異常現象

テーマ:
始めに、東日本大震災の被害に遭われた方々に、
心よりお見舞い申し上げます。


はっぴぃ一家が住む地も、屋内のものが散乱したり、
ご近所の塀が崩壊していたり、外壁にひびが入っていたり、
屋根の瓦が落ちてしまったりという被害を耳にします。

当時はっぴぃ一家は、
ダーリンは仕事中、
姫は下校中、
はっぴぃは専業主婦のため、自宅にて洗濯物を取り込み中で、
皆バラバラだったのですが、
ダーリンは職場と自宅が目と鼻の先なので、すぐに駆けつけてくださり、
姫も無事に、唯一動いていた交通手段で帰宅することができました。

喜んだのも束の間、
地震後の影響は、はっぴぃ家にも直撃しています。


関西方面に住まわれる、ダーリンのご兄弟が心配して連絡するも、繋がらず。
姫の担任の先生が連絡するも、繋がらず。

我が家を取り巻く皆様に、多大な心配をおかけしましたことを、
お詫び申し上げます。


そして週末。

買い占めによる物資不足。
ガソリンスタンドの休業。
それらによる道路の渋滞。


週が明けた昨日は、
交通機関が動かないことによる渋滞。

はっぴぃ家の数キロ先に県境の橋へがあり、
はっぴぃ家はその橋へと繋がる、いわば裏道沿いにあるのですが、
いつもは橋のたもとだけの渋滞で、はっぴぃ家には全く影響がなかったのに、
昨日は数キロ離れたはっぴぃ家の前まで、
朝の出勤時刻をゆうにすぎたであろう時間帯でも、渋滞していました。

今日は渋滞こそは回避されましたが、
いつもは静かな通りも、先を急ぐ大型車がひっきりなしに通行し、
危険な道路と化しています。


恵まれたことに、ダーリンの職場は超ご近所なので、
ダーリンの出勤には影響がなかったのですが、
姫は徒歩や自転車で通学することが難しいため、
はっぴぃが車で送っていくか、公共の交通手段で行ってもらっています。

さすがに昨日は、絶対に定刻どおりに来ないであろうことがわかっていたし、
非常に混雑していることも予想されていたので、
はっぴぃが送りました。

渋滞方面と反対方面のため、姫の学校には余裕で間に合いましたが、
帰り道は渋滞方面へ向かわなくてはいけないので、
回避回避で大変でした。

しかも自宅前は渋滞のため、車庫入れができないことは明白だったので、
さらに裏通りの安全な場所に駐車せざるを得ない状況。


昨日も今日もそうでしたが、
渋滞の原因は、どこかを結ぶ主要道路に出るためだけに、車が集中しているわけではないようです。


渋滞の先頭を見つけたときには、唖然としました。
それは、ガソリンスタンドへ入る車の列だったのです。

今朝は、まだ開くメドの立たないガソリンタンドの開店を期待してか、
車が数十台も連なっていました。

それは明らかに、本当にガソリンを必要としていないであろう車列。

なぜなら昨日の夕方から、すでに営業を再開しているガソリンスタンドもあるのに、
その開くメドも知らせてもいないガソリンスタンドは、セルフで単価が比較的安価なため、
開店直後を狙ってのことでしょう。

本当に必要であれば、取り急ぎ開いているガソリンスタンドに立ち寄るはずです。

一円でも安くたくさん買い占める。

そんな自己中心的な思考のために、無駄に道路の渋滞を発生させていることに、
非常な憤りを感じます。

それに、必ずしも車で通勤通学できず、
公共の交通が運休だったり、ダイヤが乱れたりして、
通勤・帰宅難民になっておられる方が、たくさんいるのに。

はっぴぃは、ちょうど満タンにした後だったので、
姫の送り迎え以外には、外出を控えて、
しかもヒーターをオフにして、
ガソリンをケチって使用しております(苦笑)


他にも、買い占めをしなくても、
自分にできることはあるのではないかと、考えています。

週末に必要なものを買い物に行きましたが、
物品が流通していないのと、買い占めが重なって、
食料品の不足が目に付きました。

特にお水とパン。
また食料品以外にも、カセットコンロや電池など。

さらに食品不足の不安に追い討ちをかけるように、
姫の学校でも3学期中は、もぅ給食がないとか。


はっぴぃの地域は、断水になっているわけではないため、
はっぴぃは、夏の麦茶ポットを引っ張り出してきて、
毎日水を入れ替えながら、水道水をストックしています。

元々ちょっと多めに買ってあったバナナは、
朝ヨーグルトに入れる3人分ごとにラップに包み、冷凍。


毎日はっぴぃ気分☆-F1002008.jpg


パンがなけりゃ、小麦粉で焼けばいい。


毎日はっぴぃ気分☆-F1002010.jpg


きっとお仕事をされている方々は、買い占めや計画停電の影響も手伝って、
食材を手に入れることはおろか、
できあいの食品で食事をすることすら、
ままならないかもしれません。

たまたまですが、地震発生の日に、
お一人暮らしをされているダーリンの先輩さんに、煮物などのお裾分けをしました。

地震の影響で終業が遅くなり、
帰りにスーパーに寄ったものの、
食品が何もなかったとか。

偶然にしろ、差し入れはいたく感謝されました。


専業主婦はお仕事をされている方よりも、
時間に自由があります。

それならば、買い占めに走るのではなく、
なるべく社会に悪影響を与えない方法を考えることも、
微力だけど、この異常現象を乗り切る、ひとつの手段かと思っています。

物品は、本当に必要な方のために、残しておいてほしいものです。


食品だけでなく、他にもできることがあります。

懐中電灯と電池は元々複数あるけど、
それを長持ちさせるには、たとえ計画停電に当たったとしても、
ずっと懐中電灯を頼りっきりにせず、
ろうそくを活用するつもりです。

もちろん余震や火に気をつけなくてはいけないけど。

そのために、お仏壇からろうそく立て2本を拝借 (^^;
でもこんな事態だから、ご先祖様も絶対に許してくれるはず。


まだ寒い時期です。
計画停電の時間には、暖房器具も使えません。

以前何かの情報で、「首」がつくところを温めると、
全身が温かくなると聞きました。

ハイネックやネックウォーマーなどで、首を包むことはもちろん、
足首にもレッグウォーマーなどを履いて、寒さをしのごうと思います。

あとは背中。

体の中で一番面積が広い部分だから、
入浴の後、真っ先に背中を拭いて冷やさないようにすることが、
体温を下げないことに繋がるんだとか。


そぅそぅ、入浴で思い出したけど、
予備の水源のために、お風呂のお湯を抜かないで、
なるべく溜めっぱなしにしています。

はっぴぃ家は、お風呂を早く沸かすために、お湯から焚いてるんだけど、
早くからお湯を溜めておくと、じきに冷めてしまう。

だから銀色のピカピカシートをお湯にかぶせて、ふたもして、
なるべくお湯の熱を逃がさないようにしています。


この事態の影響は、物資だけでなく、
メンタル面も必要だと思っています。

ダーリンは、今は療養中のため、現場の最前線には出れないけど、
仕事的に、この状況下では非常に影響がある分野。

現場で活躍する、たくさんの同僚たちの心配をしていて、
いつも穏やかなダーリンとは、ちょっと違った雰囲気を感じています。

そんなダーリンや、ダーリンの職場の方々のメンテも、
はっぴぃが協力できたらなぁ
と思っています。


はっぴぃは、実際に被災地の方の援助をするとか、
申し訳ないけど、そのようなことはできません。

だから今、自分の立場の中で、
自分にできることを考えて行動しています。

こんなちっぽけな存在だけど、
それでも、塵が積もれば山となるように、
ほんの少しでも、何かのためになればイィな…‥

そんな風に思いながら、過ごしています。
AD

はっぴぃRoom☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

テーマ:
前の家にいたときから製図を描いて作ろうとしていたインテリアが構想から約一年、
やっとできあがりましたキラキラ

どんだけ~
前の生活が余裕なかったか、
そして今の生活が、いかに優雅がを、物語っていますガーン


まずは、ドレッサーカバー口紅
イスカバーとお揃いの布合わせ音符

毎日はっぴぃ気分☆-F1002000.jpg

丸型は難しいねーあせる


お次は、本棚とカラーBOXの目隠しカーテンリボン

毎日はっぴぃ気分☆-F1001999.jpg

背の高い本棚カーテンは、革素材のアップリケを施してみましたキラキラ
でも厚くて縫うの大変だったあせる


ドレッサーと本棚カーテンの位置関係は、こんな感じ音符


毎日はっぴぃ気分☆-F1001998.jpg

この辺一帯が、ナチュラル系のスペースになりましたクローバー



さぁて明日からは、「はんど&はあと」の去年の春号のなのに、手付かずだったバッグと、
今年の3月・4月と、3号溜まりまくった「はんど&はあと」を作りまくりますあせる
AD