所れいのアルケミーレター

ヒーリングハープ®・アルケミスト RHIヒーリングハープセンター代表 所れいのブログ
ウェブサイト http://www.healingharp.jp

ヒーリングハープ・セラピー®は、所れいの提唱するメソッドで奏でる ケルティックフォークハープによる癒しと緩和のための演奏療法です。

最先端を行くアメリカではミュージック・プラクティショナーが主に病院やホスピスのベッドサイドで静かにライブ演奏しています。 クライアント一人一人に寄り添う、メロディを奏で、その場にいるご家族やスタッフと共に、静穏で安らぐひとときをサポートしていきます。


テーマ:
*+.。・☆~*+.。・☆~*+.。・☆~*+.。・☆
ヒーリングハープ・アルケミストの所れいです。

今年の夏は早くから暑さが厳しい毎日が続いていますが
いかがお過ごしでしょうか。
しっかり水分補給とビタミン補給で体調整えていきたいですね。

昨夜は獅子座の新月でした。

自分の実現したいことにフォーカスするとき、
それを大切にサポートしてくれる存在が現れるかもしれません。

その存在とは、大切な存在。

友人、恋人、家族かもしれないし、
書物かもしれないし、愛するペットからかもしれません。
夢でメッセージが来るかもしれません。

改めてこれからのことを考えるのにふさわしいタイミング。


所れいは、1995年より探究してまいりました
心身魂の癒しと変容のための芸術療法的アプローチによるメソッドをさらに深めるために、
去年から新設された大学院過程にて研究を始めています。
今年は、初めての修士論文に挑戦です。

暑い夏になりそうです。

そういうわけで、ヒーリングハープアルケミストとしての活動は控えめになってはおりますが、

サロンでの通常のメニューヒーリングハープ・メソッド個人レッスン、個人セッションメニューは随時ご予約を承っております
http://www.healingharp.jp/healing-harp/school



HHTPヒーリングハープセラピープログラムの第5期生もいよいよこの秋までには最終モジュールに入ります。
この期の受講生も仙台、福岡、京都、関東各地から泊りがけで受講されています。





○所れいの講演をご案内いたします。
初めて、大学院というアカデミックな場で「臨床スピリチュアルケア」という名称がついた研究科が誕生し、その一期生で学んだことをご紹介する機会をいただきました。
どなたでもご参加できます。どうぞご予定くださいね。
{DDFF458D-8657-444D-9165-034CAF22F4B5}


〇9月28日(木)ユングサロン
後期テーマ『日本人のこころの原風景』第2回     
「現代人の死生学とは?」講師:所れい 
(ヒーリングハープ演奏はありません)

悲嘆学から不思議な巡り合わせで学ぶこととなった近代現代の死生学における歴史的流れを皆さまにご紹介しながら現代に生きる私たち各々の死生観に改めて光を当てていく機会となっていただければ幸いです。
死は誰にでも訪れるのですが現代は死そのものが日常から見えにくくされています。
近代以降、フロイトの「喪の仕事」という言葉から死に対する人間の営みが研究され始めたといわれています。
弔いの儀式、シシリー・ソンダースやキューブラ・ロスらによるホスピス運動、死別の社会学、弔い論、生命倫理、そして日本では311以降注目される臨床宗教師及び、臨床スピリチュアルケア師の今など時間の許す限りご紹介させていただきます。
筆者の研究テーマにも少し触れつつ、後半は葬儀やお墓に対する日本人の考え方の変移に日々直に触れている白田氏と現代人の死生観など対談をまじえながら最近の死生学への関心の高まりなどもご紹介していきます。           
ユング心理学研究会主催: http://jung2012.jimdo.com/お問い合わせ:jungtokyo_info@yahoo.co.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それでは皆さま、暑い夏を爽やかにお過ごしくださいますように。

所れいFaceBook
Rei Tokoro

Love&Harmony,

所れい 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)