9月3日~4日まで、
盛和塾世界大会に参加して学んできました。

復習も含めて振り返りたいと思い、ブログに綴ることにしました。

自分も色々な勉強会に参加してきましたが、
盛和塾は本当に真剣に学んで、
真剣に実践し、努力されている経営者が本当に多いです。
稲盛塾長からはもちろんですが、
同じ塾生の方からも沢山の学びを頂くことができます。

全国から選抜された8名方の経営体験発表から学んだこと、
気づいたらノートに21ページに渡り、書きまくってました。
売上、経常利益、自己資本比率まで数字も公表しての
紆余曲折ありながら塾での学びを実践し、
会社を立派にし、従業員の幸せを追求、実現していく発表に、
心打たれたし、自分のやって無さに、猛省しました。
自分が実践しようと思ったことも沢山出てきました。

また、最期の稲盛塾長の貴重な講話にとても感動しました。

ひとつは、「思うことの大切さ」
思いは、必ず実現するということ。
世間一般では、思うことよりも、考えることの方が大事だと、
言われたりするケースもあるが、
実は、「思い」は、あらゆる行動の源であり、
「思うことがまず大事」

現代の科学技術が発達したのも、
自動車や飛行機が創りだされたのも、すべては「思い」が始まり。
「思い」の集積は、人格、人柄を形成し、更に、運命や境遇も作っている。

「軽く、できたらいいなと思う」程度ではなく、
「なんとしてもやり遂げるという」
強烈な願望を心に抱き、思いを信念までに高めることで、
潜在意識にまで透徹させることができる。

更には、人間の思いというのはもの凄いパワーを持っていて、
強烈な願望を信念にまでに高め、
更に、世のため人のためというものになれば、
思いは必ず実現する
と、
第二電電創業とJALの再建のお話を交えてお話してくれました。

そのお話を聞きながら、
今回の経営体験発表された方全員が、
強烈な強い思いを持たれていたと感じました。
「死ぬ気で頑張る。」
「なんとしても従業員の幸せを守る。」
「どんな辛いことがあってもNEVER GIVE UP!」
「もうダメだという時が仕事の始まりという教えを思い出し」
発表された方たちの、言葉が心に染みこんできました。

経営にとっても本当に大切な、
どうすれば社員とベクトルを合わせられるのか?
そのことについても、
「経営者と社員がベクトルを合わせるのは難しいけど、逃げない。
思わなあかん。実践せなあかん」
その言葉も凄く心に残りました。
現在の自らの状況は、その人が思い続けてきた結果と教えてもらっているので
まだまだ自分は思いが足りてない。猛省です。

でも、
「今日の成果は、過去の努力の結果であり、未来はこれからの努力で決まる。」
とも教えて頂いています。

実績も出し、必ず従業員の幸せを物心両面で実現できる会社にする。
思わなあかんし、毎日思い、信念までに高める!
そう決意しました。

「新しき計画の成就は只不屈不撓(ふとう)の一心にあり。 さらばひたむきに、只想え、気高く、強く、一筋に。 」




AD

2013年を振り返って

テーマ:

今年はブログが全然更新できませんでした。。
最後ぐらいは。。

あと少しで
2013年が終わろうとしています。

2度と戻ることのできない時間の中を
日々自分たちは生きています。

2度と戻ることはできません。

今の結果は、日々の積み重ねでしかありません。

日々の積み重ねの先にしか、未来はありません。

そして、その積み重ねが人生になる。

今年は千葉のお店に帰ってきて、
現場に入り込んで一年間
我武者羅にやってきました。

理念の改定
朝礼改善
振り返りの習慣づくり
採算表の公開
現場からの改善提案の吸い上げと改善

現場から経営まで、色々とやりました。

学びでは
今年は、盛和塾と出会い
経営に対する大切な学びに出会いました。

経営で何よりも大切なこと。

経営12箇条の第1条にもあるように
事業の目的、意義を明確にする。

何のために経営するのか?

従業員の物心両面の幸福を追求
地域社会、未来社会に貢献すること

そのことを通じて、
周りの人、目の前の人を幸せにしていく。

そして、それを理念に加えました。
これが自分にとってはとても大きかったです。

毎日、何のためにやるのかを意識しています。

数字面では、
今まで疎かだった、
決算書の確認も
毎月行うようにして、
項目も細かく見直し、従業員に公開しました。

そして、新たに
経常利益と経常利益率の目標の設定をしました。
もっと数字には厳しく、詳しくならなければと感じています。
営業に関しても!

そして、経営者として、
人として成長していかなければと感じています。
魅力ある、この人のためならと思ってもらえるような人になる。
そのためには生き方の追求しかないと思っています。

また、
一年を通じて
沢山の出会いと学びがありました。
新しい出会いもあったし、
今までの友人との絆を深めることも出来ました。

怪我や手術もあったり、色々なことがあったけど
充実し、修行となった一年でした。

そんな中で仲間には、心から感謝しています。
一年間ついて来てくれたこと、本当にありがとう。

毎日、日誌(徳目)も書いてもらっています。
目標や気付きや感謝など、
毎日ですから結構大変です。
これを毎日自分がやろうっと言っても
文句も言わずにやってきてくれた。

パチンコ店での仕事も肉体的にも大変です。
精神的にも大変かもしれません。
でも、笑顔で毎日頑張ってくれた。

自分の目標に対して
全然満足できてないし、
来店は消費税増税など、
色々な難題が待ち構えています。

しかし、
企業理念の追求
従業員の物心両面の追求を行い、
全員で力を合わせて
会社としても
人としてもみんなで成長していきたいと思います。

来年はどんな一年になるかな?
いいことが起こればいいな。。

ではなく、来年はこういう一年にする。
はっきりと目標を掲げて、
実践行動して、
未来を作ってきたいと思います。
来年が楽しみです!

今の結果は、日々の積み重ねでしかありません。

日々の積み重ねの先にしか、未来はありません。

そして、その積み重ねが人生になる。

今年お世話になった沢山の方々。
本当にありがとうございました。
そして、
来年もどうぞよろしくお願いいたします!
AD

感謝力 恩感力

テーマ:
感謝を感じる心
恩を感じる心

を高めること、
その心を育てることは
本当に大事なことだと思います。

幸せになるためには、
とても必要な力だと思います。

また、
その心がある人ほど
幸せなのは間違いないです。

感謝力も幅広いと思います。

目に見えることに対しての感謝
何かもらったり、ご馳走してもらったり、
手伝ってもらったり。。。

でも、もっと、もっと幅を広げていきたいです。

どこまで感謝、恩を感じれるか?
目に見えないことに対しても。。

例えば、
ご飯も、どこかで作ってくれる人がいる。
稲を植えて、収穫して、
そして、運んでくれる人もいる。
お店に並べてくれる人もいる。
肥料を作ってくれる人もいる。
そして、ご飯を作ってくれる人がいる。

今自分の周りにあるものを見ても
自分一人で作ったものなんて
何一つもないです。

農業をやったこともないのに
毎日、お米も野菜も食べれるし
牛も育ててないのに
お肉も食べれます。

電気だって
誰かが一生懸命に
作ってくれていて
スイッチひとつで
電気が付きます。

一緒に働いてくれる仲間も
育ててくれたご両親や
支えてくれる家族がいて
一緒に働ける。

地域があって
自分の家や、会社も存在する。
地域社会への感謝。

そして、
ありがとうの原点とも言われる
生んでくれ、育ててくれた両親への感謝。

おじいちゃん、おばあちゃん
先祖代々。。

会社を作ってくれた人
業界を作ってくれた人
国を作ってくれた人
全ての先人達。。

目に見えないところへ
感謝を感じた瞬間。

背筋が伸びます!

もっともっと広げれば
空気、水、地球、宇宙にまで広がります。

頑張ろうと頭で無理に思わなくても
感謝を感じた瞬間
もう体が頑張ろうとしてくれます!

目に見えることもそうですし
目に見えないところまで
感謝を感じれるようになる。

感謝力 恩感力
高めていきたいと思います!
AD