女性自身が報じた「アルコール依存症で病院通い」

 

山口達也が離婚したのも、お酒が原因だったみたいです。当時の記事でも、週に4日は酒を飲んで家に帰ってこなかったそうです。噂ですが、酒が入ると暴れたそうです。番組にも包帯を頭に巻いて出たことがありますが、自転車で転んだという言い訳をしておりました。

 

あのTOKIOの山口達也が、アルコール依存症だったなんて・・・なんでも女子高生にも酒を飲ませて、強制わいせつをしたようですが・・・。

 

名無しさん@恐縮です:2018/04/25(水) 20:20:52.85ID:kT7jDC1F0.net
「Rの法則 エロ」で画像検索すれば、プロデューサーの意図は明白

たしかに、これはNHKが作るような番組ではないです。アルコール依存症だったTOKIOの山口達也と、女子高生のエロを番組の特色にしたプロデューサーも悪いと思います。

 

でも、この週刊文春のスキャンダル記事は、ある大臣のエロヨガスキャンダルを揉み消すために、企画されたというネットの噂もあります。日本のマスコミは一方で、女子高生のエロで番組を作り、もう一方では、政治的スキャンダルを揉み消すためにジャニーズのスキャンダルを放送する。

 

「つまり、TOKIOの山口達也は、ただのアルコール依存症ですが・・今回は、政治に利用されたということになります。」

 

では、ジャニーズで成功して、美人の奥さんと結婚した、山口達也が、アルコール依存症になり、女子高生わいせつで、成功と、名声と、家庭の幸せを全部、ドブに捨ててしまった・・・その原因は?

「推測ですが・・・6歳の時に、親とか周りの人から、脅されたのが原因だと思うんです。」

 

6歳の時の山口達也は、元気のいい子供でした。ある日、元気が良すぎて、親の大切にしていたお皿を割ってしまいます。親が怒って、山口達也の頭を殴ります。「お前はダメな奴だ!」

 

また、山口達也はお爺さんの家で、お爺さんが大切にしていた盆栽を壊してしまいます。「お前は無能な奴だ!」とまた殴られます。ここで、山口達也は、ある教訓を学びます。「おれは本当に人間のクズだ!」これが13歳の時の反抗期を経て、20歳の時に、暗黒面(ダークサイド)になってしまいました。

 

あとは、暗黒面(ダークサイド)のお陰で、生きるのが苦しくなります。(でも、これは幼い山口達也の【思い込み】でした。)

 

それで、お酒を飲むようになります。やがて依存症になり、お酒が入ると女子高生にわいせつをしたくなります。これは、長い間の習慣(無意識)になっておりますので、自分で止めることが出来ません。

 

「遅かれ、早かれ、今日の事件は避けられませんでした。でも、TOKIOの山口達也が、マインドフルネス呼吸瞑想法をしていたら・・・こういう事件は、絶対に起こらなかったと断言できます。(キッパリ)

 

「山口達也さん、頑張ってください!わらし仙人が応援しております!」

 

今回の事件をきっかけに、アルコール依存症を治せたら・・・まだまだチャンスはありますから!暗黒面(ダークサイド)は、山口達也の光(才能)の影なんです。つまり、影を受け入れられたら、もっと才能が開花します。

 

「暗黒面(ダークサイド)こそが・・・希望なのだ!」

 

 

 

 

 

 

 

比嘉大吾 まさか!16戦連続KO挑戦前日に体重900グラム超過で再計量 王座剥奪か?

 

バカですよね、苦しい練習を重ねて、やっと手にした世界チャンピオンの座を、体重が900g超えただけで・・・失いました。ステーキ900gと言えば・・・一皿分のステーキに相当致します。これを一晩で軽くするのは無理だと思います。

 

比嘉大吾さんは何カ月もかけて、体重を絞り込んできてますから、最後の1日で900gの体重を軽くするのは悲惨です。普通の人が1キロの体重を軽くするのは、どうということはありません。2-3キロ走ってきたら、そのくらいは減ります。

 

わらし仙人は速読術の専門家ですが・・・1冊の本を、5分間くらいで速読すると、大体体重が1キロ減ります。そうだったのか、比嘉大吾さんも、最後の手段に、本を速読するところまでは気が付かなかったようです。肉体を絞り込んだ後は、脳ミソを絞り込めばよかったんですが・・・。(脳ミソが肥満の人はいませんか?)

 

では、どうして比嘉大吾さんは、今回の軽量で900gもオーバーしてしまったんでしょうか?

 

お答えします。そばにいた具志堅用高さんは「お菓子だよ!」と囁きました。そうなんです、世界チャンピオンの比嘉大吾さんが、計量で900gを超えてしまったのは、お菓子の食べ過ぎだったんです。

 

苦しい練習の時に、大抵のことは我慢できましたが、唯一、あの甘いお菓子だけは、我慢することが出来ませんでした。(涙)これが世界チャンピオン比嘉大吾の弱点、ダースベイダーの暗黒面(ダークサイド)とも言いますが・・・お菓子でした。(涙)

 

 

 

クロちゃん、番組でついに「余命宣告」人間やめますか?

 

安田大サーカスのクロちゃんは血糖値が233だそうです。それなのに、毎晩焼肉を食べて、結局1日の摂取カロリーは約3000キロカロリーになるそうです。これなら、余命が宣告できるようです。

 

「どうして、クロちゃんは、暴飲暴食を辞められないのでしょうか?」

それは、子供の時に、親に教えられた呪文が、13歳の時の反抗期を経て、20歳の時に、暗黒面(ダークサイド)になってしまったからなんです。別にジュダイの騎士ではありません。ただの、グータラな一市民であります。

 

巷では、糖尿病で、肥満体の困った人たちが数百万から数千万人いると予測できます。かれは、いつもの習慣で、何も考えないで、いつものように焼肉を食べて、酒を飲んで・・・余命宣告を受けるのです。

 

「世界チャンピオンの比嘉大吾も、お笑いのクロちゃんも、目は覚めてますが・・・眠っているのであります。早く、目覚めて欲しいのです。覚醒と言います。わらし仙人は毎朝30分ー45分間、瞑想をすることで、覚醒して欲しいのです。

 

アナタが今まで何十年も眠ってきたことは、覚醒して、初めて気が付きます。覚醒するまでは、絶対に気づくことはありません。95%の人は、一度も覚醒しないで、死んでゆきます。(合掌)

 

わらし仙人がやっているのは、「アナタの覚醒準備」でございます。

 

エンジェルスの大谷翔平が凄いのは、別に厳しい修業をしないでも、覚醒できていることです。短期間で、自分の行動を修正できることこそ、覚醒している証拠になります。野球選手やサッカー選手、その他のスポーツ選手と、肥満の人も・・・覚醒できれば、【気づき】が生まれて、無意識の行動を修正出来るようになります。

 

わらし仙人のライフワークは、アナタを覚醒させることです。一日も早く、瞑想を始めて、マインドフルな呼吸を覚えて、覚醒準備にはいることをお勧めいたします。

 

「アナタは決して一人ではありません。わらし仙人がついているから!」

 

 

 

 

 

 

 

昔、太平洋に一つの大陸がありました。北はハワイ、西は沖縄、東はモアイ象のある・・チリ領イースター島、南は天国に一番近い島!ニューカレドニアの島々であります。

 

ムー大陸かアトランティスかは・・判りませんが、この島々に残るシャーマンの言い伝えと、日本の古神道の文章が同じだということに、わらし仙人は、今でもシャーマンの古文書を研究しながら驚いております。

 

日本の場合、大陸からやってきた火巫女(卑弥呼)の妹の台与(トヨ)が、「邪馬の台与」と呼ばれておりました。邪馬(大陸からやってきた)姫である台与(トヨ)の国と書いて「邪馬台国」=「やまたいこく」=「大和国」であります。

 

もともとは、日本は沖縄から樺太まで、アイヌ民族が住んでおりましたが、大陸から来た大和の人々は、アイヌの人を騙し討ちにして、日本を統一してゆきました。日本書紀は、でっち上げの文章だと言われておりますが・・・。

 

以上から・・、わらし仙人は日本の古神道の文章や南洋の島々にいるシャーマンの言い伝えが、正しい歴史だと思います。昔、太平洋にあった巨大帝国の言い伝えが、今でも残っているとしたら嬉しいことです。わらし仙人は、そのシャーマンの魔術「祝福のまじないピコピコ」をお知らせしたいです。

 

南海の島のシャーマンが教える祝福の魔術「ピコピコ」

 

南の島のシャーマンは、生命エネルギーを人々と分かち合うことで、問題を解決したり、目標を達成したり、病気を治したりします。祝福の魔術「ピコピコ」では肯定的な言葉で相手を祝福いたします。「あなたといると楽しい!」「いつもお元気ですね!」「いい香りですね!」など・・・。

 

祝福の魔術「ピコピコ」

(1)-【自分の呼吸に意識を集中する!】

(2)-【自分の頭のてっぺんと、へそを意識する!】

(3)-【自分の頭のてっぺんの穴から息を吸い、ヘソから息を吐    

     く、これを10回繰り返す!】

(4)-【リラックスしてきたら、自分の周りに、赤い光が、自分を       

     取り囲むように、自分を守っているのを感じる!】             

(5)-【次に、祝福する相手の周りにも、同じような赤い光が相   

     手を取り囲んでいると想像する!】                  

 

これは、会社で嫌な上司とか、同僚にも使えます。学校の嫌な友達や先生にも使えます。旦那さんとか、嫌な姑にも使えます!(笑)

実は、わらし仙人は、仏陀の瞑想法とマインドフルネス呼吸瞑想法と、南洋の島のシャーマンの祝福の魔術「ピコピコ」が、同じなのに驚いております。ひょっとして、仏陀も・・・シャーマンの呪術をパクったのかもしれませんね!(笑)

 

現代医学で使われているマインドフルネスの瞑想法が、2500年前の仏陀の瞑想と超古代のアトランティスの島々のシャーマンの呪術が・・・同じだったなんて、信じられますか?

 

「マインドフルネスの呼吸瞑想法」が時間と空間を超えて、人々を病気やストレスから守り、癒しを与えていることに、感動を覚えます。わらし仙人は、いろいろな病院で診てもらっても治らない病気がありましたら、ぜひとも、この「マインドフルネスの呼吸瞑想法」にトライすることをお勧めいたします。

 

祝福の魔術「ピコピコ」や「マインドフルネスの呼吸瞑想法」が病院で治らないような奇病や難病に効果があるのは、酸化窒素で内臓のホルモンを調節して、心と身体のバランスを回復するパワーがあるからなんです。

 

「ダイエットではありませんが、心と身体のバランスが整えば・・・どんな病気にも効果があることは欧米や日本でも、実証されております。」

 

まだ、希望を捨てないでください!