TCカラーセラピスト講座開講

テーマ:

大変長らくお待たせいたしました。

やっとやっとTCカラーセラピスト講座の開講の準備が整いました。



TCカラー14色ボトル


14色のカラーボトル&テキスト付き、5時間(休憩別)で19000円。


14色のカラーボトルと、しっかりとしたマニュアル付きなので、

たった一日でカラーセラピーができるようになり、

帰宅後すぐにでも、ご家庭や職場で気軽に周囲の人を癒せます。


大事なことは、カラーセラピーは占いでもスピリチュアルなものでもありません。

現実派のはっぴぃは、むしろそういうのは理解するのが難しいので (^^;


では「カラーセラピーって何?」という話なのですが、

不確かなものではなく、色彩心理をベースにしたカウンセリングです。


なかなか言葉に表せない、心のモヤモヤの元に気付くことができるのは、

「見えない力」によるものではなく、「色」を交えた「心理学」によるものです。


はっぴぃ、この講座を開講するために、

色彩についてはもちろんのこと、心理学についても独学ながら、かなり知識を蓄えました。


もちろんまだまだたくさん学ぶことはありますが、

ここで言いたいのは、カラーセラピーは「色の心理学」であるということ。


なので安心してご検討くださいね♪



色々な色に触れることは、小さい頃の塗り絵やお絵描き、

学校の絵画の授業などから大好きだったはっぴぃ。


ですが色彩や心理学についての知識を学び始めたのは、

本当にここ1年くらいです。


やはり最初は、色彩や心理学の歴史などを理解するのに苦悩しましたし、

なによりカウンセリングの一番大切な「傾聴」ができなかったです。


もぅね、去年の5月のTCカラーセラピスト講座では、

自分の未熟さに、正直泣きそうでした(苦笑)


ですが、

「人を癒したい」「大切な人の気持ちを楽にさせてあげたい」

そんな思いも強くなりましたし、

そこから一つずつステップアップして、なによりも自分が成長できました。


気持ちの切り替えの仕方、これからの自分のあり方など、

以前より明るく楽しく考えられるようになりました。


自分が苦悩してきた歴史や、なかなかカラーと結びつかなかった部分、
また「傾聴」して、相手を理解してあげようとすること。

もしかしたら、同じように不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。


なのではっぴぃ独自で、補助ワーク&テキストも作成しました。



補助テキスト&ワークのサンプル


中には図解あり、塗り絵あり、書き込むところ満載の、

「一緒に楽しめるテキスト」になっています。


話を聴くだけだと、なんだかよくわからなかったり、

眠くなってしまったり(笑)するかもしれませんが、

自分の手を動かして色を塗ったり、書き込んだりしていくことによって、

「体験していくことで理解していく」ことを目指しています。


それに書き込まなくてはいけない部分や、

TCカラーセラピーのテキストにも、はっぴぃ独自のテキストにも両方出てくる部分は、

大事なところなので、より深く刻まれることを目的としています。



自分が理解するのが大変だったからこそ、
「楽しくわかりやすく」という思いが詰まったテキストになっています。

そんな補助テキスト&ワークも、どうぞお楽しみに♪


また以前のなうでも公開しましたが、

14色分の色彩象徴物(色から浮かべる象徴物)も、

まっさらな状態から自作しました。



PhotoFancie2015_06_26_17_01_12.jpeg


ワードの背景は自分で作りました。


その上に貼ってある写真と表紙の背景は、

無料で提供してくださっている画像サイト様のいくつかから、使わせていただいています。




バラバラだと見にくいので、リングファイルにまとめて講座で使います。


綺麗な写真やイラストで、色から浮かぶ象徴物を感じていただき、

そこから色のイメージを膨らませて、

今後のカラーセラピーへと繋げていただきたいと思っています。



実はテキスト内の図解を含めたこれらの資料は、

はっぴぃが別の講座をいくつか受講すれば、付録としてついてくるものもありました。

知識も、講座内で得られるものも多くありました。


ですが受講費の問題などがあり、すべて自作・独学に至りました。

なのでとても時間がかかってしまったのです。


でも自作したり独学したりした知識や技術は、

とても自分のためになりました。


ワードはただのモノクロの文章ではなく、

簡単な絵本くらいは作れるくらいのレベルになったかもしれません(笑)


姫の学校の役員では、広報委員しかやる気がしなかったので、

小・中学校とどちらも広報委員で、その時にも少し技術がアップしましたが、

小学校の時は一太郎、中学校では手書きしたレイアウトを印刷会社へ依頼するものだったので、

ワードになってからは、今回が大幅な成長かと思われます(笑)


知識も、色彩心理だけでなく、心理学・精神分析・臨床心理学の文献、

NLP(神経言語プログラミング)などのサイトから、たくさん学びました。


まだまだたくさんの事を学び、成長しなくてはなりませんが、

自分にとっての技術や知識は、すばらしい宝物になっています。


その時のベストを尽くして、今後の講座を行っていきたいと思いますので、

どうぞよろしくお願いいたします。



現時点での予約可能日です。

今後変更になることもあります。


7月12日(日)・16日(木)・18日(土)・20日(月・祝)・28日(火)


お問い合わせは下記HPから↓


パステル和(NAGOMI)アート・結晶の花

TCカラーセラピー・数秘&カラー


「カラー de はっぴぃ」バナー

パステルアート 「カラー de はっぴぃ」


AD

ちょっとした心理テスト

テーマ:

今、TCカラーセラピスト講座を開講するための準備していて、

その中で、カラーセラピーは心理学も大きな要素のひとつであり、

人間の性格について研究する上でできた心理テストなどについても、

いくつか出てきます。


はっぴぃが持っている色彩心理や心理学の本にも、軽くは解説してあるのですが、

ネットで調べるうちに、ネットでも簡易的にできる心理テストのサイトを見つけたので、

貼っておきます。


「心理テスト」


好きな色を選ぶ色彩心理的な診断や、

好きな顔や嫌いな顔などを選ぶ、面白い診断もありますよ~


はっぴぃがこの中で最初にやったのは、「TAT 絵画統覚検査」


TCカラーセラピストのテキストにも、チラッと出てきます。

そしてこのテストだけが、はっぴぃの持つ文献の中には唯一出てこなかったものです。


色々なことが想定できるような場面の絵を見て、

これがどのようなストーリーを作り上げるのか、

過去・現在・未来のような形で質問されていきます。


その答えは、このサイトでは数択になっていて、

自分が思う場面に近いと思うものをクリックしていって進みます。


はっぴぃさん、自分でずんずん道を切り開いて、進んで行くタイプみたいですよ~(笑)

おまけに「楽観的」というキーワードが数回(笑)

しかも異性や他人にあまり興味のないタイプ。


…まるで可愛くないオンナみたいです(自爆)


たぶんこれが5年以上前にやったら、

他人のせいにしつつも、自分のこともとても責めてストレスに弱く、

精神的に不安定という結果が出そうですが(爆)


(実際に過去の自分だったら、たぶんコレを選ぶだろうという感じでもやってみました(笑))


「楽観的」

イィじゃないですかぁ~(爆)


あるいは「物事を表面的にとらえる傾向がある」とあったけど、

ドップリ他人や自分のネガティブに浸ってしまうくらいなら、

自分が楽しい捉え方をした方が、「楽しくてイィじゃん♪」と思うのは、

やっぱり楽観的だからでしょうか…(笑)


きっとダーリンがそういう人なので、

はっぴぃも良い方に染まってきたということでしょうドキドキ


「楽観的」

今まで自分には存在しないと思っていた資質だけど、

やっとそんな要素が顔を出したのであれば、

自分的にはオッケーかな~と思います。

やっぱ楽観的(笑)



…という楽観的なはっぴぃが作る、時に書き込み型、時に色塗りも入る、

TCカラーセラピスト講座の楽しめる補助テキスト&ワーク。


はっぴぃが理解に苦しんでいた分野の第一関門は突破、

あともうひとつ難所もありますが、それはもぅ下調べ済み。

あとは図を作成せねば。


そしてその後は原稿を書いて、時間を計ってシュミレーション。

さてさていつ開講になるんだか(←やっぱ楽観的(笑))


でも少しでも、受講生さんも自分も(笑)、

楽しくなるような講座をしたいから、

この準備期間は、大切だと思っています。


正直、

「なんでこんなに大変な講座を開こうと思っちゃったんだろう」と、

途方に暮れた時期もありました。


下調べとかをしないで、ただテキストを読みあわせるだけなら、

こんなにも時間がかかったり苦しんだりはしなかったけど、

そんな講座にしたくありませんでした。


だって「はっぴぃにしかできない講座」を開きたかったんですもん。


それがたとえ自分の自己満足でしかなくても、

それでも自分がこうやって勉強して知識を蓄えてきた時間は、

自分にとっては「宝」と思えるほど、とても大切な過程でした。


カラーの興味はすごく昔からあったものの、知識としてはほぼゼロの状態から、

約一年前にTCカラーセラピスト講座を受講し、

そこから約一年、まだまだカラーの知識も経験もひよっこですヒヨコ


でも自分がわからない部分だったから、

理解するのが大変だった部分だから、

もしかしたら受講生さんも「難しい」と思ってしまう部分もあるかもしれません。


だからなるべくわかりやすく楽しくできたらイィな~ドキドキ

そしてそこで蓄えた知識が、また自分の成長に繋がればイィな~音譜


そんな気持ちから、これからも準備をしていきます。


はっぴぃは心理テストのお遊びは、ほどほどにして(笑)、

本題に取り掛からなくちゃあせる





パステル和(NAGOMI)アート・結晶の花

TCカラーセラピー・数秘&カラー


「カラー de はっぴぃ」バナー

パステルアート 「カラー de はっぴぃ」

AD
誰しも、イヤな気持ちを抱いたり、
TCカラーセラピーでも、「手放しましょう」というメッセージが多く出てきます。

「イヤなことを簡単に手放せるなら、苦労しない」
と思うことでしょう。

はっぴぃも長らく、本当にごくごく最近まで、
jw(エホバの証人)である親からの洗脳や虐待、
実父が病死したあと、母が再婚した義父との新しい家族、
そしてそこから逃げ出すように飛び込んだ、一度目の結婚、
その他にもはっぴぃを騙していった人の数々に、
ずっとずっと、憎しみや恨みを抱いていて、
それが自分の苦しみにも繋がっていました。

でも色彩心理の本の中で、
イヤなことをブラックボックスに詰め込んで、
手の届かないところへ捨て去ってしまうイメージを読み、
やってみたら、あら不思議(笑)

イヤな気持ちが本当に、
スーッとラクになったのです。

そういえばはっぴぃは、以前にある被害を受け、
その時の心の傷の支援で、イメージトレーニング的なことを教わりましたが、
それは体を動かす方法だったので、
頭脳派プレイのはっぴぃには、あまり合わなかった記憶があります。

その時の方法は合わなかったけど、
イメージトレーニングは、気持ちの切り替えに役立つのだと、
今回のブラックボックスを知って、実感した感じです。

まぁ真面目な書き出しになりましたが、
この後に書くイメージトレーニングの方法については、
はっぴぃ節炸裂なので、楽しくお読みください(笑)

それではやってみましょ~♪
(ナゼかハイテンション(笑))

①まずリラックスが大切なので、目を閉じて深呼吸して体の力を抜いたりしてみます。

②リラックスできたら、イヤなものが胸の奥にあるようなイメージを感じます。

③「そいつ」をイメージの中の手で、「むんずっ」としっかり掴み、自分にも「掴んだぞ」と言い聞かせます。

④掴んだ「そいつ」を、真っ黒な袋をイメージして、そこに「ぎゅうぎゅう」全部押し込み、しっかり口を縛ります。
 袋の口をヒモで何重にもグルグル巻きにして、封印するイメージです。

⑤そしてその黒い袋を、今度は金庫のように頑丈で真っ黒な箱へ入れ、ふたを閉めて鍵をかけます。
 さらにチェーンとか巻いて、絶対に開かないようなイメージでも良いです。
 自分に「“そいつ”は、もうブラックボックスの中に入れたのだ」と、強く納得させます。

⑥そしたらそのブラックボックスを、海の底でも、宇宙に放り投げても、穴を深く深く掘って埋めても良いので、とにかくどこか遠くへ投げ捨てたことをイメージします。

ブラックボックス

「さよ~なら~。ブクブク。あ~見えなくなってった~」
みたいな感じ(笑)

この絵は、海の底へ沈んでいくイメージと、
宇宙へ放り投げたイメージの両方で描いてみました。

どこへ捨てるかは、ご自身のお好みで(笑)

とにかく遠くへ放り投げて捨てて、
「そいつ」が、もう自分の中にはいなくなったことをイメージしましょう。

もう大丈夫、イヤな「そいつ」はあなたの中からいなくなりました。
深呼吸をして、はいスッキリ(笑)

…以上です(笑)

はっぴぃは、イヤなことを下へ沈めるのがお好みらしく(笑)
「海へブクブク~」タイプなのですが(笑)、
はっぴぃの尊敬する方は、このブラックボックスの話題が出た時に、
「海だと上がってきちゃうかもしれないし、地中だと誰かが掘り返しちゃうかもしれないから、
 宇宙へ放り投げる~」
とおっしゃっておられ、
「潔くてカッコイィ~」
とますます尊敬したのでした(笑)

確かに「海へブクブク」や地中だと、また出てきちゃいそうなイメージがあります。
はっぴぃのブラックボックスも、何度か浮上してきやがりました(笑)

でもその時も、
「“ヤツ”はもぅブラックボックスに入れて、海に沈めたんだから大丈夫大丈夫。
 また沈めたれ。ブクブク…」(笑)
みたいな感じで、自分の気持ちを切り替え、手放せる自信がついた感じです。

だからみんなも大丈夫。
またブラックボックスが顔を出したら、
またどこかに放り投げるか沈めるかすればイィ。

人間、生きている以上、
「完璧」なんてものは存在しないのだから、
何度ブラックボックスのようなものが浮上してしまっても、
それは全然自分が悪いワケではない。
浮上したら、その時にまた対処すればイィじゃない。

はっぴぃも、そう思えるようになりました。


↓今回参考にさせていただいた文献



この本によると、
「黒い箱の色は堅牢(けんろう)で重みがあり、決して逃がさない強さがある。
 青い海(または青い宇宙)の色は、遠く離れたどこかのイメージを引き立ててくれる」ので、
ブラックボックスを海や宇宙に投げ捨てるイメージは大事なのだと記されていました。

どうぞ皆様もやってみてくださいね。


ココからははっぴぃの過去話になります。
苦手な方は、最後の方までスルーで。

最後の方にはYouTubeの楽曲を貼ってあったりして、
また明るい話題にする予定です。


はっぴぃ、前夫や騙したヤツのことは、いつまでも根に持っていて、
いつか復讐してやろうと思い、
ブラックボックスに入れて捨ててしまうと、復讐ができなくなりそうだから、
ずっと恨みつらみを抱えたままでした。

でも嫌いなヤツのために、自分を苦しめていることがバカらしくなって、手放しました。
復讐の機会なんて、そうそうあるわけでもないしね(笑)
それなら自分が楽しく生きなくちゃ、損です(笑)

あともうひとつ、母の事は最後まで悩みました。
自分の母親の事を、ブラックボックスに入れて良いものかと、考えました。

元jw2世だった方も、全然jwとは関係のない方も、
少しずつ親とのわだかまりを解いておられているのを見て、
本当に自分の事のように嬉しく思い、これからも良き方へ行くと良いと、
心から思いました。

でも自分と母は、ナゼ同じようにわだかまりが解けないのか、
それははっぴぃが悪いからではないのか、
すごく自分を責めて苦しみました。

(それはわだかまりを解いていかれている方々の影響では、全然ないので、気にしないでね。
 むしろそういう姿を見ているのは、はっぴぃもとても嬉しいのです)

はっぴぃの母は、実娘のはっぴぃよりも、
jw組織の、実の子どもでさえも、暴力と恐怖支配で洗脳し、背いたら切り捨てる教えに従い、
そして有名大学を出ていても、社会的・常識的には知識も経験も乏しすぎる、
勘違いイタ男(イタイ男)の、これまたコテコテのjw2世の義父に言いなりの、
ダブル洗脳にかかっているため、
はっぴぃの力ではどうすることもできないと、やっと最近気づきました。

前夫にも、親しい友人にも言われたことがあります。
「親に感謝しろ」と。

だけどはっぴぃにとっては、それは綺麗事にしか聞こえず、
苦痛でしかなかったのです。

何を感謝すればイィの?
あの母と、どうやったら寄り添えるの?

どんなにはっぴぃが、母を思い焦がれたとしても、
はっぴぃには、ガッツリダブルの鎖で固められた、母の洗脳を解くことはできません。

本人が気付いて初めて、変わることができるのだから、
人は誰しも、自分が相手を変えることなんて、決してできないのです。

もし誰かが別の人の事を「変えたい」と思ってしまったのなら、
それは「支配」だと、はっぴぃは考えます。

前夫とも、お互い自分が優位に立ち、
相手を支配したがっていました。

今のダーリンと再婚した当初も、はっぴぃはそれがまだ抜けていなくて、
言動でダーリンを支配しようとして、怒らせたことがたくさんありました。

親が子を、子が親を殺める悲しい事件も、
「“支配”したいのに、思うようにならない」とか、
「“支配”されることに、耐えられなかった」という関係性も、
大きいのではないかと、はっぴぃは思っています。

…話が脱線しましたが。

なのではっぴぃは、母が自分で気付くまで、
はっぴぃはどうすることもできないのだという結論に達しました。

はっぴぃの母が、本当にはっぴぃと寄り添いたいと思えるときまで、
もしかしたらそれはお互いが生きているうちに訪れない可能性の方が大きいけど、
それでもはっぴぃは、自分の心を守るために、
母の事もブラックボックスへ入れて沈めました。

ごめんね、お母さん。
その日までさよなら…


…と、なんだか湿っぽい話になってしまい、すみません。
ちょっと泣きました。

でも無いとは思うけど、万一母が寄り添ってくるような時が来たら、
その時はちゃんと向き合います。


さてさて締めは楽しい話題にしましょうか。

ずっと大昔の職場から、仲の良い人がいて、
その方もカラーセラピーとかに興味を持ってくれているのですが、
その方を想うと回り出す曲♪



その方、ミスチルが好きで、
この曲「彩り」は、前の職場の人がカラオケで歌ってくれた曲でもあり、
その時グデングデンに酔っぱらっていたのに、この曲の事だけは覚えていたという(爆)

お仕事をされてる方はもちろんのこと、
子育て中のママさんたちも、誰かのために何かをして生きているすべての人たちに、
聴いてほしい曲。

色は必ず見えているのに、
日々の雑踏に押されて、心の景色はモノクロになってしまっているとき、
鮮やかに色が浮かぶ曲。

「色」についての曲だから、きっと色彩心理とかについて、
軽く下調べはして書いたのだろうけど、
(もしインスピレーションだけで、この歌詞を書いていたのなら、
 すでに天才だけど、さらに相当な天才だわ、桜井さん(笑))
「あるある」的な「こんな色の気持ち~」がいっぱい出てきて、
心から温かく和めますドキドキ

はっぴぃも、自分だけでなく、
他の誰かの日常にも、「彩り」を添えたくなってきましたラブラブ

本日、TCカラートレーナーの契約書を提出してきました。
TCカラーセラピスト講座の準備も、頑張りますキラキラ



パステル和(NAGOMI)アート・結晶の花
TCカラーセラピー・数秘&カラー


「カラー de はっぴぃ」バナー


パステルアート 「カラー de はっぴぃ」

AD

TCカラートレーナー講座

テーマ:

月曜日は里美先生 の元で、TCカラーセラピーのトレーナー講座を受講してきました。



里美先生の記事は「当ルームから初!TCカラートレーナーさんの誕生♪


はっぴぃ、事前にいっぱいいっぱい調べ物をして、

それを模擬授業や、この先開講したときに補助テキストの元となれば良いと、

何ページも印刷していきました。

そういう調べ物は得意だし、大好きです(笑)


ただはっぴぃは、ゴールを見て準備していったわけではなく、

1からひとつずつ潰して行ったという感じなので、

どの部分が大事か、自分でもよくわからずに、ベタ打ちやコピペばかりでした。

言い換えれば「闇雲」みたいな(苦笑)


もちろんそれも自分の知識となるので宝物ですが、

資料ばかり多すぎてしまって、大事なところがぼやけてしまっていました。


はっぴぃ自身も、ひとつひとつは頑張って勉強したけど、

「どうしてここで、このことを言っているのだろう」という、

流れとか要点がわかっていなかったからです。

知識が点在している感じ。


それがこのトレーナー講座で大切な点をピックアップしていくうち、

「点と点が線で結ばれ」、モヤモヤしてよくわからなかったことが、すごくよく納得できて、

頭の中が「クリア~キラキラ」になったような、すごくスッキリ気持ちイィ感じで、

とても有意義な講座でした。


里美先生の記事でも書いてあったように、

「カラーセラピスト、カラー講師としてはもちろんの事 人としても成長できます」を、

実感した感じですドキドキ


この先も開講まで、まだまだ復習し直したり、

シュミレーションしなくてはいけないことがたくさんあります。


でも「点と点が線で繋がった」今なら、

きちんとした方向性を見極めて、準備できそうな気がしますアップ


TCカラーセラピーの「TC」は、「True Communication」


色の意味を通じて、自分の中にある気持ちや望み、実はもう出ているかもしれない答えに、

「自分で気付き」、そのことでこの先の道筋を「自分で見つけていく」ことを目的としています。


そして「Communication」の言葉が入っているように、

講座を開講する上では、受講生さんとのコミュニケーションも、

大切にしていくような講座を目指していきます。


はっぴぃが考えている自作のテキストも、一方的な添付資料だけでなく、

「一緒にやってみましょう」的なワークのような要素も入れていきたいと思っています。


ただ限られた時間なので、たくさんは盛り込めないとは思いますが、

あとで見た時に、また何かを思い出してくださったり、

続きのワークをやってみたいと思ってくださるような内容にしたいです。


手続きや準備などに数週間~一ヶ月ほどいただくと思いますが、

その後は、一日(5時間+休憩) 14色のカラーボトル・テキスト付き、19000円で開講いたします。


自分自身も、そして周りの方へも、

色の意味からメッセージとして受け取ったり、お渡ししたりすることで、

自分の中にあるものに気付き、方向性も自分で見つけて歩き出すことのできる、

TCカラーセラピスト講座を一日で学ぶことができます。


そして14色のカラーボトルや、色の意味をメッセージにしたテキストが手元にあることで、

すぐに生活やお仕事に取り入れられます。


開発者の中田哉子先生が、「TCカラーセラピー」 公式サイトの「コース・コンセプト(はじめに)」 の中で、

「人は誰でもセラピストである」と述べられている通り、

気軽にどなたでも、自宅でカラーセラピーできるように考えられたシステムですので、

どうぞ楽しみに、しばしの間お待ちくださいませ。



※ お知らせ ※


TCカラーセラピーのメニューの料金について。


TCカラーセラピスト講座の開講まで(5月末までのお申込み)は、従来の2000円

開講後(6月)からは、3000円へ変更させていただきます。


スキルアップによる変更となりますので、ご了承ください。




パステル和(NAGOMI)アート・結晶の花

TCカラーセラピー・数秘&カラー


「カラー de はっぴぃ」バナー

パステルアート 「カラー de はっぴぃ」



※ 追記 ※

昨夜の「蛍光灯点灯→常夜灯」になってた話をダーリンにしたら、
「あぁ、この前はっぴぃが業務でいなくて、姫も外出していなかったとき、なんか気配しましたよ。
この家にはなんかいますから」
と、サラーっと言われて、
ますます「ガク((( ;゚Д゚)))ブル」なはっぴぃです(笑)

そういえばトラちゃん、
はっぴぃが常夜灯のリビングに入ろうとするのに、
なかなかどいてくれなかったもんなー

なんか阻止してくれてたのかなはてなマーク

今も、ダーリンがご飯食べたらさっさと自室にこもっちゃったので、
リアルタイムでワインのボトルを一人で開けながら、
ダーリンが拒否ったグリーンづくしを本日も一人虚しく食べてます(自爆)

で、結局「ハンバーグの蒸し焼きにするから」とか、
「グレービーソースに使うから」という理由で、
どさくさに紛れてワインをつぎ、
ほぼフルボトルを空にしてしまったはっぴぃですワイン(自爆)


追記前の文はコチラから↓


突然ですがはっぴぃ、こってこてのスピリチュアルしてるものは得意ではありません(笑)

(一般的な「スピリチュアル」=「心霊的・目に見えないパワー的」なもののことです)


でもカラーセラピーを説明する際に、

結構「潜在意識が…」とか書いちゃってるはっぴぃなので、

「なんだかカラーセラピーがスピリチュアル的に思われるのがイヤだなー」

と思って、この記事を書いてみてます。


ってか、「スピリチュアルが得意じゃない」って言ってるわりには、

占いとかはラッキーなことが書いてあれば喜ぶし(笑)、

「念」とか「悪さをする存在」はあったりするかと思います。

そして、「願いを叶えてくれる神様」はいないとも思っています。


最初っから、ちょっと脱線してしまうけど、お付き合いください(笑)


「占い」は、基本良いことしか喜びません(笑)

人生を左右することや未来とかを、占い師に占ってもらうことまではしません。

だって自分の人生は、自分で描いて進んで行くものだからI


「念」は、生きているうちのものは存在すると思っています。

「怨念」とかも、不慮の瞬間の直前に強い「怨み」とか「憎しみ」があるから、

残るものだと思っています。


やはり昔の聖書的な教えが残っているのか、

「死んだら肉体もなくなれば、意識もなくなる」と思っているので、

「念」は死後のものではなく、生きている最後の瞬間に残していったものだと考えています。


もちろん生きているうちの「念」もあります。

これは自分自身がそうなので、実感しています。


ある人に、

「あなたはとても怖い人だ。あなたが誰かを憎むと、その人は不幸になるでしょう」

と言われたことがあります。


確かに…

かなりヤバいことなので、詳細は書けません。

ご勘弁ください。


そんな風に実感してるので、
人の「念」はオーラとなって、何かの影響を与えてしまうことはあるかもしれません。


でもはっぴぃは色々な「念」は感じるけど、見えない人なので、

その念が「人」という形で出てくるかどうかは、わかりません。


「おかしな現象」があったとしても、それは「死後の霊」じゃないと思います。

それ以外のものかと思います。


やはり聖書的になりますが、

「神を貶めるために、人を騙した」存在があり、それが「悪霊」という記憶があります。


なので「悪さをするもの」は、「死後の人」とは別存在だと思っています。

でも「念」と「悪さをするもの」は結びつきやすいものとも思っています。


(やっぱ同じなのかはてなマーク)

はっぴぃが良くない感じの「念」を怖がっていると、

「悪さをするもの」が面白がって、おかしな現象を残していくことは、

何度かありました。


鳴らないものが鳴ったり、鳴らなくてはいけないものが鳴らなかったり、

ある場所では必ず重くなったり。


これもこの辺でご勘弁してください。

また呼んでしまう ガク((( ;゚Д゚)))ブル


(昨日、はっぴぃが重くなるスポットの口コミなどなどを検索して寒ーくなったあと、
昨夜は一人で怖かったからリビングの電気をつけてお風呂に入ったのに、

  上がったらナゼか常夜灯になっていたYO!! 叫び (苦笑)

 きっとトラちゃんが、蛍光灯のリモコンをポチしちゃったのね~ (;´▽`A``(そう思おう(笑))

 トラちゃんの~せいなのね、そうなのねっ (妖怪ウォッチかっ(爆))

それが「悪さをするもの」だとしても、「念」だとしても、
それは「死者の霊」とは違う、
というか「死者」というものの「霊」は、存在しないと考えています。

次に「願いを叶えてくれる神様」


「祈って願いが叶った」とか、「神頼みが成功した」とかいう方も、

たくさんいらっしゃるかもしれません。


だけどそれは、また「念」が出てきますが、

「祈り」とは、自分の強い気持ちで願う「念」と同じだと思っています。


ダーリンが病気になった時、

姫の進学の時、

はっぴぃも祈りました。


でも「神様に」じゃありませんでした。


自分の中に「大丈夫」という強い信念を持ちたくて、

自分に「祈って」いたのかもしれません。


病気も進路も、現実問題で難しいときは、

どんなに祈っても、祈りだけで病気が治るとか、祈るだけで思う道に進めるとか、

そんな奇跡なんて起きるわけないです。


神様がいるとしてもいないとしても、

人の願いを叶える存在ではないと思っています。


「願い」の結果は、現実や努力の結果なだけではないのでしょうか…


ってなわけで、はっぴぃ的には、

「死者の霊」うんぬんや、「神様にお願い」は全然信じてないという意味で、

こってこてのスピリチュアルは、「どうなのーはてなマーク」という感じです。


(ただ「悪さをするもの」の存在については、曖昧でごめんなさい)



話はカラーセラピーに戻り(笑)、

カラーセラピーというものは、直感的に選んだ色からのメッセージを聞いて、

自分の潜在意識と合致するものがあったとき、

潜在意識が、自分の意識する顕在意識へと上がってきて、

モヤモヤがスッキリしたり、自分が本当はどうしたいのか、少し道が開けたような気持ちになるものです。


カラーからのメッセージは、

スピリチュアルのように、「見えない存在」からのメッセージではありません(笑)


もしかしたらその部分が書き足りなかったがために、

「カラーセラピーがスピリチュアル的に捉えられてしまったらイヤだなー」

と思っているのかもしれません。


今後、カラーセラピストとしてステップアップしていく上で、

講義をすることも視野に入れていく段階になり、

「カラーセラピーを伝えるときに、大事なことは何?」と考えた時、

「潜在意識」の件も大切だけど、

「カラーからのメッセージも同じくらい大切に伝えなくてはいけない」と気付きました。


色からのメッセージは、色彩言語が元になっています。

例えば「温かい色は?」と聞かれたら、
どんな色が浮かびますか?
どうしてその色が浮かびましたか?


固定観念を抱かれるのはイヤなので、

何色かはそれぞれの感じ方にお任せします(笑)


温かい色が浮かんだ理由は、

たとえば「ホッカイロの袋の色だから」
と思っておられる方もおられるかもしれません(笑)

ホッカイロのパッケージも、実はその色にしたのは、
その色が温かな色だから、採用したのだと聞いたことがあります。

もっともっと根本的な、「温かな色」を想像させるような象徴物を考えた時、
「ポカポカのお日様」とか「たき火」とかが思い浮かぶかもしれません。


色彩言語は、↓以下の三つの分野から成っていると言われています。


色彩言語の基本
(またはっぴぃお手製の、ペイントで作った図(笑))


先の「温かな色」で浮かんだ、「ポカポカお日様」や「たき火」は、

①の原始時代の人でも知っている色。


そして「ホッカイロ」とかは、日本のホッカイロが浮かんだと思うので、

②の国や地域や文化によるものに、入るでしょうか。


カラーセラピーは①と②の、色の象徴物などから連想された色の意味を用い、

それを言葉や文章の中に取り込んで使っていきます。


なので色の意味は、「わけのわからないもの」からできているのではなく、

原始時代から知っているものから現代に至るまでの、

色からの象徴物を言葉にすることにより、作り上げられているものなので、

「実在」する「現実」のものとも言えます。


それらの色の意味を、カラーセラピストはどうやって用いるのかと言いますと、

たとえば、「誰かと温かい時間を過ごしたいと思っている?」とか、

「温かい時間があった?」「今温かいものを感じている?」「温かさを求めている?」などとか、

他にも「温かいものが欲しかったのに、それが叶わなかったりしたことがある?」などと、

色の意味を色々な言い回しで問いかけたりしています。


もちろん一色の中にも、色々な意味があるので、

温かそうな色だけど、「温かい」だけではなく、他の意味も混ぜ合わせた問いかけが多いですが。


クライアントさんも、色を見た時にピンと来た色は、

自分の中にあるものと、色のイメージがリンクしたから手に取るのであって、

カラーセラピストは色の意味から、クライアントさんの潜在意識の深いところにあるものを、

お話していただくためのお手伝いをしているだけです。


時々、「色とは関係ないかも…」と思うような話が出てくることもあるかもしれません。


ですがこのご時世、ゆっくり話を聞いてもらえる存在や時間というものは、

なかなか見つけることが難しく、

「関係ないかも」と思っているのは自分だけで、

話していくうちに、色々なことを思い出したり浮かんだり、

そこで自分の気持ちの整理もしていって、

次の道を見つけるための準備をしていたりします。


色のキーワードから感じたことを話す。

思いの丈を話す。


このブログか他のブログかでも何度が書いていますが、

昔のお酒のCMで「人に話すことで、ほとんど解決しちゃってる」というようなキャッチコピー。


結局答えは自分の中に持っていて、それを言語化することによって、

自分の中で整理できたり、自分で自分を後押しできたり。


TCカラーセラピストは、アドバイスをするのではなく、

「傾聴」=「耳を傾けて、心で聴く」ことを大切にするよう、教えられてきました。


なので思う存分、話しちゃってください(笑)


ということでカラーセラピーは、

決して「見えない何かの力が働く」とかいうアヤシイものではなく(笑)、

色から連想される「現実のもの」から言葉を広げてメッセージとして伝え、

それを聞いたクライアントさんが、ご自身で自分の想いや、これからどうしたいかを整理していくための、

手段の一つなのです。



さて今回も文字ばっかりの記事にお付き合いくださり、ありがとうございます。

はっぴぃは文章を書くのが好きなので、いつもこんな感じですみません(笑)


そんな文章好きはっぴぃは、またテキストを作ろうかと考えたり、

(以前の「ジョハリの窓」と、今回の「色彩言語の基本3段階」は、その準備だったりします)

そのテキストを使う、プレゼン的なシュミレーションの準備に入ります。


「この話では、この資料を使おう」という構想は頭にあるのですが、

進めていく順番などが、テキスト通りというよりはページが前後して進みそうで、

期限までに少しは整理がつくのか…


いや、はっぴぃのことだから、なんとかしちゃうだろうなー(笑)


そんな準備やら、週末も別業務がありそうなので、

また更新はボチボチになるかと思います m(_ _ )m



※ 追記 ※


TCカラーセラピー開発者の中田哉子先生の今日のブログ記事、

「カラーセラピーは投影の心理学を応用したものです 」 でも、

顕在意識(頭で考えて意識していること)と、

潜在意識(普段意識していない無意識のもの)が、

カラーセラピーとどうかかわりあっているのか、

すごくわかりやすく書いてありました。


この記事更新して、ブログ巡りをしている時に、

遅ればせながら気付いたはっぴぃでした(笑)




パステル和(NAGOMI)アート・結晶の花

TCカラーセラピー・数秘&カラー


「カラー de はっぴぃ」バナー

パステルアート 「カラー de はっぴぃ」

自分の内のバランス

テーマ:

TCカラーセラピーの開発者、中田 哉子(さいこ)先生のブログ は以前から読者登録しているのですが、

メルマガの方は、はっぴぃスマホがガッツリ迷惑メールを阻止している設定のため、

ドメイン指定受信などの設定が面倒で、なかなか登録していませんでした。


PCメールは、PCを開かない時期が続くと溜まっていってしまうし、

スマホでGメールもあるけど、たぶん通知オフにしてるし、滅多に開かないし。


がっ、はっぴぃスマホでも、

「Yahooメールはアプリで入れてるじゃんラブレター」ということに気付き(遅いっ(笑))、

そちらのメールで受信することにしました。


そういえば、自分のHPのお問い合わせも、Yahooメールに転送されるから、

アプリからの通知で、リアルタイムで気付くのにね(笑)


先日里美先生 のところで、ヴィジョン・スパイラル・セッションを受けてお話していた時に、

哉子先生のメルマガについても、チラッとほんの少しだけ出てきて、

「そういえば登録まだだったな…」と思い出したのでした(笑)


そんな哉子先生の、昨日のメルマガは、「バランス力」について。


哉子先生は、

「※この文章がもし、お役に立つようでしたら、ご自由に引用、転載して下さいね!」

という、とても心の広い方なので、転載しつつこの記事を進めていこうと思います。


↓以下、哉子先生のメルマガの転載です。


***

今日のテーマは、
「バランス力の開発」

バランスとは、自己コントロール。

さて、昨日のメルマガの最後に、
カバラの教えに、
「欲望は抑圧するのではなく、コントロールするもの」
「欲望は愛に昇華させるもの」

という教えがあります。

愛とは、無我であり、「私がというのがない状態」なのだそうです。

そこまで悟りを開けるほど、崇高な人間になることは
難しいともいますが、そこに至るまでに大きく分けると
4つの段階があります。

とお伝えしましたが、今日はその4つの段階についてお伝え致します。

以下、斉藤啓一さんのカバラ講座より引用。

●1段階目(本能レベル)

・食欲、性欲をコントロールできるか?
健康を犠牲にするほど飲食したり、性行為に耽ることはないか?
(抑圧ではなくバランスを取ることが大事)

・健康を維持するための適度な運動の習慣が身についているか?

・肉体的な状態によって精神的に不安定になったりしていないか?
(肉体の苦痛は肉体だけで終わらせ精神の苦痛にならない)


●2段階目(下位感情レベル)

・感情や衝動、気分によって行動や考え方が変わることは無いか?

・短絡的な考え方をしていないか?


●3段階目(高位感情レベル)

・偏見によって思考が歪んでいないか?

・自分本位あるいは他者本位の考え方に片寄っていないか?


●4段階目(知性レベル)

・観念や霊感(直観)の内容が理性的思考と矛盾なく調和しているか?

・社会的常識を超えた精神性を持ちながら社会的常識を守っているか?


※4段階目まで到達すると、その先にあるのが悟り。
(私が…というのがない状態)

引用以上。

各段階ごとに、養成すべきバランス力があります。

大きく分けると、欲望のバランスは、
肉体のバランス、感情のバランス、知性のバランスがあるということです。

チャクラバランスと似ていますね。
やはり、こうした考え方は、何千年も昔から現代へと引き継がれた
知恵であり、不変の真理なのでしょうね。

***


↑以上、転載でした。


さすがに「無我」で「私が…」というのが無い状態という境地に立つのは、

並大抵の人ではないです。


やっぱり人間には「欲」があり、

「自分」が一番カワイィですもんね~(笑)


はっぴぃはすでに第一段階で挫折しまくりです(苦笑)


まぁこれから書く文章も、「私が…」のことばかりなので、

もはや「無我」とは無縁な内容になってきますが(自爆)


第一段階の最後の項目に、


・肉体的な状態によって精神的に不安定になったりしていないか?
(肉体の苦痛は肉体だけで終わらせ精神の苦痛にならない)


というものがあります。


はっぴぃの場合、ちょっと反対かもしれないけど、

精神の苦痛が肉体への苦痛へと表れやすいタイプです。


前の環境では、ストレスによる過換気症候群・失語症・メニエール症など、

どちらかというと、ストレスで自律神経などが乱れて身体的な症状があらわれる、

心身症も強かったかもしれないと思っています。


今の環境では、それらの症状はだいぶ減りましたが、

前の環境の時から今も時々、色々な体の不調に見舞われるにもかかわらず、

病院の検査では毎回「異常なし」と太鼓判を押されているので、

心因的な要因によって、心身両面にわたって障害を引き起こす、

神経症がまだ続いているのではなかろうかと思っています。


実際前の環境の頃に精神科で、「神経症」という診断が下ったことがあります。


そのような症状を、どのようにして軽減するか…


もちろん体の症状を軽減させる治療薬があれば、それを処方されるのが一番ですが、

でもそれは体の症状の改善だけであって、根本的な原因、

心因性のものやストレスなどは、肉体に対する薬では効果が発揮できません。


昨日の哉子先生のブログ記事、

「カラーセラピーは関連する分野がいっぱいある! 」 の中では、


西洋医学だけでは解決できない病気もあります。
例えば、人間関係に悩み、苦しんでいる人が、胃腸の病気になった場合、
胃腸だけ治したとしても、人間関係が解消されなければ、
また同じ病気を繰り返す可能性があります。
根本を解決したことにはなりませんよね?

健康とは肉体だけではなく、心や魂など、
目に見えない部分も含めて、ホリスティックに考えて行かなければなりません。

肉体と心と魂が、全て健康であることが、真の健康であり、
「肉体と心と魂はつながっている」という考え方を持つ人が増えて来ました。

とありました。


はっぴぃもそれに全く同感です。


なぜならはっぴぃは、

いくら胃に効く薬や、血流を良くして気持ちを安定させる精神安定剤などを処方されても、

ストレスや色々な心因的な問題など、根本が改善されていなかったので、

全然効果がなかったからです。


あっ、西洋医学を否定するものではありません。


はっぴぃ自身の問題が、西洋医学の薬では解決できなかった、

言い換えれば、はっぴぃ自身の中で解決するしかなかったものだったからです。



はっぴぃはその点では運が悪かったのか、
心理療法やカウンセリングなどを、心では望んでいたものの、
そのような適切な機関を見つけられないまま、結果的に症状が悪化し、
一時期的に過喚起症候群による心拍数の停止や、
安定剤や睡眠薬の薬物中毒などに苦しみました。

約一年前からカラーセラピーに触れて、

最近では精神分析の創始者フロイトや色々な心理学の本を、

まだかじりかけですが読んできて、

心身の健康は、自分の意識と大きな関わりがあって、

誰の力でもなく、自分自身でしか解決・改善できないと、

過去の経験からも身をもって実感した感じです。


先の「バランス」の転載でも出てきましたが、

肉体のバランスと精神のバランスはとても密接で、

だからこそ、そのバランスを取ることの大切さを知ることができました。


心にモヤモヤしたものがあっても、それをうまく言葉で表現できないことは多々あります。


その時に、惹かれる色からのメッセージを聞いてみると、

自分の中に存在している、出てきそうで出てこなかったものが、

ポロっと出てきたり気付いたりするものがあり、

それが自分のモヤモヤや迷いや不安の解決の糸口になったりします。


まだ出てこれていない心の声、

それに気付くためのツールのひとつが、

カラーセラピーだと思っています。


そして自分の心の声に気付くことによって、

気持ちがラクになったり、一歩を進めるようになったりすることで、

肉体的な不調に、変化があることもあるかもしれません。


ただしそのような変化があることがあっても、カラーセラピーは医療行為ではないので、

本当に肉体の病の時、

そして心の状態も、気持ちひとつではどうにもならない状態の時の治療はできません。


・自分の気持ちに気付きたい

・自分の気持ちの原因に気付きたい

・自分にとって本当に大切なものを知りたい


その他にも色々ありますが、

自分の内にあるものに気付くことも、

その先どうするかを考えることも、

すべては自分次第です。


TCカラーセラピーでは特に、「傾聴」を大切にするので、

自分の想いを話していただくことによって、

話しながら、思い出しながら、自分の想いに自分で気付くことが多くなります。


その先の事も、アドバイスはしません。

「どうしたいのですか?」と、ご自身で考えていただきます。


自分の気持ちに自分で気付き、自分で描いてゆく未来。


それこそが、誰に言われたでもなく、自分で納得できる方法なのではないかと思います。


そのお手伝いの方法のひとつとして、

カラーセラピストという存在があるのかもしれません。


そしてただ人にカラーセラピーをしてあげることではなく、

「一家に1セットのカラーボトル」によって、

誰でも自分や周りの人の心の声に気付いてあげられるような環境を、

広められるような存在にも、いつかなりたいとも思っています。


先日のヴィジョン・スパイラル・セッションでも、

「自分一人だけでなく、人と共に育んで成長していく。そして人と共に喜びを分かつ」ことを、

はっぴぃは望んでいるようです。



何度も書いていますが、物心ついた頃から成人までの約20年は、
jw(エホバの証人)という間違った洗脳と抑圧のある、特異な環境の中で、
jw組織の教えや自分の考えにそぐわないと、
身体的・精神的な虐待を繰り返す毒母から育てられ、
逃げるように一度目の結婚をしたものの、モラハラやDVの約15年。

なので最初の約35年は、社会的なことや人間的な学習も成長もなく、
少しずつですが、やっとここ五年くらいで、
もがきながら一般の人間らしさを学んできました。

普通に生きようと歩き出してまだ約五年、
年齢だけは不惑なのに、人間性は本当に未熟極まりないですが、
でも人間はいくつになっても、変わったりやり直したりすることは可能だと、
こんな荒廃した自分の人生からでも、伝えられればと思っています。

これからも、まずははっぴぃ自身の肉体と感情と知性のバランスを整えて、

次のステージへと進めたら良いな…と思っています。


図解本ばかりですが、今は「フロイトの精神分析」「心理学」「色彩心理」の残りを読破しつつ、

次への準備も進めてみているところです。



パステル和(NAGOMI)アート・結晶の花

TCカラーセラピー・数秘&カラー


「カラー de はっぴぃ」バナー

パステルアート 「カラー de はっぴぃ」

ヴィジョン・スパイラル・セッション

テーマ:

本日は里美先生 の元で、ヴィジョン・スパイラル・セッションを受けてまいりました。


ヴィジョン・スパイラル・セッションとは、

無意識にできていた思考や行動のサイクルパターン(潜在サイクルパターン)を見つめ直し、

自分にとって大切なものを確認し直し、

理想のサイクルパターンへ書き換えて、望む未来へ導いていくセッションです。


はっぴぃがこのセッションを受けたいと思ったのは、

今年に入ってから特に、自分の表に出てきていない潜在意識を知りたくなったから。



顕在意識と潜在意識


(昨年11月頃に描いた、意識ペンギンさん(笑))


自分がわかっている部分(顕在意識)は、

実は自分の全体の意識の内のごくごくわずかで(10%ほど)、

あとはほとんどが、自分では意識していない無意識の部分(潜在意識)が占めているという。



ジョハリの窓


(ペイントではっぴぃが作成した、稚拙な図(笑))


ジョハリの窓でも、開放の窓や秘密の窓は自分が知っていて、

盲点の窓も他人が教えてくれるけど(笑)、

未知の窓は潜在意識の中にあるものなので、いつ出てくるのか、

それとも一生出てこないままなのかもわからない。


なのではっぴぃは、少しでも未知の窓の中の自分を知りたくて、

セッションをお願いしたのでした。




TCカラーセラピーの3本・4本リーディングでは直感でカラーを選んで、

その時の自分が求めている気持ちなどに気付いたりしますが、

ヴィジョン・スパイラル・セッションでも、最初に潜在意識のサイクルパターンを見つける部分では、

手法としては、やはり少し似た部分があるかもしれません。


ただ読み解き方が、3本・4本リーディングと違うので、

自分の潜在サイクルにとても気付きやすいです。


そして14色のカラーの質問からは、自分が大切にしていきたいもの見えてきます。


はっぴぃはイメージ的に、ハンドメイドなどの物作りを大切にしたいという感じが、

強く見受けられるかもしれませんが、

実は昔からもっと大切にしていた分野があったことを思い出しました。


(もちろんハンドメイドも大切なもののひとつではあります)


そういえばその夢を、ガチで進むことは諦めたけど、

結局ブログとかでこうやって書くことは、好きだから続けてるもんなー(笑)


ということで、大切なことを確認し直したところで、

今度は未来へのサイクルの書き換え。




なぜかコーラルからグリーンの範囲ばかり(笑)


そして両方のスパイラルで出てきた上に、

一年ほど前の、里美先生の初めてのセッションから、

はっぴぃがずっと持っていたいカラーが中心なのかなー

という結論に達しました。




はっぴぃのテーマカラーは、コーラルな気がします。

里美先生からも、テーマカラーの素敵なサンキャッチャーストラップをいただきました。


はっぴぃがこれから書き換えていきたいのは、

人との交流から、人も自分も育んでいくこと。


「あなたの喜びは、私の喜びです」

みたいな達成感を求めているということ。


秘密の窓で、人には見せていなかったけど自覚していたのは、

「案外冷酷でネガティブで人間不信な自分」で(苦笑)、

人へ示す愛の温かさは、開放の窓でも外面だけかとも思っていたので、

自分の中のイメージでは、もっと別のカラーで、もっと冷たい温度だったのに、

やっぱり心から、人に温もりを分け与えたいと知れて、

自分で「あったかいんだからぁ~」になってました(笑)


たぶん自分の中で、自分にロックやブレーキをかけている部分が、

とても多いのだと思います。


「ブレーキは緩めてイィんだ」と思えてきたし、

自分で作っている、対人に対する氷のようなバリアも、少しずつ溶かして…

いけるとイィかも…


(まだ様々な恐怖心ゆえ、すぐにすべて解禁とはいかない思うけど(苦笑))


目で見るカラーからだけでない、カラーの持つイメージや質問やキーワードを通して、

自分の中で様々な気付きがたくさん得られるセッションでした。


それにね、

「未来はこうしたい」に少しずつ、乗ってきてる気がしています。


それは上昇気流の里美先生の流れが、はっぴぃにも流れてきてるのもありますし、

最近仲良くさせていただいている方からのお気持ちで、

後押しさせていただけている部分も大きいです。


もちろんいつもいつも順風満帆にいかないときもあるでしょうが、

「自分と交流してくださる方がいるから、自分も生きて歩いていけている」

という感謝の気持ちを、どんなときもいつでも忘れないようにいたいな…

と思うセッションでした。


里美先生、未来が明るくなる有意義なセッションを、

ありがとうございました。


目標ややりたいことがある方はもちろんのこと、

今はまだ明確なものが見つかっていなくても、この先どうして行こうかを見定めるのに、

とても役立つセッションかと思います。


皆様も機会がありましたら、

(もしかしたら里美先生 のところで、まだモニターさんを募集しておられるかもー。

 そしていつかははっぴぃも、このセッションをして差し上げられるようになりたいです)

ヴィジョン・スパイラル・セッションをご体験してみてくださいね。


TCカラーセラピーの公式サイト でも、「ヴィジョン・スパイラル・セッション講座」 のページで、

(「ヴィジョン・スパイラル・セッション公式サイト」は、現在はまだ準備中のようです)

どんな感じのセッションなのかが載せられていますので、

ご参考にしてみてください。




パステル和(NAGOMI)アート・結晶の花

TCカラーセラピー・数秘&カラー


「カラー de はっぴぃ」バナー

パステルアート 「カラー de はっぴぃ」


桃色勉強会

テーマ:

すっかり記事にするのが遅くなってしまいました~あせる


桃の節句だった昨日、桃の色に合わせたワケではないのですが、

偶然コーラル(&ターコイズ)とピンク(&ライム)のTCカラーセラピー公式勉強会へ行ってきました。


里美先生の記事はコチラ↓

「桃の節句に、コーラル&ピンク、 ターコイズ&ライムな愛の勉強会 ♡




一番下のテキストは左がピンク、右がコーラル。


各色を円にした色相環で見ると、赤を挟んで青寄り(+白)がピンク、

黄色寄り(+白)がコーラルです。


なので赤という共通のカラーが入っているため、同じピンクという部類に入り、

そしてとても近しい存在。


(それらの補色のターコイズとライムも、グリーンを挟んで青寄り・黄色寄りという近しい関係です)


どのカラーにも愛というキーワードが入っているのですが、

やはり愛の意味も重なるものも多いカラー。


聖書的に言うと、そして2014年2月6日の記事「愛深し♡」 記事にも書きましたが、

愛は4つの種類があります。


四角四面でキチキチに分類したい性質のはっぴぃにとっては、

どこからどこまでの意味がピンクで、どこからがコーラルと分けたがっていたがゆえに、

混乱している部分もありましたが、

共通のカラーが混じっているからこそ、共通の意味があるという柔軟さも学ばされました。


そしてピンク系に共通するネガティブ面もあります。


(TCカラーセラピーでは、あまりネガティブ面を取り上げないのですが、

 ネガティブはっぴぃにとっては、ネガティブも自分を見つめ直すのに大切な要素なので(笑))


どんな愛であれ、一線を越えてしまったり、少しだけ行きすぎたりしてしまうと、

間違った、もしくは歪んだ形の愛となってしまい、

「愛」って紙一重なちょっとコワイものであるとも感じました。


ピンクでもコーラルでも出てきた、メサイアコンプレックス。

(ウィキペティア「メサイアコンプレックス」 参照)


メサイアとは「メシア(救世主)」ということで、

「自分が救ってあげなくちゃいけない。何とかしなくてはいけない」という信念を抱いてしまうこと。


jw時代もそういう洗脳がされていましたし、

それがずっと解けなかった数年前までの間、

だんだん薄くはなってきたものの、ずっと継続されていたことを思い出しました。


「どうしようもない前夫を(苦笑)、私が何とかしなくちゃ」

「家を守るために、自分が頑張らなくちゃ」


そしてもう付き合いをやめましたが、同じく元jwだった親しかったお姉さんからも、

「はっぴぃちゃんは、スポンジのように人の感情を吸収するのね~」

と言われ、

医療関係の職場でも、患者さんの苦しい思いに寄り添い過ぎ、

色んな人と一緒に泣きました。


そしてダーリンと再婚する直前に、ダーリンの大病が発覚した時も、

「私がしっかりして、ダーリンを支えなくちゃ」

と全部ひとりで背負い込んで…


jw環境の実家にいるときも、そこを出た後も、

そしてダーリンの大病が落ち着いてくるまでの約一年くらい、

はっぴぃ自身も心身を壊していました。


はっぴぃがガチでメンヘラ(心身ともに病的)だった期間、

優に35年以上。


ここまで来ると、もちろん当然のように自傷も自殺未遂もしましたが、

良く生きてこれたと、感心します(自爆)


今は、たくさんの涙や裏切りと一緒に、自らの暑苦しい想いを捨ててきたので、

メサイアでいることをやめました。


思えばメサイアでなくなった頃からかな。

やっと自分がやってみたいことが目につき、

実際に行動しだしたのは。


「セラピストは、自身が癒されていなくてはいけない」


でもはっぴぃには、本当はまだまだ癒しきれていないものがたくさんあるし、

この先一生かかっても、すべてを癒しきれないほどの量が残っていると思います。


その他にも、能力・体力・時間・環境…

自分でも色々な面で、限界を感じています。


それでもこの先も、まずは自分の中のものを整理していく上でも、

色彩心理、および全般的なココロの勉強は大切だな…と思いました。


だってド素人の一おばちゃんであるはっぴぃが、

簡単にセラピストになんか、なれるワケないじゃないですか~(笑)


気付くの遅いよ、はっぴぃ(自爆)


フロイトの精神分析 (図解雑学-絵と文章でわかりやすい!-)/ナツメ社
¥1,458
Amazon.co.jp


図解でわかる心理学のすべて/日本実業出版社
¥1,620
Amazon.co.jp


里美先生にどんな本が良いのか聞こうと思ったのですが、

大変お忙しそうですし、やっぱり自分がピンときた本をと思い、

アマゾンの解説やレビューを見て、中古を(笑)ポチしました。


どっちも図解系です(笑)


図解でないので、詳しく広く網羅されていて、

良さげで中古では安いのもあったのですが(笑)、

そろそろ脳細胞の死滅が激増してきた年代(自爆)。

文字だけだとなかなか頭に入らないというのが、正直なところです。


論理は事実に基づくものだから好き。


だけど難解度が増すと、自分のキャパを越え、

結局何も吸収できなくなってしまうので、

やはり自分の身の丈に合わせたものから始めるのが得策かと思いました。





そしてスーパービバホームの趣味ゾーン、ヴィシーズへ行ったら、

またこんな本が半額以下の処分価格で(笑)


こりゃ、もっと勉強しろってことかも(笑)


パッと見、「傾聴」に役立つのかと思いきや、

もっともっと深く広く役立ちそうな内容です。


まだパラパラとしか見てませんが。


はっぴぃにはココロの勉強、

というか、ココロという器官は無いので、脳とか思考とかの部分によるものだけど、

そこからもう少し学んで、

それを他の人に分かつというのもそうだけど、

何よりも自分自身をより良くしていきたいな…

と思っています。


だって自分が良くなくちゃ、

人に何かをしてあげるなんて、できないというか、おかしいでしょ。


人の事にかまけていて、自分の足元はスッカスカ~

って、今までのはっぴぃのパターンでしたから(自爆)


さて話題は変わり、

桃の節句の昨日は、あいにくのお天気だったので、

近くのお店へ出向くのはお休みして、里美先生が提案して下さった、

お雛祭りらしいランチに(笑)





ばらちらし、出前していただきました~すし

お昼から、美味しくいただきましたニコニコ


…と、最後は楽しく締めてみる(爆)



本当は、ピンク系はピンク系らしく、もっと愛らしく美しく書きたかったし、

そして補色のターコイズやライムにも、明るく素敵なメッセージが込められているのに、

今のはっぴぃには、「ネガティブな自分を振り返る」ということしかできないようで、

なんでかこんな記事に(苦笑)


だから今日もヴィシーズとかセリアへ逃避して(笑)、

なかなか記事を書く気になれず、今の時間までアップできなかったのかもしれません。


結局やっぱり明るい内容でなく、

自分のドロドロとしたものを吐き出す記事になってしまったけど。


やっぱり想いを綴ることが好きなはっぴぃにとっては、

気持ちがこもらない、上辺だけの言葉ならば、

書く意味がないと思っているのかも。


きっとこれも自分の大切な癒しと整理だと、開き直りますっ(笑)


パステル和(NAGOMI)アート体験

TCカラーセラピー・数秘&カラー


「カラー de はっぴぃ」バナー

パステルアート 「カラー de はっぴぃ」


TCカラー公式勉強会

テーマ:

成人の日に里美先生 の元で、
TCカラー公式勉強会を、受講してまいりました。


(里美先生の記事は「ワタシのジョハリの窓、盲点の窓に○○が…! 」より)

今回もmasaさん 、そしてお初の顔合わせのすーじーさん とご一緒させていただきました。




まるで「いらっしゃいませ」と迎えてくださるような、里美先生のサロン。

実ははっぴぃはココロのモヤモヤがある状態の中での受講でした。

里美先生には、
「人にはセラピーしてあげられるけど、自分がされるのはキツい」
と弱音を吐いたりしてました(苦笑)

でもセラピスト自身が自己開示して癒されていなければならないことを、再び思い起こされ、
受講しながらどんどん意識は変わっていきました。




そしてセッション練習では、
はっぴぃの中でバラバラに散らばっていたたくさんの過去のイヤなことを、
すーじーさんが丁寧にひとつひとつ結びつけてくださり、
パズルのピースが合っていくような感覚でした。

自分の中には、過去の地雷がいくつも埋まっていて、
今回は最大級のうちのひとつを自分で踏んでしまい自爆していたことに、
気付いてはいたけど、そこから逃げたかったことを、受け入れていかなくてはいけないと思いました。

ただ最近、今までにない脳の部分の疲れというか、
思考回路の落ち込みが続いているので、
もう少し色々な面で、ゆっくしてみようと思います。

心というのは、「心」という部位があるのではなく、
結局脳の思考で成り立っているものですから。
(と、ダーリンが教えてくれました)

だから思考とかが「ちょっと…」という時は、
連動して「心」という象徴物も、なんらかのシグナルを発しているということだと、
はっぴぃは解釈しています。

これからは自分の楽しみを追い詰めすぎて、楽しくなくならないように、
無理をしないように「今の自分に今できること」を、
進めてみようと思います。

「今の自分に今できること」は、
セッション練習の際に、masaさんがお話ししてくださったことでした。

はっぴぃがmasaさんをセラピーしたのですが、
masaさんは自分のしたいことへ踏み出された感じ。

はっぴぃは今までたぶん、かなり先のことばかり見て、
そのための入り口は、まずはスタイルや見た目をそれっぽくするのが、
一番目に見えてわかるものかと思って、そこから始めていました。

里美先生が伝えてくださった「まずは形から」のタイプ(笑)

今までも手芸やハンドメイドなどで、興味のある分野になると、
まずは材料や文献ばっかりを揃えたり(笑)

タティングレースに惹かれれば、シャトルと本を買い漁り、
スィーツデコに惹かれれば、粘土やらレジンやら塗料やら、膨大な種類を揃えました(苦笑)

で、「使いこなせているか?」と聞かれたら、
「時間がない」とか、興味が他に移ってしまったりして、
放置されてきた資材や道具が多々(苦笑)

昨年末から、「今」できないものはヤフオクやリサイクルに回して、リリュースしているけど。

今やっている活動も同じような経路を辿っているのかも。

「今の自分にできること」ではなく、
「見た目や形」を先に作り上げることに目を向けすぎて、
「自分」という社会や環境やキャパを超えている部分もあるのかも。

そんな風にも思いました。

だから一旦ひと息入れる時間や機会も必要なのだろうと思います。
それが今なのかもしれません。

自分では見えていないものは、
外側から見てる人には結構よく見えていたりするんですよねー(笑)

カラーを通して里美先生を始めとする、温かな方々のおかげで、
また少し自分を見つめ直すことができました。

ありがとうございました。

さてセッション練習でのmasaさんからの感想です。

「いつもありがとうございます。

 家族の事や友達の事でずっとモヤモヤしていたけど、そんな気持ちから離れて、今の自分の事をがんばればいいのかなと思いました。

 地に足をつけて、がんばりたいと思います!」


過去のたくさんのことを、自分の中で乗り越えて納得されて、
「今やりたいこと」を見据えて、
「今の自分」にできることを始めようとしておられるmasaさん。

masaさんがこの先の道を見据えておられ、
それを「今の自分」に合わせるという姿勢に、
「自分」という芯の部分の強さというか、確かなものを感じて、
とても素敵だと思いますキラキラ

私はっぴぃもたくさんのことを教わりましたラブラブ
ありがとう (*^o^*)


☆ おまけ ☆

三連休中日に姫が彼氏さんと他にも友だち数人で、ディズニーランドへ行ったのですが、
迷子になるわ、スマホは落とすわ…(-_-;)

スマホはインフォメーションみたいなところで届け出があるか聞いたら、
落としたところの近くと思われるショップさんで、預かっているとのこと。

さすがは夢の国。

従業員さんか、お客さんかはわからないけど、
心優しい方が拾って届けてくださったようです。

スマホはWi-Fiも繋げることを考えると、
落ちてたらネコババしても使えそうな機械。

手元に帰らない確率も高そうなのに、
本当に幸運でした。
(しかも壊れてもなかった)

拾って届けてくださった方、
このブログを見ていないかもだけど、
本当に感謝しております。

ありがとうございました。

…しかし姫、あなたって子はむかっむかっむかっ

「今月は少し安いからまた行く~」って言っていたけど、
こういうことや他にも色々あるので、
少し自粛してもらいます。

母の気苦労は耐えない…DASH!


※ブログやはっぴぃが管理しているネット関係のもの、

 更新やご訪問などもう少しゆっくりで行きます。

 ご訪問が遅れていて、申し訳ありません m(_ _ )m


パステル和(NAGOMI)アート体験

TCカラーセラピー・数秘&カラー


「カラー de はっぴぃ」バナー

パステルアート 「カラー de はっぴぃ」


ご訪問が遅れていて、申し訳ありません。


昨日は里美先生 の元で、もぅすっかり意気投合の(笑)masaさん と一緒に、

TCマスターカラーセラピスト養成講座を受けてまいりました。


里美先生の記事は、

カラーボトルからの色光も祝福♪@TCマスターカラーセラピスト養成講座 」より。


masaさんの記事は、「TCマスターカラーセラピスト講座 」より。





里美先生のサロンにお邪魔した瞬間から、朝の眩い光がボトルを照らして、

キラキラしていましたキラキラ





サンキャッチャーからの虹もキラキラ~虹


そんなキラキラから始まった講座。

14色それぞれのイメージや意味を深め、カラーのキーワードから言葉を紡ぐ練習も。


そしてTCマスターカラーセラピストから扱える、↓コチラのカードのセッション練習。




14色各8枚ずつ、1枚につき4つのキーワードが書かれているカード。

ということは、一色に付き32個のキーワードを視覚から知ることができます。


選んだボトルのカラーキーワード32個の中から、

すごく自分が惹かれた言葉に引き寄せられる感じです。


ナゼその色を選んだのか?

ナゼその言葉を選んだのか?


セラピストから与えられるカラーのメッセージからだけでなく、

自分で考えたり思い出したりすることで、自分の中に深く深く入り込み、

そして根本や原因など、真や元の部分に気付きやすくなります。


はっぴぃ自身がそうでしたから。


はっぴぃは比較的、考えや気持ちを言葉で表現することが好きな人です。


たくさん言葉で表現したいし、そうしてきたから、

「言葉で表現するのが得意」と思っていただいていることも、あるかもしれません。


そんなはっぴぃが、自分の中に深く入りすぎて、

「このモヤモヤした感じを、どうやったら言葉で表現したらイィの!?

というくらい、すごくすごく深いところにまで到達してしまいました(笑)


ココにはずっと書いてこなかったけど、

「ダーリンははっぴぃがカラーの活動をしていることを、どう思っているのだろうはてなマーク

というモヤモヤとか。


でも根本はダーリンが原因じゃなかったんですねー


あとではっぴぃ自身もゆっくり考えてみたら、

はっぴぃが選んだカラーのキーワードを、オーバーネガティブ(行きすぎちゃってる感じ)にすると、

はっぴぃは「傲慢」も入っていたんだろうなー

と気付きました。


最近自分でも気づいていたけど、イヤな感じの記事の書き方とかもしていたし。


でもそれを認めたくなかった。

自分が原因だと認めたくなかった。

だって「傲慢」でしたし、ヘンな「プライド」もありましたから~(自爆)


でも他に選んだカラーは「新芽」のような色。


新芽って種から芽吹くとき、固い種の殻を破って出てきます。

だからはっぴぃも、、自分の「傲慢」「プライド」という殻を破って、

自分の考え方に原因があったと認めなくてはならなかったんですねー


…と、これもあとから気付きました。


でもそう気付けたのは、masaさんからの心にストンと落ちる言葉掛けや、

長時間の講座でお疲れなのに、頭を悩ませているはっぴぃのために一緒に考えてくださった里美先生が、

ヒントをたくさん与えてくださったから。


鳥のヒナが卵から還る時、親鳥も外から卵の殻を割ってあげて手伝うと聞きます。


ヒナが卵の内側から「出たいよ~」と、つついて出ようとするのを「啐(そつ)」、

親鳥がその気配や音を聞いて、卵の外からつついて出るのを手伝ってあげるのを「啄(たく)」と言い、

それを合わせて「啐啄(そったく)」というそうです。


カラーセラピーも同じで、

クライアントさんが自分の内側から、何かの気付きなどを得ようとしているところに、

カラーセラピストがそっとヒントを出して、

クライアントさんが自分で気付きやすくするためのお手伝いをする存在なのです。


先程の「啐啄」から時間は進みますが、

親鳥は全部の殻を破ってあげるワケではなく、

結局卵から出てくるのは、ヒナ自身の力。


そしてココからは、ヒナからセミの例えに変わりますが、

(なんかjwの公開講演の原稿みたいだなー(爆))

セミも何年も土の中で成長した後に、固い殻を破って出てくるのだけど、

出てきたら終わりではなくて、殻の中で縮こまっていた羽を伸ばさなくてはならない。


セミは地上に出てくると、時間と共にどんどん体の表面が硬くなってしまうので、

モタモタと殻から出てきたら、出てこれずに固まって死んでしまうし、

出てこれても、のんびり羽を広げていたら、もしくは殻から出るのに時間がかかりすぎていたら、

羽が広がりきらないうちに、縮まったまま羽が固まり、飛ぶことができないセミになってしまう。


そうすると、生きたまま蟻んこに襲われたりと、天敵が増えてしまったり、

ひっくり返ったまま一週間くらいの寿命を終えるハメになってしまう…

(その前に、ひっくり返っている時点で、天敵に襲われる)


…というのを、毎年夏にたくさん見てきているので(苦笑)


だからヒナが還る時に親鳥が手伝ってくれたとしても、卵から出るのは自力だし、

セミも殻から出たり羽を広げるために、自分の力で生きるための努力をしなければならない。


TCカラーセラピーも同じで、

セラピストが自分を見直したり見つけたりするきっかけをくれるかもしれないけど、

あとは自分でそれに気付き、それを受け入れて先に進むかは、

本当に本人次第。


はっぴぃは、自分で気付いて認めるまで、本当に苦しかったけど、

(なんせ「傲慢」だし、ヘンな「プライド」もありましたから~(自爆))

その殻を破って、「芽吹く」ことに気付けたのは、本当に良かったことです。


そのきっかけをくださったmasaさん、里美先生、ありがとうございました。

ひっくり返って蟻んこ喰われるセミにならなくて、良かった(爆)


そのように、TCマスターカラーセラピストから扱えるようになる、

インフィニティーカードによるTCカラーセラピーは、

ただカラーからのメッセージを耳で聞くだけよりも、

自分や状況を見つめ直せたり、根本や真の部分に気付けるきっかけが、

増えるかもしれません。


自分の内なる何かを探したいときのひとつの方法として、

気軽に受けてみてくださいね~ラブラブ


ただカラーセラピーは医療行為ではありませんので、

「治す」とか「助ける」というものではありません。


もし症状があるなどの場合には、きちんと専門機関にご相談ください。



さてさて今年の5月に初めてTCカラーセラピスト養成講座を受けてから最近まで、

「自分がセラピストになるなんてムリ~。セッションできない~」と思っていて、

HPにもパステルのおまけとしてでしか、TCカラーセラピーを打ち出していなかったのですが、

昨日の講座の際に、インフィニティーカードのカラーキーワードを目にしてから、

カードに書かれているキーワードの意味のみならず、

ナゼ同じカードに、その4つのキーワードが書かれているのか、

その意味がなんとなく感じられて、その閃きにも楽しくなり、

早くセッション練習をしたいと思うくらいになりました。


「あの」セッション苦手なはっぴぃがですよ~(爆)


元々言葉綴りや言葉繋ぎ、そういった言葉を扱うことが大好きなはっぴぃ。

きっとキーワードが書かれたカードは、はっぴぃに向いていたのかもしれません。


masaさんにセラピーしながら、はっぴぃが楽しくなってるとか(笑)


masaさんも、最初はとてもお疲れなこともあったけど、

どんどん「やってみたいという希望的な流れ」のワードが出てきて、

masaさんがそのことでとても楽しそうに思いを馳せられていることを感じると、

はっぴぃも嬉しくなってきちゃうのです(笑)


そんなmasaさんから感想をいただきました。


「今日はありがとうございました。

 仕事に疲れていたけど、今日セッションして頂いて、話を聴いてもらって元気になりました。

 これからもマイペースに、人との関係を大切に進んで行きたいと思います」


masaさんのワクワク、実現するとイィですね~音譜

はっぴぃもワクワクしますよ~ニコニコ






そんなほんわかmasaさんから、ほんわかギフトをプレゼント


もぅ冬にはたまらんよね、入浴剤温泉

しかも和テイストお団子

ニッポン人で良かった~(笑)


素敵なギフトを、ありがとうございましたドキドキ



昨日はとても実りある有意義な講座の時間で、

本当はもっともっと里美先生やmasaさんとお話していたかったけど、

ダーリンは仕事だけど、姫とトラちゃんの夕ご飯のため帰宅。


トラちゃんに柔らかエサをあげて、雨戸閉めたり片付けたりバタバタしていたら、

姫が2時間も残業していたバイトの終業時間に近づき、

ダーリンの車がはっぴぃカーの前に停まっていない日はお迎えに行ってあげるので、

夕ご飯も作れないまま出発車


おなかペコペコの姫とはっぴぃは、以前に時々行っていたジョリーパスタしか思い浮かばなかったけど、

途中の道で、デカい桃の看板に遭遇バーミヤン





…えぇ、バーミヤンですバーミヤン(爆)

桃が呼んでたんです(爆)


姫は担担麺のさらに辛い、麻婆担担麺っぽいのだったかをチョイス。

はっぴぃもそうだったけど、若いときは辛いものに燃えていましたメラメラ(笑)


が、不惑を過ぎたはっぴぃは、

最近辛いものは口の中や唇が痛くなってしまうし、咳も出るので、自粛しています。


粘膜が弱くなったのかなー

トシかなー(自爆)


なのではっぴぃは、手前の節系とんこつラーメンをチョイスしました。


豚豚しくなくてブタ(笑)、

鰹節の和のお出汁が効いていて、とても美味しかったですよ~


この写真を撮ったあと、ハフハフラーメンを食べている間に餃子も来たけど(笑)

バーミヤンの餃子は、ジューシーでとても美味しいですね~餃子

5個で199円という、お財布にも嬉しい価格だし(笑)



さてさてTCマスターカラーセラピスト養成講座のテキストは、

自宅学習のページや、自分で深めたい言葉のページもたくさんあるので、

しばらくはそちらを学習していると思います。


なので明日は一週間分の「なぅ」公開記事ですが、

ちゃんとした記事は、年内はこれが最後かもしれません。


…勉強に行き詰ったら、ハンドメイドやブログで気分転換するかもだけど(自爆)


この記事か「なぅ」記事が最後かもしれないので、

前もって年末のご挨拶を申し上げます。


この一年で、元jw繋がりさんや、カラー繋がりさん、100均やインテリアやハンドメイド繋がりさんなど、

今までとはまた違ったご縁も増えました。


もちろん数年前からのにゃんこ繋がりさんや、それ以外の繋がりさん、

そして当「毎日はっぴぃ気分☆」開設当初からの繋がりさんも、

たくさんいらっしゃいます。


今年もたくさんの温かなご縁に助けられた一年でした。

本当にありがとうございました。


皆様、お体に気を付けて良いお年をお過ごしくださいドキドキ

そして来年も、どうぞよろしくお願いいたします。



パステル和(NAGOMI)アート体験・TCカラーセラピー


「カラー de はっぴぃ」バナー

パステルアート 「カラー de はっぴぃ」