プロフィールを更新しました

テーマ:
 前回の投稿以来、Facebookページのみにしていましたが、この9月に2年かけてマルマヨーガ講座を修了し講師となったのでアメブロのプロフィール欄も追加してみました。
http://profile.ameba.jp/haritama-hachioji

マルマとは漢字では末魔と記されるいわば急所の知識で、古代インドのダヌルヴェーダ(武術・弓術)に由来します。
断末魔すると命にも関わる急所を逆に救末魔することを目的とするハタヨーガの技法ですが、アーユルヴェーダの知識を包括し、アグニホートラを内面化するプロセスがこのハタヨーガのルーツとなっているので、私自身それぞれ別個のものして学び、実践してきたことが三つ巴で統合されてきて非常に興奮しながら学んでいます。

気持ちよく効果的でシンプルなのに奥の深いマルマヨーガですが、インドでも失われ奥義とされているものです。日本にいながら、いや繊細な感性あってのマルマの知識をサンスクリット語から直で日本語に妥協を許さず翻訳復活された伊藤武先生には心より感謝です。

インドではヨーガ行者は、自分の学んだルーツが大事で、最終的には個人的なオリジナルへと発展していても、どこで誰に学んだのかがとても重要なんだとか。
私も全部は書き切れませんが、プロフィール欄に書いてみました。確かに今時の日本でもヨーガ実践者はたくさんいますが、ヨーガといっても新旧古典から創作新作と様々、
どれが良くて悪いというのではありませんが、現在のアーサナ(ポーズ)中心の英語圏ヨガはハタヨーガ本来の身体観はほとんど顧みられず、正統は伝えられていません。
そういった主流の中、マルマヨーガに関心を持たれる方は、ハタの本質に惹かれる方なのは間違いなく、これから私も講師としてより深めながら、その魅力を分かち合えるのが楽しみなところです。
{368C4CA8-5061-4E8F-A31E-4E80B15991FD:01}

写真の葉っぱはもちろん大麻ではなく洋麻ケナフですが、伊藤先生いわく本来シヴァを祖とするヨーガは大麻ときっても切れないものだそうです。
AD