メンターたかはし の 「人生"直球”アドバイスBLOG」

余裕の"バツ2独身"、Harley-Davidson好きで、最近なぜかサバゲーにハマり気味の、波乱万丈なアラフィフ人生を着実に歩んでいるビジネス系コンサルタントが「カリスマメンター」の顔として書いている「直球ブログ」。何気に毒を吐きます。


テーマ:

※よかったらポチしてください
自己啓発 ブログランキングへ

 

 

こんな記事があった。


”仕事で私が壊れる 人生を搾取する「全人格労働」”

 

実はこれは今に始まったことではないのだが、あえてこーゆー

記事になるといろいろ考えさせられるね。

 

今は昔のように「働き方」が多種多様だから、このようなことが

起きやすいんだろうけど、一つには誰にでもある「不安感」が

今の時代は大きいんだと思うな。

 

もちろん結論なんかこんなブログで出るわけもないのだが、

これからもっとこーゆー話は出てくるんじゃないかな。

いままでは何とかバランスを取ってきたんだけど、そのバランスを

取るのがすごく難しくなってきているんだと思う。

 

以前サラリーマンだった時、よく言われた言葉で

「わが社の常識、世の中の非常識」

というのがあったけど、会社や企業という中にいると時には善悪の

判断基準やバランスが世の中にアジャストできなくなることがある。

 

生きていくため

家族を養うため

自己実現するため

 

という「本人にとっては真っ当な」理由が大きくて、いままではそれで

何とかやって来れたんじゃないのかなぁ。

でも「何となく漂う不安」もあってこの理由だけではバランスが取れなく

なってきているんじゃないかと思っている。

そう・・・

 

世の中も・・・

個人も・・・

あなたも・・・

わたしも・・・

 

最近思うんだけど、全体の既存のシステムがいろいろな意味でうまく

作動しなくなってきているからだと思う。その結果が今回ような記事に

カタチとして現れただけなんじゃないかと。

 

たぶんこれからもっと私たちが拠り所としていた「当たり前のこと」=

「既存のシステム」の破たんはどんどん出てくるんじゃないかな。

変化することって大事じゃね?と口では言っていたけど、いよいよ

それがシャレにならないくらい「その変化に適応しなければならない」

時代に突入するんじゃないかな。

 

毎日観るニュースはみんなそんな感じだもんね。

たぶん2020年まではこんな状態が続き、その後は一気に動から静へ

移行するんじゃないかと。

 

情報に一喜一憂することもあるけど、常に全体を観ることも大事だよ。

今年は少しなーんにもしない時間を少しでも作ろうと思っている。

自分は自分。

他人は他人。

参考にはするけど、立場や置かれている状況でやることは違って

いいんじゃね?とは思うけどね。

 

なぜか埼玉県蕨市のおっさんばっかりが集まっているバーで飲んだ。

料理がサイコーに美味しかったなぁ~

 

 

 
YouTube公式チャンネル カリスマメンターたかはしのほぼ90秒 気づきのトーク

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


さて…
世の中の事情に疎くなっている今日このごろですが、
こんなことがあったんですね。

※よかったらポチしてください

自己啓発 ブログランキングへ


このCMが一週間で公開取りやめになったとのこと…背景は…
”日清食品によると、CM内の表現を問題視する多くの意見が
寄せられ判断したという。不倫騒動があった矢口さんは、
CMの中では心理学部准教授役。
「二兎(にと)を追うものは、一兎をも得ず」と力強く訴え、
学生に「これ実体験だよね」と笑われる。ゴーストライター問題が
あった作曲家の新垣さんは、芸術協力学部教授役で二人羽織のよう
に学生の背後について「そうだその調子」と言いながらピアノを弾く。
視聴者からは「不倫や虚偽を擁護しているように見える」などの意見が
あったという。”だそうだ。

まぁいろいろな意見があってもいいとは思うし、そーゆー意見があって
企業がCMを取りやめるのも自由ですよね。
ただ最近すごく感じるのが、世の中全体に漂う「空気感」がどうも
いい方向に行っていないな…と感じるんですよね。
・当たり前のことを言ったらめちゃくちゃ叩かれちゃう
・ダイバーシティとか言いながら全然違うじゃん
・当事者同士が(たぶん)納得していることに外野が鬼の首を取ったかの
ごとく文句を言っているよね
など。

例えば…もちろん不倫を擁護する気はさらさらないけど、じゃあ男女問わず
文句を言っている皆さんはそんなに文句言えるほど過去でも清廉潔白な人生
だったんですかねぇ…
仮に不倫しちゃって謝罪する相手は当事者(ほとんどは配偶者)だけで良いわけで、
世間に謝罪まではいらないんじゃないかなぁと。
確かにご自宅で不倫しちゃうのは「ゲスの極み」だろうし、それはいかがなもの?
とは思いますが、それだって所詮ほとんど人には関係ないことですしね。
(ポイントはそこじゃないか?)

これボブ・マーリーの言葉なんだけど。

"Before you point your fingers, make sure your hands are clean."

「指をさして人を非難する前に、君のその手がよごれていないか確かめてくれ。」

ごもっともです…


このCMに関して言えば、かなりエッジが効いたパロディーだよね?とは
思いますが、パロディーやユーモア(この線引きは難しいのですが)が言えない
「空気感」は実はとても危険なのでは?と思っています。
そのうち…笑うのは不謹慎だ!愛を語るのも退廃的でいかがなものか?など
とゆ非常に窮屈な時代になってしまうのでは?と思います。
え?そんな時代になるわけない?いやいや、歴史的に言えばそーゆー歴史がほんの
70年くらい前にあったじゃないですか。

"不倫は文化だ!"
と言った方が過去にいらっしゃいましたが、内容に賛同できるかどうかはともかく
あのころの時代は今より多少おおらかな時代だったのでしょうね…
あ、ちなみに私は文化だとは思いませんが、少なくても歴史的に見て日本人
(つまり私たちのご先祖のころ)いまよりずっとセクシャルな部分に関しては
おおらかだったみたいです。
自然なことを不自然に抑圧すると、その代償は大きいんですよね。
まぁ不倫だとか、賭博とか、何だかグレーゾーンな話でかつ外野であっても誰も
好き勝手に首を突っ込める話がやたら多いけど、パナマリーク(パナマ文書)の方が
破壊力が強いニュースなんだけどなぁ。何かやっぱ変だわ…




 

YouTube公式チャンネル カリスマメンターたかはしのほぼ90秒 気づきのトーク


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

※よかったらポチしてください
自己啓発 ブログランキングへ

 

このブログもかなり久しぶりになってしまった。

本業でもあるコンサルタント業や研修などの講師業がかなり
増えたからだ。

FBやインスタなどはアップもラクなので、マメに更新しているが

ブログになると「ちゃんと書かなきゃ」みたいな意識もあって

なかなか書けなかったというところもある。


FBページはこちら

で、昨年終わりあたりから本業の他にもいろいろ相談をもらうことが

増えた・・・

 

それも女性からだ。

 

内容的には皆さん同じなのだが、

 

「男性の目線や考え方を教えて欲しい」

「いま好きな彼がいるんだけど、どうやったらその人との
ラブが成就するのか?」

 

と言ったような相談なのだ。ちなみに男性からの相談もあるが、

なぜかここのところ9:1の割合で女性からの相談が多い。

 

多くは電話での相談やセッションが多い。
男もそうだけど、女も異性のことが理解できないらしい・・・

(男からすれば、男なんて単純じゃね?と思うが、女には奇妙に映るようだ)

多くは知り合いを通じての紹介がほとんど。

 

まぁ・・・先月で50歳になったし、結婚も離婚も他人様より倍経験している

からなのだろうか?その分しなくてもいい経験もいっぱいしているからね。

 

ただ・・・相談された方々から言わせると・・・

「なんでそんなにわかるんですか?」

「言った通りにしたら、彼から連絡がすぐ来たんです・・・」

という反応が多い。

 

今後この手のお仕事も考えているところ・・・

 

 

 
YouTube公式チャンネル カリスマメンターたかはしのほぼ90秒 気づきのトーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
※よかったらポチしてください

自己啓発 ブログランキングへ




今日から10月。

さて、以下のブログがちょっと気になったのでお時間があったら
読んでみてよ。


ご飯に「ありがとう」と「無視」をしたらどうなる?
驚くべき自由研究が話題!気になる5ヶ月後のご飯は・・



以前、水の結晶の本もあったが感謝の気持ちは大切なことなのだなと
あらためて思ったよ。
確か海外?で植物に同じような実験をしたら、やはり同じような結果
が出たような話も記憶にあるんだよね。

感謝の気持ちを伝える…
「ありがとう」と言う。



とても大切なことだよね。

たださ「んなの、当たり前じゃん!」と分かっていても、案外言えない人って
多いわけさ。



あえて言おう…
この「ありがとう」が素直に言えない、ずっと言えない人は確実に人間関係
を崩壊させるんだよな。
これ、オレが経験したことだから。


いつもいることが「当たり前」の彼や彼女。
いつもいることが「当たり前」の夫や妻。



そういう身近な人にちゃんと「ありがと」と言えているだろうか?
人の落ち度や足りないところばかりに目が行き、そこを責めるのは
得意でも、その人の存在そのものやいままでのことを感謝できるのか?

○○○○してくれるのが「当たり前」。
夫なんだから妻なんだから…
彼なんだから彼女なんだから…


言われないほうは、実は途中で気づくんだよ。
(これはオレの実体験ね)
「あ、この人は"ありがとう"と言わないな…」と。
ちなみにオレの場合は、言われなくなったな…と感じてから5年間、
相手は絶対に言わなかったな。

これは確実に人間関係を崩壊させるね。それもじんわり、それも根深く。

それに「気づいたら言えばいいじゃん」と思うだろ?

じゃあさ…

そんな「人として当たり前」のことが言えるか??
まして、相手は大人。
子供(ちなみに未成年まで)ならまだしも、まともな大人だよ。
それにそんなことを言えば「感謝」を"強要"しているように
思われるのがオチ。
そんな「みっともない」思いをしてまで言いたくなくなるんだよ。


だからこちらからも言わなかった。



前も書いた?が

世の中に当たり前のことなんて何一つないんだよ!


「当たり前」だと思っているから、
「ありがとう」という言葉が出ないんだ。




まぁ中には「思っているけどなかなか言えない」という言い訳を
するヤツもいるね。
もちろん感謝する気持ちなんだから自己完結してもいいんだろうけど、
まぁ相手に伝わらなければ、結果的に人間関係はうまくいかないよ。


いつもこれはオレのセミナーでもよく言っているんだけどね、

知っていてもできなければ、それは「知らない」ことと同じなんだ。

そして、知らなくても「できる」方がはるかにOKなんだよ。



こんなどーでもいいような「当たり前」のことなんて分からなくたって、
素直に目の前の人に「ありがとう」と言えることの方がどれだけお互いが
幸せになれることか…




「ONE PIECE」第59巻 
ポートガス・D・エース 義弟・ルフィに向けた自身最期の「ありがとう」のシーン






YouTube公式チャンネル
カリスマメンターたかはしのほぼ90秒 気づきのトーク




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
す※よかったらポチしてください

自己啓発 ブログランキングへ



久しぶりのブログの更新になってしまった…

まぁその間いろいろありまして(笑)
特にプライベートな部分が大きくて…相変わらず波乱万丈なわけです。
("辛酸なめ男"な人生はいい加減やめたいところ)


さて今回のお題。
特に起業した時に起きることなんだけど、これはよく相談を受ける。

いままで親しくしていた人が、起業した時になぜかボロボロとあなた
のもとを去っていくことがあるんだ。

これは起業だけに限らないよ。
例えば、大きく環境が変わることなんていい例だよね。

・住む環境を変えた時
・違う組織に属するようになった(学校、企業、団体など)時
・あなた自身が大きく変化・成長した時 など



これはオレもいっぱい経験しているんだけど、確かに悲しいよ。
「え?なんで?どーして?」となるからね。

結論から言えば、これらのことは

仕方がない

ことなんだ。

あなたが変わった時、それは次のステージへ移行したことになるんだ。
(レベルが上がったと勘違いしないように)
つまり踊っていたステージが変わったことと同じ。
でもね、残された人たちは移動したあなたとそのステージをこう思うんだ。

あ、いいな~あいつ。
あっちのステージの「芝生は青い」んだろうなぁ
と。

だから人は羨望で離れる。
(これは当の本人たちにはまず自覚できていない)

さらにその羨望が変われば"嫉妬"や"憤怒"に変わる。
その場合はあなたを罵倒するだろうし、さまざまなネガティブなことを
きっとあなたに向けるんだよね。


だから仕方がないんだ。

相手がこう思うことは基本変えられないから。


でもここで落ち込むのではなく、そういったあたなの変化があった時でも
誰があなたのもとを去らないか?という部分に注目すべきだと思うよ。

それがあなたにとって本当に大切な人だから。


PS
先日九州に行った時に撮ったもの。
久しぶりに素晴らしい歴史に触れたな。急に美術館か歴史ある建物に触れ
たくなった49歳の秋。



あぁ…こんな気持ちよい秋晴れの中、歩きたいな~




YouTube公式チャンネル
カリスマメンターたかはしのほぼ90秒 気づきのトーク


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
※よかったらポチしてください

自己啓発 ブログランキングへ



気づいたら9月…
早いな…

今年の夏はホントお盆が終わったら、暦通りに秋が来てしまった
感じがしている。
あの暑さも大変だったが、こうあっけなく終わってしまうと寂しい
よなぁ…

最近個人の相談や個人セミナーのご相談を多く頂くことが増えた。


もちろん、自分の人生を照らし合わせても最近感じることなのだが、

人生は「起きる」ものではない

ということだ。
では何なんだ?ということになるが、

人生はあなた自身にリンクしている

というべきかな。


明確に目標を持って進めば、それなりにその方向へ行くだろうし
またそれにリンクした「事象」が目の前に起きるんだよね。

明確じゃなくても、ぼんやり思っていることを「しつこく」?
思い続けていればそれに近いことは起きよなぁ…と。

例えばさ、

不安ってあるでしょ?
あれって「まだあなたには来ていない、あなたにとってBADな事象」
なわけ。でもネガティブなパワーって何気に強いから、ついつい
思い続けてしまうことってあるよね。
で、結局その不安が来ちゃった…ってことあるでしょ?
結局不安を追いかけたら、追いついちゃった…ってことなんだよね。

じゃあ、どーしたらいいんだろうね?

不安を打ち消せ!なんて、そんな安易なことを言う気はないよ。
だって打ち消せないでしょ?
だったらそういう未来が来ないために「いま」に集中する
ってことも一つの方法じゃないかな?

つまりさ…

そうならないために「いまできることは何か?」と考えて、速攻で
とりあえずやってみるということかな。

・引越してみる
・新しい場所へ行ってみる
・普段は会えないような人たちに会ってみる

そんな些細な?ことから未来って変わるし、そこから新たなリンクが
できるんじゃないかな。

何気に人生ってRPGに似ているようなきがしてならない…


今月もがんばるぞぉ~!




そろそろ新たな動画をアップしたい。
できれば次回から屋外で撮りたいと思っているのだが、なかなか晴れて
くれないので、しばしお休みちうです…





YouTube公式チャンネル
カリスマメンターたかはしのほぼ90秒 気づきのトーク







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
※よかったらポチしてください

自己啓発 ブログランキングへ


人生それなりに生きているといろいろあるよ。


思い通りにサクサク行く

思い通りに全然行かない

なんにもなくフツー




まぁもちろんサクサク行くことが続けば、そりゃうれしい。
考えようによってはフツーという状態も悪くない。

多くの人が悩むのが「全然行かない」時だろう。


でも人は不思議だ。
サクサク行っていれば「うわぁ~最高だ~」と全開で喜んで
いいようなものだが、
「絶対こんな状態が続くわけない」
「いつかしっぺ返しがあるんじゃね?」
「いまから何か起きることを想定しておこうかな…」

などなど、どうも波に乗っている時に120%その状態を楽しめない
生き物なのなんだよな。

もちろんそれが性分だったりするので、否定する気はないよ。

ただ一年通じても、一生を通じてもOKとNGなことはほぼ半分くらい
なんだからさ、少なくてもOKな時は120%楽しもうと


努力する


ことは大切かもな。

もう時期は少し逸れたが、波に乗ったら波乗り太郎&花子で行こうよ。



あ、ちなみに全然うまくいかない時は、焦らない方がいい。
そういう時もある。

いろいろな解消方法があるとは思うが、そういう時こそ

いままでやったことがないことに挑戦する


・行ったことがない場所へ行く
・やったことがない遊びをしてみる
・普段は付き合えないような人たちに会ってみる など


なんてのもいいよね。
要はいままでの環境を変えることだ。
人は結構環境に左右されることを逆手に取るんだよ。

麻雀をやったことがある人なら分かるけど、いままで全然ダメだったのが
場変え(座る場所を変える)するだけで変わるんだよ。
環境とか空気を変える=気を変える
ことだからね。

いずれ波はまた来るから、たぶんね。



PS
先日とあるカーショップに行ったら、イベントをやっていたので
おねえさんに撮ってもらったのがこれ。

このおのぼりさん的な雰囲気が何気にいいなぁ~(笑)
人のよさそうなおっさんに見えるだろ?




これアウディを全面ラッピングしたもの。すげぇーなー!





YouTube公式チャンネル
カリスマメンターたかはしのほぼ90秒 気づきのトーク


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
※よかったらポチしてください

自己啓発 ブログランキングへ


あぁ…先日あった真夏の怪奇現象がおさまったような気がする(笑)

結果的には(いまのところ)最悪には至っていないのでOKなのである。
(とか言いながら、その後に車のナビシステムの音が突然出なくなった)


ま、この暑さのせいでしょ?(。-_-。)


とは思うようにしている。
これだけ暑いが続くと人も機械もおかしくなるからね。

実はすでに会社的には夏休みなのだが、何気に仕事をしている。
打合せ
取材
企画書の作成
まぁ夏休みと言っても旅行に行くこともないので、こんな感じだ。




さて…リーダーシップセミナーをすると、よく頂く質問がこれ。

リーダーシップとは?
誰か(大抵は部下とか後輩)がいるから発揮すべきもの。

逆な言い方をすれば、
誰もいなければ発揮する必要がないものですよね?



的な内容だ。

確かに以前までのリーダーシップの概念はこんなニュアンスが漂っていたのは
否めない。しかしこれが最近ではちと違ってきているのも事実。
(こゆニュアンスも時代で変わるのもおもしろいな…とは思うが、
すべての物事は"変わるもの"だからね)


誰かがいるから、何かをする
何かがあったから、何かをする


ではないんだよ。
もちろんそゆこともいっぱい多いんだろうけど、ここでは基本原則
を言っている。


つまりそゆ「起きた事象への対処」ばかりしているから「自分自身」がなくなる。


そもそもリーダーシップなんて「自分自身が何をしたいか?」が基本でしょ?
それを組織の中でより広く展開したいと思うから、他者の協力を仰ぐために
「何をするか?」に注力しているんでしょ?


例えば正義だってそうだ。
何かがあって、それに対処した行動が「正義」と言われることが多い。
もちろん間違えてはいない。
でも本来は何があろうが、なかろうが「自分自身が正しい」と思ったことを
行動に移すことが「正義」でしょうよ。

だから世の中で声高に言われる「正義」ほど「胡散臭い」ものはないと
感じちゃうんだよね。



自分がどう生きたいのか?
これから何をしたいのか?
数年後の自分はどうありたいのか?


これって自らのリーダーシップがないと答えなんて出ないでしょ?
確かに制約はあるだろう。
いくら自分がこうしたい!と思っても…

親がいる(まだ両親は健在だ)
配偶者がいる(オレはいないけどね)
子供がいる(いるけど2人とも成人しているし、もう自分の人生を歩んでいる)
仕事、会社がある(一応やっています)


そんな制約があっても考えられること、やれることはいっぱいある。

そしてリーダーシップとは
決断できることがもっとも大切
なんだよ。
まぁ「腹を括る」でもいいだろう。

正確に言えば、決断にも積極的な決断と消極的な決断があると思っている。

「これに決めた!」が前者になるだろうし
優柔不断だろうが何だろうが「ともかく決められない」とゆのが後者だ。

え?と思うでしょ。後者は決めてないんじゃね?て。


「決めない、決められない」とゆ決断もあるのだよ。
これも立派な決断なんだ。

まぁどうせなら積極的に決断した方がいいよね。

一旦腹を括ったら強くなれるよ。
腹を括ったヤツには勝てないよ。
まぁ「腹の括り方」だけで見れば、男よりもはるかに女の方がすごいね。

こんな感じで質問に答えることは多いな。



PS
久しぶりに福生へ行った。肉々しい福生バーガーがナイス!









YouTube公式チャンネル
カリスマメンターたかはしのほぼ90秒 気づきのトーク

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
TVを付けたら


「70年目の恋文」


題した特集をやっていた。



70年目の恋文/悟空出版

¥1,296
Amazon.co.jp


これには見入ってしまった。
結婚して一年半、夫は招集され戦地へ。
子供たちと夫が帰還することを待ちわびていたが、夫は戦地にて病死。

夫が遺した言葉「子供たちと両親を頼む」

この約束を守るために必死になって子供たちを育てたそうだ。

そして93歳で迎えた昨年の春、雲を眺めていたら、突然、70年前に戦争で
亡くなった夫への想いが湧き上がってきて、「貴方!! 貴方!!」と心の中で
呼びかけていたそうだ。それから、毎日、日記を書くように27歳の夫へ
ラブレターを綴っているとのこと。

彼女は夫を想い「貴方!!貴方!!」と呼びかけると、今でも胸が熱くなると
おっしゃっていた。

94歳とは思えないほど若々しく、とてもチャーミングな方だった。



このコーナーを見ていて、不覚にも涙があふれてきたよ。

いろいろな苦労はあっただろう。
きっと戦争を知らない我々には筆舌し難いこともあっただろう。
それでも短い間でも、愛し合った夫を想い続け、いまでも「貴方!!」と
呼びかける。
まるですぐそばにいるような感じで。


とても大切なことを教えていただいたと思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。