キャラメルボックス公演情報









Facebookページを作っています


藤田 廣昭 ~ 人と人の出逢いに感謝っ!! ~

よかったら「いいね」をお願いします





演劇集団キャラメルボックスを応援しています
該当カテゴリのブログ記事を読んでね





ご訪問ありがとうございます

このブログでは

旗 IT関連
  【関連ブログ】 http://ameblo.jp/happysmile2you/theme-10031667995.html
旗 産業カウンセラー
 H22年度産業カウンセラー資格試験に合格しました
  【関連ブログ】 http://ameblo.jp/happysmile2you/theme-10028836724.html
  【公式ホームページ】 http://www.counselor.or.jp/
 クライエントになっていただける方をこっそり募集中♪
旗 手話
  【関連ブログ】 http://ameblo.jp/happysmile2you/theme-10030004154.html
旗 ボランティア
 かとう内科並木通り診療所でボランティア活動を始めています
 主にボランティア活動を紹介するボランティア新聞の発行を担当しています

といった少し硬めの話から、自分の趣味である

旗 演劇集団キャラメルボックス
  【関連ブログ】 http://ameblo.jp/happysmile2you/theme-10023848755.html
  【公式ホームページ】 http://www.caramelbox.com/
  アンバサダーに登録しています
  チケットについて、各種割引があるので、興味がある方は
  ご相談ください    
旗 インプロ
  【関連ブログ】 http://ameblo.jp/happysmile2you/entry-10441013998.html
  【お勧めページ】 http://www.impro-works.com/

といったようなことまで、さまざまなことを扱っていきます


よろしければお付き合いください


なお、メールは以下にお願いします
$みんなで笑顔になろうよ-mail
※迷惑メール対策の為、画像にしています
(Twitterアカウントと同じものにgmailのサーバ名をつけたものです)


















1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013-04-28 19:25:07

【音楽】Mr.Children

テーマ:レビュー


ミスチルは学生時代からずっと好きでよく聴いてます
桜井さんの声もいいし
何といっても歌詞がいいですね音譜
何度ミスチルの曲に励まされたことか


ここ最近(1~2年)のお気に入りは「擬態」という曲です

テンポもいいし
やっぱり歌詞もいいです
以下のところは特に好きです
富を得た者がそうでない者より
満たされてるって思ってるの!?

目じゃないとこ
耳じゃないどこかを使って見聞きをしなければ
見落としてしてしまう
何かに擬態したものばかり


深いですよね☆



他にもいい曲はたくさんありすぎて
選びづらいですが

Any
彩り

なんかもいいですよねニコニコ



AD
いいね!(4)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「レビュー」 の記事
2013-04-27 10:40:17

【書籍】手紙

テーマ:書籍
手紙/毎日新聞社

¥1,680
Amazon.co.jp

程度の差こそあれ
誰しも一度や二度は
理不尽な苦難・苦境を
味わったことがあるのではないでしょうか?

本書の主人公も大変な苦境に立たされ
苦しめられていくわけですが
自分自身でもどうにもならない苦境に対して
どのように立ち向かうべきなのか
結末にて筆者からのメッセージが
伝わってくるような感じでした

自分は結構どきりとさせられました
もちろん、本書の主人公のような
理不尽な苦境に立たされているわけではないですが
それでも困難に立ち向かう時の
これまでの自分の姿勢について
改めて考えさせられました

ぜひ他の方の感想も聞いてみたいところです
AD
いいね!(0)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-11-21 22:21:01

【書籍】レインツリーの国

テーマ:書籍
レインツリーの国 (新潮文庫)/有川 浩

¥420
Amazon.co.jp



人それぞれ価値観が違っているとか
相手のことはそんなに簡単には理解できないとか
このブログで色々書いたりしてます

ただ実際、そういうことを理解するのは
自分で書いておいてなんなのですが
このブログのようなお勉強的なことだけでは
なかなか実感として理解しづらいかなと思います
(頭ではわかるけど・・・という状態にしかならない)

要は実体験と結びつけられないと
本当の意味での理解にはならないですよね

実体験による学びに勝るものはないですが
実際問題として人一人が経験できることは
どうしても限られてしまいます
書籍などで学びを補うわけですが
読んだだけで実体験に結びつかずに
終わってしまうと身になりません


そういう意味において小説などを通じて
あたかも体験しているかのように感じられれば
仮想の体験も意味があるかなぁと


まさに、このレインツリーの国という小説は
非常に考えさせられる体験をさせてくれます

他人を自分の枠で見てはいけないと
誰しも思っているわけだけど
実際なかなかそうもいかないということはありますよね
これは実体験と結びついておらず
身体に擦り込まれていないからでしょうね



べたべたな恋愛物なので苦手な方もいるでしょうが
少し我慢して読み進めてほしいですし
敢えて自分が普段触れない世界を見てみるのもいいですよ

お勧めの本です
AD
いいね!(0)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-11-07 07:38:28

【書籍】助けてと言えない―いま30代に何が

テーマ:産業カウンセラー
助けてと言えない―いま30代に何が/文藝春秋

¥1,260
Amazon.co.jp


実際のNHKでの放送は、続編のほうを見ました
(以前のブログにも書きました)
その時のインパクトが強くて、ずっと心に引っかかっていて
また最近改めてこの本を読んでみました

改めて読んでみてもやはりかなりのインパクトがありました

豊かな国と言われる日本において
まさか食べ物に困って死に至ってしまう人がいるとは
しかもそれが30代という若い人であるということ
もちろん驚きもありショックな事実でありますが
一方でそういうことが起きてしまう現実について
残念ながら分からなくはないです
それだけ厳しい社会なんだろうと感じています



死ぬ間際になってもなお
「助けて」
と言えない状況・・・

自分も気持ちは分からなくもないです
(自分は精神的にあまり強いといえないということもあるでしょうが)

「人に相談してもどうなるものでもない」
「結局は自分で解決するしかない」
「人に迷惑をかけてしまうのも・・・」
「自分の情けない姿を見せたくない」
といった複雑な心境があるのでしょう

本当に悩ましい問題だと思います



クローズアップ現代では、ホームレスやその予備軍に焦点を当てられて
いましたが、ホームレスにまではいかなくて周りから見たら十分恵まれて
いる環境にいる人でも、私のように心のうちで悩み苦しんでいる人は
もっとたくさんいるのではないかと考えています
正社員として働いていたとしても成果主義やパワハラに悩まされつつ
それでも悩みを打ち明けることなく、かといって会社を辞めることもできず
ひとり苦しんでいる人もいるだろうと想像しています

ホームレスが増えているのももちろん大問題ですが
それを生み出している社会から変わっていかないと
いけないかなぁと
でないとホームレスが減らないだけではなく
日本の社会が元気になっていかないのではないかと
思うわけです



本に出てくる
「ダメなやつとレッテルを貼られるのが怖い」
という言葉が出てきますが
自分の中にもそういう気持ちはあります
おそらく、そういう気持ちを心のうちに秘めている人は
かなりいるのではないかと思います

「こころのどこかで一人でいることが心地いい」
という気持ちは自分もどこかで感じていますが
(とは言いながら一人はさびしい気持ちもある)
これはダメなやつとレッテルを貼られるのが怖いがために
周りの目を気にしすぎ疲れてしまうということなのでしょう


個人的に感じているのは
今の社会は勝ち負けとかすごく意識されていますし
失敗に対して厳しすぎるかなということです
積極的にチャレンジしていくというよりは
失敗しないよう失敗しないよう行動するようになって
しまっていることのほうが多いかなと

ホームレス支援機構の奥田さんのように
「次行ってみよ~」
と背中を押しあえる人があふれる社会になっていかないと
いけないかなと思います

心を許せて悩みなども素直に打ち明けられる仲間ができて
お互いに「次行ってみよ~」
と支えあえるような関係が築けられれば
強い心でいられるのかな



それにしても、ホームレス支援機構の奥田さんは
すごいです
奥田さん自身ももちろんのことですが、奥さんまでもが理解していて
自分たちの家に住まわせて支援していくというのは、そんな簡単に
できることではないですよね
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-10-16 00:45:10

人は善か悪か

テーマ:つぶやき
昨日(正確には一昨日)、このイベントに参加してきました

http://121014sizutani.peatix.com/


岡山の新しい流れを感じることができて楽しかったです☆

伊勢谷さん、カッコ良かったですね(見た目はもちろん中身も)




昨日の話とは直接関係ないのですが
伊勢谷さんのお話で
「人は善か悪か」
というお話があって
ちょっと自分で思ったことがあったので
それを書いておきます


昨日の結論(?)もそうだったと思うのですが
基本的には人は善ですよね
ただ、善を大部分(根本部分で)持ちつつも
悪の部分も持っている

悪というよりは
弱さといったほうがいいかもしれないですね
(ここでは敢えて、悪と書きますが)
この社会を生きていくのに何も苦労や困難がなければ
おそらく善だけでいられるのかなと
いろいろな苦労や困難があるために
悪(弱さ)の部分が出てくるのだと思います



人は誰しも善と悪の部分を持っていて
それは誰しもが認識していることですが
普段の生活の中においては
必ずしも認識されていないように
感じることがあります



テレビなどのメディアの影響もあるのかもしれないですが
人の失敗に対して寛容さが感じられることが少なく
自分の持論(正しさ)を主張して
他人の悪を攻撃している場面を見かけます


最近感じるのは
自分の悪の部分や
他人の善の部分は無視して
自分の善を振りかざして
他人の悪を攻撃しているのではないか
ということです

いや、違うな
自分の中に悪(弱さ)がある故に
(そしてそれを隠したいが故に)
自分の善を主張して
他人の悪を攻撃しているのかもしれないかな



ここで、一応誤解のないように書いておきますが
ここで言っている「攻撃」というのは
「叱る」とは違います
ただ、本人は叱っているつもりなんでしょうけど
外から見たら攻撃しているようにしか見えない
ということもありますね

ここの受け取り方が微妙で人によって違ってしまうというのが
難しいところのような気がします
指摘するほうは攻撃するつもりでなくても
受け取るほうが攻撃と認識してしまうこともありますよね
この辺りはお互いの信頼関係をしっかり築いて
コミュニケーションをとっていくしかないのでしょうね




話があちこち飛んでしまいましたが
昨日の話に少し戻します

昨日は岡山にこんなに頑張っている人たちが
たくさんいるのだなと感じられて楽しかったです

この灯を消さないためにも
頑張っている人たちに対して
批判的なことばかり言ってしまうのではなく
試行錯誤していく活動を寛容に見守り
できれば自分に範囲ででも協力(応援)できる社会で
あって欲しいなと思います
(多少の不具合には目をつぶらないといけないのかもしれない)
自分が完ぺきでないのに他人に完ぺきを求めるのは
違いますよね?



また逆に何かをやっていこうとしている人には
(既に始められている人も)
良い部分だけをアピールするのではなく
できれば悪い面を正直に告白してほしいかな
と思います
言うことで無用な争いが起きてしまうかもしれないという
ことはあるのかもしれないのですが
言わずにおいて後で判明するよりは
最初に告白してほしいです

そして、それを受け入れる社会であってほしいと
願っています





私も自分にできることを頑張っていきたいと思います



最後に伊勢谷さんからの提言のPVを紹介して終わります

最後まで読んでいただきありがとうございます








P.S. このブログの内容は実は昨日一度書いたのですが
なぜか消えてしまっていました(>_<)
ただ、改めて書き直してみると
「ちょっと違うかな」
と思うところがあり
表現などいろいろ変えてみました
(もちろん、元のを覚えていないので一緒にはならないのですが)
文章を書くことで自分の考えを整理できるので
こうやって書き直しするのもいいですね

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。