2トンのブログ

物静かな情熱の中で生きていながら、加害者を相手には本物の悪魔に成れる事を知った人間のブログです。

転載・拡散歓迎です


拡散・転載して下さった方は、一報下されば幸いです


テーマ:

「テクノロジー犯罪&集団ストーカー」と呼ばれてる犯罪の被害を訴えてるASKAさんのブログの内容から、飯島愛さんもテクノロジー犯罪の被害者なのでは?と勝手に思い込み、私なりに考察してみました。


少々強引ですが、あくまでテクノロジー犯罪と云う犯罪と、それを行う組織が存在していたら?的にテクノロジー犯罪被害者目線で書いてみました。
 

 

 

 

飯島さんは2008年12月24日、自宅マンションで死亡しているのが発見され、死後1週間程度経過していて遺書はなかった。「トマトジュースのような尿が出る」などと体調不良を訴え07年3月で芸能界を引退したが、死亡する直前にはイベントに出演するなどして、芸能界復帰も噂されていたようです。

死亡原因は「エイズ」「薬物中毒」などが取り沙汰されたが、行政解剖をしても死因は特定できず警視庁は事件性は無く「肺炎」と発表した との事。
 

 

発見時に死後1週間ほど経過していたという飯島の死因について、当初、通常1週間ほどで出る病理検査の結果が遅れたこともあり、さまざまな憶測が乱れ飛びました。

・遺体から覚醒剤反応が出た?

・何者かによる他殺ではないか?

・エイズではないか?

・死因が薬物中毒や自殺などの場合、本人の名誉を守る為に、死因の発表を偽った?

 

など‥‥。
 

 

 

 

私自身は「何者かによる他殺ではないか?」説を信じてるわけですが

飯島愛さんのブログ「ポルノ・ホスピタル」に助けを求めているような・被害を訴えてるようなメッセージが見つかっています。
 


生前に「テクノロジー犯罪」の被害のような被害を訴えてたのかは不明ですが、自身のブログなどで何者かから嫌がらせを受けている・苦しんでいる的な事は書いてたようです。

 


 12/17 19:35
 ■無題
 保証人が見当たらない。
 それが大きなネックだ。
 だから何をしても殺される可能性が大きい。
 あいつが毎日、嫌がらせしてくる。
 わたしが嫌がってるのに、平気な顔してせせら笑っている。
 しかも己の行為に何の疑問も抱いてないから、なおたちが悪い。
 あいつを殺してくれたら、本当に三億やるよ。それが条件だね。
 今すぐにね。

 

 

 


「 あいつが毎日、嫌がらせしてくる。」と云うのがなんとも気に成ります。
どのような手口で嫌がらせを受けてたのだろう?それも毎日?。

 

 

 

 

 

 

 

12/19 16:03
 ■無題
 わたし殺される。
 ずっとまえマイケル・ダグラスの「ゲーム」を面白いよと推薦して見た後、「こんなのが面白いの?」「幼稚ね」とこばかにされた。
 スイス銀行の会長と語り合い、君ならわたしと同じ会長にでもなれたのに、とお言葉をいただいたそうだが、見るところ、一人の人間さえも意のままにならない。
 なぜならわたしが窮地に陥っているとき、お前など死んでしまえの一言だったから。
 わたし一人の行く末さえ理解できずに他人のことなんか分かるはずがない。
 これをもってしてスイス銀行の会長とやらもでくの坊と分かる。
 高名な方二人で持ってして結託するな。
 世の人を惑わせるだけである。
 わたしはそのような迷信は信じない。
 あいつは私を金沢のボロアパートに押し込め、「君にはここがお似合いだよ」とつばを吐いたことしか思いつかん。
 しかも埼玉まで追いかけてきて、金を取ろうとした。
 どこに逃げても必ず金を目指して追ってくるだろう。
 そういう根性のやつだ。
 今日も近所のやつと結託して、私を殺し金を取ろうとした。
 そもそも著作権が付いてないのは誰のせいだと思う?
 紛れもなくあいつのせいだ。
 あいつは毎日のようにわたしを殺そうとした。
 そしてこの事実は永久になくなりはしない。
 拷問は「プレデター」公開から始まり、実にその後十余年に及んだ。
 そして最近では自分の会社名を挙げて私のお金を狙っている

 

 

 

 


「ずっとまえマイケル・ダグラスの「ゲーム」を面白いよと推薦して見た後、「こんなのが面白いの?」「幼稚ね」とこばかにされた。」
誰からこばか にされたのだろう? 書かれてる単語からでは、女性からの言葉のように感じ取れます。

 

 

「どこに逃げても必ず金を目指して追ってくるだろう。そういう根性のやつだ。」

「 そもそも著作権が付いてないのは誰のせいだと思う?紛れもなくあいつのせいだ。」
飯島さんは自分に嫌がらせを行ってるやつが、誰だか知ってるように思えますし、実際に被害が存在している人間のようにも感じ取れます。

 

 

「今日も近所のやつと結託して、私を殺し金を取ろうとした。」

近所のやつ から、何らかの嫌がらせを受けていた?

なぜ 近所のやつ と思ったのだろう?

近所の人とは、どの程度の「近所」の人の事なんだろう?

どのような嫌がらせの手口なんだろうか?

 

 

「あいつは毎日のようにわたしを殺そうとした。」
誰かから殺されるような嫌がらせを毎日受けていた
としか読み取れませんが、「あいつ」とは誰の事だろう。

 

 

 

かなり難解な感じですが、死因に謎が多い人が残した文章と思うと結構怖い文書ですえ・・・

 

 

 

 

 

話は変わりますが、テクノロジー犯罪の被害を訴えてる方のブログの記事には、加害者からの音声送信の内容を書いてる方も大勢居て、被害者への悪口や挑発するような内容が多い事と似てるように思います。

 

 

また、ブログではノイローゼや幻聴に悩まされたことを明かしていて、医者にも掛かっていたようです。
 
 主治医だった赤枝氏の発言では、 

 

「愛ちゃんは『てめぇバカャロウ!』という脅しのような耳鳴りが24時間ずっと聞こえることにも怯えていました。私は神経科を探して紹介したのですが、治してあげられませんでしたね・・・・・」 

「不慮の事故だった。死因は睡眠薬の飲み過ぎではなく、私は絶対に、何か突発的な事故だったのだと思っています」

「非常に精神的に追い詰められているような感じでした」

とも語っています。

 

 

 

 

 

話は変わりますが、私的な考えでは
 テクノロジー犯罪の目的はテクノロジーを利用して被害者の神経を参らす事
だと考えています。
 

 

テクノロジー犯罪の手口の一つに、被害者の神経が参るような事を、避けられない状況の中で、一方的に聞かせる「音声送信」被害というものがあります

 

技術的にはすでに存在している技術で、耳の聞こえない方に超音波で音声を飛ばし、骨をスピーカー変わりに振動させる事で音声として認識させてる技術です。

 

「超音波 骨伝導」

「骨導超音波」

などで検索してみて下さい

普通に存在している技術です。

ただ、一般的には 犯罪・嫌がらせの為に使用する必要がないので、一般的には知られて無い技術なだけです。

 


その「音声送信」の被害だけでも使い方次第で
 

・何者からの被害に遭ってる事に気付かせ、避けられない状況の中で声を聞かせ続け神経を参らせ、更に、その音声と同時に、驚いた時のような「ハッ・ドキッ」のような刺激を遠隔から与える事で効果倍増され、何でもない「単語」も被害者には気に成る単語になり、それを繰り返す事で「被害者の弱み」などを強制的に作る事も可能です。

 
・音声送信の音声を送る部位を頭ではなく、別の部位に送信すれば、あたかも被害者が思いついた!かのような事も出来ます、それを繰り返す事で、その「内容が被害者の頭から離れない」ような状態を作る事も可能です。
 
・被害に気づかせず、まるで幻聴のように声を聞かせ続ける事で「幻聴」と思わせ、病院に行き病人としてのレッテルを張らる上に
副作用があるようなキツイ薬(病気でなければ只の毒)を飲ませられる。


など様々な事が出来ます。

 

 

 

テクノロジー犯罪の手口のひとつの「音声送信」の声は体調不良が原因で聞こえる「幻聴」ではなく、実際に存在している故意に送られた「音声」です。いくら薬を飲んでも消えません。

 


もちろん、現在の技術を利用し、ワザワザその様な嫌がらせ的な事を、手間暇を惜しまず行う人達が居るのか?という疑問もあるでしょうが、加害者が何らかの理由で犯行を行っていたり、被害者が何者かから恨みを買っていれば、あり得ない事ではないと思います。
 

 

 

 

 

 

 


また、飯島愛さんが芸能界を引退した理由は色々な事を言われてますが、「コンクリート事件」が関係してるのでは との噂が多いです
 
コンクリート事件については
 

「女子高生コンクリート詰め殺人事件 飯島愛」
 

「飯島愛 コンクリート事件」
 

 

などで検索してみて下さい 過去に話題になった事件ですので、色々と出てきます。
これを読んでる方が、それぞれに考察していたら幸いです。
 

 

その事件の関係からか
飯島愛さんが当時、何者かに弱みを握られて1億円近い金をゆすられてたと云う噂があり。その弱みというのがコンクリ事件のことではと噂されています。
 
本当かどうか確かめようもないですが、飯島さんはブログで「想像を絶する金額」を事務所の経理担当に横領されたと書いていたようで、その額が1億円近いとあって、ゆすられた噂の額と一致していてようです。
 
その横領の被害に遭っていながら、被害届けを出していない事で、「ゆすられた噂」の噂の信ぴょう性を高めたようです。


すべて噂ですが、「身の回りで色々なトラブルが起こっていたという噂」があるのは「事実」です。


「飯島愛 他殺説」

 

などで検索してみて下さい。
「テクノロジー犯罪で殺された」とは書いていませんが、他殺説は色々と噂されています。

 

 

 

ASKAさんは自身のブログの中で「集団ストーカー」の被害を訴えていて、飯島愛さんも「集団ストーカー&テクノロジー犯罪」の被害に遭っていた・・・と私は言い切る気はありませんが、同じような被害を訴えてきた私には、ASKAさんや飯島さんが「テクノロジー犯罪&集団ストーカー」という被害に遭ってるたのでは?と感じました。。
 


ASKAさんの書いたブログの内容の信ぴょう性は別として、飯島愛さん ・ASUKAさんが二人ともが「テクノロジー犯罪被害者」のような境遇に至ったのは少々不自然なのでは?と私は感じましたので・・・
 

 

 

少々強引ですが、テクノロジー犯罪被害者目線で遊び半分で書いてみました。
 
あくまで遊びですよ。事実ならかなりヤバイので・・。涙

 

「テクノロジー犯罪&集団ストーカー」というものが存在していて「それを裏の活動として行ってる組織」が存在しているとすれば・・・的に考えて頂けたら幸いです。
 

ですが、テクノロジー犯罪と呼ばれる犯罪は存在しています
ただ今までは、その犯罪手口をばらした加害者が居なかった・・だけです。

 

テクノロジー犯罪が存在している事は、被害者の私には証明のしようが出来ませんが
 テクノロジー犯罪に使用されてる、ネットにも載ってない性能の機器が存在しているという噂を聞く事は、もぅいつでも出来ます。
 


興味をもった方が一報下されば、その方法を教えますよ。
 

「空気の振動」を音声に変換するマイクではなく、「体内の振動」を拾い音声に変換する事で,被害者の部屋にマイク(盗聴器を)仕掛ける事なく、屋外から盗聴する盗聴技術は存在しています。
 
目撃者も大勢居ますよ。


ASKAさんの自宅内の「会話」も盗聴可能な機器です

 

その機器を使用しているのは、ASKAさんが言うような「盗聴・盗撮集団」のような行動を3年以上にわたり、私の勤務先で私に対して嫌がらせを行ってる連中です。

 

ASKAさんの場合は、そのような性能の盗聴器の存在を知らない為に「携帯電話」からの盗聴を疑っだけでしょう。

 

 

 

飯島さんのブログの内容

ASKAさんのブログの内容

 

そして、飯島さんと仲が良かった「デビィ夫人」の当時のブログの内容・・

 

やはり何かが起きてるように感じます。

 

 

気に成った方は読んでみて下さい↓




読まれた方が、それぞれに考察していただければ幸いです。

では。
AD
いいね!した人  |  コメント(45)  |  リブログ(4)

テーマ:

「テクノロジー犯罪&集団ストーカー」と呼ばれてる活動を行ってる組織は、政治団体だろうか?それとも、政治団体を支持してる宗教団体の活動なんだろうか?  と日々考察しています。

 

3年前に勤務先にまで出張ってきた「私のところの加害者」から、家族をもターゲットにした何処かの組織による、「集団ストーカー&テクノロジー犯罪」の被害に遭ってる事に気付かされました。


(幸い、良くも悪くも家族は「被害」に遭ってる事には気付いてませんが・・)

 

 

 

被害初期の頃は、手口や使用してる機器の情報を得ようと、同じ被害を訴えてる被害者の方のブログを片っ端から見ていましたが、なぜか政治的発言をしている被害者の方が大勢居る事に、違和感を感じていました。


被害初期の頃の私の考えでは、テクノロジー犯罪とは

まだ、一般的に知られてないだけの新手の犯罪手口くらいに考えてました。


ですが、色々と調べていると、とある組織が活動として行ってると名指しで書かれ、その組織の「集団ストーカー&テクノロジー犯罪」の周知・撲滅の為のデモまで行われてるようです。

 


非難されているその組織は、ある政治団体を支持してる団体で、インターネットをも利用して様々な方法&理由で叩かれてるようです

 

もし、その団体が「集団ストーカー&テクノロジー犯罪」と呼ばれてる活動を行ってるなら、被害者が集まり、その団体を非難する為のデモなどを行う事は理解出来るのですが

他の被害者の方が「自分の加害者の組織」が、その組織と思う理由や、デモ行進街頭演説まで行える根拠が何なのかが、いまいち私には解りません。

 

 

確かに「私のところの加害者」も学会員を名乗った事がありました。


今から思えば、学会員の人の仕業と私に思い込ませようとの感があります。

 


他の被害者の中には


「加害者は○○の組織だ!」


と思わせようとの誘導的な経験をした方も居るようで、「学会員」の他には


・公安警察

・右翼団体

・自衛隊

・CIA

・部落の人?部落解放同盟?

・統一教会


など様々です。


おそらく何かしらの理由があるからでしょう。

 


あくまで私の考えですが


苦しい被害の中での加害者からの誘導で、真犯人の敵(真犯人のライバル・社会的地位を下げたい団体)を名乗られ・誘導され、騙されてる被害者の方も多いのでは?と思います。


では

 

追伸

私は特定の政治団体を支持する気はありませんし、何処かの宗教団体・政治団体を理由もなく非難する気も有りませんし、選挙なども一度も行った事が無いくらい政治には無関心な人間です。


では。

 

 

1/20追記

記事に書いた事があるので、詳しくは書きませんが

私の勤務先で調子に乗り 3年以上 やりたい放題の「私のところの加害者」の言動を見てきた学会員の方も複数居ます。クラッカー

 


勤務先で同僚達が持ち寄った古新聞の中に有りました。

 

 

以前から記事に書いているのですが、私のところの加害者は、堂々と「集団ストーカー&テクノロジー犯罪」と呼ばれてる犯罪を、私に対して勤務先や同僚達を巻き込んで行っています。

 

 

 

 

 

 

 

ネットの情報の通り、学会員の活動なら問題無いのですが、学会員の活動に見せ掛け、別の組織が行ってる活動なら・・・かなり面白い事になりそうです。

 

 

 


また、加害者側の人「私のところの加害者」のバラしっぷりが気に成った方は、「私のところの加害者」にバラしっぷりの状況を聞いてみては。カナヘイ!?


これまた、面白い事に成りそうです。

 

 

では。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

テーマ:

明けましておめでとうございます。
 

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

今年こそは

 

合の衆 」

 

のような、私のところの加害者からの被害を終わらせ、「普通の生活」を取り戻すために尽力尽くしたいと思います。

 

 

 

被害を訴えても信じて貰えないように「嘘の常識を社会に対して事前に作り」犯行に及ぶ、ドコかの組織による犯罪被害に遭い、遭ってる被害を信じて貰う為には「社会の常識から変えるしかない」と思い始めたこのブログも3回目の正月を迎えました。

 

被害に気付き3年以上が経ちますが、2016年は本当に色々な変化が有った年でした。

 

 

 

 

一番大きな出来事は、やはり歌手のASKAさんが同様の被害を訴えた事です。

 

様々な事を言われてますが、ASKAさんがブログで同様の被害を訴え、ブログの内容に関わる事やブログのコメント欄などを調べてるうちに、ASKAさんも「何者かから標的にされてるのでは?」と思うように成り、更に調べてるうちに疑惑が確信に変わり、更なる疑惑も沸いてきました。

 

 

また、私の方の被害では、「自分達はバラシても良い?」Or「私に対しては堂々と行っても良い?」 と勘違いして私の勤務先にまで出張ってきて、テクノロジー犯罪の手口などを堂々と同僚達にバラシていたのですが、私のところの加害者にも変化があり、世間に対して隠ぺい・誤魔化しを行うように成り、私も加害者との駆け引きに変化が有りました。

 

私のところの加害者の変化の内容は、そのうち記事に書こうと思ってます。

 

2017の目標として

 

ASKAさんのブログでは、ASKAさんは盗聴盗撮集団とは「争う気はなく,只 手を引いてほしい」 的に考えていて、相手に対して手口や被害などの公表の仕方に気を使ってるように思えますが、私は遭ってる被害について有りのままに事実を書き

「私&私の加害者を知ってる人」

「私の加害者からテクノロジー犯罪などの手口を聞いた人」

ASKAさんの被害の事や置かれてる立場・状況について、考察して貰えるような記事を書いてゆこうと思います。

 

 

 

 

追伸

最近のASKAさんのブログのコメント欄を見ると何者か達に、ASKAさんとファンの方の「切り離しの工作」のようなものが行われてるのでは?と感じます(テクノロジー犯罪&集団ストーカーと呼ばれてる分野では「離間工作」などと呼ばれてます)。

 

一人でも多くの方に、「もしかして、ASKAさんは何者か達の標的に成っているのでは?」と、気にして頂けたら幸いです。

 

 

では。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(3)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。