五井野正 批判を糾す!

五井野正(ごいの ただし)博士へのネットでの誹謗・中傷に対し、永年の博士ファンである筆者が、調査・反論します。


テーマ:

>元社長ヒロシが薬を使って五井野正をもうろうとさせ、印を押させた
>などバカバカしいばかりのデマを飛ばせている。


事実は、乗っ取り側に薬を飲まされたのは宏氏であり、それどころか、更に五井野博士のスタッフや身近な人たちにも危害が及ぶ恐れがあったのです。
また、創栄出版のビルに突然鍵がかけられ誰も立ち入れなくなるという事態も起きましたが、それを行ったのが、現在林檎プロモーションの社長である窪田和人氏である。
創価学会の意向を受けた窪田氏は、林檎プロモーションの設立時からのタレント兼役員などであった女性達(山田、高瀬、増渕)と共謀して買収を行ったのです。
五井野博士は身近な人たちを守るために、やむなく株式を手放す書類にサインしたのです。



>創栄出版社長も林檎プロモーションも社長は変わっておらず、五井野正の弟である。


いかにも何も問題がないかのように書いているが、次の登記状況を見ていただきたい。


創栄出版:平成8年3月8日登記―同年2月29日に取締役窪田和人氏及び窪田某D氏が就任(代表取締役は五井野宏氏)
林檎プロモーション:平成8年3月11日登記―平成8年3月8日に代表取締役に五井野宏氏と取締役窪田和人氏が、初めて就任


五井野宏氏が林檎プロモーションの社長になったのは、創栄出版の解散のわずか三か月前である。それ以前は、宏氏は一度も社長になっていない。
また、この宏氏の林檎プロモーションの社長就任時期に、突然窪田和人氏が取締役に就任している。
ほぼ同時期に行われたこれらの人事は、いかにも不自然だということである。



ここで補足しておきます。


宏氏が創栄出版の社長であるのを利用して、林檎プロモーションのタレントや役員や窪田氏が、創栄出版の社員や外注として業務を行い、徐々に食い込んで乗っ取りの準備を進めていたのです。
平成7年12月に五井野博士の著書「科学から芸術へ」を巡っても、彼らの非協力によって、危うく出版が出来なくなる状態だったのです。
明けて平成8年1月8日に、遂に窪田氏が鍵をかけるという実力行使に出たのである。
その後、株式が譲渡され、3月になり登記にあるように役員変更が行われた。
そして、創栄出版は三か月後の同年6月に解散となるのである。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

うぐひすの鳴き声さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。