五井野正 批判を糾す!

五井野正(ごいの ただし)博士へのネットでの誹謗・中傷に対し、永年の博士ファンである筆者が、調査・反論します。


テーマ:

批判の全てではありませんが、大部分について検証・反論しました。

どちらの言い分が正しいかは、冷静に考えればお分かり頂けると思います。

批判するほうは事実を知らなくとも、デマを流せばいいだけなので、楽だということです。



追記:(注.これから述べることは、あくまで私が個人的に感じていることです。
しかし、相手は匿名で誹謗・中傷を自由気ままに繰り広げている人物に関することなので、あえて述べさせていただきます。)

この動画の批判者は、インターネット上において名前を複数持っていると、私は感じている。
ブログや掲示板でも批判をしたり、質問サイトにおいては投稿者と回答者の両方で投稿して自作自演までしていると感じている。
(但し、サーティンキューなる人物ではない。彼も批判者の一人ではあるが。)

その様な人物が何故、動画では詐欺師という批判をしないのであろうか。
ブログ等では、だいぶ前から主張しているのに、である。

それは、この批判者が動画での批判を始めたのは割合最近のことであり、その頃には私のこのブログで詐欺師への調査・反論が済んでいたからである。
つまり、林檎プロモーションが創栄出版を引き継いでいることが明らかになり、詐欺師として批判ができなくなったのである。

そこでどうしたかというと批判者は論点を変えて、その引継ぎが、買収乗っ取りではなく兄弟ゲンカだと事実無根の主張をもって五井野正博士の名誉を棄損しようとしたのであろう。

ちなみに、「予約金詐欺師疑惑~検証反論その五」にコメントをしてきた「わたしも五井野ファンであるがはっきり聞きたい」という人物は、この批判者と同一人物であろう。
コメントにて論争を仕掛けてきたが、私の回答にそれ以上反論できないためなのか、以後反応がない。
つまり、読んで知っていたからこそ、予約金詐欺師としての動画をアップ出来なかったということである。



再追記:「わたしも五井野ファンであるがはっきり聞きたい」という人物について。
既に批判者と同一人物であることは書きましたが、ファンを名乗りながら五井野博士のことを、コメントの中で敬称なしで呼び捨てにしている。
本当のファンならば、そのようなことは決してしないので、実際はファンでないことが、これからもわかる。
またコメントに『最近、批判者の活動が激しくなっているように感じていて、このような反論してくださるブログを見つけてあわててコメントしてしまいました。』と書いていましたが、全く持って白々しい。
いかにも五井野博士の純粋なファンであるかのように装っているが、その実、激しく批判しているのは、自分だからである。
このように、平気でうそをつく人物である。だから、彼の批判は単なる嫌がらせに過ぎない。



再々追記:こうして批判をしている人物も、かつては五井野正博士のファンだったでしょう。
ファンとしての知識がなければ、このように次々と批判することすらできないからです。
何がきっかけで、批判する立場になったのか?
それが知りたい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

うぐひすの鳴き声さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。