細かい運転習慣がお金の節約と愛車の寿命にも影響するって知ってますか?

特に長距離を運転する方は、以下の運転方法を覚えましょう。

ブレーキをよく踏む習慣は燃料を無駄にする近道です。 特に急停止をするときに多くの燃料が使われます。 燃料は走る時だけでなく、止まるときにも使われますので注意が必要です。     燃費の節約に一番ダメな習慣が「走りすぎ」です。 とても当たり前の話ですが、車は走るスピードが早いほど、多くの燃料が消費されます。 しかし、ゆっくり走るからとて燃費がよくなる訳ではありません。 一般的に時速60Km~80Kmとして走る時が一番燃費が良いスピードだと言われています。 道路を走るときはなるべく走りすぎないで安全運転をすることが、燃費の節約の第一歩です!   信号が変わると突然出発する。 また、ギリギリまで走って急停止。 このような習慣は燃費が悪くなるのはもちろん、車にもダメージを与えます。 急発進、急停止は必要以上に燃料を消費し、実際に燃料の30%以上が急発進、急停止に使われます。 また、事故にもつながりますので、急発進、急停止は控えましょう。     燃費の良い運転も重要ですが、燃費の良い状態を保つ為には定期的なタイヤの点検も必要です。 路面とタイヤの摩擦力。この摩擦力が強いほど燃費は悪くなります。 この摩擦力の軽減は、燃費向上にも繋がります。 こまめにタイヤを点検し、管理すると、燃費だけでなくタイヤの寿命まで伸びるでしょう! 今すぐタイヤ点検はいかがですか?   

 

今までの自分の運転習慣いかがでしたか? 今からでも運転習慣をなおして、燃料の節約と安全運転もしませんか?

 

ハロマホームページへ

AD