息子の小さい頃のボイスメモを聞くと、、「あ〜あ〜、あわわ、あわわ、あ〜ぁ!
   あ〜ぁ!、、、」

と自分の声が出ることを楽しみ、遊んでいる。
自分の声で遊ぶ。

息子からすると自分の体の仕組みを知っていく行為なのだろうけど、
大人がみるとなんとなく声で遊んでいる気がして楽しそうなのだ。

大人になってからなかなか声で遊ばないらないからね。

でも
ボイトレの時は色々な声の響き方とか出し方をするから、すごく似てる。

頭に、体にどのくらい響いているか、感じる。知る。
それは自分を知るという作業でもある。

ボイスメモの息子とのそれと共通しているのかなぁ。
なかなか面白いなぁ。


「自分を知る」というのはここ最近自分の中ではテーマになっていて、

自分を生きてきた中でもまだまだ知らない自分がいる。
声の出し方1つとってもそう。
そして
体の使い方、物事の考え方、その時の喜怒哀楽、などなど。

自分を見つめて

そして
自分を信じること

自分が自分を生きないで誰が自分を生きるのか。

そして楽しくね✨



あれ、
こんな事を書こうと思ってなかったのだけど、思い浮かんだものをつらつらと笑





保育士1年目の時に組んだ看護師さんが現在勤めている所に、学研の講習会に来てくれた保育士さんがいたとか。

ひまわりサン体操も踊ってくれているとのこと✨
年数を感じると共にこういう事も起こるんだと嬉しさも感じた日。

何を大切にするのか。
そんな事も改めて考えさせてくれる言葉だったように思う。


世界では苦しみが絶えませんが、
少しでも心が安らかになりますように。


AD