7/19 グルプールニマプージャ

テーマ:
{105D36EF-16D2-4ECE-ADCC-C79D120125DB}

インドの叡智ヴェーダを基盤とするアグニホートラはもちろん、瞑想、ヨーガ、アーユルヴェーダ、ジョーティシュ、ヴァーストゥ、ディークシャ、そしてサンスクリット語などなど

これらを学ぶ者にとっては、師とヴェーダの伝統に感謝し、内なるガイドと繋がり、成長と貢献への恩恵が祝福として降り注がれる最大吉兆日でした

この満月のグルプールニマの日の入りに、
アグニホートラと合わせて、グルプージャもダンナさんにやってもらいました。
来てくれたのは

ダイヤモンドを納品したTさん 江戸川区より

高尾でジュエリーデザイン 制作をされているSさん 私が依頼している指輪のデザインも持ってきてくれました 
最近購入されたシンギングボールも聖なる道具としてプージャで捧げました

聖なる伝統の絵を持ってきてくれたKさん(普段は
kさんのとこのまに飾られている)とかわいい息子さん 同じく高尾在住

私たち夫婦と計6名でアグニホートラ後
グルプージャでお花を捧げました。

20年まえにTMセンターで働いていたとき
瞑想の個人指導の時に
プージャの準備をするのがとても
楽しく、喜びだった。

TM教師は個人指導のたびにグルプージャを行う。ダンナさんと結婚したのは、
元TM教師でグルプージャができるというのが
深層心理的には決めてだったのかもしれない。

最近はこのグルプールニマの日、1年に1回しかグルプージャはしない。
これまでは夫婦二人で毎年やっていたが
来年もまた集まれたらいいなと思う。

組織に寄らば大樹の陰みたいのは嫌だが、
ことヴェーダの学びに関しては
ご先祖さんに命のリレーに感謝するのと同じように
聖なる教えの伝統のリレーに感謝し、
代々の先生がたと霊的に繋がりを持つことが
要のような気がする。

瞑想会前に小林さんに手紙を投函した。












AD