りんごの無印日記

       


テーマ:
兄の暮らす東北へ、一人で行ってきました。

東北新幹線は、車内での切符の確認がなかったり
車体にピンクのラインの秋田新幹線と緑色のラインの東北新幹線が
連結していたり、西へ向かう新幹線では見ない光景に、ワクワクしました。


大宮から乗車して、仙台へ。1時間ちょっとで到着。
もっと遠い所だと思っていたので、東北は案外近いものだと目覚めました。


仙台駅で、名物の「ずんだ餅」♪

青々とした枝豆の餡が爽やかです。 
添えつけの塩昆布を箸休めに、なんぼでも食べれそうですにひひ
器も豆の形で可愛らしい。思わず裏返すと、「橘吉」の刻印があり、ちょっと欲しく
なりました。



胃袋も旅情も悦に入ったところで、移動です。

仙台から仙石線に乗って、約1時間。「石巻」へ。


改札前に仮面ライダー。 行っていませんが、石ノ森萬画館があるようです。

石巻では、ある会社の工場見学をさせて頂きました。
撮影はNGだったので画像はありませんが、震災後に復興した施設や
そこで働く人たちの笑顔と、その奥にある逞しさや優しさに感銘を
受けました。なにか世界が広がったような気がします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
同じテーマ 「」 の記事

テーマ:
去年8月~10月は、遠方の義実家のことで色々とあり、涙を流さない日はなかった。
最近知ったのですが、涙は血の赤い成分をこしたものらしい。どうりで、しんどかった。。。(笑)
でも、そのおかげで自らを顧みることや、目を背けてきた将来のこととも向き合えたので
人生の中間決算だったのかも? と今は感謝しています。

そんなこともあって? また題名に惹かれ、以前は全否定していたこんな本を読んでみました。

『40代にしておきたい17のこと』
 本田 健:著


読後、ネットで検索したら、著者に対する怪しい噂もありましたが、それはそれとして
本書では、自分の中でモヤモヤしていた気持ちが言語化されていたので、なんか気持ちが
整いました。整うと爽やかになれ、次へ進もうと思えるから不思議です。
錯覚かもですが、まーいいやにひひ




以下、「40代あるあるメモ」メモ

◎自分が平凡な生き方をしていることに落ち込む。
  → 平凡な自分、ちっぽけな自分をいったん受け入れて、こんなはずじゃなかったという思いにとらわれて、いまある幸せを台無しにしない。


◎人生のガソリンが切れかけてくる時期である。
  →積極的に身体や心を休め、疲れを癒してワクワクするエネルギーを取り戻す。犠牲的に働いて燃え尽きるのとワクワクのエネルギーを取り戻せる人では人生の後半が雲泥の差。


◎頼る立場から頼られる立場に親子関係が逆転。

◎あって当たり前、持っていて当たり前のものが失われはじめて、その価値を知る年代。

◎お金との関係どれがいい?・・・①お金の奴隷 ②お金の主人 ③お金の友人
   →③のお金が自分のやりたいことを応援してくれるという関係がいい 。


◎相手に多くを求めはじめてしまう。
   →パートナーが、自分を幸せにしてくれるべき人だと思ったら、そこには失望、怒り、恨みしか生まれない。幸せの意味、愛の意味を教えてくれる人なのだと思うこと。


◎20代、30代にはコンプレックスや競争心が強すぎてみえなかったものも見えてくる。
  →見過ごしがちな、家族、友人、仕事、住まい、持ち物に感謝を。


◎苦しい時。
  →「これも何か意味がある。きっと将来のプラスになる」くらいの感覚で淡々とやり過ごすようにしよう。


◎感情は人生をコントロールするほどのパワーがある。
  →人生を感情で台無しにしないようにせねば


◎怒りは理解されていない、感謝されていない、尊重されていないと思うから起こる。怒りの下にはたいてい悲しみがある。自分が受け入れられていないという悲しみが怒りに変る。
  → 湧き上がる感情を冷静にみて、「自分が受け入れられなかっただけだ」ということに気がつくことが心の平安へのスタート。「気付く」ことが大事。



予習のために、『50代』バージョンのも読みました。
雑感はまた今度、書けたら書きますにひひ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

『生きるのが楽しくなる15の習慣』 
  日野原重明:著


日野原さんは、現在104歳で現役医師。

少し前にテレビで、日野原さんと、103歳の美術家・篠田桃紅さんの対談を見て
とても気になる人でした。

日野原さんは、「成人病」という言葉にずっと疑問を感じ、
「生活習慣病」という言葉を世に定着させた。

高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満などを「成人病」と称してしまうと、
加齢だから仕方ない、と開き直って危機意識が持ちにくいものですが、
「生活習慣病」と称すると、食生活、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の習慣を
改善すれば、予防や回復ができる、と本人が意識できる。
今や当たり前に使っている「生活習慣病」という言葉が、多くの人を病気から
未然に防いでいるともいえる。
当たり前(スタンダード)に気付いて作る人って、凄いです。



「良くなろう」と思う心、好奇心と興味は心の若さの象徴、感動する、出会いを大切に
腹八分より少なく食べる、歩く、率先して明るく生きる、自分を好きになる、などなど
病気になったときも、精神的に思い悩んでいるときにも肥しになるお話がたくさん書かれて
いました。

こういう人生の先輩の声に耳を傾けると、とても希望が持てて、元気になります。
テレビと本でですが、日野原さんに出会えてよかったニコニコ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。