NEW !
テーマ:


ナイトミュージアム3 エジプト王の秘密』を観てきました~(^-^)/

振り返ると、映画館で映画を観るのは約3年振り。
どうりで、チケットを買うのも、上映前に15分もあるCMや近日公開の映画予告も
とにかく新鮮で、ワクワクするはずです。
ただ、「録音録画は犯罪です!」のイメージ映像が、妙に道化な演出で、不気味に感じたのは
私だけでしょうか。


舞台は、ニューヨーク自然史博物館からロンドンの大英博物館へ。
今回も展示品が動きだし、冒険します。筋は極めて単純なんですが面白かったー!
そのわけが、最近読んだ寺田寅彦の随筆の一節にあったので、早速、引用です(笑)。

人が見ているのは実は筋ではなくしてシーンであり、あるいはシーンからシーンへの推移の
呼吸である。(中略)アメリカ喜劇のナンセンスが大衆に受ける一つの理由は、つまりここに
あるのではないか、有名な小説や劇を仕組んだものが案外に失敗しがちな理由も一つはここに
あるのではないかという気がする。

『俺たちフィギュアスケーター』に感動したことは誰にも話せませんでしたが、問題なしですねにひひ
また、過去に原作がよかったから映画も観たら失敗したと思った映画も、寺田寅彦のおかげで
少し気持ちが納まりました。



話がそれましたが、テーマは、マイブームの「古代エジプト」。
小道具の石版に描かれたアテン神をあらわすヒエログリフ文字や、
さりげなく、ミイラにする過程の内臓の話や、出エジプト、太陽信仰や
北極星信仰など、演出や台詞に暗示されるものがあって、ニヤニヤしちゃいました。


ルーズベルト大統領を演じたロビン・ウィリアムズの最後の映画でした。
エンドロールに、ロビン・ウィリアムズに捧ぐとても短い言葉が流れました。
原文は見逃しましたが、字幕では、ご冥福をお祈りいたします的な定型文ではなく、
ロビン・ウィリアムズと彼が演じた役の両方への感謝や尊敬や悲しみや哀悼の込められた
言葉でした。私の意図し過ぎかもしれませんが。
私はロビン・ウィリアムズのことは、このシリーズの映画でしか知らないのですが、
胸に響くものがありました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


『寺田寅彦随筆集 (第2巻)』 (岩波文庫)


寺田寅彦は、漱石の『吾輩は猫である』に出てくる、異才と異彩と偉才のある理学士、
水島寒月のモデルとなった人です。

理系目線で、世の中のことが観察されています。理系目線というと
冷たい印象ですが、逆に、その作為の少ない叙述に、おもしろみがありました。
凄い人というのは、やっぱり滑稽さも持ち合わせていているみたいです。

猫、映画、浮世絵、芥川龍之介、化け物、電車の混雑考など、馴染みのある事柄が
広い視野で、ちょっとマニアックに語られていました。
作者の面白い話や言葉を、引用したり真似たりすることが今後あるかもしれません。
真似したいっ!(笑)
影響を受けた私は早速、寺田寅彦が電車の中で度々読んだという本を読みました。
なんだか嬉しい不思議な気分になりました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

『ローマ人の物語2 ハンニバル戦記』
 著:塩野 七生  (新潮社)



「歴史書」ではなく、「物語」というだけあって、流れの中で、塩野さんの鋭い指摘や、
時には妄想(?)がビシバシ響いてきます。塩姐さん、ステキですグッド!
2巻はポエニ戦争。ローマvsカルタゴ。というか、スキピオvsハンニバルです。



ローマを相手に10年間も暴れまわったカルタゴの「ハン二バル」については、

天才とは、その人だけに見える新事実を、見ることのできる人ではない。
誰もが見ていながらも重要性に気づかなかった旧事実に、気づく人のことである。

(なんだか信長にも通じるところがあるようで面白い!)


優れたリーダーとは優秀な才能によって人々を率いていくだけの人間ではない。
率いられていく人々に、自分たちがいなくては、と思わせることに成功した人でもある。
持続する人間関係は必ず相互関係である。一方的関係では、持続は望めない。

(そう、そう、そう!)



そして、この巻の表紙にもなっているローマの若き天才「スキピオ」については、

リーダーとして成功する男は最重要条件として、彼がかもしだす雰囲気がイタリア語では
「セレーノ」、強いて日本語に訳せば「晴朗」にある。スキピオは若いころからこれを完全に
持っていた。演壇に立っただけで支持したい気持ちがわいてくるのである。

(古今東西そうなのよね~、さすが塩野さん、見てきたかのよう!)

と、感心して読み進めると、

後年、禿頭にならない前のスキピオは美男でもあった。しかもコルネリウス一門。
育ちのよい有能な美男子は市民から愛されていることを充分知っていた。


って・・・・・、 禿頭の人に失礼だろう!と思わず突っ込んでしまいましたにひひ
なにしろ、私はブルースウィリスもジャンレノも大好きなもので・・・・


ハードカバーで15巻の長編ですが、こんな感じで最後までいけそうです( ´艸`)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
休みの日と天気や体調が折り合わず、計画していた梅園へは行けませんでしたが、
スーパーへ買い物ついでに、住宅街のお庭や公園に咲く梅を眺めてきました。
本来の意味とは異なるものの、ある意味「探梅」気分が愉しめましたグッド!



桃色の梅


しだれてます


白梅


もしも、戸建ての家に住むことがあれば、迷わず「白梅」を植えたいです。






「梅にウグイス」の光景を、今年こそ観たかったのですが、叶えられなかったので、
とりあえず「ウグイス餅」を買って帰りました( ´艸`)

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
いいな、と思う曲は、お店やドラマ、CMなどで、BGMであることが多くて、
曲名はおろか誰の曲かも解らない。メロディーをハミングして誰かに教えを
乞うのもチョット恥ずかしい。

先月、なんとなしに見ていたNHKで、琴線に触れるメロディーが流れました。
「エリック・サティ」という人の曲でした。
代表作とともに、サティの生涯を追う番組で、交友関係や、その悲哀なる人生にも
心を動かされました。




キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!   久々にCD買っちゃおう!です。

というわけで出掛けたものの、どれを買えば良いのやら、店員さんに尋ねる勇気もなく・・・あせる
ジャケットを見て、カンディンスキーかクレーっぽいな、と気に入ったこの1枚に決めました。
(誰の絵か知っている方はぜひ教えてくださいっ)


ピアノ演奏は「ロジェ」という人。
え?誰?と、性別も顔も年齢も国籍もピンとこない私ですが、演奏はいい感じです。


 ↑この曲、気持ちが落ち着きます。
いいね!した人  |  コメント(12)

テーマ:


『新・台湾の主張』   
    著:李 登輝  (PHP新書)


元台湾総統だった著者の台湾への思いと、台湾から見た日本のことが伝わってきました。

台湾人が好んで用いる言葉に、「日本精神(リップンチェンシン)」という、「勇気・誠実・勤勉
・奉公・自己犠牲・責任感・清潔・遵法」といった精神をあらわす言葉があるそうです。
恥ずかしながら、最後の「遵法」という言葉は、読み方も意味も解りませんでしたあせる
(読みは「じゅんぽう」。意味は、きまりを守って行動することでした)
身が引き締まるお話です。


製糖業というと、カリブ海のプランテーション、奴隷制などを思い浮かべてしまうのですが、
日本統治時代の台湾で日本人が行った製糖業に関する事業は台湾の人をとても尊重するもの
でした。体調が芳しくない中、「新渡戸稲造」が尽力したそうです。新渡戸稲造というと、
前の5000円札の人というイメージしかありませんでしたが、『武士道』も読まねば!です。

台湾にダムと灌漑用水路を建設し、不毛の土地を穀倉地帯に変えた「八田 與一」や、
後藤新平のエピソードも興味深く、これを機会に、食わず嫌いだった伝記モノも、という
気になりました。

外国の目線から見る日本や、日本人のアイデンティティー。
色んな意味で、背筋がピーンとなります。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


「ふきのとう」に続いて、人生初、「たらの芽」を買って料理しました。
今回も、「コツのいらない天ぷら粉」という素敵なネーミングの粉を使って天ぷらに。


揚げたての「たらの芽天ぷら」は、香りを食べる感じラブラブ!
音が聴こえるほどサクリと揚がり、シースルーの服(=衣)をまとった「たらの芽」は
清楚な婦人のようでした(妄想炸裂)。さすが日清製粉「コツのいらない天ぷら粉」グッド!
五感で満足できました。

「ふきのとう」の苦味は、かなりパンチが強めでしたが、「たらの芽」は、
頭が程よくスーっとします。三つ葉のように精神沈静効果があるのかもです。


食べるのは好きだけど、自分で料理するのは面倒そうな「こごみ」、「ふき」、「うど」なども
気になる野菜です。スーパーの野菜売り場でニヤニヤする今日この頃です。
旬のものって、ワクワクするのなんでだろう?木の芽時?( ´艸`)

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


『ローマ人の物語Ⅰ ローマは一日にして成らず』
 著:塩野 七生 (新潮社)

文庫版を34巻まで揃えたい欲望を抑え、図書館で単行本(全15巻)を借りて
読むことにしました。

1巻は、王政ローマから共和制ローマへ、そしてイタリア半島統一まで。
周辺諸国、特にギリシャの歴史がいい流れで語られていて、複合的かつ重層な
愉しみ方ができました。


「ローマの王は、王自らが神であるエジプトのファラオとは違う。
神と人間たちの間をつなぐ神管的色彩の濃いメソポタミアの王とも違う。
豪族の首領という感じのギリシアの王とも違った。」

「人間の行動原則を、宗教に求めたユダヤ人、哲学に求めたギリシア人、法律に求めたローマ人」


こんな一節が出てくると、知りたい欲求で、ムラムラしました。

マイブームの古代エジプトとの絡みも期待できそうなので続きがとても楽しみです。

では、これから2巻を借りに行ってきますDASH!
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


スーパーで「ふきのとう」を買いました。
実は、食べたことも調理したこともないのですが、なんでだろう、目が合っちゃって。
家に帰ってクックパッドで検索したら、天ぷらレシピが多数ヒットしたので
天ぷらにしました。(画像は、葉を剥いた段階です)


香りも独特で、味は苦味があって、五臓六腑が解毒される感じがしました。
称して、「にがうま~」です。

こういう味って、子供の頃は絶対に食べれなかったけど、大人になると
不思議と食べれるようになりました。
木の芽和え、薬味系、牡蠣、などもそんな感じです。




いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:


主人は、ゴルフの前日には必ずスイーツを買ってきます。
結婚当初は、休日にゴルフへ行ってしまうと、私が寂しがるので、気を使って
買ってきてくれていたのですが、結婚15年目にもなると「亭主元気で留守がいい」
とまではいきませんが、そのゾーンに片足を突っ込んでいる自覚症状があるので、
薄っすらと罪悪感を感じております(^_^;)

でも、最近は主人のほうも、「ホレ、お供え物!」と言って私に手渡すことから、ゴルフで
好スコアを出すための儀式になっている節もあるようです(そのうち、かしわ手を打つかも)。
お互いの考え方の進化(?)も面白いものです。


この生菓子の名前は「椿」。
椿というと、チョー・ヨンピルさんの『釜山港へ帰れ』の、「椿咲く~春なのに~♪」を
思わず口ずさんでしまいます。
少し前の寒い夜に、大川栄作さんの『さざんかの宿』を、若干モノマネをいれて、
風呂場で歌った記憶があります。
「さざんか」から「椿」へ。冬から春へです。

和菓子も演歌も、切り取られた一瞬に季節を感じることができてステキだなと思います。
まだまだ花より団子な私ですが。。。。にひひ
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇