原発と戦争のない社会の入り口に立って

福島原発事故以降、人類は、経済的にも環境的にも空間的にも時間的にも戦争をする余裕を失いました。武器を捨て、人類が一致して放射能汚染に立ち向かわなければならない時代です。このブログは、文明の転換点に立つ人類の変化を促進させることを目的としています。


テーマ:

京都 辰巳針灸院 院長の健康通信

今日は、三重県桑名にある蒼空鍼灸院まで、『醒脳開窮法』(セイノウカイキョウホウ)という特殊針法を教えてもらいに、北京堂鍼灸院京都の岡田先生と一緒に行きました。醒脳開窮法とは、脳梗塞や脳出血などの疾患による麻痺や言語障害などの改善に強力に作用する針法で、針の本場中国では、医療現場で大いに用いられている針法です。


蒼空鍼灸院院長の松本智行先生により醒脳開窮法が実演され、我々が質問していくという形で講義が始まりました。醒脳開窮法の特徴は、電撃様の得気を誘発して患部に跳動を起こさせるということです。これにより神経伝達を改善させているのです。跳動を誘発させるのには特殊な手技が必要で、松本先生も必死で教えてくれますし、我々も必死で技を盗みます。


次に、私たちが生徒が術者と患者役に分かれ醒脳開窮法を打ち合い、松本先生が指導してくれました。醒脳開窮法のわざと跳動を誘発させる手技に驚きつつも、松本先生の熱心な指導でこれをマスターすることができました。脳疾患系の臨床レベルが飛躍的に向上することを確信する一日となりました。

<トップページへ>



~在宅訪問専門針灸院京都辰巳針灸院~
ホームページ
辰巳針灸院公ホームページ
電話フリーダイヤル 0120-498-706 

ペタしてね 読者登録してね




いいね!した人  |  コメント(4)
PR

[PR]気になるキーワード