{A0C5B19F-5056-4BB2-BEB1-A7867A91DB8B}
昨日は西荻窪で伊藤武先生の最新講座である、シヴァサンヒター初回に参加しました。
新刊のヨーガスートラもやっと入手したので
朝のプージャの供物で昨日のテキストと一緒に
マハーデーヴィーに捧げて再度読み直しました。

2年がかりのマルマヨーガから始まり、ゴーラクシャ講座 、サンスクリット語講座も1クール受講して3年目にシヴァサンヒターにたどり着いたわけですが、

なんせ、ヴェーダ儀礼含めマントラヨーガや善行と規定されるものなど、インドの聖典で勧められていること一切を、シヴァサンヒターでは新たに輪廻(カルマ)を作る行いだと、本来の真我は無限の神(ここではシヴァ)であり、
それを覆う、マーヤー(縄。制限されたもの)から全ての行為の結果を放棄していなくては
善行であれ解脱の道から外れると最初に釘をさしているのです。

ワンネス寺院も最近では至高の光に繋がり、
個人的な神と一体化することで、複雑な儀式(プージャ)や苦行的なサダナを省いていく方向にあるのとも合致がいきますが、
私はその省かれ捨てられ忘れた部分を後ろから拾い集めて、まだまだ利用できると思えるものを、リサイクルショップでの宝探し同様に二束三文でありがたく頂戴して自分好みにアレンジして、アグニホートラや仕事柄もプージャを実習しているので考えさせられました。

シヴァサンヒターではナタラジメディテーションの理論的裏づけにもなるところも、今後さらに展開されていくと思われるので、実践と連動してやっていくにあたり、
昨日はアグニホートラ仲間かつ高尾で瞑想会も一緒にやってるTさんも受講されてたので、共通認識でさらに進化 深化していくのは間違いないと思うのでした。

高尾ダイナミック愛好会






AD