ジオターゲティング






1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年04月17日(月) 14時10分06秒

豊英湖

テーマ:釣行記
先週金曜日の釣行記になります。





今回は友人Kと久々のタンデム。
それでもやっぱりスタートは13時w
今年はこんな“ゆるい”流れになりそうな予感w



さてさて、足早に桟橋へ向かいボートセッティングをしていると既に早上がりの方々が複数名。
水を見ればおそらく田んぼから落とされた嫌な泥濁り。
手強そうな雰囲気が…



こんな時はいち早く水が入れ替わり始める上流へ。
入り口から竿も持たずにゆっくり上って行ったのですが、やはり雨の影響があるとは考えにくいこの日にインレットからは泥水。



アウトサイド、ウッドチップ、ハング奥などの複合要素がある水がプロテクトされているスポットについては生きている様子。
その状況を確認することで、改めて田んぼの影響だと確信。



ならば一気にエリアを移動してマッドラインを目指すことに。



中流域を通り過ぎ上流エリアに差し掛かろうというところで泥濁り色から、やや緑がかった色に変化したところでゲームスタート。



すると間も無くバックシートから大きなフッキングの気配を感じて振り返ると友人KのHB680Mが曲がってるじゃないですかw
{2D986B45-29D7-437A-A207-F4B0A3A03619}
僕のボックスから手渡したクリSシャローロールで一撃でしたw



しかし、幸先の良いスタートではありましたが決して簡単ではなく2匹目まで少し時間が掛かりました。



更に上って完全にフレッシュな水域に到達。
まるで水道水の様な超クリアウォーター…
ルアーパワーを抑え、ロングディスタンス、アウトサイド、カレント、崩落、一段下のレンジ、デッドスロー



{C339E8B2-608C-41FE-A578-94BAC8C40C45}
このアプローチは直前まで使用していた「0.6号+4lb」の組んだタックルから、ルアーはそのままにもう一本のスピニングタックル「0.8号+8lb」の方にセットし直し、フロロラインの比重を利用したレンジコントロールを咄嗟に試したものでした。
別にどっちのタックルだろうが結果に変わりはねーよ、と言われればそれまでですが、嬉しい1匹となりました。



{6CA013F4-32F0-4EB7-9004-9D735D6BEBFB}
春らしいプリスポーナー



その後もなかなか連発とは行かず近隣エリアの入り直しにて、一段下に入れて軽いジャークで誘うと
{693D4EBE-9498-406F-94E3-A6B2D122540C}
コバス追加で終了。



水温もグングン上昇しバス達は完全にスポーニングに支配される季節に突入した様子でした。
今回も午後スタートでチャチャッと見まわすような釣りになってしまいましたが充分に楽しむことができました。
次回釣行ではもうちょっと時間を掛けてプリを追いかける釣りができればと思います。




本日のタックル
・Gルーミス GL3 SJR780
・シマノ ストラディックci4+ 2500S
・シマノ パワープロ 0.8号
・ユニチカ シルバースレッドFC 8lb
・ティムコ ステルスペッパー70


・Gルーミス GL3 SJR720
・シマノ コンプレックス2000HGS
・シマノ パワープロ 0.6号
・ユニチカ シルバースレッドFC 4lb
・ノリーズ レイダウンミノーJW DEEP


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「釣行記」 の記事
2017年04月10日(月) 08時07分12秒

豊英湖

テーマ:釣行記
先週金曜日の釣行記になります。



午前の予定を済ませ、今回もゆっくりスタートは13時半。
前夜から降り始めた雨は弱まり、時折晴間が見えるものの小雨が続くような状況でした。
今シーズン初の“あたたかい雨”の日にぶち当たり、期待は膨らむばかりでしたが…



午後スタートで全域を見るのは時間的に無理ですし、そもそもこの状況から選択肢は上流一本。
しかし決して急ぐ訳ではなく、カレントの発生はタイムラグがあること、濁りの動きを確認して味方につけること、断続的に降る雨からそれらの影響は時間の経過と共に色濃くなることなど、こういった時ほど大味にならず景色を見ることに気を付けました。
ただ、釣りとしては強く。
水面、水面直下で魚を呼び続けながら上って行ったのですが全くダメw



すれ違うアングラーさんに釣果を伺ってみるも、皆さん口を揃えるように「難しい」「バイトが弱い」「期待して来たんだけど…」
中には先週も来られた方の話しで、雪の舞う嵐しかも水温8℃という状況下で良型連発という釣果があったにも関わらず何故今日は…
なんてエピソードも。



テンションが高いのは人間だけw
完全に肩透かしを食らったようですw
それでも簡単に引き下がる訳には
なんとか一本という方向に。



残された僅かな時間でエリアを周り、何度も入り直し、なんとなく見えた来た。



カレント好む、濁り嫌う、風も嫌う、バイトレンジ水面。



ケムピンポンにて
水面シェイク→ポーズ→ポッピング→水面シェイク→バイト‼︎
45アップをバイトに誘うも甘噛みでバラシ(泣)

ベントミノーにて
連続ジャーク→スローライズ→デッドスティッキング→バイト‼︎
またしても45アップをバラシ(大泣)



最後のチャンス
ベントミノーにて上のような誘いで
{09C254DC-1962-46EE-9894-7517F834A0D9}

子バスに変わっちゃいましたが、なんとかなんとか絞り出しましたw
“0”か“1”では大違いこれはこれで苦労してキャッチした自分なりに価値ある1匹。
ということでこれが今シーズンの初バスになりますw



そもそも、タックル準備の時にヘビータックルのみを車に積んだのですが出発の直前に何かが過って持ち込んだスピニング。
うまく表現できませんが紙一重でした。



さてさて、これでようやく動き出しました。
これからはスポーン絡みでまたしばらく難しい展開が予想されますが、また今シーズンも自分なりのスタンスでバスフィッシングを楽しんで行きたいと思いますのでよろしくお願いいたします。



本日のタックル
・Gルーミス   GL3 SJR720
・シマノ   コンプレックスci4 2000HGS
・シマノ   パワープロ 0.6号
・ユニチカ   シルバースレッドFC 4lb
・OSP   ベントミノー76F

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年03月25日(土) 08時12分32秒

高滝湖

テーマ:釣行記
昨日の釣行記になります。




今回の釣行はこちら
久々の高滝湖です。
{170FB1D6-7EC2-410F-9583-6A34DCF0FD6E}

ここ最近の豊英湖はあまりいい話しは聞きませんし、亀山湖も雨パワーがないと気難しそうな様子。
ならばということで数年ぶりにやって来ました。


しかしまぁ同じ房総のフィールドですし事前情報では他と似たようなもの。
今回は未開拓の養老川を見て回れたらそれで良し。
ついでに「春」を見つけられたらラッキーって感じで。



ゆるい乗りなのでスタートも10時半w
いざ養老川へ



本湖を軽く流し釣りで早速養老川。
何も解りませんからキョロキョロとしながら広くサーチ。
こんな時サイドスキャンは活躍しますねー



インサイドではジャークベイトを中心に目視でワカサギを探してみたり、アウトサイドやチャネルラインでは一段下までシャッドやテールスピンなどを入れ込んだりしながら魚探掛けをしてみたりと。
ゆっくりと感触を確かめながら上って行ったのですが中流域に差し掛かる頃には「違うなw」



そこからは釣りというよりもとりあえず上流域まで探検ということで。
その中でサンドバーやら、崩落やら、急激に掘れたスポット、レイダウン、橋脚など変化に富んだそのシチュエーションは、もうカウントダウン寸前のワカサギ遡上のタイミングを妄想しながらイメージだけは膨らむばかりw

{5FE751AB-14F9-493F-99B4-D92A554BC806}

そうこうしていると待場橋??まで到達したところでUターン。



そのまま一気に養老川を下る。
そして本湖方面に差し掛かると強風によるザブザブの湖面。
リザーバーではほとんど見られないその荒れ方にビビりましてwしばしボートステイ。

しばらくらすると同じく養老川から下って来たボーターさんの様子を遠目から伺うとなんの躊躇もなく荒れた本湖に飛び出して行きます…

ついて行くしかないと思い追いかけるように本湖を渡ったのですが、荒れる湖面で波飛沫がボート内に降り注ぎバウデッキ周り、ハイデッキ上もずぶ濡れw

高滝ローカルの方にとってはこれが普通なんですかね⁈
ちょっとリザーバーではあまりないものでした。



さてさて、なんとか桟橋まで帰って来てからは古敷谷川筋へ。
こちらは数年前の厳寒期に来たことがありましたがそれ以来。
{8DDFAC91-BE0F-409E-917D-96C531783D58}

高滝湖を構成するふたつの筋を見ることができ今日はこれで充分ですかね。
言うまでもありませんがノーバイトで16時早上がり。 



今回は数年ぶりの高滝湖でした。
短時間内で広く景色が見れたのでOKですかね。
もしワカサギの動きとリンクするようなタイミングで来れることがあったら今日の“探検”が活かせればと思います。
これからも豊英湖、亀山湖が中心になるとは思いますが改めて房総はフィールドに恵まれた素晴らしい土地だなとつくづく思いました。
それと同時にこれらのフィールドで永く釣りを続けていけるよう何が出来るのか考えてみたいと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。