2004-12-11 23:49:30

「僕の彼女を紹介します」☆

テーマ:韓国映画



ネタバレはしてませんが、結構辛口ゆえお気をつけください。

今年最後の大物純愛映画「僕の彼女を紹介します」を観てきました。 
「猟奇的な彼女」と一緒でチョン・ジヒョンは文句なくかわいいけど、後はもうダメダメですね。
 とにかく一本の映画としてまとまってません。短いエピソードの集まり映画ができていて、テンポもつながりもバラバラです。笑うシーンも泣くシーンも唐突に挿入されていて、まったく感情移入することができませんでした。
「試写会で83%が泣いた」と宣伝されていたのですが、本当でしょうかね。たしかに最後にひと盛り上がりありますが、私は映画に入ってなかったのでしらけてしまいました。
オープニングの雰囲気作りも俳優もいいのに、いろいろともったいない映画だと思います。これで脚本と編集さえちゃんとしてれば・・・もったいない。
ラストは賛否両論ありそうですが、私は笑わせてもらいました。

全編チョン・ジヒョンのイメージビデオといった感じですかね。彼女の魅力はたっぷりだと思いますので、お好きな方はどうぞ。


どうにも、あまりに期待はずれだったために書く気になれません・・・。今日はこの辺で失礼いたします。





タイトル: 猟奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版
とりあえず、こちらのほうがオススメです。
AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2004-12-01 04:05:20

DVD「殺人の追憶」 ☆☆☆☆

テーマ:韓国映画
 今まで見逃していたのが恥ずかしいほどの刑事ドラマの傑作。今年観た韓国映画の中では文句なしのNO.1です。久しぶりに身震いしました・・・。

 韓国のとある田舎で実際に起こった連続猟奇殺人事件を題材に、犯人を追う刑事達が次第に追い詰められていく姿を描いています。証拠もなく、目撃者もいない、容疑者はいれども犯人はいない、取調べ中にも殺人は続いていく・・・。
強引な捜査を行う田舎の刑事パク・トゥマン(ソン・ガンホ)と都会からきた知的な刑事ソ・テユン(キム・サンギョン)が対立しながら次第に核心に迫っていく展開も見事だし、犯人を見つけられない憤りや絶望感がもの凄くうまく表現されています。余情を残すラストシーンも見事としかいいようがないです。

 映像も特徴的で、回想シーンのような色のあせた映像が、まさしく過去を追憶しているような感じにさせてくれます。また1シーン1シーンの映像が考えられていて、凄くうつくしいです。特に照明にこだわりがみられ、絶妙な光の加減が映像をひきたてています。

 130分の濃厚な刑事ドラマですので、向き不向きはあるかもしれませんが、観て損はさせません。是非!



タイトル: 殺人の追憶
AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2004-11-16 02:43:19

「TUBE -チューブ-」 オススメ度☆☆

テーマ:韓国映画
 「シュリ」のスタッフが大都会の地下鉄に仕掛けるーノンストップアクションとのことですが、まさにノンストップアクションでした。ノンストップすぎて登場人物の説明がされないほどでした。断片的な回想シーンだけでつじつまをあわせ、後は強引に物語をすすめていきます。このスピードにかなりの人が途中でふるい落とされることでしょう。そういう意味もこめてノンストップでした。
 私も主人公の意味不明な言動及び行動にかなり振り落とされそうでしたが、悪役のパク・サンミンが輝いていたのでなんとかラストまで乗っていけました。このパク・サンミンという人はジェット・リーと朝青龍をたして2で割ったような顔をしていて、なかなかの迫力顔です。さらにはスーツと長ドスで武装し、武器を持たない相手には素手で応じるという漢ぶり。この人の魅力が崩壊しそうな映画をささえていました。
 人物描写をしないで映画をつくると感情移入ができないということを学ぶには丁度いい反面教師のような映画だと思います。また人物だけではなく、設定もなかなかつっこみどころが多かったです。しかしそれらを割り切って観れる人ならばアクション映画として楽しめるのではないでしょうか。少なくともこのレベルのアクション映画は現在の日本で撮ることはできません。例えこの映画がトンデモ映画だとしても、この映画を製作できる韓国という国は凄いと思います。

 すさまじいスピードで疾走し観客をふるい落としに掛けるジェットコースタームービー、あなたはラストまで乗り切れますか?
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2004-11-14 19:27:03

「浮気な家族」 オススメ度☆

テーマ:韓国映画
 おそらくほとんどの人がスルーするであろう韓国映画を観てきました。この「浮気な家族」は単館系で地味にかかっているようです。内容は倦怠期を迎えた夫婦がお互い浮気をし、60近いおばあさんまで浮気をするという、浮気ムービーです。夫は外で女を作り、妻は隣の高校生を誘惑し、おばあさんは入院した夫を捨てて昔の愛人と・・・。やがて唯一夫婦の絆となっていた息子が消えたことから、微妙なバランスを保っていた家族の絆は崩壊へと向かってゆく。
 
 さすがはR-18というだけあって、エロエロですね。夫婦の間で交わされる「最近イケないの」とかいう言葉を聞いているだけでこっちが恥ずかしくなりました。観たあとの正直な感想は、なんでこんなの観ちゃったのかなぁでした。

 さて、「浮気な家族」のことはもうどうでもいいのですが、こんな映画を配給してしまう映画会社はもっとよく考えて仕事をするべきだと思います。なんでもブームとなると、とにかく早く権利を買って何も考えずに次々持ってくる。こんなことをしていては自ら韓流ブームをつぶしているようなものです。今から5年ほど前にあったインド映画ブームを思い出してください。「ラジュー出世する」のヒットを皮切りに、ラジニ・カーントの「ムトゥ-踊るマハラジャ-」が大ヒットしインド映画に火がつきました。するとやれテルグ語圏の英雄だ、あの女優の鬼気迫る演技だのいって次々とインド映画を配給した結果、2年もせずにブームは崩壊を迎えました。インド映画の場合はソフトに多様性がないというのも大きな問題でしたが、それだけが原因だとは思えません。ブームとなったら内容も検討せずとにかく配給する姿勢は本当にあらためてほしいです。

 いったいどこが配給したんだと思って検索してみたら、なんとGAGAでした。先日赤字経営で有線ブロードバンドネットワークに買収された会社です。

 ・・・なんというか、社会って厳しいなぁと思ったハリネズミでした。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2004-11-07 05:07:58

「オールド・ボーイ」 オススメ度???

テーマ:韓国映画
 今年のカンヌ映画祭のグランプリを受賞したこの映画ですが、なんとも凄いパワーに満ちた映画でした。韓国映画の勢いを象徴しているような映画ですね。オープンニングから只者ではない雰囲気を出しまくっていて、どんどんのめりこみました。
 物語は突然誘拐され15年監禁された男が、すさまじい怒りとともに復讐を開始するといった感じです。しかしまったく一筋縄でいかない展開で、復讐を開始することが復讐の始まりだったり、2重3重に仕組まれた罠がまた凄い。
 オススメ度が?になっていますが、それはこの映画が誰にでもオススメできる映画ではないからです。この映画は復讐のカタルシスに満ちた爽快感のある映画ではありません。映画が進むにつれどんどん重くなり、最終的には復讐というものの本当の重みを知ることになります。また見せ方がアクションではなく暴力を描いているので、痛みを感じる映像がかなりあります。「殺し屋1」ほどではありませんが、気軽に観に行くと後悔することになりますね。しかしこの映画がバイオレンスムービーの傑作であることには、間違いはないでしょう。ペンチで歯を抜かれる映像ぐらい平気だぞという方は是非映画館まで。究極の復讐があなたをお待ちしています。

劇中で気に入ったセリフ(うろ覚え)
「ぶっ殺しやる。そしてお前の死体は世界中のどこにも見つからない、なぜなら頭の先から足の指先まで俺が全部食べたやるからだ!!」
人を怒らせるって恐いですね・・・。

公式ページ
http://www.oldboy-movie.jp/
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。