抵抗を手放す

テーマ:

何かをふっと想う。

 

 

「○○したいな」

「○○したくないな」

 

 

その後に出てくる「でもなぁ」

 

 

これが抵抗。

 

 

 

私にとっての「抵抗を手放す」

この「でもなぁ」を受け取らないこと。

 

最初に想った「○○したいなぁ」を採用する事。

 

 

 

コレを意識するようになって気がついた事は

 

 

わたし、ほとんどの思いに「でもなぁ」って想ってる、ってこと!

 

 

衝撃!!

 

 

特にお金が絡む事。

時間が絡む事。

そして人の目。

 

お金を払う事にいちいち抵抗する。(「でもなぁ」と想う)

時間がかかることにいちいち抵抗する。

人の目をいちいち気にする。

 

 

 

怒られるんじゃないか、

とか

めんどくさい、

とか

無くなるじゃん、

とか。

 

 

一瞬怖れと不安が出るんだよね。

 

 

 

 

 

で、

そんなときの魔法の言葉は

 

「それで、私は本当はどうしたいの?」

だ。

 

 

 

 

それで本音が出てくる。

 

 

本音に気づいても

「でもなぁ」ってやっぱり想う。

 

 

 

 

自我と本音の間に挟まれて

悶え苦しむ。

 

 

「うう。。。。。。。。」

 

 

 

どうしても選べない時は

時間をおく。

 

 

何日置いても気になる時は

あきらめる!

 

 

本音をあきらめるんじゃなくて

自我の方をあきらめる。

 

 

だって

本当はそうしたいんだもん。

 

 

それがわたしにとっての「抵抗の手放し」

 

 

 

怖くて泣きそうになる事もある

(実際に泣く事もある)。

 

でも、本音を選んだときの満足感はハンパない。

 

 

 

それを何度も経験すると

自我より本音を選べるようになる。

 

 

 

 

ていうかさ。

 

もう何十年も自我の方を選んで来た訳よ。

 

もうそろそろ本音の方を選んであげてもいいよね。

 

 

 

長年の思考や習慣などを手放すのは

本当に怖くて

だからやっぱり今までと同じことを選んでしまう事もあるけど

 

 

10のうち、1つでも本音を選べるようになったら

それは快挙だよ♪

(と自分を認める)

 

小さな小さな変化が

気がついたら大きな変化になってるんじゃないかな。

 

 

できることから1歩ずつ。

 

 

抵抗を手放していこうと想ってます。