私の友達の事

テーマ:

今日は

私の大好きな友達の事を書いてみようと想う。

 

 

その子には、

精神病的な名前がつきそうな夫がいて

 

 

逢うたびだんなのグチというか

お世話が大変と言うか

そんなことを良く言ってて。

 

 

私は妻側からしか知らないから

 

話を聞くたび、大変そうだぁ

かわいそうだな

と同情してた。

 

 

彼女も

大変な私、かわいそうな私を

無意識レベルでアピールしてたんだと想う。

 

 

 

 

で、

それから

 

何度か旦那さんとの会話を目にする機会があり

 

 

何度目かのとき

 

「あれ?」

って想った。

 

 

 

なんというか、

 

話を聴いているだけのときは

 

「夫が加害者、妻が被害者」

みたいな風に想ってたけど

 

ふたりの様子を見ていたら

 

「逆じゃね?」

って想ったんだよ。

 

 

かわいそうなの、私のともだちじゃなくって

夫のほうじゃね?

 

加害者なの、妻の方で、

むしろ、夫の方が被害者じゃね?

 

って想うくらい。

 

 

「精神病の名前がつきそうな人だから

別れたらこの人きっと困る」

って

私の友達よく言ってたけど

 

 

「別れて困るの、もしかしたら友達(妻)のほうじゃね?」

 

そんなことも想ってしまった。

 

 

もし、今度

彼女に逢って

 

もし、また

「かわいそうな私」的な発言をしてきたら

 

 

ここに書いた事を正直に言ってみようと想う。

 

 

絶対、そんなことない!っていうと想うし

もしかしたら

絶交されて、もう逢ってくれなくなるかも知れないけど

 

 

「実は私はかわいそうじゃなかった」

ってことに気づいてくれたらいいなって想うんだ。

 

余計なお世話だろうけど

 

私は、

彼女にもっと人生を楽しんで欲しいんだよ。

 

 

「好きでやってる舞台」

って自覚できたら

 

今やってるステージも楽しくなるだろうし。

 

 

でも

ま、余計なお世話だよね。