ノックしてからはいりなさい!


中国将ママと棋対戦中


 ちゃんとノックしてから入ってちょうだいな!

いま、ママと中国将棋の対戦中。
ママはメチャクチャ強い。
何しろ、私の師匠だから。


今まで、まぐれでしか勝ったことがない。


中国将棋は日本の将棋や西洋将棋とずいぶん違う。
ただ、敵からぶんどった駒は使えないので
西洋将棋と似てるかな。
試合も引き分けが結構多いぞ。
ときどき、こうしてママと対戦する。
いい頭の体操になる。
これまでは、いつもママにあっさり負けていた。

 でも、最近はそうでもない。
最近はママの思考時間が長くなってきた。
ふふふ、
あたしも少しずつ賢くなってきてるってこと。
ママの定石やずるいひっかけ戦術にそうヤスヤスとひっかからなくなったぞ。

ママと中国将棋対戦中!
最近のあたしはてごわいよ~!


中国将棋、ママ思考中


 だはは、
ママが必死で考えてる。
今日は、おどろくべきことに、あたしが4連勝中!
今日のあたしはサエてる。

義父:

  「日本の将棋でも、よくあることさ、
 いつも、親が勝ってて、ある日突然、子供が勝って、
 その後、親が、子供に勝てなくなる・・・一緒だ ハハハ」

ママはきっとショックだぞ。
でも、子は親を超えてかなくちゃね。

だはは、
今日は、うれしい。

さあ、さあ、 ママ、 次の一手はなあに?

AD
野ネズミの飼育

 

 昨日、2匹の子ネズミのうち1匹が死んでしまった。

前日、私がテーブルに置いたとき、元気に走り回ってテーブルから落ちた。


 ママも義父もひどくがっかりした様子。

他の野ネズミも昨夜全部逃げてしまったらしい。

とうとう、このネズミが我が家の最後の一匹になってしまった。


義父  


「誰が、子ネズミを落としたって?」


わたし  


「自分で勝手に落ちたの」


義父  


「・・・」


 でへへへ、だって、

自分のせいで子ネズミ死んじゃったなんて、後味悪いもん、

ウソ言ってないよ~だ  


 ママも義父もそれ以上、あたしのことを攻めない。

よかった。今度から気をつけよう。

でも、大丈夫か? 

こいつ、一番、弱い子ネズミだったんだぞ~


 ところで、パソコンしばらくおあずけになった。

この前、MOMOちゃんに日本語のレベルで差をつけられたので、ママは相当ショックだったらしい。

ちっ、大器晩成ってこと、知らないのママ?

早きゃ、いいってもんじゃなくってよ?

この、子ネズミ見てよ、ママのろまだったからこそ、生き延びたんでしょ?

元気のいいやつから先にくたばるの、


てか、

あたしにはあたしのペースがあるんだってばよ~

やってらんねえ、

AD

今日はショック!

テーマ:

 今日は日曜日。

北海道、苫小牧。

今日は天気もいいし、絶好のハイキング日和。

なので、ママと友達のMOMOちゃん達と、苫小牧の溜め池公園の『金太郎沼』に行った。

愛犬の『クアイクアイ』も一緒に連れていった。

広い芝生に、犬を放ち、追いかけたり、命令したりしてあそんだ。


青々とした新緑の芝生の上で走り回ったり、寝っころがったり気持ちいい。

でも、ショックなことがひとつ。

あたしは、去年の夏日本にやってきた。

日本の小学校に転入して、半年で卒業して、今、日本の中学一年生。

MOMOちゃんは、最近、中国から来たばかり。

まだ、日本の学校転入もしてない。


なのに、日本語、あたしより、ず~っとレベルが上。

ちぇっ、ショックだ~


日本の生活はあたしが長いので優越感、感じていたのに、

いつの間にか、MOMOちゃんに随分差をつけられちゃった。


くやし~くやし~、くやしい、くやしい


ママいわく

 「あんたが、毎日ゲームやネットチャットで何時間も時間を無駄にしてるあいだに

MOMOちゃんは、必死に日本語を勉強してたのよ、

だ・か・ら 言ったでしょ、 パソコンは一日1時間だけって

ゆうこと、聞かないで 遊んでばかり いるか こーゆーことになるわけ

わかった?

パソコン、壊してあげようか?

あなたのために・・・」


だって、

クッソ、むかつく~ 

でも、反論できねえ~


義父いわく

 「ま、語学なんちゅうのは、頭のいい悪いよりも

どんだけ、時間をかけたかに 比例するね、

MOMOとお前の差は、 どれだけサボッたかの違いだろうな、ハハハ」


だって

クッソ、むかつく~

でも、やっぱ、そうだろうな。


ちっくしょ、 同級生にはいくら水をあけられても平気だけど、

おんなじ、中国人の友達のMOMOだけには負けたくねえ~

クッソ、頑張るぞ、オッシヤー

AD
野ネズミの飼育

 

 ネットのブログを見た。
ペットで犬、猫の他にはハムスターなんかが多い。
うちのママはお金を払ってまで、ペットを飼おうなんて決して言わない。
家の警備犬でさえ、雑種犬の赤ちゃんを無料でもらってきた。
お礼にイチゴ1パック進呈した。
すると、
雑種犬の赤ちゃんの大好きなドッグフードを5缶もつけてくれた。
ママは当然、大喜びだったらしい。
ああ、恥ずかし。

 ところで、野ネズミを捕獲した。
ママは生き物にやさしい。
義父が溺死させようとすると、止めさせて飼うことにした。
野ネズミが赤ちゃんを生んだのでこれまた飼育することに。
何回かは失敗した。
はやく、取り上げ過ぎて、死んでしまった。
これは、3度目の正直、生後10日以上経っている。
まだ、早いかもしれない。
でも、義父が、

 「どうせたくさん育っても、
  野ネズミそんなに飼えないわい
だから、失敗しても、もともとじゃ」

といって、試験的に生後10日目でも育つかどうか、やってみることに。
まるで、おもちゃだ。
ほんもののネズミとは思えないくらいにかわいい。


野ネズミの赤ちゃん


 だはは、可愛い。
子ネズミは全部で6匹。
そのうち2匹を生後10日目で拉致した。
もし、飼育に失敗してしてしまったら、
その時点で後の4匹のうち2匹をまた拉致して飼育する。
うまく、育つかどうか心配だ。生後1~2日ではダメだった。
今回も自信は無い。自分で離乳食をなめるようになったら大丈夫。


 それにしても、かわいい。
2匹のネズミの赤ちゃんはすでにそれぞれ違いがある。
毛の色がちがう。頭の形がなんとなくちがう。
元気がちがう。性格がちがう。動きがちがう。
だから、見たらどれがどれかすぐわかる。
野ネズミはどれもこれもおんなじようで、よく見ると人間といっしょだ。
みんなそれぞれ違う。よく見たらわかる。
おそらく、6匹が全部育ったとしても、
人間によくなつくのもいれば、攻撃的なヤツもいるんだろうな。

こいつはどんな性格になるのか、た~のしみ!

ママは出張中!

テーマ:

 うひひ、

ママは3日ほど出張中!

うひひ、鬼の居ぬまになんとやらだ。

ママがいると、毎日の細かいことにああだこうだとウルサイ!

なので、ママが出張に行く何にも前から

「いつ? 何日? いつ帰ってくる?」

としつこく 確認する。


うひひ、

ママにバレバレ。

ママが細かく指示書をパソコンに貼り付けていった。


パソコンは一日一時間

毎日、日本語の単語15個覚える

お風呂はいる

朝食自分で用意して食べる

水をたっぷり飲む

果物しっかり食べる

義父のいいつけに従う


他はいいとして

「パソコンは一日一時間」

は承服できない、やってらんねえ、

指示書、ていねいに破いてゴミ箱へ


ママの出張中は私の天下

 義父 「ママの指示書は?」

 私  「読んだ、読んだ」

うひひ、

3日間、のんびり過ごせるぞ~

義父のこと

テーマ:

 義父、そうなのだ。

わたしには本当のお父さんがいる。

パパとママは7年くらい前に離婚した。

パパは北京。

私はパパと一緒に北京に残った。

ママは日本にやってきた。

ママは北京で日本人ツアーの通訳ガイドをしていた。

日本語のレベルを上げるために日本の大学に留学した。


 そこで、ママは今の義父と知り合った。

パパは大好き、でも、パパは私をかまいすぎ。

食べるものから、学校のことまで、なにからなにまでめんどう見すぎ。

可愛がってくれるのはうれしいけど、

わたし、なんだかパパの期待に応えられないみたい。

学校の成績もパッとしないし、

わたし、わがままだし、

パパのいうこと聞くのに疲れちゃったみたい。


 夏休みと冬休みに何回かママのところへ遊びにきた。

日本の小学校へ体験入学もさせてもらった。

ママは義父と結婚していた。

ゆるせない、そんなこと。

でも、ママはホントに義父のこと好きみたい。

ママと義父の間にはいってジャマをした。

なんとか二人を分かれさせて、ママを北京のパパのもとへ連れて帰る。

でも、無駄だった。


 今は、あきらめた。

ママはパパとゼンゼン違ってめちゃくちゃ厳しい。

よく、殴るし、よく蹴るし、よく怒る。

パパは絶対そんなことしない。

でも、ママのほうがいつも本気で自分をごまかさないで体当たりでくる。

いつも、怒るとき、真剣だ。

パパのやさしさもいいけど、ママの怖さのほうがなんだかホンモノって感じがする。

あたしに嫌われることなんて、なんとも思っちゃいないみたい。

まるで遠慮ってものがない。

ママとケンカするとき、あたしもマジできれる。

パパとはかわいそうでマジぎれでケンカなんてできない。

でも、ママとはホンネでとことんケンカできる。

 

 いつもあたしの負けで泣いて終わりだけど、

ケンカして泣いたらいつもスッキリする。

だから、ママと一緒の方がいい。

うそ、いつわりなしでいられるもの。

ありのままの自分でいられるのってスゴク気分いい。

言いたいときに言いたいことを言いたいだけ言えるのって最高なの。

ママと一緒だといつもホントの自分でいい。

いい子ぶったりしないでいいってこんなにステキ。


 義父がジャマだけど、

義父って不思議だ。

パパやママともゼンゼン違う。

中国人にこんなタイプの人いないみたい。

ひどく、寛容で、おおらかってのは解るけど、怒ることないの?

あたしはなんとか、この義父を怒らせて、ママと分かれさせようしたけれど、

あたしが何をしてもこの義父を本気で怒らせることできないみたい。


 学校から帰ったら、義父の頭をカバンでスコーンとなぐる。

義父はうれしそうに笑うだけだ。どんな嫌がらせをしても、

「この子の愛情表現はきついなァ」

とかいって、むかつく。


ところで、今はママとあたしと義父と3人で川の字になって同じベッドで寝ている。

お風呂も3人一緒に入る。

義父もママも丸出し。

なので、あたしも丸出し。

義父が

「だんだんママとおんなじになってくるな」

と、あたしの胸や股間のもじゃもじゃをママと見比べながらいう。

義父ったら、グロテスクな下半身を隠しもせずに歩きまわる。

こんな生活にあたしも、すっかり慣れっこになってしまった。

義父もママもあたしがお年こ゜ろの娘ってことにまったく関心ないみたい。

こんなとこ、北京のパパが見たら、激怒しちゃうわきっと。


 義父をなぐるとママがメチャおこる。

かといって義父と仲良くするとママがやきもちをやく。

最近、義父のことちょっぴり好き。

でも、ママにバレるとママがやきもちやくので絶対秘密。

義父はでも、50過ぎの老人。

なのに、つい、ちょっかい出してしまうわたし。

今日も、義父の頭をどついてる。

だって、気持ちいいんだもん、義父をどついたり、蹴ったりするのって。


 義父はカッコ悪い。

ママのいいなりに汚い、安い、もらい物の服を平気で着てる。

カッコつけたり、いいふりとは無縁の男だ。

見えをはったりも全くしないどころか、必要以上に自分をカッコ悪く見せてる。

穴のあいた靴下ぐらい、いいかげん取り替えたら?

破れたたシャツなんて捨てちまえば?

お客さんの前に出るとき、髪ぐらい整えたら?

よっぽど、自分に自信あるんだな、それとも開き直り?


 でも、義父と一緒にいて気持ちいい。

ありのままのわがままで聞き分けのない、だらしない自分でいられるもの。

いい子ぶったり、カッコつけたりしなくていいし、

学校の成績が悪くても、

「ふふふ、成績表なんかで人の価値は評価できっこないよ」

と軽く一笑してくれるし。

そんな義父とママと一緒にいて、あたし幸せ。


今日はママの誕生日

ついでに日本では今日は母の日


パソコンでゲームをしていると

義父が目くばせをした

ママは電話中。

なにごとじゃ?


「今日はママの誕生日だろ!」

「は、そうじゃ、そうじゃ」


「出かけるぞ!」

「うん、ちょっと待って!」


てな、わけで電話中のママに

こっそりかくれて

義父と二人で

買い物にでかけた。


もちろん、ママへのプレゼントを買いに!


「今年は偶然、母の日ママの誕生日一緒だ」

と義父。


義父、いいとこあるじゃん、

わたし、すっかり忘れてた


カーネーションと

ママの好きな果物や食べ物を買った。


「ママ、ハッピィバースディ、お誕生日おめでとう!」


ママはたいそうよろこんだ


「誰が、発案者?」

と、ママの質問。

「あたし、あたし、」

と、


今日は最高の日曜日でした。

そろそろ、北海道も暖かくなってきた。

長い髪はうざいので、短くしたいな。

なので、今日はイメージチェンジに床屋にいった。

理容室ではない床屋だじょー。

ママが理容室は高いから床屋に行きなさいって。

やってらんねえ。

義父のよく利用している床屋だじょー。

大人1500円。

中学生1000円だって。

ママが大好きなハズだ。


お客さんは10中8、9男ばっかりだじょー。

たま~に学生の女の子がいるだけだじょー。


でも、いいんだ、あたしはやすものでだいじょうぶ。

こんなことにとやかく言ったりはしない。

要は、自分の気にいったようにカットしてくれればそれでいいし。

床屋のお兄さんにカタコトの日本語であれこれ注文をつける、エラそうだじょー。

はいっ、はいっ!」

だって、気分いいぞ~

どうせ、1000円の料金だし

たいして期待もしてないじょ~。


無事、終わったじょー、どうなることか、なにしろ1000円だしと、心配したじょー。

1000円にしてはじょうできだ。

前髪を少し短くしたので

なんだか、活発な気分になったぞ。

鏡を見るのが楽しい。


義父とママが

「あれ~、どこのお嬢さんでしたか?」

だって、

ふざけんてんじゃねえ。

でも、褒められて悪い気はしないじょー。

乙女って型や着る別人だじょー。

化粧覚えたらもっとすごいんだから。

今日は家庭訪問の日

テーマ:

今日、うちに担任の先生がやってきた

ママも義父もえらくビクビクしているぞ

ママも義父も 『女王の教室』の見過ぎだぞ

やさしい先生だから

だいじょうぶ


先生の車がやってきた

ママが

「はやく、お茶の準備しなさい」

「さ、おまえも一緒に来なさい



先生はママ達に会いにきたんだろ~っちゅうの

それに、あたしがお茶を入れるの? ったくもう。

あたしは毎日学校で会ってるっちゅうの

無理矢理、先生の前にひきずり出された


ママよりも義父おしゃべりだぞ


義父

ろくに日本語もしゃべれず、クラスの足を引っ張って申し訳ない」

「家では、ろくに勉強もせず、パソコンでゲームばっかやってるし・・・」


よけいなこというな、義父!


先生

「学校では、おとなしくて、やさしい問題の無い子です」

義父

え~っ! そうですか?」

「ウチじゃ、すごいですよ~ 、ウチ弁慶か~お前は!」


よけいなこというな、義父


先生

「数学の問題とか、日本語の質問の意味がわかれば解けると思います。」

「日本語の聞き取りと会話がまだ問題があります。」

「日本語を学校だけでなく、家庭でもしっかり勉強されたらいいと思います。」


ママ

「わかりました。これからガンガン、朗読や会話の練習させます」

義父

「悪いことをしたらガンガン怒ってください。」

「私達のことはHP(http://members.goo.ne.jp/home/haq1234 )に書いてます。

よかったら覗いて下さい。」


よけいなこというな義父!


無事、先生が帰られたぞ、

冷や汗が出たぞ

義父ったら先生になにを言い出すかわかんねえ

人間、わからないことがたくさんあったほうが、奥深いってこともあるんだぞい

なんでもかんでもしゃべんじゃねえっての


やってらんねえ、ったくもう




やってらんねえ

また、ママからパソコン禁止令喰っちまった

中学校にはいってからやたら宿題が多い

んで、学校から帰って、チョコットは教科書開く

いくら、中国人でも、まさか

日本語わかんないもん、ではすまされめえ

白紙のままワークブック広げて

わらわれるのもくやしい

こう見えても、負けん気はある


でも、やっぱり

ゲームのほうがいい

最近はネットチャットにも少々食傷気味

なので、

もっぱら

対戦ゲームに夢中

やり始めたら

やめられねえ


んでもって

ママ

日本語の勉強しないなら、中国のパパのとこ返すって

なんとかの一つ覚えみたいに言い出す

やれやれ、


はやく大人になりたいな

そうすれば、

仕事はしなくちゃ、なんないけど

自由時間ぐらいは

好きなことして

べるでしょ


たとえば、義父なんか

まいにち、まいにち、2~3時間パチンコ行ってるぞ~

パチンコどんなとこかわからないけど

めちゃくちゃ楽しそうだぞ

いつも

義父は 嬉々として 家を出て行く

帰ってくるとき 機嫌いいはときどき、機嫌悪いは多い・


あたしも毎日、パソコンで遊びたいぞ、やっぱり

ママ、

義父が毎日パチンコならあたしは毎日パソコンだ、やっぱり