アニマルコミュニケーション
フィードバック


我が家の銀柴 ガク
柴犬 14歳10カ月 ♂

最近の体調・困っていることについて
呼吸が苦しくなること、足の衰えが思っているよりも負担だったみたい…。
お散歩の回数、時間、距離も減ったし
好きなように歩かせていたけど
それでも、やっぱり大変だからと言われました

足腰が弱くならないようにと
ゆっくり、少しでもと歩いていたのが

スパルタ……って。ゴメン
もうちょっと優しくするね

バギーに乗ること、
抱っこされることを拒んでいたのは
お年寄り扱いされたくない、
カッコ悪いと思っていたそうです。

体が追いついてこなくなりつつある
今は老いやプライドよりも
自分の体を考えて徐々に受け入れつつあるようです。

{9AF9C12D-1E73-4715-8CD7-459DFEC7C6E1}
疲れたら、休んでいいよ〜。


人も犬も老いを迎える変化の時は
同じように心と体の葛藤があるのですね。


日々、生きること老いていく様を
身をもって教えてくれています。
シニアライフを一緒に過ごす中で
私の人生観も大きく変わっていくように思います。


素直に受容する!

ありのままの自分
出来ないことがあっても
カッコ悪くなんかない!
大丈夫だよ‼︎照れ


ガクへの励ましの言葉のはずが
いつの間にかガクから私にに言い聞かされているように思えました。

これがガクから今の私に
伝えたいメッセージ。
ありがとう。


バギーに乗って
大好きな広場へ行こう!

頑張って坂道も押しますよ!
18kg?  重たいなんて言わないから
ガクさんのためなら〜えんやこら

これからも
何でもない時間を一緒に
大切に過ごしていこうね♡


アニマルコミュニケーションは人と動物の心を通わせ、お互いの心をグッと引寄せてくれます。
より深い絆で信頼と安心を得ることができるコミュニケーション。
ペットの生活の質向上=飼い主さんの生活の質の向上でもあります。

我が家に来た意味とは?
本当に伝えたいメッセージとは?
とっても深いメッセージが込められています‼︎


リブログ(1)

  • ガクの老犬生活、第2幕の始まりです。

    ガクは空へ行ってしまいましたが、まだまだ、やる事があるようなので私がかわりにお伝えできれば、と思い過去記事を再アップします。ガクが生きた老犬生活、第2幕です。どうぞよろしくお付き合いください。ブログランキングに参加中です。押していただけると嬉しいです↓ポチッとしてください。

    並木 薫

    2017-07-04 10:33:31

リブログ一覧を見る