太陽暦新年

テーマ:
この前の日曜日は伊藤武先生のサンスクリット語スクーリングでしたがヨーガやアーユルヴェーダを学ぶにはサンスクリットは必須科目だとヒシヒシ身にしみて感じます。雲泥の差があります。通り一辺倒ではない知識を背景に高尚ながらおもしろ楽しく鬼才伊藤先生から直にまなべるとはなんというありがたきことかと復習にいそしんでいます。

続いて月火と、インド古来の子育ての技を座間のYさん宅で二日続けて学びました
精神的と実際的な技術の両輪で、自分が赤ん坊~子供時代に受けたであろう精神的外傷も癒すプログラムも組み込まれていました。わたしは生まれた瞬間を追体験しました。それは冷たい病院でこの世に生まれ落ちた悲しみと孤独感でしたが、それを自分で認識していれば無意識からのネガティブなプログラムにコントロールされなくなります。Yさんとは15年くらい前からジョーティシュがご縁で知り合ったのですが貴重な機会に感謝でした。
サンスクリット語でも子育て技術にせよ学んだことを実際の日常生活に適用応用し世知辛い人生であっても少しでも楽しく楽に生きていけるようになっていくのが学ぶ醍醐味だと思います。

ところでインドの教えヴェーダにはスピリチュアルな時間帯というのが地球と惑星の運行によって規定されています。
一日のうちでは日ので日の入り 。1年では春分夏至秋分冬至日蝕月蝕など、できればお腹に食物が入っていない状態にして、瞑想をしたりマントラを唱えたりします
それらが始まる前と後に身を清め、アグニホートラをはじめ太陽や天体の運行を意識して生活に取り入れると、境目のときが良いアクセントになると同時に宇宙の神秘に自然と畏敬し委ねるようになります

今日はユガーディ 太陽歴新年。インドではサムワッツサSamvatsaraという日本の干支にあたるものがあるそうです。12年ではなく
60年で一周ですが、今日はこれまでのジャヤJaya勝利から、Manmatha鼓舞、熱情に移り変わり1年間続くそうです。
新年にあたるので吉祥なものを見ることが勧められてますが自分のなかの学びたい、それを分かち合いたいという情熱が燃え続くよう、今夕の日の入りのアグニホートラで炎を見ようと思います。
今年はエーカーダシというヴィシュヌ神に祈る日とも重なっています。誰にも万人にこれら吉祥なときは訪れます。
特定の宗教によるものではないので、関心ある方はうまく利用して恩寵を受けて頂いていけたらと思います。
4/17 金毎月のシヴァラートリー、【新月前々日】
17:50アグニホートラ瞑想にもご都合あうかたぜひご参加くださいd(^_^o)


{BCBB75A9-784E-42CB-8A21-D565A4F88DB5:01}
桃の花が満開の楽趣美
{EF149F70-0D58-4C31-9C57-23EA372B643B:01}






 


AD