りんごの無印日記

Bald ist es Zeit die Lasten zu legen.


       


テーマ:

アルチンボルド展 @国立西洋美術館

 

自分の目で見たかった絵が来日と知り、

人混みが苦手な体質ですが、電車を乗り継いで行ってきました。

毎度のことながら、新宿乗り換えの際、クラっときましたがあせる

 

 

だまし絵企画は、夏休みあるあるですが、

今回は、夏休みなんぞない淑女や紳士もクールに楽しめる、

大人な構成でしたグッド! (個人的見解ですw)

 

 

私が注目したのは、野菜ソムリエに合格したばかりということもあり、

野菜と果物で構成された肖像画。↓

それぞれの素材が、いちいち精密~っ!

グロくて滑稽で、でも、サクランボやベリーなんかはチョット可愛いんですよ。

後頭部がカボチャになっていることに悪意はあるのか?なんて勘ぐったり

色んな感情が、カオス。

 

耳のあたりに描かれているナスやトウモロコシは、

大航海時代にあって、アメリカやアジア、アフリカから伝わった野菜で

相当珍しい野菜だったということで、

当時の人はこの絵を見て、「なんじゃこりゃ?」的な衝撃を

現代人よりも受けたのだろうなー、と思いを馳せた。

 

いやはや、

感心するのを通り越すと、笑けてくるようです。

凄い作品でした。

 

 

鑑賞後は、上野駅のジューススタンドで、

ベータカロチンを摂取。(ニンジンジュース)

 

家に帰ってwikipediaを読むと、アルチンボルドの命日(7月11日)に

観に行っていたことに、偶然と運命を感じちゃいました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

字が下手。

数年前から、ドリルで練習したり、ペンの持ち方を変えたり

筆記具を変えたり、毛筆を練習したり。

おかげで、きれいな字だねと言われることもあったのに。

なぜか最近になって、字が震える震える。

「書痙(しょけい)」です。

 

本を3冊読んだ。

 

 

 

 

 

書痙は、人前で上手に字を書こうとする自意識過剰から出発している場合が多く、

書痙者は普通の人より字が上手な傾向がある。

そこでまず、上手に書こうというこだわりを捨てるべきであって、

文字が震えても内容が相手に伝わればいいのだという気持ちをもって、

震えて字を書くところを人に見られたらどうしようという不安を「あるがまま」にしながら、

積極的に文字を書いていくことが大切である。

字ではなく書いた内容を伝える」という態度をとってゆけば、

軽度の書痙は治癒することが多い。

と書かれていた。

 

アナ雪ブームで、「ありのまま」というフレーズをよく耳にしたけれど、ピンとこなかった私。

森田正馬さんの、「あるがまま」という言葉は、腑に落ちた。

山がある、海があるの「ある」。

 

書痙を治したいと探し当てた本で、

悪筆を必死で治そうとすること自体が、震えを招き、

更には悪化させていたというパラドクスを目の当たりにするとは。

 

 

自分を顧みると、鈍感で大胆な一面もある反面、

先まわりして「不安」を作り上げてしまうような神経質な面もある私。

森田さんの、「あるがまま」「 不安常住 」という言葉をいつも心の片隅にと思った。

「不安常住」とは、 心配や不安があることこそ平常心。

打ち消そうとせず、「あるがまま」でいればいいということらしい。

 

気持ちが固定観念にとらわれたときは、「即」をつけて考え直してみようとのこと。

「煩悩即解脱」「煩悩即菩薩」「雑念即無想」というように。

「即」はイコールに置き換えると 分かりやすい。

 

ちょうど、先月のNHK『100分で名著』の『維摩経』の、「空の実践」と通底していました。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

池谷裕二さんも中野信子さんも、テレビで好印象を受けていたので

脳だけでなく、お二人のことも知りたくてこの2冊をチョイスしました。

茂木さんゴメン(笑)

 

 

「良い妄想をする」といいらしい。
年齢を重ねるごとに、現実的なことばかり考えて不安になってしまう。
老後の住まいとか資金とか。。。。
なので、騙されたと思って、最近は良い妄想をするようにしています。
すると、絶望しなくなってきたような気もします。
これが脳のクセなんでしょうか(笑)

不安との付き合い方や、自分なりの「しあわせのものさし」を持つことなど、
分かっちゃいるけどどうしたらいいの?と、もがいていた感情が少し整理されました。

 

他人の意見や一般的な価値観 に影響を受け、そのまんま行動して

不運な状態を招くのではなく、自分なりに咀嚼して、歩いていこうと思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今は40代ですが、どんなもんかと読んでみました。

 


2週間ほど前から、ブログとは別に、
寝る前に手書きの日記をつけています。

なぜかというと本書に、
日記の初めの一行に、「今日もいい一日だった」と書いてしまって、
そのあとを続けると本当にいいことが起こったと感じられるようになってしまう、
と書いてあったのです。

「今日もいい一日だった」で書きだすと、
ケンカしたことでも、本音で有意義な話し合いができた、と思えてくるらしい。

使っていない捨てるに捨てられなかった大学ノートも消費できるし

やってみることに(笑)

これがなかなか楽しい。

ダラダラ過ごしてしまった日も、
「今日もいい一日だった。体を休めることができて明日への活力を養えた。」
なーんて書くとあまり引きずらないような(笑)。

ネガティブ思考に陥りがちな性格なので、

お手軽な、処方箋となりました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月のNHK100分で名著は、陳寿の正史『三国志』でした。

 

フィクション性のある『三国志演義』を土台とした『三国志』とは

ニュアンスが違うところに、一喜一憂しながら、テキストも放送も楽しみました。


漢王朝を倒し帝位を奪ったこともあり、イメージ悪しの曹操ですが、
指南役の渡邉さんの解説で、ちょと見直しちゃいました。
儒教一辺倒の時代に、別の信仰の集団を受け入れ自らの精鋭部隊にしたり、
後に日本の租庸調の元になる屯田制を実施したり、とても革新的な人物でした。
諸葛孔明がいなくてもそんなに変わらないけど、曹操がいなかったら
その後の時代は全然違っただろうと渡邉さんも言われていました。

小説版三国志での、呂布と董卓の恋バナや、赤壁の戦いにおける10万本の矢などの名場面が
実は創作であったことにショックを受けましたが、

頭も良くてイケメンな呉の名士「周瑜」は、正史でも美男子だったと記されているそうで、

嬉しいショックも受けました(笑)

 

でもやっぱり、映画「レッドクリフ」見ると、諸葛孔明を好きになってしまうんです。

単純不純な理由で大変お恥ずかしいのですが、

金城武さんが演じているからです(///∇//)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

川上和人さんの『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』を読みました。

 

数年前に、川上さんの『鳥類学者、無謀にも恐竜を語る』を読んで

「この人、好きだー」と思ったことをハッキリ記憶しています。

 

先月、TBS「久米宏のラジオなんですけど」を聴いていたら

ゲストが川上さんでした。

お喋りも面白い!

年齢も近いし、大阪出身だし、ますます親近感。

新刊が出たとのことで、これは!と買いました。

 

駄洒落とも、おとぼけとも違うウィットに富んだ文章の間に、

鳥類、人間、その他、生とし生けるもの、

時には架空の生命体の不思議、謎が散りばめられていました。

楽しい本ですニコニコ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

清楚な白い花に感動したのも束の間、

今度はマッチョな実が育ってきました。

ギャップ萌えします。

 

 

ピーマンの肉詰めにするべきか、

チンジャオロースにするべきか、

それが問題だ にひひ

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ビジネスマンの必読書、「ドラッカー」を読んでみました。

 

去年の夏まで働いていた会社で頂いた本。

もう転職して全然違う職種だし、読まずにブックオフへ売るつもりでしたが

なにかの縁かもしれない気もして、面白半分で読んでみました。

 

ビジネスシーンにおいてだけでなく、生き方のヒントにもなる名言も多く、

スルスルと惹き込まれました。

「目標には日付を入れろ」とか 「既存のものは古くなる」 とか。

 

 

閑話休題にあった、「ドラッカーは悪筆だった」というのが嬉しかった。

「私と同じーーーー!」って(笑)

ただし、ドラッカーの場合は、

「字を練習するために時間を費やすより、その時間を勉強に使いなさい」と、

天才ぶりを発揮していた少年ドラッカーに、思わず先生が言った話なので、

私とは全然違うんだけどね(笑)

 

 

ここ最近の、私の悪筆にまつわる話(結構悲惨)は、

まだ続きがあるのですが、それはまた今度にします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この度、野菜ソムリエ(旧ジュニア野菜ソムリエ)になりました

 

 

 

満点合格を目指していましたが、

ベジフル入門で痛恨のミスをしてしまいました。

く、悔しいですっ

 

 

 

テレビで女子アナやスポーツ選手の奥様方が、

野菜ソムリエを取得して話題になっているのを、

「ふ~ん。それで?」

などとシラけて見ておりましたがw

いざ勉強してみると、至極ためになる内容でした。

今まで、ごめんなさい!

と、性格も少しよくなったところで、

これを機に、ヘルシー美人キャラでいきたいところですが、

やっぱ無理ですよねー(笑)

(鏡を見ながら)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨夜は、何年ぶりだろう、長電話。

 

相手は、中学の水泳部の友達。

20代、30代と、お互い紆余曲折あり、会ったのは数回だけ。

ところが、急に電話をくれたのでした。

嬉しくて、楽しくて、懐かしくて、大笑いして、

「ありがとねー」

と二人して色んな意味を含んだ涙で、電話を切りました。

 

彼女が話した思い出話に出てくる私は、

今、自分が自覚している小心者の私とは違いました。

 

 

いつか親が死んだら、大阪へ帰省することはないのだろうな、

と思うことがある。

将来は夫の出身地の広島に住むか、今の神奈川のままか。。。。

それが、昨夜の思いがけない電話で、

ずっとこの先も、大阪へ帰って会いたい人がいること、

私って、けっこう大胆だったんだ(笑)ということ、

に気付かされました(^-^)

 

 

1週間前に漬けた梅酒。

梅が浮かんでキタ~♪

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。