ふじみ野交流センター祭り

テーマ:

 

ふじみ野交流センター祭りでの展示 

春夏秋冬、今年の干支 他いろいろと

カラフルな額に入れるとぐっと個性的に

 

富士見市の富士山を描こう!から始まったふじみ野教室

おしゃべりあり、お菓子あり、お悩み相談あり!

そんな中でのふじみ野教室 基本、応用修了です!

 

 

 

ふじみ野教室 1月

テーマ:
 
なかなかアップしてません ごめんなさい
今日は「オーロラ」を描く
こちらは いろいろな技法がいっぱい詰まっていて集大成な感じもします
 
はじめはちょっと手こずっても だんだんとその世界に入りこんで
描き進めていくのが楽しくなっちゃいます
きれいでとても癒される絵です
 
 
 
 
 

 

久々の銀座のパステルシャインアート協会本部での

なかなか行けずにいた新テキストの講習会

今回が最後ということで急いで行ってきました

 

まだまだ始めの新人の頃、 

多摩美術大学にお伴させて頂いた時の話になり、ついつい熱く語ってしまった

江村先生覚えてくださって驚きです(5年前!?)

http://chinami3442.seesaa.net/article/215898635.html

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

ちはやぶる

テーマ:

 

漫画の「ちはやぶる」もはまってますが

秋も深まってきて

万葉恋歌いかがでしょう・・。

 

「ちはやぶる神代も聞かず竜田川
 唐紅(からくれない)に水くくるとは          
           在原業平朝臣(ありはらの なりひら あそん)」

 

唐紅色に真っ赤に染めあがった紅葉の流れは
きっと遠き神様の時代から
ずっと変わらずに同じなのでしょう

 

高子(清和天皇のお后)が歌の席で 
紅葉の屏風で和歌を詠んでくださいとお題を出します。
その時に業平が詠んだ歌。

 

高子と業平は昔、恋人同士。まだまだ若いころ、業平が高子を 
「赤い(唐紅)の着物がお似合いなあなた
神代の昔からもこんなにきれいな人はいなかった」なんて口説いたわけです。

 

何十年も経って お互いいろいろあって 久しぶりに会った公式の和歌の席は 
高子は天皇のお后になって業平とは気軽には話をできない場で 
実は二人にしかわからない言葉をつかってそっと思い出を伝えているのです。

 

実際は 業平は超プレイボーイで 歌のやり取りもひとつの文化だったから
どこまでほんとかはわからないらしい。
でも、素敵・・・。

アイムふじみ野文化祭

テーマ:

黄色と赤がお好きなフレッシュ高校生

 


始まる時間の30分前に来てくれてた方

 

シックな方のシックな秋色

 

線がいい感じです

 

ピンクが大好き

 

葉脈に 意志の強さを感じます

 

優しい色合いで

 

爽やかな水の中

 

一生懸命描いてくれました

 

葉っぱの位置にこだわりました

 

アナ雪の世界の葉っぱのようです

 

アイムふじみ野は とっても大きなマンションエリアで

その中はな~んでもあって ここだけで一つの街のようです

文化祭のイベントととして図書館で描かせていただきました

 

仲良し小学生お二人で

 

唯一、男性の方 「青!」

 

運営委員の方も!

 

お花にもなりました

 

それぞれの紅葉

 

お声掛け頂き、有難うございました

久々のイベント楽しかったです!

 

10月の暑中お見舞い

テーマ:

 

月に一回は更新しようと思いつつ・・・

7月も、8月も9月もブログを書けなかった。暑さに負けた・・。

あちこちから、どうしてるの~?と声がかかり・・・やっと。

 

頂いた暑中お見舞いのお葉書がとってもかわいくて

模写で夏の作品、やっと描く。

最近、グレイがとっても好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静かな雨の日

テーマ:



まだ、梅雨らしい雨の日にはなってない

曇りが続いていてどんより

6月が来たというより大好きな5月は終わってしまった


今、使っている傘は子供用のサイズ

小学校6年生から2センチしか伸びなかったから(154cm)

大人サイズの傘の長さは長すぎるから


雨の日に履くレインブーツが欲しいな