1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-24 15:14:13

新刊情報

テーマ:ブログ

新刊将棋本!

 

終盤で差がつく寄せの決め手210/沼春雄・著/税込1339円/文庫判/448頁/マイナビ・刊

 

 

本書は将棋世界付録で好評を博した沼春雄七段による次の一手問題「ささやかなトリック」から210問を厳選し、書籍化したものです。次の一手問題を解くことは将棋で最も大事な「読む力」をつける上で非常に有用です。また、勝敗を決める終盤の場面で、急所を見極める力もつくので、勝率アップにもってこいのトレーニング法といえます。 沼七段の次の一手問題の特長はなんといっても解いたときの爽快感にあります。 難解な次の一手問題では次の一手を正解したとしても、なお複雑な手順が要求される場合があります。しかし、本書に収録された問題はいずれも正解手がわかれば、その「好手性」がひと目でわかるものばかりです。勝ちを決める快感を何度も味わえるので、どんどん読み進められますし、自然に力がついてきます。沼七段が仕掛けたささやかなトリックに挑戦して、ぜひ棋力アップに役立ててください。

振り飛車最前線四間飛車VS居飛車穴熊/宮本広志・著/税込1663円/四六判/224頁/マイナビ・刊

 

 

本書は、四間飛車が天敵の居飛車穴熊を破るための2つの有力な戦法、「藤井システム」と「四間飛車穴熊」の最新研究を披露したものです。 振り飛車を牽引する若手棋士の一人、宮本広志五段が最先端のテーマ図を使って、詳細に解説していきます。第1章は藤井システム。居玉で穴熊を粉砕する破壊力抜群の戦法ですがここ数年は居飛車の対策も進み下火になっていました。それがここ最近になって新しい手順が編み出されたことで、見事に復活しました。本書では藤井システムの基本的な狙いから始まり、旧システムの進化と衰退の理由、さらに新システムの最前線の攻防までを詳しく解説しています。第2章は四間飛車穴熊。四間飛車穴熊の中でも居飛車穴熊に対しては△5四銀型が最も優れていると宮本五段は言っています。相手の陣形に応じて自在に駒組みを変化させられるのがその特長で、本書では△5四銀型優先の理由から、先手が左美濃、▲6六歩型穴熊、▲6六銀型穴熊にしてきたときのそれぞれの指し方を解説しています。 四間飛車は今も昔も将棋ファンに最も人気のある戦法ですが、これを指したいなら居飛車穴熊対策は絶対に避けて通ることはできません。本書で最先端の定跡を学べば、ライバルより一歩も二歩も先をいけることは間違いないでしょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-20 15:25:03

従順ならざるもう一人の日本人

テーマ:ブログ

占領を鼻で笑った男

第148局「さらに物申す!」

つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-14 16:06:28

新刊情報

テーマ:ブログ

新刊将棋本!

 

羽生善治の1手・3手詰め将棋/羽生善治・監修/税込1296円/B6判/192頁/主婦の友インフォス・刊

 


こなしていくだけでどんどん強くなる!1手詰め、3手詰めに絞った詰め将棋本。金や銀など、駒ごとの詰み方を教える。羽生善治3冠のワンポイントアドバイス入り!

これで万全!奇襲破り事典/本間博・著/税込1663円/四六判/224頁/マイナビ・刊

 


将棋をやっていれば誰でも、奇襲を見事に喰らい、なす術もないまま敗れたことがあるでしょう。実力を出し切って負けたのならまだしも、「対策を知らないから負けた」では悔しすぎます。筋違い角、急戦石田流、鬼殺し、パックマン戦法、嬉野流・・・。奇襲は確かに最善の指し方ではないのかもしれませんが、そう簡単に勝てないようになっているのも事実。特に優秀な奇襲には2重3重のワナが張り巡らされているのが普通で、プロ公式戦で採用される事も少なくありません。ではどうすれば奇襲を破れるのか??本書では、「奇襲に備えるには、まず足元を固めること」だと教えています。つまり、まずは奇襲の狙い筋、成功例を熟知することから始めるのです。書籍中では全ての奇襲について「奇襲成功図」までの手順を紹介しています。そのうえで、対策の方向は3つに分かれます。
(1)相手の狙いを外す
(2)がっちり受け止める
(3)ハメ手の裏をかく
(1)はそもそも奇襲の局面にさせないという方法です。これも有力ですが、少し逃げ腰でしょうか。(2)は奇襲を真っ向から受け止め、最善手で返すということ。これこそ奇襲破り、と言いたいところですが、最強の応手は(3)でしょう。奇襲の狙いを看破したうえで、それを逆手に取って勝つ。これほど痛快な勝ち方はありません。本書には奇襲の裏も表もすべて記載されていますから、奇襲破りはもちろん、奇襲を使うこともできてしまいます。いち早く本書を手にとって、奇襲の世界を完全に自分の物にしてください。


穴熊囲いを極める77の手筋/石田直裕・著/税込1663円/四六判/224頁/マイナビ・刊

 


穴熊の考え方は組めたら「攻め合い」が基本です。理想はもちろん一手も受けずに攻め勝ってしまうことです。しかし実戦ではそううまくは行かず、端や斜め、あるいは縦横から穴熊を弱体化させられ、受けに回らざるを得ない局面も多くなります。ところが実際指してみると、受ければ受けるほど攻めが早くなってしまった、あるいは、受けの手ばかり指しているうちに穴熊の周りがと金だらけでまったく粘れずに負けてしまったという経験は誰しもしたことがあるはずです。世の中に穴熊崩しの本は数多くあれど、穴熊の受けの手筋、あるいは攻め合いに転じるタイミングや攻防の手筋を網羅して紹介した本はこれまでありませんでした。本書は受け方を中心とした穴熊のテクニックを例題とともに紹介・解説しています。それらを知ることで懐が広がり、1ランク上の穴熊党になれるのです。現代将棋は居飛車党も振り飛車党も、穴熊を抜きには語れません。穴熊の攻めや受けの手筋を知らないで将棋を指すのは見えない相手と戦うようなものです。本書を読んで、穴熊の手筋をマスターし、ぜひ穴熊で勝ちまくってください!
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-04 12:29:40

従順ならざるもう一人の日本人

テーマ:漫画

占領を鼻で笑った男

第147局「GHQ総司令官」

つづく

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-02 15:30:54

大盤解説レポート

テーマ:将棋の話

第43期女流名人戦

 

里見香奈女流名人に上田初美女流三段が挑む、第43期女流名人戦は、上田女流三段が開幕2連勝でいきなり奪取に王手となりました。迎えた第3局は、1月29日(日)、千葉県野田市の「関根金次郎名人記念館」で行われました。当日は、併設されています「いちいのホール」にて大盤解説会が開催されました。ここでは、さらに併設されました臨時大盤解説会会場の模様をレポートしたいと思います。先手・上田女流三段、後手・里見女流名人。

 

 

まずは、日本将棋連盟関根金次郎支部の方が解説。この大盤解説会も8年目を迎えて、最初の年は清水市代女流六段が矢内理絵子女流五段から女流名人を奪取し、翌年に里見女流名人が清水女流六段から奪取。それから里見女流名人が防衛し続け、「関根金次郎名人記念館」で行われる時は、いつも里見女流名人が勝っているというお話がありました。

 

 

やがて斎田晴子女流五段が登壇され、支部の方とともに局面を解説。

 

 

そして青野照市九段も登壇。プロによる解説会となりました。

 

解説会が始まった時は、どちらが優勢ともつかないという解説でしたが、上田女流三段の方に良くない手が見られ、劣勢に。


青野九段も「1局、2局は素晴らしかったが…」と。やがて終局。84手で上田女流三段が投了となりました。


この大盤解説会の模様は、2月5日配信の「将棋本!メールマガジン」で詳細レポートしますので、そちらもよろしくお願いします。
将棋本!メールマガジン
http://archive.mag2.com/0000258527/index.html


そして第4局は、岡山県真庭市の「湯原国際観光ホテル菊之湯」で行われます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-24 15:34:47

新刊情報

テーマ:将棋の話
新刊将棋本!
 
完全版定跡外伝~将棋の裏ワザ教えます~/週刊将棋・編/税込1339円/文庫判/448頁/マイナビ・刊



将棋上達に定跡の知識は欠かせません。棋力向上を願う将棋ファンのために定跡書は日々生み出されています。しかし、その定跡書も完全無欠というわけにはいきません。紙数の制限その他の事情から、定跡書に紹介されているのは、いわゆる「本筋」と称される部分で、本筋の隣に隠れるように存在している有力手順は、紹介しきれないため、省略されています。また、端歩の突き合いなど、定跡局面とはわずかに違った箇所があるだけで、結論が全く逆になる事もあります。本書は、通常の将棋戦術書で紹介される定跡の「本筋」ではなく、そこからわずかに外れた、実は優秀で勝ちやすい指し方を紹介した「定跡外伝」と「定跡外伝2」の2冊を合わせて文庫化したものです。定跡外の手を使うには、相手が定跡に詳しい人ほど効果的です。その知識を逆手に取って罠を仕掛け、相手を「定跡の落とし穴」に引きずり込んで下さい。

これだけで勝てるゴキゲン中飛車のコツ/大平武洋・著/税込1663円/四六判/224頁/マイナビ・刊



現在、プロ棋界では、振り飛車の勝率、特に後手番の振り飛車の勝率が落ちている傾向にありますが、その中にあって唯一奮闘している戦法があります。それがゴキゲン中飛車です。角道を開けたまま中飛車に振り、2筋は受けなくても大丈夫。この発見は、振り飛車の常識を変えました。大平六段は、「ゴキゲン中飛車は、現時点で藤井システムと並ぶ、平成の2大発明と言えるでしょう」と書いています。では、ゴキゲン中飛車は、どういう戦法かと言うと、それは「対応の戦法」です。居飛車側には、
超急戦、丸山ワクチン、超速の急戦、超速の持久戦、一直線穴熊といった有力なゴキゲン中飛車対策があります。ゴキゲン中飛車を指しこなすためには、これらの戦法全てにある程度対応できなくてはなりません。そして、本書はその「勝つために必要な最低限の知識」が詰まっています。本書の内容をマスターすれば、自信を持ってゴキゲン中飛車が指せるはず。既にゴキゲン中飛車を指している方も、これから指したいと思っている方も、是非読んでいただきたい一冊です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-20 15:34:31

従順ならざるもう一人の日本人

テーマ:漫画

占領を鼻で笑った男

第146局「マッカーサー登場」

つづく

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-13 15:48:21

新刊情報

テーマ:将棋の話

新刊将棋本!

 

全戦型対応!将棋・端の攻め方、受け方/安用寺孝功・著/税込1663円/四六判/224頁/マイナビ・刊

 

 

矢倉、美濃、穴熊、銀冠、舟囲い、金無双…。将棋には幾つもの囲いが存在しますが、その全てに共通する弱点があります。それが端です。囲いは基本的に玉を端の方に囲うものであるため、端攻めが脅威になる事は必然の結果であるとも言えます。将棋において最も堅固な囲いであり、現代将棋の象徴ともいえる穴熊でさえ、端攻めをまともに食らってはもろくも崩れ去ります。そうであれば、端の攻略の仕方、そして逆に端を攻められた時の正確な受け方は将棋を指す上での必修科目といえます。 本書はまさにそのニーズに応えるものです。
第1章「矢倉編」では、中盤での仕掛けから本格的な戦いまでの端攻め。第2章「美濃囲い編」では、終盤を中心とした玉を直接攻める手筋と、相振り飛車での仕掛けに威力を加える端攻め。第3章「穴熊編」では、いつも悩まされている堅さを、かなり弱体化させてしまう端攻め。第4章では銀冠、舟囲い、金無双といったその他の囲いの端攻めを紹介しています。
見開き2頁で一つの手筋を紹介する形になっているので、自分の興味のあるところから読めるようになっています。本書を読んで▲1五歩、△同歩、▲1三歩!の端攻めを常に狙う姿勢と逆に攻められた時の正確な対処を身につければ端はあなたにとって強力な武器になるはずです。

将棋・詰みの基本手筋/北浜健介・著/税込1663円/四六判/224頁/マイナビ・刊

 


「より実戦的な詰み手筋の紹介と詰将棋を合わせたような本はできないかと思って書いたのが本書である。本書ではあくまで<実戦で使える>という事を最優先にした」(まえがき)
言うまでもないことですが、将棋の勝敗は玉を詰ますことで決まります。将棋を指していれば玉を詰ませば勝ち、詰ませられなければ負け、という状況にも何度も直面するものですが、そこで勝ちたいなら詰ます力をつけるしかありません。そして本書はその力をつけていただくためにあります。

まず第1章「絶対覚えたい基本手筋20」では頭金から始まり、尻金、一間龍、送りの手筋、金頭桂など、最も基本的な詰み手筋を紹介しています。続く第2章「ワンランク上に行くための重要手筋」では退路に捨て駒、駒の打ち場所を作る桂捨て、左右挟撃、上下挟撃、開き王手、両王手といったやや高度な詰み筋を解説しています。第3章「手筋応用編」ではやや複雑な局面で第1、2章で覚えた手筋の形に持ち込んで詰ます方法を伝授します。第4章「囲い攻略の詰み手筋」では矢倉、美濃、穴熊、左美濃、銀冠といった囲いに対して使える詰み筋を囲い別に紹介します。そして第5章「練習問題」で北浜八段作の詰将棋に挑戦します。徐々に難しくなりますが第1~4章の手筋を駆使すれば解くことができる問題です。
このように、頭金から始まって高度な詰み筋まで、段階的に詰み筋を学んでいけるのが本書の大きな特長です。難しいと思ったら前の章に立ち返って本書で紹介された詰み筋を完全に自分の物にして、実戦で詰みがある局面で詰みを逃さない力を身につけてください。

電王/高嶋哲夫・著/税込1512円/四六判/幻冬舎・刊

 

 

七冠最強戦士VS世界的AI研究者。お前がいるから、ここまで来れた。2人の絆が生んだ世紀の一戦の幕が上がる。虚弱体質で寝込みがちだった相場俊之。極貧の母子家庭に育った取海創。級友に除け者扱いされる8歳の2人を結び付け、救ったのが将棋だった。生活苦から抜け出すために、勝負に心血を注いでいく取海につられ、相場も棋力を驚異的に向上させて、同時期に奨励会に入会。そして12歳で迎えた三段リーグ。最終戦で2人は激突した。取海辛勝して最年少プロになり、惜敗した相場は棋界から去った。20年後、全タイトルを保持する取海は、トップ棋士として初めて将棋ソフトと対局する。将棋界の威信を懸けた一戦。対戦相手は、人工知能研究で世界から注目を浴びるかつてのライバルだった。

棋士の一分~将棋界が変わるには/橋本崇載・著/税込864円/新書判/角川書店・刊

 

 

問題は起こるべくして起こった。「物言う棋士」が明かす、将棋界の危機。スマホの不正疑惑を、なぜ未然に防ぐことが出来なかったのか?将棋ソフト、プロなき運営。見て見ぬふりをしてきた将棋ムラ…。「憧れの職業どころか、食えない職業となる日も近い」という、将棋界の実情を、現役棋士が明かす。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-05 17:29:37

従順ならざるもう一人の日本人

テーマ:漫画

占領を鼻で笑った男

第145局「大恩人?」

つづく

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-31 12:47:09

新刊情報

テーマ:将棋の話

新刊将棋本!

 

大山VS升田全局集/大山康晴&升田幸三・著/税込3024円/A5判/412頁/日本将棋連盟・刊/マイナビ・販売

 


「江戸時代に作られた宗看、看寿の詰物は名品で現在も色褪せていない。同じように升田対大山の名局は棋界が続くかぎり不滅であろう」(内藤國雄・まえがきより)
大正7年3月21日、升田幸三誕生。その5年後の大正12年3月23日、大山康晴誕生。この2人が後に生涯のライバルとなり、我々に遺してくれた名局の数々は、彼らが亡くなって四半世紀たった今でも、その輝きを失う事はありません。この度、将棋界の宝ともいうべき大山VS升田の対局、全174局を全て解説付きで収録した一冊「大山VS升田全局集」が完成しました。昭和14年、木見会勝ち抜き戦(角落ち)から始まって、高野山の決戦、升田の三冠達成、大山の復活と絶頂、そして升田式石田流シリーズとなった最後の名人戦まで、30年に及ぶ棋界の頂点をめぐる戦いを余すところなく収録しています。将棋史上に残るライバル対決。たっぷりとご堪能ください。

「勝ち」に直結する将棋・終盤の総手筋/関根茂・著/税込1339円/文庫判/456頁/日本将棋連盟・刊/マイナビ・販売

 


「いくら序盤、中盤が良くても、終盤が悪くては、勝つことはできません。棋友同士で<あいつは、序盤はうまいが、終盤が甘いからなあ>と言われる人と<あいつは、序盤はまずいが、終盤がしっかりしているからなあ>と言われる人がおります。前者は仲間から軽く見られている場合であり、後者は仲間から恐れられている人です。終盤の強さイコール将棋の強さでもあるわけです」(まえがきより)
本書は関根茂九段による終盤の名著「終盤の総手筋」と「スッキリ明快詰将棋」の2冊を合わせて1冊の文庫として復刊したものです。第1部「終盤の総手筋」では将棋に勝つために絶対に必要な寄せと詰みの手筋を総まとめにして解説したもの。関根九段が例題を出しながら手取り足取り教えてくれるので読むだけで、きちんと理解できますし、すぐに実戦で使うことができます。第2部「スッキリ明快詰将棋」では元の書籍から3~7手詰を抜粋し、108問収録しています。第1部で学んだ手筋を使って問題を解くことで、さらに手筋の理解が深まります。 序盤・中盤はうまくいくのに、いつも終盤で負けてしまう、もっと終盤が強くなりたいという方にぜひ読んでいただきたい一冊です。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。