アドラー心理学「勇気づけ」の子育て・HeartySmile

もと小学校教員、2児の母、心理カウンセラー、子育て講座講師の勇気づけママがアドラー心理学をベースにした「子どもの自信とやる気を引き出す方法」をお伝えします☆


テーマ:

こんにちは。原田綾子です。


>普段ゲーム大好きな長男も、

>ゲームのことは一回も思い出さなかったとのこと。
>それだけ自然や仲間との生活には魅力があるだなー。


そんなご感想をいただいた八ヶ岳親子塾。

今日はレポその3です。

>>八ヶ岳親子塾2014レポ1
>>八ヶ岳親子塾2014レポ2~体験活動でつく力~




自然の中、仲間たちと過ごした3日間。


小雨で予定より外で過ごせなかったけれど

それでも限られた時間、

子どもたちは自然の中に溶け込んで

たのしそうに過ごしていました。





子どもたちの弾むような声。

エネルギーあふれる姿。


その姿は

好奇心のかたまり。



でも、自分の意志と関係なく、教えられ、学ばされると

(強制的になった瞬間)

子どもは意欲を失っていきます。



子どもは、もともと

自分で自分を教育していく力を持っています。


教えたり学ばせるよりも

子どもが自分から進んで学びたがる環境を用意し、

見守りながら、その子の発達段階に合わせて

サポートすることで、

その子の無限の可能性が引き出されていきます。





名前を覚えたホタルブクロの花を

デジカメで撮影!


嬉しそうに見せてくれました。



子どもは学びたがっています。


繊細なスポンジのような吸収力で

いろんなことを学びたがっています。


本来、

勉強嫌いな子どもはいません。


力いっぱい遊ぶことから

力いっぱい学べるようになるのです。




雨が強くなり部屋の中へ。


理科の体験授業。

「音」の振動について学びました。


真剣に話を聴く子どもたち。


勇気づけがベースの授業。

子どもたちも鏡のように勇気づけで返してくれます。



夢中で作業をしています。



この集中力。


集中しているときは

なるべく話しかけないように・・・^^



実験開始。


自分の立てた予想とどうかな?

ワクワクドキドキ・・・


聞こえるかな?




そこにあるのは「生きた」学び。


発見と感動に子どもたちは楽しそう。





そんな姿を見ている私たち大人も

しあわせな気持ちに。


そこにいるだけで、笑顔見せてくれるだけで

わたしたちはたまらなく幸せになる。




生まれてくれてありがとう。

わたしたちと一緒に生きてくれてありがとう。


忙しい日々、
そんなことも忘れてしまいがちになるけれど

高原の中でゆったり過ごしていると

あたりまえのようなことに感謝したくなる。





仲間っていいな。

ずっとつながっていけたらいいね。


大きくなっても勇気づけ合える仲間。




わたしたち親も、あなたが生まれてくれたから

「勇気づけ」と、お母さん達と出逢えたよ。




初めて会った仲間とも

すぐに打ち解けられる。


わたしたちは「勇気」を持っている。

生まれながらにね。




そして、お母さん以外の大人にも

たくさん勇気づけてもらいました。




お母さん以外の「お母さん」に

髪の毛結んでもらったよ。

うれしいな。


たのしい1日目もあっというまに終了。



いい夢みてね・・・おやすみ。

かわいい子どもたち。



~レポ4に続く~


毎日がんばっているお母さんを応援したい!!

お母さんの心のコップが勇気のエネルギーでいっぱいになりますようにドキドキ

子どもの「自信」と「やる気」をぐんぐん引き出す本/原田 綾子

¥1,449

Amazon.co.jp




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勇気づけの親子教育専門家:原田綾子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります