モーレツ!原恵一映画祭in名古屋のブログ

10月21日 第4回 モーレツ!原恵一映画祭in名古屋
 『狐夜話』『クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡』
12月15日 第1回 原恵一の「この映画を観ろ」
 『オン・ザ・ロード』(和泉聖治監督)

無事終了致しました。
次回、第5回をお楽しみに!

Twitter @hara_eiga758

テーマ:

第4回 モーレツ!原恵一映画祭in名古屋

そして

番外編 第1回原恵一の「この映画を観ろ」

無事終了いたしました。

ご来場いただいた皆さま、ご支援いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

 

原恵一監督

 

2017年は「ロードムービースペシャル」という裏テーマのもと、

原恵一監督長篇デビュー作『クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡』

原恵一監督イチオシ作品、和泉聖治監督『オン・ザ・ロード』

という、二本の傑作ロードムービーを上映いたしました。

 

また、第30回東京国際映画祭さんでの原恵一監督特集にあやかり、

原恵一国際映画祭」と銘打ちました。

 

 

まず10月21日に、第4回 モーレツ!原恵一映画祭in名古屋を開催。

 

第4回のチラシ

 

10月21日のシネマスコーレ

 

今回の目玉として、原恵一監督の学生時代の卒業制作作品『狐夜話(きつねよばなし)』も上映いたしました。

原監督によると、映画館のスクリーンに映写されるのは初めてだということです。

 

 

『狐夜話』のタイトルカットと1シーン

※無断転載禁止

当ブログは原恵一監督本人より使用許可をいただいてます

 

 

そして今回も、Cafeスコーレさんを借りた原恵一監督展示会を実施しました。

あいにくの雨で、なかなかお客さまにゆっくり見てもらうことができず。

次回、もっと見やすくできるようにします!

 

第4回の展示@Cafeスコーレ

 

今回更にボリュームアップ

 

 

第4回のパンフレットには、原監督×矢島晶子さんトークの書き起こし収録!

 

定刻通り、『狐夜話』『クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡』を上映。

おかげさまで満席でございました。皆さま本当にありがとうございます。

 

上映後にはお待ちかねのトークイベント。

今回も、ゲストに原恵一監督をお迎えいたしました。

いつものように、山本屋で味噌煮込みうどんを食べてからの会場入り。

シロと一緒にご登壇いただきました。

 

ぬいぐるみですよぬいぐるみ!

 

上映作品『狐夜話』『クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡』について、色々とお話ししていただきました。

Q&Aも大盛り上がり。

皆さまの質問はいつも素晴らしいものばかりで、本当にありがたいです。

 

トークの内容は、こちら↓の記事に抜粋してまとめていただいてます。

情熱の映画祭は、夜ひらく【第4回 モーレツ!原恵一映画祭 in 名古屋】

レポーターはお馴染み、原恵一映画祭専属ライター高橋アツシa.k.a.麟太郎さん。

今回も爆速で記事アップしていただきました!

 

またいつものように、次回のパフレットにトークの全文書き起こしを掲載予定です。そちらもお楽しみに!

 

お客さまとのQ&Aのあとは、プレゼントじゃんけん大会。

今回の景品も凄いですよ。

原画の末吉裕一郎さんと背景美術の中村隆さんサイン入り『暗黒タマタマ』ポスター2種、スタッフ自作の「原恵一国際映画祭」ポスター、

そして『暗黒タマタマ』スペイン版ポスター!

激レアポスター大放出しました!勝ち取った皆さま、おめでとうございます!

 

展示用に取り寄せたら2枚入っていたので

 

トークの終わりには、番外編で上映する『オン・ザ・ロード』(和泉聖治監督/82年)について、熱く熱くオススメしていただきました。

 

「やっぱり凄い映画だ!」

 

トーク後にはサイン会。

今回、新たな試みとして「原恵一監督アイドル化計画」を始動しました。原恵一国際映画祭ですからね。

ということで、原恵一ブロマイドを販売。

 

無駄に種類豊富

 

子曰、此者共馬鹿也

 

売上は100%原監督へ還元というオールクリーンシステム。

サイン会では、サインは1品まででしたが、ブロマイドお買い求めの方にはブロマイドにもれなくサイン!

おかげさまでこちらの想定以上の数をお買い求めいただきました。ありがとうございました!

 

さらに原恵一缶バッジも。

こちらは番外編との連動企画ということで、『暗黒タマタマ』『オン・ザ・ロード』の二作品とも観ていただいたお客さまにプレゼントするというもの。

(詳細はこちら

 

オリジナル缶バッジ

 

照れる恵一クン

 

サイン会も無事終わり、映画祭は閉会。

 

参加希望者と監督とで会場近所のお店に移動して、恒例の懇親会。

予約開始10分の熾烈な参加権争いを勝ち抜いた猛者たちによる、熱い会となりました。

懇親会の様子についても、↑のライターさんによる記事に載せていただいております。

 

参加できなかった方へのプレゼント

 

監督は次の日に東京国際映画祭のイベントがあったため、一次会のみで宿にお帰りになりました。

「明日なければ二次会行くんだけど・・・」と名残惜しそうな原監督をみんなでお見送りし、

第4回は終了となりました。

 

 

そして12月16日には、【番外編】第1回原恵一の「この映画を観ろ」を開催。

 

番外編第1回のチラシ

 

12月16日のシネマスコーレ

 

第1回原恵一の「この映画を観ろ」では、展示はありませんでしたが、

Cafeスコーレの外を原恵一監督オススメの傑作映画ポスターで埋め尽くさせていただききました

 

次回の番外編上映作品がこの中にあるやも…?

 

上映作品『オン・ザ・ロード』はDVDになっていない作品。

名古屋では実に35年ぶりに、映画館のスクリーンに蘇りました。

横浜のシネマノヴェチェントさんによるニュープリントの35mmフィルムが、名古屋のシネマスコーレのスクリーンに映写されるという喜びも感じました。

「初めて観る!」という方から「当時観て以来!」という方まで、

また、「原監督のオススメなので!」と、第4回にも来ていただいたお客さまはもちろん、

「『オン・ザ・ロード』がまた観たくて」と、上映情報を嗅ぎつけて来てくださったお客さまもいらっしゃり、

多くのお客さまに観ていただくことができました。

ご来場ありがとうございました!

 

番外編も今後も定期的に開催し、原恵一監督オススメの作品を届けていきたいと思います。

 

 

ということで、2017年は計2日、3作品の上映でございました。

いずれの作品も、原恵一監督のルーツに迫る、重要な作品だったと思います。

 

 

2018年は、もしかしたら原監督の新作が公開されるかも・・・?という話です。

第5回 モーレツ!原恵一映画祭in名古屋、もし新作公開とタイミングが重なれば、大々的に盛り上げたいと考えております!

 

それではまた次回お会いしましょう。

ありがとうございました!

 

 

 

じゃそゆことで〜

 

 

モーレツ!原恵一映画祭in名古屋 スタッフ一同

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。