こんにちは。勇気づけママ原田です。


今日は私と次女の誕生日です!あの壮絶出産からもう1年・・・今日は感慨深い1日になりそうです・・・。



昨年の今日の早朝、かかりつけの産院で検診後、異常なしと診断されたにもかかわらず、病院のトイレで突然大出血。そのまますぐに救急車で大学病院に運ばれ、緊急帝王切開に。


胎盤早期剥離が始まっていたのです。1分2分が命とりになってしまう危険な状況に生きた心地がしませんでした。


体が冷たくなっていき、息も苦しく、不安で不安でしかたのなかった搬送中、ただただ祈ることしかできなかった。


夫も、先生も「きっとだいじょうぶ、きっとだいじょうぶ・・・」そう言い続けてくれた。



救急車を呼んで、次女の誕生まで約20分。病院の連携や医師やスタッフの方達の迅速な対応で、娘の命は救われました。


手術台の上で麻酔からさめた私は「赤ちゃんは?赤ちゃんは?」と、泣きそうになりながら先生に何度も聞いていました。


「赤ちゃん無事ですよ。NICUに行ったけどね、生まれたとき、元気に泣いたよ。」そう言って、全身麻酔で意識のなかった私のために、生まれたばかりの次女の写真をデジカメで撮ったものを何枚も見せてくれました。


32週6日で生まれた小さな小さな命。1928gでした。




もう、生きているだけで本当にシアワセだということ。

今までの自分の悩みなんてチッポケだということ。

人は皆誰かに支えられて生きているということ。

当たり前すぎて気づかないことがいっぱいあるということ。


当たり前のような、とてもシンプルなことが実はとてもすばらしいことだということ。


夕暮れ時の夕陽の差す病室でそんなことを、ずっとずっと二人で話していました。



>>生まれてくるって、生きているって本当に奇跡。



自分の記録のために、ちょこっとリンクしておきます^^生まれたときのこと、ずっと心に焼き付けておきたいから・・。

2009.10.16 素敵な誕生日プレゼント

2009.10.18 昨日初めての対面

2009.10.18 点滴が抜け、60m歩いてみる

2009.10.19 富士山からも勇気づけ
2009.10.21 涙が止まらない・・・
2009.10.23 やっと抱っこすることができました

2009.10.24 生まれて初めて自分の口で

2009.10.26 NICUからGCUへ!

2009.10.28 小さな手

2009.10.31 初授乳

2009.11.1  きょうだい、やっと初対面

2009.11.21 祝☆次女退院

支えてくれただんなさんも、どうもありがとう。





にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ  人気ブログランキングへ


コメント(28)