初心者大家のブログ

2011年に2棟のマンションを買って2015年、55歳で早期リタイア。こよなく愛する福岡のこと、愚痴めいた経済コラムも書いてます。

NEW !
テーマ:

はい。

 

今年初めての旅で、城崎温泉、天橋立、餘部鉄橋に行ってきます。

 

従って皆様のブログ訪問はしばしお休み。

 

カニ食べっぞおお。

 

そだねー。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

引き続き、講演レジュメを作成してます。

 

レジュメで使う自作グラフをせっかくなのでお裾分け。

 

元データは、日本銀行の資金循環統計の参考図表からで、アベノミクス前と後とを比較してみました。

 

アベノミクス前(2012年9月末)

 

 

 

アベノミクス後(2017年9月末)

 

 

結局、BSが資産・負債ともに膨らんだだけでござる(´・ω・`)

 

国内資金余剰と政府純債務の差額はむしろやや縮まってますね(2012年9月末で293兆円、2017年9月末で270兆円)。

 

これで株式相場が暴落したらどうなるんですかね( ´(ェ)`)

 

ちなみに家計の1845兆円のうち証券は325兆円、非金融法人の1207兆円のうち証券は426兆円です。

 

うーん。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

社史執筆に飽きたので、来月行う某経済団体に依頼された講演のレジュメを作成しています。経済について講演するのはほぼ1年ぶりなのでかなり本格的な書き直しに。

 

今回力を入れているのが我が国の金利見通しです。

 

政府がどう見ているかは「中長期の経済財政試算」から引用した先日のグラフを使いましたが、これは「大本営発表」なので当てになりませんしおすし。

 

経済財政試算から見た日銀の出口政策時期

 

ネットサーフィンして見つけたのが、日本経済研究センターの松岡秀明氏が2015年に行った講演レジュメ。

 

日本の財政の現状と課題

 

25 カ国のパネルデータを用い、Threshold Regression(閾値回帰分析)という手法により長期金利の関数を推計したものです。「国の借金?そんなの関係ねえ!」という小島よしおレベルの脳みそではなく、しっかりとデータに向き合って分析しています。

 

これによると、日本の財政赤字を支えている国内資金余剰(大半が家計部門)が対GDP比で113.75%を下回ると財政リスクプレミアムが大きくなり、現状の政府債務GDP比並みの230%の場合、金利は約6.8%上昇するとしています(レジュメの64ページ)。

 

もっとも、先日の日経新聞、松林洋一神戸大教授の経済教室「遠のく財政健全化㊦」によると、松岡氏は国内資金余剰は対GDP比100%を切ると長期金利が顕著に上昇し始めると言い直しているみたいですがね。松林教授によると、それは2028年くらいになるとか。うーん、2027年に団塊世代が後期高齢者になって医療費が一段と増えるはずだからありえそうな話ですね。

 

金利が7%とかなったら不動産投資は成り立たないなあ。やっぱ、予定通り2020年には大家を卒業しようかと考える次第。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。