HxSx-STORY 第5弾 「RIVAL IS LOST」

テーマ:


HARD-SADIST Web Site Gallery
HxSx-STORY第5弾「RIVAL IS LOST」です。
チョット前に話題になったイスラム戦士「ウサマ・ビン・ラディン」氏を描いてみました。



意外と良いトコのおぼっちゃまだった(彼の父はサウジの有力財閥)と言うことで、そのへんなイメージでキャラクター化してみた。



最近はめっきり彼のウワサも耳にすることが無くなり(死亡説あり)さみしい限りですが、アメリカがおとなしくなってしまったのも彼が引き立たなくなった一因かと。



もちろん彼が作り上げた「アルカイダ」は今も世界中で活躍中だが、いまいちパッとしない…
やっぱ最大のライバルだった「ブッシュ」がいなくなっちゃったからだろう。


ブッシュがいなくなってから、世界はつまんなくなった。
田舎者根性で世界の利権奪取とアメリカの正義を押し付けようとした大馬鹿野郎もいざ失脚するとさびしいものです…

オバマじゃ役者不足な感じだしね。


それにしても彼の人生は壮絶。
父から莫大な財産を贈られていたにもかかわらずアフガンでソ連と戦いサウジでイスラムの正義を貫こうとするも王家に裏切られスーダン、そして再びアフガンへと戦場を渡り歩いた。


まるでチェ・ゲバラのようだね。

米国の属国である日本では彼は評価されないだろうけどね。

「アメリカと同盟国の国民を殺害する義務がある」

なんて言われちゃってるし…


まぁ世界が平和であることは良いことだし、テロに巻き込まれたらムカつくだろうけど「漢」として自らの信念で行動した彼に憧れに似た感情をいだく今日このごろであります。


ザルカウィは死んだけどハリド・シェイク・モハメドって今ど~してんだろ?

N.Yに放り出したらボコボコにされんだろうなぁ…



おっきいサイズ

http://www.hard-sadist.com/HxSxS/HxSxS005_1280x1024

AD