2005-05-04 22:56:27

映画みるど~観まくるど~

テーマ:ブログ

こんばんは帰ってきたハリネズミです。

あいかわらずの深夜興行Loveな夜行性ですので、今から映画観にに行ってまいります。

ほんど人のいない深夜の映画館が好きなんですよね。

閑散とした雰囲気と店員のやる気のなさが、ホラー映画を観るにはぴったり。

今日は0時からの「ハイド・ハンド・シーク」と3時からの「阿修羅城の瞳」でいきたいと思います。

それでは~

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-05-04 15:16:37

「甘い人生」 ☆☆☆☆

テーマ:現在公開中の新作映画

amai

うつくしいまでの暴力表現に涙。

「これは私の代表作になる」というキャッチフレーズにいつわりなし。


こういっては失礼かもしれませんが、イ・ビョンホンだけを見にきたおばさま方にはもったいない傑作バイオレンスムービーでした。残酷シーンの連続に退出される方がいたことが、残念でなりません。その暴力表現の奥にある「愛」というテーマを感じて欲しかったです。

自覚のないままボスの女を愛してしまった男。

手下が自分の女を愛してることを知ってしまった男。

暴力と掟の世界に生きる男達の愛が生み出す悲劇。

まったくもって素晴らしいじゃないですか、スタイリッシュで残酷な韓国ノワール、最高ですよ。


前半を見ていてイ・ビョンホンがかっこいいだけの典型的スタイリッシュムービーかと若干がっかりする部分もありましたが、後半どこまでも泥沼にはまっていく展開に震えがきました。

甘いスマイルでファンを魅了するイ・ビョンホンですが、その演技力も素晴らしいです。多くを語らない目だけの演技も見事でした。


監督は、監督版韓国四天王(私が勝手に言ってる)のキム・ジウンです。ちなみに四天王とはキム・ギドク「サマリア」「空家」、ポン・ジュノ「殺人の追憶」、パク・チャヌク「オールド・ボーイ」、キム・ジウン「反則王」「箪笥」です。この4人の中ではキム・ジウンだけ若干格下だと思っていたのですが、この映画で名実ともに四天王の仲間入りをはたしました。

スタイリッシュなだけじゃなく、痛さと容赦のない暴力を描いた表現手法やアクションシーンの斬新なカメラワーク、さらに哲学的に一人の男の心の揺れを捕らえた構成力とまったくいうことなしのグッジョブな演出でした。


それにしてもこのレベルのノワール作品は久しぶりに観ました。日本のノワールを独り占めにした三池崇史監督の初期の傑作、黒社会3部作に匹敵するノワール作品ではないでしょうか。

女性の方には若干厳しいかもしれませんが、「男達の挽歌」などの香港ノワールや狂犬だった頃の三池崇史が好きな方には、見逃せない映画だと思いますので、心あたりのある方は是非とも劇場へ!


<やっと映画を観れるようになりました。これからまたじゃんじゃん紹介していきたいと思いますので、あらためてよろしくお願い申し上げます。それにしても「甘い人生」よかったなぁ>


タイトル: 新宿黒社会~チャイナマフィア戦争~  
  タイトル: 極道黒社会~RAINY DOG~  
  タイトル: 日本黒社会~LEY LINES~
三池崇史の黒社会3部作・・・このころの三池監督はよかったなぁ、この頃の私は東京まで舞台挨拶を追っかけるぐらいの三池ファンでした。あの頃の牙はどこにいってしまったのでしょうか。いまじゃすっかり色物監督になってしまいました。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-05-03 13:14:49

恥ずかしながら帰ってまいりました。

テーマ:ブログ

約1ヵ月半休みなしという非人道的な仕事を乗り切り無事帰ってまいりました。


また、ちょこちょことやっていきたいと思いますので、よろしくお願いします。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-04-12 01:58:15

「コーラス」☆☆

テーマ:現在公開中の新作映画
よくも悪くもフランス映画。 厚生施設「池の底」の講師として赴任したマチューは、悪ガキと見捨てられた子供達に合唱を教えることにする。初めは反発していた子供達だったがやがて・・・。

フランス本国でサントラ150万枚を売ったという少年達のコーラスはとっても魅力的です。しかし残念ながら映画の中で効果的に使われていたかと言えば疑問です。後半の盛り上げがいまいち感動的ではないし、ラストにしかけた伏線も消化不良気味です。

コーラスがなまじ素晴らしいだけに、なんとも言えない歯がゆさの残る映画でした。

名作になるだけの素質をもってはいたけど佳作にとどまってしまった「もったいない映画」といえるでしょう。

しかしフランス映画特有の待ったり感やそこはかとなく漂う地味な雰囲気が好きな方には、好きな人にはこたえられないものなのかもしれません。私はアメリカ的エンターテイメントにすっかり毒されてしまっているので、若干退屈してしまいました。

なんでここで歌を持ってこないんだ!ああ、ここで盛り上げに大会に参加しなきゃ!などなど、他愛のないことばかり突っ込みながら映画を観ていました。

それにしてもこの映画のコーラスはかなりよいので、それを贅沢に使った予告編はかなりよいできです。これを見たら絶対映画館に行きたくなりますね。今のところ今年NO.1の予告です。

公式ページ予告>

<現在、馬車馬のごとく働いております。ブログの更新はおろかコメントの返信も中々できない状況が続いています。当ブログを楽しみにしてくださっている方には大変申し訳ありませんが、ご容赦ください。アメブロがリニューアルでボロボロになったために愛想をつかした訳ではありません。>
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-04-04 23:10:57

「ナショナルトレジャー」 ☆☆

テーマ:現在公開中の新作映画

na

見事なり、ブラッカイマー文法の集大成 たたみかけるようなアクションと謎解きの連続でまったく飽きさせるところのない、いかにもジェリー・ブラッカイマーな映画です。 ブラッカイマーは監督ではなく製作者だというのに、彼のクレジットが製作にあるだけで映画の性質を決めてしまう凄い人です。彼の製作する映画には「間」というものがありません。始まったらラストまでつっぱしるのみです。 さて、今作は「ザ・ロック」「コン・エアー」「60セカンド」に続きブラッカイマー作品でのニコラス・ケイジ4度目の主役です。「救命士」や「マッチスティックメン」など病んだ役がよく似合うニコラス・ケイジですが、こういったタフなヒーローもきりっと演じてしまうあたりはさすがです。しかしあの頭のふさふさぶりも役作りのうちに入るのでしょうか・・・。 物語は正統派お宝探しで、謎が謎を呼ぶ展開はぐいぐいと引っ張って行ってくれます。ベンジャミン・フランクリンやフリーメーソンについての知識があると深く楽しめるし、知らなくても十分楽しめます。 深みはありませんが、充分楽しめる娯楽作です。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。