はいどうぞ

テーマ:

■本日のこだまっちの膝裏。

こだま各駅停車の旅→3周目 (旧 孕み女ちゃん)

光で肌色がとんでますが。

ひどい乾燥。赤み。

かきむしるため、皮膚がえぐれる。


これって、アトピーの特徴なんだってね。

掻くと皮膚が壊れるのって。

蕁麻疹なら、かきむしることはないらしい。いや、経験からもそうだと言え。


■ゴールデンウィークあけから、こだまっちの肌の乱れがいちじるしく。


幼稚園の助手の先生に、

「「こだまくん、長袖着せてあげてください。長ズボンも。」と言われる。

助手さんのお子さんがひどいアトピーで、漢方と針灸で治した経験があることを知る。


自分も手湿疹がひどい時期手袋をして安心できた。

肌を布で守られるのは、掻かないし,,、気持ちいいのだろうと、思うも。


すでに、お店は半袖の季節。

「薄手の長袖売ってたら声かけてね~、

タイシャツとかいいよねえ、どこ売ってるんだろう」とお母さんたちと話して帰る。


■翌朝、幼稚園にこだまっちを送ると。


「昨日話してた薄手のインド綿というか、タイのシャツなんですけど、おさがりというか、どうぞ。」

と、あまり話したことのない年少のお母さんに渡される。


見れば、薄手の長袖の涼しげなシャツの、こういうの欲しかった。

でも。


「これ新品でしょ、

おさがりって、あなたの子の方が体小さいし、まだ下に男の子もいるじゃないですか…」

と、もごもご驚くと、


「うちの子には似合わないんですよ。こだまくん似合いますよ。」

と、そっとにこやかに渡される。


唐突な暖かさに触れ、泣きそうになる。


■もごもごお礼をいい、うつむいたまま幼稚園の門をくぐると、


「これどうぞ。」と別のお母さんに紙袋を渡される。

見れば、赤、黄色、緑の長袖Tシャツ。

柔らかいし、薄手だし。


「おさがりもらったんだけど、これはこだまっちの方がふさわしいと思って。」


もー!

「あ、ありがと、ありがとね。」と言うと

「いや、おさがりもらったの渡しただけだもん、どうぞどうぞ。」


いただいたのは、アルケナのシルクのTシャツ

薄手で柔らかで、こだまっちもいたく気に入る。

これ、きっと追加注文する。


■で、優しさにおぼれながらとぼとぼ歩いていると、声をまたかけられる。


「haramiさーん、うちの子の着てる洋服どう?」

と、息子さんを見れば、まー!希望通りのタイ製の、薄手のガーゼ生地のシャツ。


「これね、ban rom saiで買ったの。きっとharamiさん、好きだよ~。」


バーンロムサイ

見事、私の趣味、ビンゴ!かっこいいなあ。

理念も共感。


オンラインショップでは子供服なく…残念。

そうだ、こだまっちのアトピーライフに疲れたらのお楽しみしよう。


鎌倉、行くの楽しみだ。こだまっちとも楽しめそう。鎌倉調べてみよう!市場行きたいし。


■その他にももろもろ「お手伝いできることあったら…」とメールもたくさん。

暖かいコメントも、ペタもどうもありがとう。


人の温かさが身にしみるのであります。


■しかし、人の言葉、気になることもたくさんあり。


うちのお隣さんが、まー、これまた、まー、毎日、毎日、毎日(←しつこい)

「こだまくん、お顔は、よくなってきたね。」


お顔は、「は」ってなんだよ!

だいたい、毎日人の子供の肌、評価するんじゃないよ!!!

いちいち、毎朝でてくるんじゃないよ!!!!


と、イライラしてまする。


「なんで幼稚園行きたくないって泣いているの?」

って、今聞く必要あんのかよ!

恥ずかしがって、玄関まででてこれたのが、部屋の奥に逃げ込んでしまったじゃないかよ!

と、言いたいこと多数。


暖かさに感謝しつつ。

ちょっとした言葉に傷つきつつ。


■私も、自分に持っていて誰かに役立ちそうだなものを「はい、どうぞ」と渡したい。

「どうぞ」って、優しい言葉だな。


どこかの誰かが。

まだちいさな息子に、「脱ステロイド脱保湿」をやってみようと考えた時、

私のブログを通じて、一体どんなものか知ることができたら。

効果があるとか、なかったとか知ることができたら。

こんなものが、必要だったんだと知ることができたら。


少しは勇気がでるんじゃないかと思って。

「はい、どうぞ」の気持ちをこめて、ブログにアトピーライフの情報を書こうと思う。


■しかし、「かく」で、変換キーを押すと、


「書く」ではなく、「掻く」になる、この悲しみ。よよよ。びば、アトピーライフ。

AD

コメント(4)