2006-07-24 16:56:50

世界ノ全テ 攻略日記 2006/06/18 - 2006/07/16

テーマ:攻略日記(ネタバレ有)

※はじめに


私的にこの作品はかなり駄目だったので、結構バッシング激しいです。

この作品のファンの方、ご覧にならないことを推奨いたします。








----------------------------------------------------------------

1

2006-06-18 00:32:31

 


SWAN SONG攻略日記が終わった翌日から新たな攻略日記開始。

自分でも間違った方向に全力疾走しているのが実感できて嫌。


正直、どこまで続くか分かりませんが。

面白いのかな、これ…。



ここに興味を持って読んで下さってる方には紹介など必要ないと思うのですが、一応紹介しておきますと、この「世界ノ全テ 」、たまソフト から2002年4月に出されたADVゲームです。


たまソフトっていうとあれですよね。

この日記でも3月20日頃に取り上げましたが。

2006年最初の大型地雷「LOST CHILD」で大ゴケした、あそこです。

大ゴケ… したのかな? 意外と結構売れたのでしょうか。

つい最近ソフマップに行ったとき、8800円のソフトが新品5000円くらいで平積みされていましたが。

かくいう晴鍋も、公式ページの雰囲気に呑まれて危うくメーカー通販初回版を予約してしまうところでしたが、アーミットの動きが肌に合わないという微細な理由でスルー。

今久々にサイト見てびっくり。いまだに初回版が通販で買えるのですね。(もらい泣き)



けど、今サイト見てたらまた欲しくなってきましたね…

う~ん…




いや、そうじゃなく、世界ノ全テの話です。



これは中古屋で安く購入して、「掘り出し物~♪」とホクホク顔で家に持って帰ってきたものですが、今公式サイト見たら

「リニューアルDVD版 『世界ノ全テ remaid of you』」なる代物が出ている事実に愕然。


しかも、

http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/brand.php?brand=531

母体数は無印版とどっこいどっこい。平均点高い。

気合入っている方のリニューアルですね。


あー、また中途半端なもの掴まされた…。






と、とりあえず、無印でも、特典サントラが入っていたからそれで良しってことで、攻略日記開始です。




えー、プレイ初めて15分程度。

感想。



・関西人としては、女の子関西弁でも全然萌えないんだぁ…!(ボロ)

・2002年発売。なるほど。システム周りの洗練度合いやグラフィックが、まさにそんな感じです。

 というか、ちょっと遅れているのではないかこれ。2000年レベルですぞ。

・シーン変わるごとに「世界ノ全テ」ロゴのカットが入るのですが、そのとき流れる音楽が毎回毎回中途半端にブツっと切れるあたり、仕事の徹底されてないっぷりが伺える。


以上。













------------------------------------------------------

2

2006-06-18 21:50:27

 

えー・・・



なんか、OPムービー、2回目が出てきたのですが・・・







ヤバい…。


シリアスな文章表現に、高校生臭が濃厚立ち込めている…。




こういう文章、昔読んだことあります。


友人の自慰小説(ジャンル:ファンタジー)で、な!





なんだか軽音とかいう単語出てきてるし。

OPムービーでも出てきたけど。

私、正直苦手です、高校生の軽音。

あの、自己陶酔っぷりに、何となくお尻の穴の窄まる感じがします。




ともあれ、本格的に嫌な予感。


ライターさん、ひょっとして、オタク(痛い方の)…?


「カッコいいぜ俺の著作ー!!」

みたいな雰囲気出てこないか、ひやひやものです。





まぁそれはともあれ。


日常パートは、意外と悪くないかも知れない…

声優さんと絵描きさんとに助けられている感があります。

まぁ、この調子ならそこそこ楽しめそう…。

問題はシリアスシーンですが。




今日の感想

・電車の中で風景動いてるーーー!!(けどこの電車、えらく高速だけどずっと眺めてたらどうなるのだろう。)

・絵は結構可愛い気もする。今のところ、えー…麗二を「ししょー」と呼ぶ子がいい感じ。あと智子。

・電車、行きも帰りも同じ風景だったーーー!!

・長門さんって、瑠璃子さんに似てますよね。第11話は面白かった。萌えかけた











----------------------------------------------------------------

3

2006-06-19 04:16:30


 

何だかんだで、3回目です。


世界ノ全テ リアルタイム攻略日記。


今日は、プレイ中に思ったことを逐一メモしてみました。

こういう面倒なことは、もうしません・・・。


ではスタート。





・あーやっぱりバンドやってるー・・・。


・主人公:池面 ボーカル向き 高校時代は軽音部  →  個人的には「勘弁して下さい」


・大好きなラジオの、大好きな曲聴きながら寝んな!


・主人公に気づいて「たたた、と走り寄って来た」→ 「あ、先輩」
 何かとリアリティの無い、というか詰めの甘いテキスト…


・けど気がつけば黙々と読み進めている自分ツンデレ。


・正直すみませんでした。






・電車の広告、メイドさんーーー!?
 (風景描写は、独特のタッチだけど結構気に入ってます。)


・あーけど、美男美女集まって軽音…。
 コンビニで店員達が談笑中のカイジ君並に「こういうの合わねぇー…!」


・画面「ともかくも、練習が始まった。」(麗二のグラサンギター姿)
 私「アーッ!」


・男キャラに声が無い件、相変わらず変な感じだなぁと思いながらプレイしていましたが、これはこれでいいかも…。
 これで音が喋ったらむさくるしすぎる気も…。
 男が喋る関西弁(ギャグ無し)は暑苦しい気がするし。(私自身関西弁なので)


・Qセーブ機能がありがたいです。Qロードボタンが無いのはわずかに不満だけど。


・智子さんの雰囲気はカッコいいですな。
 なんというツンデレ。
 最初から主人公には軽くデレだけど。


・なんだか肯定意見が増えてきたような気がする…。


・「ほのかでいいですよ」→周り「ほのか先輩」 主人公「ほのか」


・ラジオネーム「あかん子」
 どう見てもまりもです。


・部活にも行かずに教室でラジオ聴いて寝てる主人公(まぁそうさせたの私ですけど)
 気がつけばほのか先輩。「あ、お邪魔でした?」
 主人公「忙しかったらこんなことしてないだろ?用があるなら声かけろよ」
 何コイツ?!






てな感じでした。


えっと・・・。終わりです。










------------------------------------------------------------

4

2006-06-22 08:40:16


 

至極カンタンに。





やはり、シリアスシーンに漂う文章の素人くささがなんとも言えません。


ちょうど、お兄さんの過剰な優しさに主人公が反応したところなのですが。


それ以外は概ね高評価なのだけど、こういう大事なところでどこか興ざめしてしまうのは、自分がこの作品を楽しむ上で結構致命的ではないのだろうか。





それにしても…



池面で声いい主人公(けど勉強はからきし)



これ・・・駄目人間じゃないのかなぁ…。









------------------------------------------------------------

5

2006-06-25 00:16:55



http://www.geocities.jp/mm_watervein/rehabili/sekainosubete.gif


逆に熱が抜けるのは、私が悪いのでしょうか・・・。




えー、文化祭直前。


あの教頭はまた出てくるね!誰かのルートのラストの盛り上がりかもね。


まりも、なんだか勝手にスランプ突破していたけど、まりもルートなら主人公とのHシーンとかあってもおかしくない雰囲気。ちょっと早いか。


あ、ちなみに1巡目はほのか先輩に的絞ってます。

一番主人公見てて感じ悪いからな!


雨の効果とか、なかなか綺麗ですね。

雨で感心したといえば、やはり「君が望む永遠」ですが、それに負けずとも劣らない感じ。いや少し劣るのかな。思い出が美化されているだけでしょうか。ともあれ、まぁいい演出してます。

…やっぱり、ループ再生が目につきますけど。



ほのか先輩の家に見舞いに。

「あ、あがっていく?」

だけタメ口で驚いたけど、後はいつもどおり敬語ですか…。



ていうかあかんこさん、まりもじゃなくて智子ですか…。失礼しました。。。



えー、まとめると。



一日あたりのボリュームが短く、その一日も朝・放課後・夜と3つに別れており、それぞれが「世界ノ全テ」ロゴによるアイキャッチ(?)で区切られているので、結構メリハリ効いて次々と読み進めてしまいます。

ついつい読み進めてしまうのは、話が面白いからかも知れませんね。あまりそのような実感はないのですが。

あと、音楽は少し耳につくような、ノリの良いアップテンポ気味の曲が多く、なんだかんだで楽しんでいます。




最近時間が思うようにとれなくてこちらの更新あまりできなくて申し訳ないです。















---------------------------------------------------------------

6

2006-06-25 22:57:23

 

ちょっと待て、今かすみ先生がいいこと言った!!




いや、面白いですねぇ、恋愛の話…。


大人になると、相手が望んだ殻に変わることはできない、か。



それに比べて主人公。


「君が望む永遠」は、シチュエーションがシチュエーションだけに、主人公をヘタれだとか何とか、全く思いませんでした。感情移入して、没頭して展開を読みふけったものです。


本作の主人公は、前の「空を舞う翼」(とは違った方向にですが)と同じく高校生高校生しており、あまり感情移入はしてません。しかし、高校生の恋愛を、18歳以上に読ませてどうするつもりなのか、展開は楽しみです。自分自身十分にへタレですので、少しシンクロするところもありますし。


あと、あかん子、やっぱりまりもの模様…。





思ったこと。



パルフェは、直接表現しない。

世界ノ全テは、直球で表現。

演出している魅力は同じなのですが。


もうちょっと比べると、

パルフェにおいて、その魅力は、ただの隠し味。

世界ノ全テにおいて、その魅力は、恐らくかなり大きなテーマ。





あと、もう少し言うと。




これまで、プレイヤーの私が全力投球でほのか一筋で来てるのに、中身のお前が浮気してんじゃねーーー!!!



(思えば某作品でも、最初は遥一筋を通そうとしてイライラしたものです)






正直言うと、1巡目の主人公君にはほのかで最後までいってもらうけど、プレイヤーの本命は智子です。

最後にとっておきます。どうも、高評価らしいので。




本当にメモの詰め合わせという感じですが、今日はこれにて失礼いたします。












------------------------------------------------------------

7

2006-06-26 21:58:31




音楽はとっつきやすくて聴きやすい曲ばかりですねぇ。



えー、こまごま更新していたら誰も攻略し終わってないのについに第7回になってしまいました、世界ノ全テ攻略日記。

現在、たくたくで生活中。結構進みました。


感想。


なんというか。


声優さん達、たまーに(というかちょくちょく)素の声が入っていて仰天させられます。

ほのかとか智子とか。

あと、かすみ先生の(これがリップノイズというやつなのかな)ちょっとクチャクチャとした喋り方。これはこれで良いのですが。



ていうか。


リアルタイム攻略日記ですので、これ書いている時点で1月4日なのですが。(ゲーム内で)



智子のお父上、「CARNIVAL」に出てきたヒロインの父親にそっくりですよね。


ちょっと嫌な予感です。



てか智子、ほのかルートなのに、何であんなに可愛いかったの。


ヒロイン食ってます。


言うなら、あれですね。

佳乃ルートでも気になる観鈴ちんの素行、といったところでしょうか。




最近、比較対照となる他作品がポコポコ出てきてしまう自分に戦慄。

その作品群がどれもこれもエロゲーばかりなのにも戦慄。














--------------------------------------------------------------

8

2006-06-27 22:46:24



 

…。
























1月4日。








ほのかとのデート。













(主人公、ほのか[彼女]とのデートの待ち合わせ場所で、智子を抱擁&キス)

























この大馬鹿野郎~~~~~~~~~~~!!!!!!


















こっちが、丹精込めて、ほのかと穏便にゴールインさせよう、させようとしているというのに。



いやね、若い男の子、気持ちが揺らぐことだってありますよ。


だから、主人公の気持ちが揺らいでも、いつだってほのかを大事にする選択肢選んできたっていうのに。














「お別れのキス」。







ですって。








http://hukumoto.ty.land.to/index.php?%CD%F8%BA%AC%C0%EE#qe1b004d

昔似たようなこと言った男に彼女を奪われた私
















何?


なぜ、私は、こんな不誠実な奴の尻拭い話を読まないといけないの?



あー、衝動的にアンインストールしそう。



この馬鹿がっ・・・!


そりゃかすみ先生も怒るわ!


これだから池面は嫌いやねん!!

























主人公と対面させられたけど、泣きじゃくるほのか。

思いっきり、そちらに感情移入。



で、主人公の台詞。















「だってそうだろ…?こんな綺麗で可愛い彼女…

 いつだって俺を見つめてくれる、そんな女の子…

 どこ探したっていないさ」






















うがぁぁぁぁぁあああああ!!!!






















何調子いいこと言うとんねん。





何調子いいこと言うとんねん。









何調子いいこと言うとんねーーーーーん!!!





3回も言うてしまったやないか!

それだけ衝撃的やったいうことやで!

(すみません)















ほのか「そんなことないです」


うんこ主人公 (耳元で)「そんなことあるって」


うんこ主人公 (唇奪う)



『ほのかとのキスは、俺の欲望を十分に掻き立てた。』









































ポチッとな。(アンインスコ)













----------------------------------------------------------------------

9

2006-06-27 23:15:54




 

前回からちょっと間が空いてしまったので、まずは前回のあらすじ。




数多くある選択肢のことごとくをほのか先輩へのご機嫌取りに費やすも、そのような「ほのか先輩一筋」というプレイヤーの意向を全く顧みない主人公。思いっきり浮気します。

挙句の果てには、涙ながらに主人公に迫るほのか先輩に対して、即欲情。

問題の根本的解決を見ないまま、そのまま唇を奪う主人公。

プレイヤーのやる気も奪うその行為に、「世界ノ全テ」危うくタイトルどおり丸ごとアンインストールの憂き目に遭いました。






というわけで、なんとか気を取り直して再開。

えー、唇奪ったとこからでしたっけ?


え、何々。そのまま、仲直りのHするの?そぉ…。


んで、何々。君は、ついさっきまで泣かしていた彼女に、パイズリ教えるの?


へぇ…。











(そのまま、心を無心にしてほのかルート、最後までいきましたとさ。)











主人公の一連の行動もそうですが、EDテロップ観て確信しました。


たまソフトはセンス最悪。









何。


何で、感動のエンディングテロップの背景は、ヒロイン全員の裸体なわけ?


しかも、男は制服着用&ベース演奏中ですか。





あ~、「ほら、カッコいい&可愛いだろう。」 キター






あとですね、テロップ見てて納得いかないのが



「テストプレイ: たまソフトの皆さん」






プレイヤー馬鹿にしとんのか!!!














今、やる気30%程度ながらも、かすみ先輩ルートやってます。


もう、出てくる出てくる選択肢。


「かすり先生にします?やっぱほのかに戻ります?」




もう、こんな感じです。


「ほのかほのかて、アホかおどれは…? かすり先生にする言うとるやろ うざいわっ…!!」

(参考:http://hukumoto.ty.land.to/index.php?%B4%F5%CB%BE%A4%CE%C1%A5#f7a5daf9




う~ん、何なのでしょうね、この違い。


同じ三角関係系でも、「君が望む永遠」では(あれも苦手なパターンでしたが)結構真剣に選択肢考えたものです。それだけ熱中していたということですね。

今回のこれ、どうしても「リアル高校生の恋愛」見させられている以上の評価ができない。

はいはい、それでそれで?という感じ…。




まぁ。


智子に期待して、さっさと終わらせたいと思います…。



















----------------------------------------------------------------

10

2006-07-08 22:17:51



 

えー、進捗です。

かすみ先生との禁断の恋を本当に成就させてしまい、主人公は仲間達から総スカン食らって絶交されるという、痛快な「村八分エンド」を迎えました。



で、今やっているところですが、ちょうどまりもに告られて付き合うことになったあたりです。


智子との三角関係も、このゲームにおける予定調和。その辺のこともしっかり分かってきました。


最後にとってある智子ルートだけを楽しみに、黙々とプレイ進めようと思います。













-------------------------------------------------------

11

2006-07-11 23:57:37

x-navigatorにて、2002年当時の、「世界ノ全テ」評価を見てきました。

評価、高いのですね。

良作:28

凡作:1

地雷:4

ですって。


まぁ気になるのは、良作に票入れた人の大多数が「智子。」ってのみコメントしていたことですか。

うんうん、そうですよね。智子シナリオはすばらしいに違いない。後はおざなりって評価も書いてあるし。


というわけで、心頭滅却すればの精神で、ほのか、かすみと駒を進め、現在まりもを終わろうとしています。









・・・。








なんちゅーか。








感情移入できていない自分が悪いのでしょうか。










なーんで、無闇に、彼女のレイプされシーンを見なくちゃいかんのですか。


しかも主人公、まぁその場は仕方ないにしても、その後も、また!また!!

一人で腐るし。




お・・・


お前はぁ~~・・・・・・・・・・・・。




いや、その、時として、人生こんなこともあるかも知れません。

自分の彼女が目の前でレイプされて、自分は殴られてばかりで挙句に一物は大きくしちゃって。


で、その精神的負荷に耐え切れずに完全に閉じこもってしまうことも、まぁあるでしょう。人によっては。



けどですね、その、最も最悪な対応の一例を、なぜ、製作者達は好き好んで見せようと思ったんですかねぇ?

いやその、まぁエロゲーやってる人もいろいろで、中にはこういう、一般人には不愉快なだけの展開がたまらないっていうコアな人も、少しはいるかも知れません。

けどまぁ、残りの大半は、とってつけたとしか思えないがむしゃらなドラマチック展開に、ただ呆然とするしかないわけで…。




何か製作者の深い意図があったのでしょうか。


その後の「俺がしっかりしなくちゃ!!」的展開を盛り上げるため?


まぁ、最後まで駄目なままでしたけどね。


一念発起したはいいものの、母親に撃退され一人で公園のベンチで死にかけてます。そこをまりもに救助されるという体たらく。

その後、体を温めなくちゃと向かった先がなぜか学校で、なぜか部室で、そのままHシーンに突入し、これまでの自分の醜態は全て無かったかのように

「まりもが可愛いから、ついいじめたくなるんだよ」

なーんて言ってるのも、このゲームにおける一つの、まぁ見所といいますか、そういうものだってのは理解しているので、楽しめたわけですが。





しかし、屋上でブツブツ言ってる主人公の台詞は、なかなか感慨深いものでした。


「俺は、どこで間違ったのだろう…」


キャラクター設定の段階で間違ったのだと思います。


「どうしてこんなことに…」とつぶやく主人公ですが、これにはさすがの私も、主人公に共感。

どうしてこんな展開に…。






(まりも クリア。

 次から、大本命の智子です。)












--------------------------------------------------------------

12

2006-07-15 23:42:43


 

12て。


12て。




そこでうちは言うたったんや。



「世界ノ全テ 12やで」



どないやーっ!効いたやろこれーっ!


つまらん作品ほど攻略に日数かかるいうことやーーーっ!!





というわけで、本日最初のインプレッション。


智子に「うちのことどう思ってる?」と聞かれた主人公。

自室に戻ってその台詞を思い出しては悶々としてます。


-----------------------

『友達? クラスメート? それとももっと特別な…?

 あああっ! やめやめっ!

 俺が誰かから好かれたいだなんて・・・。

 なんておこがましいのだろうか。

 今までろくに周りと接触しなかったくせに・・・。』

-----------------------






    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
 (ろくに周りと接触しようとしない私)





シンクロ!

シンクロ!

主人公とシンクロっ!


何もよりによってこんな社会性の低さでシンクロせんでもという感もありますが、ともあれこのゲーム開始してようやくまともなシンクロ。そりゃテンションもあがります。


    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡 シンクロ!シンクロ!
  (  ⊂彡
   |   | 
   し ⌒J




その後、いきなり

「それから1週間が過ぎた」

には驚きましたが、特に何の発展もない模様で普通に日々が進みます。


いつものように屋上で会話です。


---------------------

主人公「ひゃぁっ・・・寒いっ・・・」

智子「じゃあ、うちに来る?」

毎度のごとく、俺は智子のその言葉に甘えてお邪魔することにした。

---------------------



あぁん?プレイヤー放置でお前だけ「毎度のごとく」??



すぐにこれです。


気分よく乗せられたと思ったら落とされる。


これ、言葉のSMプレイですよね。(「東京大学物語」参照)


なんか、話の展開は面白い分、変な気分です。


智子は主人公にツンデレ。主人公はプレイヤーにSMプレイ。





などと思ってましたが、ちょっと話盛り上がってきたのでちょっとレビュー書きながらのプレイは中断。




























一言感想






カッコ悪いCGだと思ってたけど、涙・・・なるほど・・・






初めての心温まるHシーン





「もう俺のものは70%は智子の中に」

文学的で無さすぎてそのリアリティに感心した。








恋愛中の心の描写、こういうのも変だけど「よく分かってるな」という感じ。








智子が連れ去られたのも3度目。

主人公がフリーズしたのも3度目。

その後のヘタレっぷりも3度目。

ついに「まぁ仕方ないよね、いつものことだから」と思うほどになりました。







次回「世界ノ全テ 13」にて、完結っ・・・!!(予定)













---------------------------------------------------------

13

2006-07-16 22:30:54



 

終わったーーーー!!!







というわけで、クリアしました、最後の智子ルート。


何枚かシーン回収できてませんが、どうでもいいです。終わり。




う~ん…


そうですね…


シナリオ…




ちょっと・・・「智子」「玲子」の関係は、少し予想していたところもあり・・・

(同じネタ、他作品でも出てきますしね。ていうかこの2人は双子だったっけ。)


とはいえ、最後の方は結構話に惹きこまれました。

まぁまぁ、面白かったんじゃないかな・・・。

最後の最後はようやく主人公もカッコ良かったですし。

想い出云々の話は、共感しました。辛いですけどね。



う~ん…



まぁ、最後に希望的な終わりはしましたけど。


私達プレイヤーが見れた智子は、あの自室でのシーンが最後だったわけで。



あそこは、まぁ意見も分かれるところかもしれませんが!

正直、あんな余韻残す終わり方に、あまり重要性は感じません。

あと一押し。

何らかの形で、智子復活を感じたかったものです。



彼女の人格を全て「想い出」として、悲劇に酔うのがこの作品の楽しみ方だと言うのなら、これ以上言うことはありませんが。


やっぱり、その…


ねぇ…?





これは、プレイ順間違えたかな・・・。


まず智子、そしてハッピーエンド見るために残り2人を攻略すりゃよかったか。



智子ルート後半はなかなかの存在感を示してくれたおかげで、妙にわだかまりが残ってしまった感。


個人的な話で申し訳無いのですが、この、智子に情移ってしまった気持ちのやりようが・・・。




う~ん・・・。




いいのか・・・?これで・・・?



寂しいエンドです。









-------------------------------------------------


以上です。

ここまで読んで下さった極少数の方、お疲れ様でした&ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

harenabeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。