神様と共に

統一教会の元シックです。
心の傷を癒すためにブログを書いていきたいと思います。



テーマ:
AD
コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

「K」は、バンド「BUMP OF CHICKEN」のアルバム「THE LIVING DEAD」に収録されている楽曲です。

これは、黒猫を主人公にした短編小説のような作品です。 

「K」を最後まで聴いた時に、
「この歌のタイトル『K』には、深い意味があったのだ」と私は納得しました。

納得すると同時に、
自分に愛情を注いでくれたただ一人の人 絵描き の愛に必死に応えようとし
命を落としてしまった黒猫のことを思うと、
自然に涙が溢れてきました。

この歌の中には「黒猫」「若い絵描き」「若い絵描きが故郷に残してきた恋人」が登場します。

黒い姿から人々に嫌われ、そして自ら孤独を望んでいた黒猫。
ある日 絵描きが黒猫に出会いました。
その姿が「自分によく似ている」言いながら、彼は黒猫を抱き上げました。
でも黒猫は、初めて触れるその優しさや温もりを信じることができず、
彼の腕からもがいて逃げ出します。

そういった場面設定で物語は始まります。

絵描きは黒猫に話し掛けました。
「今晩は 素敵なおチビさん」と。

それまで人々に忌み嫌われていた黒猫です。
黒猫には、その言葉が深く心に響いたことでしょう。

黒猫はいつしか絵描きに心を許すようになりました。

絵描きは黒猫と一緒に暮らし始め、
彼は黒猫に「HOLY NIGHT」(聖なる夜)という名前をつけました。
この名前には、絵描きの黒猫への愛情がこもっています。
黒き幸 「HOLY NIGHT」 と呼んでいますから。


しばらくして絵描きが死んで…、
ボロボロになりながらも絵描きの故郷の恋人に
黒猫は手紙を届けました。

でも、悲しいことに使命を終えた黒猫はそこで息絶えてしまいました。


この曲名の「K」
絵描きが黒猫につけた名前「HOLY NIGHT」「NIGHT」の頭に
絵描きの恋人がアルファベットの「Kをつけて「HOLY KNIGHT」(聖なる騎士)としたところから由来しています。
黒猫の頭文字「K」ではありません。

歌詞を読むと、そう解釈するのが自然です。

「HOLY KNIGHT」
恋人は、黒猫の最期の様子を見て、彼を騎士のようだと思ったのですね。


夜のNIGHT騎士のKNIGHTを掛けているのは小粋です。


「K」は涙なくしては、視聴できない秀作です。
視聴にはハンカチの用意をして臨むことをお奨めします。

(下方に歌詞を載せました。
 歌詞内容を確認するのにお役に立つことでしょう


黒猫の物語はこちら↓↓↓ 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。


BUMP OF CHICKEN 【K】(歌詞・アニメ付き)



「K」

週末の大通りを 黒猫が歩く
御自慢の鍵尻尾を水平に 威風堂々と
その姿から猫は 忌み嫌われていた
闇に溶ける その体目掛けて 石を投げられた

孤独には慣れていた 寧ろ望んでいた
誰かを思いやる事なんて 煩わしくて
そんな猫を抱き上げる 若い絵描きの腕
「今晩は 素敵なおチビさん 僕らよく似てる」

腕の中もがいて 必死で引っ掻いて 孤独という名の逃げ道を

走った 走った 生まれて初めての
優しさが 温もりが まだ信じられなくて

どれだけ逃げたって 変わり者は付いて来た

それから猫は絵描きと 二度目の冬を過ごす
絵描きは 友達に名前をやった 「黒き幸」"ホーリーナイト"
彼のスケッチブックは ほとんど黒尽くめ
黒猫も 初めての友達に くっついて甘えたが ある日

貧しい生活に 倒れる名付け親 最後の手紙を書くと 彼はこう言った

「走って 走って こいつを届けてくれ
夢を見て飛び出した僕の 帰りを待つ恋人へ」

不吉な黒猫の絵など売れないが それでもアンタは俺だけ描いた
それ故 アンタは冷たくなった 手紙は確かに受け取った

雪の降る山道を 黒猫が走る
今は故き親友との約束を その口に銜えて
「見ろよ、悪魔の使者だ!」 石を投げる子供
何とでも呼ぶがいいさ 俺には 消えない名前があるから
「ホーリーナイト」「聖なる夜」と 呼んでくれた
優しさも温もりも 全て詰め込んで 呼んでくれた
忌み嫌われた俺にも 意味があるとするならば
この日のタメに生まれて来たんだろう どこまでも走るよ

彼は辿り着いた 親友の故郷に 恋人の家まで あと数キロだ

走った 転んだ すでに満身創痍だ
立ち上がる間もなく 襲い来る 罵声と暴力
負けるか俺はホーリーナイト 千切れそうな手足を
引き摺り なお走った 見つけた! この家だ!

手紙を読んだ恋人は もう動かない猫の名に
アルファベット1つ 加えて庭に埋めてやった
聖なる騎士を埋めてやった





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

ユーチューブで出回っている動画の中では、これが一番可愛いと思います。

「メルト」は純粋な乙女心を歌ったものです。

こんな時代は自分にはなかった為、
この歌のシチュエーションは想像するしかないのですが、
この歌を聴くと
「メルト」を歌っている主人公の少女のことが何故か微笑ましく思われ、
心がほっこりするような感覚に陥ります。

「可愛い子だなぁ」と感じます。


初音ミク「メルト」は、↓で視聴できます。


【初音ミク】メルト【PVフルver】



「メルト」

作詞&作曲&編曲:ryo

朝 目が覚めて
真っ先に思い浮かぶ 君のこと
思い切って 前髪を切った
「どうしたの?」って 聞かれたくて

ピンクのスカート お花の髪飾り
さして 出かけるの
今日の私はかわいいのよ!

メルト 溶けてしまいそう
好きだなんて 絶対にいえない… だけど
メルト 目も合わせられない
恋に恋なんてしないわ わたし
だって 君のことが …好きなの

天気予報が ウソをついた
土砂降りの雨が降る
カバンに入れたままの オリタタミ傘 うれしくない
ためいきをついた そんなとき

「しょうがないから入ってやる」なんて
隣にいる きみが笑う
恋に落ちる音がした

メルト 息がつまりそう
君に触れてる右手が 震える
高鳴る胸 はんぶんこの傘
手を伸ばせば届く距離 どうしよう…!
想いよ届け 君に

お願い時間を止めて 泣きそうなの
でも嬉しくて 死んでしまうわ!

メルト 駅に着いてしまう…
もう会えない 近くて 遠いよ だから
メルト 手をつないで歩きたい!
もうバイバイしなくちゃいけないの?
今すぐ わたしを抱きしめて!
…なんてね


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

動物を飼ったことはありますか?

「虹の橋」 のお話はご存知ですか?


この 「虹の橋」 は、原作者不詳のまま、
世界中の沢山の動物のサイトに伝わっている詩です。

原文は英語ですが、古いインディアンの伝承にもとづいている話らしいです。
ですので、アメリカでは誰も作者を知りません。

この詩は、
欧米のサイトを通じて世界中に広まりました

詩の内容は
愛する動物達と別れても、
天国の手前に有るという 「虹の橋」 でまた再会して、
一緒に虹の橋を渡り共に天国に行く
というものです。

そして 「虹の橋のたもと」 では、
愛された事の無い動物達が
やはり愛を知らなかった人と共に
「虹の橋」 を一緒に渡るのです。

「虹の橋」 は、
詩の内容に共感した世界中の動物を愛する多くの人達によって、
様々な国の言語に翻訳され、
インターネットを通じて世界に伝えられています。

 
これからご紹介する動画は 「虹の橋」 の朗読です。
mariyatomoko311さんが2011/03/27にユーチューブにアップロードされました。
東日本大震災のすぐ後にアップされたもののようですね。

以下は動画アップ時のmariyatomoko311さんのメッセージです。

家族同然のペットと、突然引き裂かれてしまった被災者の皆様。
そして、ペットロスの悲しみの淵にいらっしゃる、全ての方々の心に捧げます。


それでは、気になる方は 「虹の橋」 の動画をご覧ください。

時間のない方は、動画の下にある 「虹の橋」 の詩をご覧ください。


虹の橋

「虹の橋」

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
・・・まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・・。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。

◇◇◇

けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。
打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されることのなかった子たちです。
仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かさんと再会し、
橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。
この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。
地上にある間、そんな人は現れなかったのです。

でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、
誰かが立っているのに気づきます。
その人は、そこに繰り広げられる再会を、
うらやましげに眺めているのです。
生きている間、彼は動物と暮したことがありませんでした。
そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されなかったのです。

ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。
どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。

そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、
そこに奇跡が生まれるのです。
そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。
地上では巡りあうことができなかった、
特別な誰かさんと、その愛する友として。

今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、
苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。

彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。