五井野正 批判を糾す!

五井野正(ごいの ただし)博士へのネットでの誹謗・中傷に対し、永年の博士ファンである筆者が、調査・反論します。


テーマ:

批判の内容を、YouTubeの動画

「五井野正のナノホホーンは別会社が開発済か?」

の解説から、そのままコピーします。


-------------------------------------------------------
五井野正が講演会で自慢しまくり、五井野教信者がブログ、ツイッターで拡散しまくりの五井野正博士開発のはずのナノホーンは、林准教授によって、別会社でH15年に開発済であった。


シオンの製造方法は、五井野正の製造方法と全く同じであるが・・・・


特許の侵害にならないか心配されている方もいるようです。
http://blog.goo.ne.jp/marumasamaru2010/e/f28f81ffa37d48b28195d197329697f1


http://j-net21.smrj.go.jp/expand/sbir/search/search_detail.php?c=3691&s=1&q

【株式会社シオン】
>そこで、弊社では「水中でのアーク放電法」を用いたカーボンナノホーン合成装置を開発し、カーボンナノホーンを製造する技術を確立しました。
>弊社では、国立大学法人名古屋工業大学 林靖彦准教授と共同で、水中でのアーク放電を用いたカーボンナノホーン合成装置を試作し、国立大学法人名古屋大学 徳永智春助教の協力のもと、透過型電子顕微鏡(以下、TEMという)で生成物を観察を行ったところ、アモルファス成分がほとんど見られない非常に高品質なカーボンナノホー­ンであるとの評価を得ました。


ナノホーン製造方法特許H15年12月11日
http://j-net21.smrj.go.jp/expand/sbir/search/upload/36/3691_file2.pdf


http://www.eenanotech.co.jp/index.html
【五井野正;環境・エネルギーナノ技術研究所】
弊社のカーボナノホーンの合成法は、水中下アーク放電方式による連続大量合成方法であり、連続して同時にパウダー状、ペースト(泡状)状、水分散溶液として回収可能な画期­的な方式によるものです。その大量合成されたカ-ボンナノホーンは高品質であり高い結晶性を示していることが確認されており、日本の産業発展に寄与できるもりのと考えてい­ます。

-------------------------------------------------------


ここで、(株)環境・エネルギーナノ技術研究所というのが、五井野博士がオーナーで、博士の特許をもとにカーボンナノホーンを製造している会社である。
以後、環境ナノ研究所と略します。



また、批判者は、五井野博士のナノテクについての公開特許について触れていないので、本論に入る前に、紹介しておきます。
http://kantan.nexp.jp/search.html?w=%E4%BA%94%E4%BA%95%E9%87%8E%E6%AD%A3%E3%80%80%E3%83%8A%E3%83%8E%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%B3&lmt=n&k=0&kc=C3&m=src


では、論を進めて行きます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

うぐひすの鳴き声さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。