtway Harpを特別に見せて頂きました。本では読んだことがあったものの、まさか実物を目にすることができるなんて思いもいませんでした。

 

 

 

 

 

 

ケルト模様、植物や動物など、たくさんの装飾が彫り込まれています。当時は色が塗られていたことも見て取れます。

 

 

 

 

 

ピラーには製作者Cormack O Kellyの名前が彫られています(1707年製)。

また、金属部品やネック部分には修理のあとが見られます。

 

Otway Harpの呼び名は、このハープがティペラリー州のCastle Otwayに所有されたことに由来します。このお城は今では廃墟になっています。

 

 

 

 

そしてこのハープは盲目のハープ奏者Patrick Quin(1746-1812?)に演奏されました。彼が手にした時点で、ハープが制作されてからすでに百年近く経っていたことになります。かのEdward BuntingはQuinがそのハープを演奏するのを聴きながら、伝統的なアイリッシュハープ曲を収集したそうです。

これはまさにアイリッシュハープの歴史そのもの。QuinとBuntingが触れたハープを目の前にして、目が回りそうでした。

 

 

 

 

最後に、思わず演奏者の視点から写真を撮ってみました。

 

 

 

 

Otway Harpを眺めたあとは、トリニティ・カレッジが誇るThe Long Roomへ。ここはハリー・ポッターの世界。そしてここには、かの有名なBrian Boru Harpが展示されています。

 

 

 

 

Brian Boru Harpは中世に作製されたので、Otway Harpよりも小ぶりです。

それにしても美しいかたちをしています。

 

このあと、トリニティ・カレッジのすぐ近くの国立博物館へ。

ここには古いハープの金属部品が展示されています。出土した時点で木材は朽ち果てていたので、ハープ本体はレプリカです。

 

 

 

 

 

こちらの聖パトリックの歯が納められているという入れ物にも、よく見るとハープ奏者が彫り込まれています。そんなことは専門家が一緒にいないとわかるはずもありません。

 

 

 

 

 

そて、このあと一行はアイルランド国立装飾博物館Collins Barracksへ向かいましたが、自分はハープを教えに行かなくてはならなかったので、残念ながらそこでお別れしました。

アイリッシュハープの歴史に深く触れることが出来て、大興奮でした。

PeterもSimonも本当にいい人たちで、ハープに関わっていてよかったと改めて思いました。

 

ちなみにこのPeter Berry氏は、Dusty Stringsのハープ第1号を所有しているそうです。こちらのDusty Strings Harpsのブログでインタビューを読むことができます。

 

また、Simon Chadwick氏が運営するサイトhttp://www.earlygaelicharp.info/は、金属現ハープに関する情報が満載で、興味が尽きません。

 

現代的なハープ奏法ばかりに耳が行きがちですが、やはりアイリッシュハープの歴史を遡り理解することは、音楽に深みを与えるうえでとても大切なことだと気づかせて頂きました。素敵な出会いに感謝します。

 

 

4月8日(土)&15日(土)

東京アイリッシュハープ・ワークショップ

 

WS1 初級~中級 13:00~14:30

WS2 中級~上級 15:00~16:30

 

会場 スタジオチェリー

    国立市西2-3-14

    (JR国立駅南口バス1番乗り場から立川駅南口行、

     4つ目の停留所「中央郵便研修センター」下車、徒歩3分)

受講料 各3500円

お申込 ご希望のワークショップを明記して、ceoluisce@gmail.comまで送信してください。

 

駐車場もございますが数に限りがありますので、ご利用を希望される方はその旨もお知らせください。

 

 

4月9日(日)

東京アイリッシュハープ・フェスティバル2017

 

https://tokyoirishharp2017.amebaownd.com/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。