りんごの無印日記

Bald ist es Zeit die Lasten zu legen.


       


テーマ:

10月から始めた仕事だし、そもそもパートタイマーなので、

「ボーナス」とは無縁だと思っていましたが、

勤め先の私の連絡BOXに、明細書が入っていました!

 

どういう計算なのかは分かりませんが、1580円!(笑)

じゃあ夏はもっと貰えるかも!という欲望もあることは否定

できませんがw、金額は関係なく、嬉しくてニヤけていますにひひ

 

 

昨夜は夫もボーナスが出たそうで、「焼き肉」へGO♪

網上のタン塩と、美しすぎるナムルの図。

 

 

七輪で炭で焼くと、ホント美味しいですね~。

なんていうか、コゲの部分がアクセントになるというか。

久々に、美味しい「骨付きカルビ」も頂けました。

 

なんだか、楽しい一日でした┏( ^o^)┛

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

 

『脳はバカ、腸はかしこい』

     藤田紘一郎:著    (三五館)

 

 

何年か前に、お笑い芸人の加藤浩次さんの対談番組に

ゲスト出演されていた著者。

その対談が私の琴線に触れ、それ以来、何冊か著書を読んでいます。

 

私の琴線などと、なにを澄まして言うとるねん、と自分でも思わず

突っ込んでしまいますが、私の琴線をジャンジャン掻き鳴らしたのは

寄生虫」。 ( ´艸`)

特に藤田さんが自らの腸に宿らせた「サナダムシ」なのでしたカナヘイハート

 

「脳」の話も好きですが、「腸」も注目すると面白い。

「はらわたが煮えくり返る」「腹の虫がおさまらない」「腑に落ちない」

「へそで茶を沸かす」、私もよく使う「腹、立つわー!!」など、

腸関係の言葉が、日本語には多数、存在しています。

 

前にも書きましたが、古代エジプトの「ミイラ」。

ミイラを作る時、脳や内臓を取り出すのですが、その際、

脳は捨ててしまうのに対し、内臓は捨てず、胃は胃専用の壺に、

といった具合に丁重に扱われ、ミイラと一緒に埋葬します。

「カノポス壺」という壺です。(デザインが結構オシャレなんですよ)

 

「アレ?脳よりも腸なんじゃない? 古代人、嘘ツカナイ!」と

思えてきませんか?私だけ?(笑)

私は、朝、快便だと、妙にゴキゲンになったりもします。

 

藤田先生は、発酵博士の小泉武夫先生と大の仲良し。

コンビで大好きなムッシュですカナヘイうさぎ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『武者小路実篤詩集』   (新潮文庫)

 

短い詩の中に、作者のその時々の内面生活が伺えました。

若かりし頃の詩は、読んでいるこちらが恥ずかしくなるような

「うぶ」を感じたしw、絵画のことを謳った詩(特にレンブラントと

ゴッホについて)は、もの凄く共感しました。

また、夫婦のこと、老いのことなどは、うまくやっていくヒントや

慰めとは違う励ましを貰えた心地です。

 

 

作品もですが、人物に興味が沸いて、『新潮日本文学アルバム』も

読みました。

 

ページをめくると、イケメンの写真があるではありませんか!

実篤といえば、インパクトのある顔(左)がパッと浮かぶのですが、

ちょっと嬉しいショックを受けました。

岡倉天心も同様に、長生きすると晩年の写真が流出しがちですが

若い頃、実はシュっとした顔立ちだったりします。

味と深みのある晩年の顔も、ドスが効いて、めっちゃ好きなんですけど、

ちょっと萌えたのは確かです(笑)。

 

肝心な本の感想を全然書けていませんが、面白ネタの宝庫だったので、

おいおいブログに、小出しに引用できたらなと考えています。

久々に、不便な場所なんだけど、「武者小路実篤記念館」へも行きたいな~

 

ジンとくる詩、思わず可笑しくなっちゃう詩、しんみりする詩、etc

詩集は、手元に置いておこうと思うのでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、店長から、

「契約書にサインと捺印してくださいね」と言われ、

入職したときに提出したのに、「何で?」と思って書類を見ると、

10月、11月の2ヶ月間は、試用期間だったのでした。

 

試用期間と知っていたら、変に肩に力を入れたり、背伸びしたり、

無意識に、胡麻をスリスリしていたかもしれません(笑)。

「知らぬが仏」じゃありませんが、ドジしたことも含め、

素(す)のままの私に、ギリギリでも、合格点を頂けて

喜んでおります。とても些細なことですが、嬉しいことです。

 

新しい契約書には、下手な字ではありますが、

おのずと丁寧に署名、捺印の朱肉も濃い目になりました。

 

ふんどしを締めなおす、いい機会になりました。

 

 

ベランダの球根から芽が!ニコニコ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今日から師走ですね。

新しいパートのお仕事も、早いもので、2ヶ月経ちました。

仕事もですが、他部門のスタッフにも、私の顔を憶えて頂き、

職場での何気ないコミュニケーションも嬉しいものです。

 

古本屋さんで、岸本葉子さんの本を見つけると、つい手に取ってしまいます。

目次を読むと、なにか今の私にヒントとなりそうな気がしてね。

 

中でも、短編エッセイ集『ぼんやり生きてはもったいない』は、

私の保存版となりました。

葉子さんの日頃からの発想を箇条書きに綴られた章、

「逆境に強くなる(p191)」 は、つらいとき、つい「たられば」思想に

なってしまう私にとって、背中をさすられているときの安心感と

生きていく勇気を湧かせてくれる内容でした。

 

タイトルを「ビタミン本」としましたが、すぐに尿に流れちゃうビタミン剤というよりも、

じわ~っと浸みて体質改善する「漢方本」としたほうがいいなニコニコ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

昨日の土曜日は、東京競馬場へ行ってきました。

ジャパンカップは今日(日曜)ですが、人混みが苦手なので

前日のレースを観戦してきました。

 

午前中のレースは、混雑もなく、一番前で見ることができました。

目の前を走る馬は、ドタバタと地面を駆け抜けるのではなく、

サ~っと宙を飛ぶような感じで、想像とは違いました。

もうそれが不思議な感覚で、見惚れてしまいました。

 

今日(日曜)のジャパンカップの馬券も購入して帰りました。

さきほど、テレビ中継で、ドキドキしながら観戦しました。

馬主が北島三郎、騎手が武豊という、なんとも豪華な

「キタサンブラック」が勝利しましたね!

私は、「リアルスティール」を軸に買っていたのですが、残念4着。

でも、応援の意味で、元横浜の大魔神、佐々木主浩さんが馬主の

「シュヴァルグラン」に複勝で買っていた馬券に配当が330円つきました。

二日間で、トータル50円の黒字でした(笑)

 

優勝インタビューの、さぶちゃんの生歌、「祭りだ~祭りだ~♪」を

聴きながらブログを書いていますニコニコ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『聞く力』

  阿川佐和子:著  (文春新書)

 

遅ればせながら読んでみました。

阿川さんというと、「TVタックル」。

口角泡を飛ばす激論の中、知的さと可愛らしさと剽軽さを

兼ね備えた存在で、唯一無二のアシスタントだと思います。

「Qさま」や「エンタの神様」のアシスタントより、ちゃんと仕事されてます。

 

阿川さんとデーモン小暮さんの対談が面白かった~

「へヴィメタル」と「パンク」の違い、なぜあんな高い声で歌うのか、

この本を読まなければ、死ぬまで知らなかったと思います。

阿川さんの聞く力は凄いです。

気軽にサラ~っと読めるのに、何かちょっとためになる、そんな本でしたニコニコ

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

バナナは、いつも安いものを買いますが、

売り場をよ~く見ると、色んなバナナが並んでいました。

 

目を引いたのが、

標高1000m超えの畑で栽培されているというバナナ。

司馬遼太郎感が漂うネーミングにグっときます( ´艸`)

 

 

1本が、いつも買うバナナの房と同等の価格ですが、

もっちりギッシリ凝縮された果肉に大満足でした。

 

40半ばなのだし、そろそろ「量より質」でいこう(^-^)ノ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『逆さメガネ』

   養老孟司:著 (PHP新書)

 

 

ときどき、友達でも夫でも父親でもない年代の男性の考えを

聞いてみたくなります。

 

テレビや新聞、多数決や自分の都合などで、

気を付けていても、思考が無意識に偏っていくのを自覚しているあせる

過去を振り返ると、なんであんなことで、ひとり煮詰まっていたの

だろう、と思うことが多々あります。

 

なので、ときたま、こういう随筆を読むと、座標軸になる。

アラフォーは皆、痛いオバサン予備軍なのでね(笑)

 

それと、祖父は他界、両親とは離れて暮らしているので、

ちょっと叱られたいというか、お説教されたいのかもしれません(笑)

 

ときどき、色メガネを外して、逆さメガネを掛けて考える時間を持とう

と思うのでした。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『人は見た目が9割』

    竹内一郎:著  (新潮新書)

 

 

美人は得とか、「容姿」に関する内容だろうなと、恐る恐る読みましたが、

ノンバーバルコミュニケーションといわれる「言葉以外の伝達」についての

本でした。例えば、仕草や表情や間(ま)など。

自分の容姿がアレなので、ちょっとホッとしました(笑)

 

「笑い」や「笑顔」は、コミュニケーションの潤滑油だと言われます。

今のところ、「笑い」の存在が確実なのは、霊長類であるサルや

チンパンジー、人、においてのみなのだそうです。

 

劣位のサルが優位のサルに「あなたに抵抗しませんよ」という態度を

笑いで示すパターン、優位のサルが劣位のサルに笑う「親和の表情」の

パターン。もう少し高等なチンパンジーは、対等なもの同志も笑うらしい。

これは、動物園で早速、確認しなくちゃと思いました。

猿山を見ていると、自分に似た猿っていますよね(笑)

なにかそこに、ヒントがありそうな予感がするのでした( ´艸`)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。